【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

「パートナーが浮気をしているかもしれない」

そう不安に感じる人は多々いると思います。現在は女性も浮気をする時代。

そして、夫婦だからと言ってパートナーの全行動をあなたが把握しているわけではありません

 

共働きだったとしても、奥さんの仕事先での不倫などもあり得る話。職場も男女ともに出会いの場としては鉄板です。

そこで何が起ころうともパートナーであっても知ることはできません。

 

数年連れ添った相方であれば、お互いの行動パターンは把握できるので隠れ蓑を作ることはいくらでも可能です。

パートナーを信じたいのはやまやまだと思いますが環境により人が変わることもあります。

このような環境下で人間は刺激を求めて、浮気をするケースというのもあります。そんな生活をしているのであれば、パートナーの浮気を心配するのは当然のことです。

 

パートナーが浮気・不倫をする可能性

普通の人は、浮気と聞くと他人事かもしれませんが、実はほぼすべての人間がかかわっているといっても過言ではありません。

それほど、浮気というのは我々の生活には身近なものであり、きっかけ次第ではいくらでもパートナーを惑わせてしまうものです。

実際にどれほどの人間が浮気をしてしまうのか?

アンケート情報から見ていきましょう。

 

ストレートに「浮気をしたことがありますか?」という質問に予想以上に多い数字ということがわかります。

平均すると30%以上の人間が浮気経験があると回答しています。草食化の傾向が進んではいますが、それでもやはり一定の割合で浮気を経験している人はまだまだいます。

グラフにすると、浮気をしていない人の推移が多いので、安心してしまうかもしれません。しかし、考えてみてください。

30%ということは3人に1人ということ。その1人にあなたのパートナーが入っていたとしても何ら不思議ではありません。

 

また、地域による違いもあまり表れていません。都会の人のほうが、たくさんの人がいる分浮気が多そうな気がしてしまいます。

しかし、実態はどんな地域であろうと浮気をする人は必ずいるということです。田舎暮らしの人も安心できません。

むしろ、都心以外のほうが比較的に浮気率は多いようです。可能性だけで言うといついかなる時にも発生してしまうということができます。

 

なぜ人は浮気をするのか?

人が浮気をする理由はなんでしょうか?

一般的に、浮気では男性は体を求め、女性は心を求めるといいます。

 

つまり、男性は性欲から女性は寂しさから浮気をするのではないかという考えが通例になっています。

しかし、浮気心というものは突き詰めていけば、人間の生理的な欲求から来ています。

生理的な欲求は人として生まれてから誰しもが持っているものです。

だから、男女関係なく浮気というのは誰にでもする可能性があるんです。

出会いの数だけ浮気がある

なぜ、人間は浮気をするのか?一つは「出会い」があります。

自ら出会いの場を求める人、意図せずに出会ってしまうこと。

両者で違いはありますが、「出会い」というきっかけは共通しています。

 

出会いを求める人は自ら合コンに行く、または出会い系サイトを利用するなどがあります。

このタイプの人が浮気をするのはわかるでしょう。

これは自分でコントロールするものですが、出会いは自分でコントロールできるものばかりではありません。

 

会社員であれば、新入社員や中途採用で日々新たな出会いを経験します。

人として生きる以上は、人との出会いというのは切っても切り離せません。

そして、SNSが普及している現在では、仕事をしていない専業主婦にも出会いというものがあります。

 

直接的な出会いではなくても、人とのつながりは日々生み出されるものです。

それがめぐりめぐって浮気につながる可能性があるので、浮気とは誰しも可能性があると言えます。

 

本人はもちろん浮気する気マンマンで出会うわけではありません。

しかし、それでも恋愛関係に発展してしまうのが人間です。

会ってさえいれば関係は続きますし、なにかのきっかけで急接近しないとも限りません。

欲求から読み解く浮気心理

出会いがあってもそれだけでは浮気に発展しません。

やはり、欲求が大きい人が浮気に走りやすい傾向にあります。欲求とは何も性欲というわけではありません。

 

マズローの欲求階層説では人間は5段階の欲求を兼ね揃えているといいます。

  1. 生理的欲求
  2. 安全欲求
  3. 愛情欲求
  4. 尊重欲求
  5. 自己実現欲求

 

生理的・安全欲求は、食事や睡眠・安全な生活をしたいという欲求をさします。

が、もちろん性欲も入っています。性欲というのはとても強い欲求です。

そして、性欲が強いと浮気に直結することはわかると思います。

 

しかし、3番目の愛情欲求というのが浮気に密接に関係していると言われている欲求です。

人から愛されたいというのは人間が誰しもが持っている深層心理にある欲求です。

 

もちろん、出会いの一人浮気の可能性は比例しますが、あくまで可能性の問題です。

しかし、深層心理では誰しもが浮気心を持っています。決して他人事ではないというのがわかるでしょう。

 

パートナーはどこで浮気相手と会うの?

