【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

パートナーの浮気を疑っている。

ならば、探偵に調査を行うのが証拠を手に入れる上で最も有効な手段です。

 

探偵に浮気調査について知ってもらう上で、なぜ探偵に依頼するのか。

どのようなことを調べてくれるのかということを、今回お伝えしていきたいと思います。

 

探偵社に浮気調査の依頼を検討している人。

下記の浮気調査でおすすめの探偵ランキングを参考にして選んでいただきたいと思います。

参考浮気調査が得意な優良探偵社のおすすめランキング

 

浮気調査を依頼する理由

なぜ探偵に浮気調査を利用するのか?

と疑問に思うかもしれません。

それには主に慰謝料親権などが大きくかかわってきます。

 

子供や離婚後の生活を考えて、浮気を誰の目からもわかるような証拠

これを手に入れることが目的で探偵に依頼する方が多いようです。

 

浮気調査を依頼するのはどんな人?

探偵に依頼をする人。

夫や妻の浮気を調査する目的の人がやはり大多数を占めています。

また、その家族などが浮気相手を調べてもらう。

という依頼するケースもあるようです。

 

単純に「真実が知りたいから浮気調査を依頼するんじゃないの?」

と思うかもしれません。

ですが、そうではありません。

実は、探偵社に依頼をするのは調査力以外にも期待するものがあるからです。

 

特に、離婚を視野に入れている場合、気になるのはその後のお金の問題です。

  • 慰謝料を請求す
  • 親権を取る

上記を考える上で相手の浮気の証拠があるかどうか。

これはかなり重要になってきます。

 

子供がいたり、浮気をされていて慰謝料をより多く要求したい。

探偵に依頼をすれば、裁判でも証拠として報告書を提出することができます。

 

メールや着信履歴は浮気の証拠にならない?

あくまで慰謝料を請求すること。

これを考えたら、メールや着信履歴を見たというだけでは不十分です。

 

存外、慰謝料や親権で優位に立つというのは難しい。

当事者間だけではく第三者による証拠のほうがより証拠になります。

 

パートナーの浮気の証拠をメール・着信履歴で抑えた。

個人間では確かに離婚の種になったり、証拠と言えるかもしれません。

ですが、裁判などではそうはいきません。

メールでは、いくらでも弁解することはできますし、着信履歴も同じ理由で決定打とはいえません。

 

あくまで浮気と断定できるような証拠が必要になるということです。

 

浮気調査アプリなんてものもあります。

ただ、プライバシーの侵害に当たることなどからあまり証拠として役に立たない。

むしろ自分の立場を悪くしてしまいます。

 

アプリを使った浮気調査についてはこちらを参考にしてください。

参考パートナーの浮気を調べるときのアプリ!浮気の証拠をスマホで掴む

 

アプリはあくまで浮気を確信できるだけ。

裁判で使える証拠にはなりませんのでご注意ください。

 

このように法的処置を考えた場合。

メールなどの個人で取得できるものでは、手続きすることさえ叶いません。

また、パートナーが浮気を認めていた。

だとしても調停や裁判でしらばっくれてしまっては、裁判でも慰謝料の請求を認めるわけにはいけません。

 

相手が言い訳できないほどの証拠

これを見つけないと意味がなくなってしまうので探偵社に依頼をします。

 

浮気の確固たる証拠として提出できるから

証拠の定番と言えば、やはり「写真」です。

 

写真であれば、だれから見ても浮気と断定できる証拠として提出することもできます。

なによりごまかしようがない。

証拠としては非常に有効な手です。

 

しかし、証拠として使える写真にもいろいろな条件があります。

さらに、メールでも条件を満たしていれば証拠として有利になるものもあります。

 

証拠として有利になるもの

  • 肉体関係があったことをほのめかす写真メールの内容
  • 対象が浮気を認める発言をした録音
  • 探偵による報告書・目撃情報

 

このようなものがあります。

 