「浮気と言ってもそう簡単にできないでしょ?」

そう思ってはいませんか?

ですが、貴方が思っている以上に、浮気相手と出会う機会は多いです。

 

いまでは、スマホが流行ってアプリが後押ししたこともあり、人とのコミュニケーションが容易に測れる時代です。

仮にパートナーが「浮気をしたい!」と思えば、候補者はいくらでも出てきます。

 

具体的に、浮気相手との出会いの場所はどこか?

これを見てみましょう。

参考:ニッポンのセックス

https://sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex/love_sex.html

 

アンケート結果を見てみると、出会いの場はある程度のパターンがあります。

年齢によって、上下することもありますがランキングを付けるとしたら以下のとおりです。

 

  • 1位:職場
  • 2位:同級生
  • 3位:友人の紹介
  • 4位:友達
  • 5位:出会い系・風俗・合コン

 

1位~4位は人として生きている以上は絶対に接点のある出会いです。

ゆえに、浮気心が芽生えてしまったら、止めることはできないということ。

浮気をしたいと思ったその瞬間、実行することが可能になるということです。

 

実際に、浮気をしている人を見ていると「こんな人がいいの?」と思えるような相手だったりします。

浮気に容姿は関係ありません。特別カッコよくない人、美人ではない人でも浮気をする可能性は十分にあります

それも出会いの場が広がったことによる影響だと言えるでしょう。

 

パートナーの浮気の兆候をチェックしよう

現在SNSなどの普及により人との出会いも簡単。

浮気をする機会というのはいくらでも存在します

 

また、職場で新たな人と出会うこともあります。同窓会などのイベントで昔の同級生と恋仲になってしまうというケースも考えられます。しかし、浮気をしている人間というのは男女問わず、必ず傾向が表に現れます。

傾向自体は男女で違いますが、ポイントは態度や行動に変化が現れるということです。

本人は上手く隠しているつもり。でも、浮気という普段の生活スタイルとは違う行動を取っていれば、違和感が出ることは否めないでしょう。

 

心当たりがある人は、「あれは怪しい」というのがあるかもしれません。

まずはパートナーに「浮気をしている兆候・サインが出ているか?」をチェックしてみましょう。

 

浮気をしている人の行動
  • 「友達との外食」と言って家を離れることが多くなった
  • 頻繁にスマホをチェックしている
  • 知らないうちに香水が変わっている
  • よくスケジュールを確認される
  • 残業や出張があっても小言や不満を言わなくなる
  • 服装や髪型が唐突に変わる
  • 性行為を拒絶する

このような行動がパートナーに現れたときは、浮気をしている可能性大です。

実際にいくつ当てはまっているかで、パートナーの浮気度をチェックできます。下記で自分のパートナーの浮気度を測ってみてください。

 

【浮気率チェック】

  • 1~3個:浮気率30%
  • 4~5個:浮気率60%
  • 6~7個:浮気率90%

 

しかし、ここで相手を問い詰めてしまうのは早計です。一度浮気を疑っているような言動をしてしまうとスマホの履歴や証拠を消してしまいますので、

今後浮気の証拠を見つけるのが難しくなってしまいます

信じたい気持ちはあると思います。でも、家庭環境によって仕事に影響したり交友関係に支障があっては普段の生活に差し障ります。

「浮気の疑いがある」。ならば、それを確信して対策をしていかなければなりません。

 

浮気をしていないのであれば、今後奥さんを疑うことによる心労を軽減できますし、浮気をしているのであれば将来の奥さんとの生活または離婚を真剣に考えるきっかけにもなります。

とにかく一度調査依頼をすることで、これから夫婦としてやっていけるのかという判断ができるかと思いますので、一人で抱え込まず素直にプロを頼りましょう!