やはり、肉体関係を持ったかどうかが浮気を断定するものになるようです。

 

例えば「キスをしているのを見た」

「二人きりで食事をしていた」

などは証拠としてはかなり弱いです。

 

どこまでが浮気かは個人個人の解釈によっても違います。

しかし、裁判などで通用する浮気の証拠はきちんと基準があります。

なので、「肉体関係を持っている」という明らかな浮気の証拠を得る必要があります。

 

ですが、サラリーマンをしていたり、夫婦共働きの場合。

このような証拠を押さえるのはかなりハードルが高いです。

それに当事者間での主張は、主観的になってしまうので証拠とはなりえない。

 

なので第三者である探偵に依頼をして言い逃れできないようにする

そのため、探偵社を利用する人も多いようです。

 

複数の証拠を集めるというのも、ポイントです。

録音やメール・電話、写真など幅広く用意するのも優位に立つための秘訣になります。

 

関係修復を視野に入れている

探偵に浮気調査を依頼する。

「離婚をすることが前提」というイメージがあるかもしれません。

 

しかし、現実はそうではありません。

むしろ、浮気をしたパートナーとの関係修復も考えて探偵社に浮気調査を依頼することのほうが多いでしょう。

 

探偵社は浮気の証拠をつかむことが大前提です。

ただ、最近ではその後のアフターフォローが充実しています。

その一環として、法的処置の手伝いをしているわけです。

そのアフターサポートの1つに、パートナーとの関係修復があります。

 

浮気問題を解決してきた豊富なデータ。

そこから、浮気を2度とさせない方法。

夫婦関係を改善する方法を具体的にサポートしてくれるというのも探偵社に依頼をするメリットです。

 

浮気で離婚するのは簡単です。

ただ、元の関係に戻すということに難儀している人は多いのではないでしょうか?

 

「浮気をされたけど離婚をしたくない」

このように考えている人は探偵社に依頼をして解決してもらいましょう。

 

一方的に離婚を申し出られるのを避けるため

一般的な認識よりも証拠によって得られる成果というのは大きいです。

その中の一つに、浮気をした側からの離婚の申し出を取り下げることができるというものです。

 

例えば、浮気をした方が揉める前に離婚を言い渡したとします。

浮気をした方も「性格の不一致」などを理由に離婚を申し出ること自体はできるわけです。

ですが、日本の法律では「有責配偶者」から離婚を申し出ることは認められません。

 

有責配偶者とは、離婚に至るきっかけを作った方。

調停や裁判で相手が浮気をしたことを証明できる証拠があれば、相手の離婚の申し出を取り下げることができます。

 

逆に言えば、相手を有責配偶者として証明できる証拠がない。

性格の不一致という理由で相手は離婚手続きをすることができるようになってしまいます。

あなたが離婚を望んでいないのであれば、そのような事態は避けなければならない。

なので、証拠の取得は絶対に必要です。

このようなことも探偵に依頼をすることによるメリットです。

 

探偵が浮気調査で調べることとは?

浮気の決定的な証拠になるもの。

それを踏まえて、探偵の浮気調査はパートナーの浮気についてどの程度調べることができるのか。

これについても触れていきたいと思います。

 

探偵の浮気調査で判明するもの

  • パートナーと浮気相手のツーショット写真動画
  • パートナーと浮気相手との雰囲気
  • 浮気相手と肉体関係を持ったかどうかの事実
  • 浮気相手の氏名や住所などの情報

 

これを報告書にまとめて依頼者のもとに届きます。

 

以上を網羅した情報があれば確実に浮気を断定することができる。

かつ慰謝料の請求もかなり優位に進めることができます

 

つまり、探偵の報告書さえあれば十分な証拠として使うことができるということです。

このように探偵を利用する。

自分では知りえないパートナーの不貞の証拠を洗い出すことができます。

 

浮気の証拠というのは、個人が揃えるには骨が折れます。

ましてや普段仕事をしていて妻や夫と一緒にいる時間が短ければ、尚更困難になります。

 

そして、スマホでの電話・SNS・メールでのやり取りなどの履歴は削除することが可能。

なのでそこで証拠を見つけようとしても、浮気の事実が迷宮入りする可能性のほうが高いです。

 

やはり、その後離婚を考えていて、慰謝料や親権の面で優位に進めたい場合は探偵社に依頼をするほうがより確実になります。

パートナーと浮気が原因で離婚に踏み切る場合は、思い切って探偵社に調査を依頼して証拠を十分に集めてもらうほうがいいでしょう。

 

探偵に浮気調査を依頼する際の費用

探偵の証拠が慰謝料請求などに大いに役に立つ。

 

これはわかったかと思いますが、そこで気になるのが「費用」です。

探偵に浮気調査を依頼して慰謝料請求したとしても、割に合わないのでは意味がありません。

 

そこで探偵への依頼料ともらえる慰謝料を比較してみましょう。

 

探偵の調査費用について

探偵による浮気調査の費用は探偵社や人員の数にもよります。

平均して30~50万円と考えるのが妥当でしょう。

 

おそらく、浮気調査は一日で終わることはない。

なので、数日間調査してもらえばこの位の金額になります。

 

しかし、長い目で見ればこの金額も決して高いわけではありません。

それは探偵社の証拠によって得られるものにより価値があるからです。

 

探偵の料金体系とは?

探偵の料金体系はこの3パターンがメインです。

  • 時間報酬(〇〇円/時)
  • パック報酬(〇〇円/日など)
  • 成功報酬(調査成功で料金発生)

時給やパック料金として費用を請求する探偵社。

完全に成功報酬を売りにしている探偵社もあります。

 

時間報酬とパック報酬の違いはわかりにくいかもしれません。

バラ売り・まとめ売りの違いと捉えて相違ありません。

 

料金制度だけでは、安さは判断できず平均として調査費用はほとんど変わりません。

なので、料金体系で選ぶというのはあまりお勧めできません。

 

成功報酬型といってもそれが裁判等で使えるとは限りません。

成功報酬の場合は、その調査における「成功」とは何かを明らかにしなくてはなりません。

 

探偵の調査費用についてはこちらで詳しく解説しています。

参考探偵の浮気調査で安いのはどこ?調査料金の相場と費用の抑え方

 

料金体系はおもにこの3種類ですが、一長一短があるのでベストというものはありません。

ただし、ある程度自分で調査を行っている。

ならば、なるべく短い期間で確実に証拠を見つけることを考えて、時間料金を選択してもいいでしょう。

 

個人による調査を行わずにプロによる調査のみである場合。

1から証拠を取得するため、成功報酬型に依頼をするほうが良いかもしれません。

このように個人の状況によっても選択肢が変わるので、それも踏まえて探偵社を選ぶと良いでしょう。

 

慰謝料請求の相場

一方、浮気調査による慰謝料の相場も見てみましょう。

慰謝料請求は、パートナーに請求できる金額は50~300万円。

浮気相手に請求できる金額は300~500万円となります。

 

ここで注意していただきたいこと。

証拠がなくてもパートナーと浮気相手あわせて350万円は最低でも請求できるというわけではありません。

 

慰謝料の請求とは思いのほかハードルが高く、何も証拠を用意していない場合はそもそも請求できないことが多いです。

 

特に難しいのは、浮気相手への請求です。

なぜなら、浮気相手の名前と住所、不定行為に及んだ証拠。

これらを取得しなければ慰謝料を請求することができないからです。

なので、探偵社が用意する証拠を使ってより高額の慰謝料を皆請求しようとするわけです。

 

探偵社に依頼をしたほうが得する?

浮気の事実があった場合。

探偵に依頼をすれば下限金額である200万円を下回ることはほぼありません。

 

いずれにせよ慰謝料を請求する。

なら、探偵社に依頼をすることはかなりお得だということがわかりますよね?