下記の記事でも浮気の見抜く方についてまとめているので参考にしてください。

 

パートナーの浮気を未然に防ぐための方法

浮気は気づいたときには手遅れということは多々あります。だから、パートナーがいる人は未然に防ぐ努力が大事です。

ここでは、あらかじめ浮気を防ぐためにするべきこと。また、浮気の再発にするべきことを見ていきましょう。

パートナーを信じる

相手を疑っていると、お互い疑心暗鬼になるもの。

それが、本当に浮気に繋がることもあります。

 

相手を信じなければ、自分も愛情を向けてはもらえません。

まずは、心の底から信頼する気持ちが大切です。

 

過度に束縛したりするなどのモラハラも浮気をさせやすい状況を作ってしまいます。

相手の行動や態度をいちいち気にしないのもポイントです。

家庭環境をよくする

自分の家庭環境を可能な限り改善するのも大事。

例えばですが、家で自分を労ってくれる家族がいる。家事を積極的にやってくれる、美味しいご飯が待っている

そんな魅力的な家庭がある人は浮気をして外にでようなんて思いません

家庭をより良いものにすることでも、浮気防止としては非常に効果的です。

大きく改善は難しいかもしれませんが、少しずつ実践するだけでも変わります。

セックスレスを起こさない

セックスレスも重要な浮気のきっかけになります。

性欲があるから浮気をするのは想像しやすいですよね?

 

セックスレスも性欲がたまるという理由だけではなく、コミュニケーション不足が原因になっています。

夫婦として行うべきことを全くしていない。

そこで不安に感じたパートナーが心の拠り所を求めて浮気をするのはよくある話です。

 

「相手にされないのは自分に異性としての魅力がないからか」

そんなふうに考えてしまいます。

セックスレスでお悩みなら、以下の記事で解消方法をまとめているので参考にしてみてください。

参考夫婦がやるべきセックスレスの解消方法

金銭的に浮気を防ぐ

浮気はお金がかかるもの。デートにホテル代、はたまた旅行をすることも考えられます。

また、証拠を隠滅するのにも手間とお金が掛かります。

つまり、金銭面を制限することによって浮気を防ぐこともできます。

「将来への投資」「子供のための貯蓄」という口実でお小遣い制にしてみるのもいいでしょう。

きちんとした理由があれば、ノーとは言いにくいはずです。

物理的に浮気をすることができなくなるので、即ブツ的な防止策としては効果的です。

※ポイントは「罪悪感」

浮気を防ぐコツというのは、罪悪感があります。

どれだけパートナーに浮気による罪悪感を持たせることができるのかがポイントです。

例えば、良き妻がいるのに浮気をするというのは男性としては罪悪感があります。

毎日仕事を頑張っている旦那がいるのに、浮気をするというのも同様です。

 

罪悪感というのは、浮気に対する心理的なブロックです。心の中に罪悪感のある人はおいそれと浮気することはないでしょう。

だからこそ、あなたに対して罪悪感を抱かせるような良い関係を目指すことがそもそもの浮気防止策です。

 

パートナーの浮気は早期発見と解決を!

浮気問題は放置しておくと大変な事態になります。

浮気をするからには、パートナーがあなたに不満を抱いているか。

浮気相手にのめり込んでしまっていることに他なりません。

 

その上で見て見ぬふりをしているとどうなってしまうのか?

 

  • 家庭環境が悪化する
  • 夫婦仲が修復不可能になる
  • パートナーから別れを切り出されてしまう

 

浮気を無視し続けた結果、よくある結末としては上記のものが挙げられます。

きちんとしたアクションを起こさない限り、浮気というものが無くなることはありません。

自然消滅というのは浮気においてよっぽど珍しいケースです。

 

パートナーであるあなたがこの問題に向き合わない限り解決することはありません。

まずはパートナーの浮気が発覚したらとにかくやめさせるためのアクションを起こさなければなりません。

早く解決をしていれば、家庭崩壊することや浮気相手にパートナーがのめり込む前にやめさせることができます。

放置していれば、すべてが手遅れになるかもしれません。軽視して見過ごす人もいますが、それはとても危険な考え方というのも覚えておきましょう。

浮気防止や発覚後にするべき対処方法については下記の記事を参考にして解決に当たってみてください。
参考旦那の不倫疑惑!賢い奥様の対処法とは?

参考妻に不倫疑惑あり!~夫がやるべき事の全て~

浮気は証明できることが大事!