 

探偵に証拠の取得を依頼すること。

それによって、調査費用と差し引いてもより多くのリターンを得ることができます。

 

また、探偵社には離婚や慰謝料請求に強い弁護士の存在もある。

取得した証拠を使って、そのまま紹介してもらった弁護士を通じて離婚や慰謝料の手続きをすることができます

 

離婚の手続きや慰謝料請求まで一手に引き受けてくれるので、手続きがスムーズに進み公的な面倒な手続き等に悩む必要もなくなります。

 

探偵に浮気調査を依頼するメリット

ここまで探偵の浮気調査の内容についてお話しました。

そこで、なぜ探偵社に調査を依頼するのか?

その理由をまとめていきます。

 

慰謝料>>>>調査費用

やはり探偵社を利用するメリットとして大きいのは、より高額の慰謝料を請求できるからですね。

基本的に探偵が用意する証拠がなければ、100万円以上の慰謝料の請求は厳しいと言われています。

 

浮気の証拠は事実を証明するものではなく、公的に浮気を証明できるものでなければいけません。

パートナーが浮気相手からメールを受け取っていたとしても、それが肉体関係を持っているか?という証明にはなりません。

さらに浮気相手に請求するには浮気相手の情報も取得しなければなりません。

これは探偵に依頼をしなければ用意するのは厳しいでしょう。

 

探偵に依頼をすることで、浮気の事実があればほぼ100%慰謝料の請求を成立させることができます。

 

時間をつくる必要がない

浮気の証拠を取得したり、慰謝料請求をすることは非常に大変なものです。

忙しい人にとっては、書類を準備したりするのが時間的に難しいでしょう。

 

また、浮気の証拠を素人が掴もうと思ったら、一日中パートナーを監視して尾行までしなくてはいけないことになります。社会人であれば、それは容易なことではありません。

仕事をしているのであれば、まず不可能といっていいでしょう。

 

しかし、探偵社に依頼をすることによってほとんど探偵社に任せることができます。

 

パートナーの行動を四六時中監視したり、慰謝料請求に向けて弁護士事務所に顔を出したりする必要がありません。探偵社に浮気調査を依頼すれば、その後の手続きについてもサポートしてくれるので、面倒くさいことを全てスルーできます。

 

離婚をしたくない人にも有効

一般的に浮気の証拠を取得することは、別れる選択をした人がやるものと思われがちです。

しかし、大手探偵事務所に依頼をする人のほとんどは復縁を希望しているケースが多いです。

 

実は、パートナーと離婚をしたくない人にとっても探偵は頼りになる存在です。

探偵社は大手であれば、弁護士と提携していることが多いです。この弁護士は離婚や復縁に強い弁護士たちです。

 

探偵社に浮気調査に依頼をすること。

調査の後、弁護士の紹介をしてもらい、アフターフォローや復縁に向けての具体的なステップをアドバイスしてくれます。

 

弁護士という存在がいるのも探偵のメリットです。

浮気の証拠を掴むのは探偵ですが、浮気の証拠を使い法的処置を行うのは弁護士です。

 

そして、復縁のサポートをしているのも弁護士。

なので、これに頼れるのは離婚したくない人にとっては素晴らしいメリットです。

前述解説したとおり、相手からの一方的な離婚の申し出も証拠により回避することができます。

 

オススメの探偵社は?

探偵に依頼をするにしても、素人には何を選んだらいいのかわからないというのが現状だと思います。

そんな探偵初心者の方にはうってつけの「探偵社に詳しい第三者に選んでもらう」という方法があります。

 

そこでおすすめの探偵は、「街角探偵相談所」です。

街角探偵相談所

 

ここをオススメする理由は、探偵と依頼者のマッチングサービス。

自分は探偵についての知識がなくても、ここで依頼内容とマッチした探偵を選んでくれるからです。

 

探偵に詳しいところが選んでくれるのは、初めての方にとっては安心だと思います。

 

ここから頼めば、浮気を専門とする探偵社を紹介。

さらに街角探偵相談所を経由すれば、調査料金が20%~40%割引になります。

 

さらに、証拠が見つからなかった、浮気をしていなかった。

という結果が出れば、調査料金は全額無料の完全報酬型の探偵になります。

 

パートナーの浮気で離婚を考えていて、なおかつ慰謝料請求をしたいということであれば、試しに初回の無料相談を利用して今後の流れや慰謝料請求について細かく相談するのも手です。

【街角探偵相談所】  公式HPへ

 

街角探偵相談所に依頼するメリットとしては、以下のものがあります。

 

  • 大手探偵事務所への依頼が割引
  • 証拠が取得できなければ調査料金が無料
  • 顧問弁護士によるアフターフォローが充実

 

街角探偵相談所の詳しいサービス内容については、下記で解説しています。

【街角探偵相談所】の評判・口コミを見る

 

探偵社に依頼をするときの流れ

ここで探偵に浮気調査を依頼する上で、実際にどのような流れで行うのかを見てみましょう。

自分で依頼をすることになるので、これを参考にあらかじめシミュレーションをしてみてください。

 

①まずはインターネットで探偵社探しから

初めに行うことは、浮気調査をしてもらう探偵社を探すことです。

知人や家族で探偵社を利用していれば、そこを紹介してもらうという選択肢もありますが、まずはインターネットで探すことをおすすめします。

 

インターネットで検索することで、前もって料金を確認できたり、口コミを確認することができます。

それを元に、依頼する探偵事務所を選定していきましょう!

 

インターネットにも様々な意見がありおすすめするものが違うでしょう。男性向け・女性向け・料金・アフターサポートなど基準がいろいろあるのでなかなか選ぶのが難しいかもしれません。

 

記事上で紹介した探偵社ランキングを参考にして選んでいただきたいと思います。

 

②無料相談で見積もりをしてもらう

依頼する探偵社が決まったら、電話で予約をして無料相談をしていきます。

 

最初にいろいろな探偵社に電話相談をして、より好感を得た探偵社と面談を取り付けるということもできます。

浮気調査が目的であれば、浮気調査の実績があったり、定評がある探偵社を選び、電話するのがいいでしょう。

 

相談当日では、依頼者の悩みや不安から調査内容の提案、調査料金の見積もりや調査終了後のフォローについても、専門のアドバイザーから聞くことができます。

 

最初は匿名での相談も可能です。

 

提示された条件に納得できる。

なら、その場もしくは後日に契約を取り交わして調査開始という流れになります。

 

この無料相談の段階では、アドバイザーから浮気に対する様々な対策方法。

解決方法を聞くことができます。

完全無料で相談できる。

なので、ひとまず探偵社に足を運んでアドバイスをもらうというのもいいでしょう。

 

探偵社での無料相談は初回のみということはありませんので、2回3回と相談を重ねて調査内容を確認して、調査にかかわる不安や悩みを払しょくしてください。

 

いきなり契約を迫る悪徳業者は少なくなっているので、初回で契約を強制されることはありませんし、あらかじめ下調べをして有名な探偵社に相談を依頼することで、より良い相談時間を作ることができます。

 

初回の相談の見積りでは、いろいろ聞いておいたほうがいいでしょう。

もしかしたら、悪徳業者に当たる可能性も考えられます。

 

  • 追加料金はあるのか?
  • 報告書は別料金なのか?
  • 総額は幾らになるのか?

このあたりははっきりさせておきましょう。

 

今では、なりを潜めてますが、悪徳業者は今でも存在します。

見分け方については下記の記事を参考にしていただきたいと思います。

参考探偵社をうたった詐欺はあるのか?その手口と見分け方

 

③契約完了後、調査開始!