浮気は確実に証明できることが大事です。

確実に証明することは以下につながることだからです。

 

  • パートナーに心から浮気を反省させる
  • 浮気相手と別れさせる
  • 離婚を有利にすすめる

 

浮気を証明できるのと自分が確信しているということ。

これは状況が全く違います。

 

浮気したパートナーは、「物的証拠がなければいくらでも言い訳できる」と思っているものです。「疑わしきは罰せず」という言葉があるように、犯人に認めさせるには状況証拠では不十分です。

印籠のように、見せられただけで相手が頭をたれてしまう

そんな証拠を持っていることによって、相手に心から反省させることが可能です。

 

また、浮気相手と別れさせるために相手に慰謝料を請求する。

離婚をしたいと思った時に有利に進める。

これは、証拠を持っていなければできないことです。

 

実は証拠を持っていることにより、得られる恩恵は多い。

完璧に浮気を解決したいというのであれば、証拠を確保するということは大切なことです。

証拠の内容や手に入れる方法については下記を参考にしてみてください。

参考浮気の証拠を確実に掴みたい!おすすめの集め方とは?

 

パートナーの浮気は探偵事務所に相談しよう

「うちに限って・・・」と思う人も多いかもしれません。

普段から仲の良い夫婦だとしても浮気をされてしまうことはあります。

お互いに傷が浅いうちに解決に当たらなければ、心身ともに傷つく結果になってしまうでしょう。

 

夫婦間の問題なので、誰しもが個人で解決しようとします。

しかし、パートナーの浮気が不安であれば、プロである探偵事務所に相談することを進めます。

 

プロに相談することによって、浮気相手としっかり別れさせることや浮気をしたパートナーとの関係修復も可能になります。

なぜ探偵社に依頼をするべきなのか?、他にどんなことができるのか?

下記でも詳しくまとめています。

参考探偵の浮気調査で安いのはどこ?【料金の相場と節約方法】

 

探偵事務所はいろいろな場面で利用することができますが仕事は浮気の調査依頼が8割を占めています。

浮気調査のプロフェッショナルと呼んでもいいでしょう。

 

探偵社に依頼をした結果、浮気が発覚したらその後パートナーとの離婚を考える人もいます。

そんなときに心配になるのが、慰謝料です。

慰謝料請求は思いのほか難しいので弁護士だけでは満足のいく慰謝料が請求できなかったりします

 

慰謝料請求の具体的な方法については下記を参考にしていただきたいと思います。

参考浮気の証拠を集めて離婚・慰謝料請求する方法

 

探偵に頼る大きな理由としては、その「調査能力」。

パートナーの浮気の証拠を網羅した書類を用意してもらい、離婚慰謝料を多くもらえるようにするということもあります。

探偵の離婚調査能力としては非常に高い。

一度依頼をして証拠をそろえてもらえば、もはや相手は言い逃れできなくなるほどです。

浮気が発覚してその後の離婚のことを考えるのであれば、まずは探偵に依頼をすることをおすすめします。

 

探偵事務所はどこがいいのか? おすすめの選び方

探偵に依頼をする。そうは言っても様々な探偵事務所があります。

どこに相談していいか検討が付かないと思います。

特に、探偵事務所は次のようなものが懸念されます。

  • 費用(調査にかかる料金)
  • 調査能力(浮気調査の精度)
  • 信頼性(きちんと実績があるか)

 

信頼できる探偵社はランキング形式で下記の記事で解説しています。

それぞれ調査内容や経済状況に応じておすすめできる人が変わります。

興味があればそちらも参考にしていただきたいと思います。

参考浮気調査が得意な優良探偵社のおすすめランキング

ランキングで紹介している探偵社ならば、どこを選んでも満足のできる結果を持ってきてくれるでしょう。

 

しかし、上記の条件を踏まえて自分に合った探偵事務所を見つけてくれる。

それが「街角探偵相談所」です。

料金や探偵の調査について不安な点があれば「街角探偵相談所」に一度相談するというのがいいでしょう。

 

ランキングでご紹介している探偵社も街角も相談料は無料です。

一度話を聞いてみてからでも、お願いをするかどうかは考えて見てもいいでしょう。

とにかく早めに解決したい人は、やはりプロに相談するのが一番です。

 

街角探偵相談所

街角探偵相談所

街角探偵相談所は、探偵と依頼人をつなぐマッチングサイト

専門のアドバイザーが予算や案件に応じて、100を超える探偵社の中から選んでくれます。

さらに「街角探偵事務所」を通して依頼をすると、すべての探偵社への依頼料が20~40%OFFになります。

見積もりと相談は何度も何社でも無料でできます。

公式HPへ

詳細ページ