無料相談によって、依頼内容の確認、調査料金の合意をしたら、いよいよ調査開始です。

 

ここでは、依頼者は報告を待つのみとなりますが、事前に自分で調査をすることによって調査料金を抑えることができるので、用意ができれば事故調査の結果を調査前に提示するといいでしょう。

 

探偵の浮気調査の料金相場と料金を安くするコツはこちらを参考にしてください。

参考探偵の浮気調査で安いのはどこ? 調査料金の相場と費用の抑え方

 

 

探偵の浮気調査は基本的に尾行をして証拠をつかむという方法で行われます。

事前調査で、調査対象の行動パターンやスケジュールがわかっていると、探偵も的を絞って調査できるので、できるだけ細かく調査対象については話しておきましょう。

 

調査期間中に途中経過が気になるようであれば、中間報告も依頼することができます。

結果によってはその後の裁判などに備えて準備を進めることができるので、あらかじめ中間報告の依頼をしてみるのもいいでしょう。

 

ポイント依頼理由を明確にしよう

面談の段階で気をつけるべきところがあります。

それは、「浮気調査の後、何をしたいのか?」についてです。

 

浮気調査をする目的としては以下のものが考えられます。

 

  • 単純に浮気の事実を確認したい
  • 浮気をしていたら離婚したい
  • 浮気をされていても夫婦関係は壊したくない
  • 浮気相手に慰謝料を請求したい

 

人により様々な目的があります。

面談時に「探偵に対して自分の希望をはっきりする」。このことにより見積もりが明確になる、さらに具体的なアドバイスをしてくれるというメリットがあります。例えば、調停で使えるような証拠を手に入れることが必要であれば、依頼する段階で伝えなければなりません。真実が知りたいだけなら、精度の高い証拠は必要ありません。

効率を考えるのであれば、あらかじめ探偵に対して希望を伝える方が望ましいです。

 

特に、離婚や復縁に関しては弁護士の存在も必要です。

早い段階で探偵の顧問弁護士からアドバイスをもらえば、より早くパートナーの浮気問題を解決することができます。

 

また、浮気相手へ慰謝料請求をすることを考えている場合も同じです。

これには浮気相手の情報と弁護士の存在が必要です。

 

調査に当たって適切な準備をしてもらうためにも、法的処置が伴う場合は必ず探偵社に相談しましょう。

法律が関わるところでは、時間もかかるので早め早めに明らかにしていきましょう。

 

まずは、面談において浮気調査後の自分のビジョンを言うことができる状態にしておきましょう。

 

④調査結果の報告

依頼内容の調査が完了したら、探偵社は調査報告書を作成し依頼者に渡します。

調査後の面談によって、調査対象が浮気をしていたかどうか、どこで浮気をしていたか、浮気相手の人物像や住居など詳細な調査結果を依頼者に伝えます。

 

浮気の瞬間を納めた写真や動画とともに報告書は作られているので、裁判でも使用できるほど、綿密に調べられ上げたものになっています。

ここで初めて、依頼者は調査対象が浮気をしているかやどんな浮気相手なのかということがはっきりします。

 

もし、浮気の事実がなければここで探偵側がすることは何もありません。

そのまま安心して家に帰ることができます。

 

ただし、自分が依頼をするときに1日だけの依頼をしていたとします。その1日は浮気をしていなかっただけで、別日に浮気をしている可能性があります。

依頼をするときは確実に浮気の証拠を掴むまでというお願いをするほうがいいかもしれません。

 

⑤アフターカウンセリング&法的手続きの準備

調査が完全に終わり、対象が黒だと判明したら探偵から今後の対策についての相談をうけることができます。

実際に、浮気が判明して離婚を決意する際に、調査報告書をもとに調査対象とその浮気相手に慰謝料を請求するといった法的手続きも相談することも可能です。

 

法的手続きには、探偵社の顧問弁護士を紹介してもらうことができる。

離婚や慰謝料請求などの実績のある弁護士を味方につけることができる。

アフターカウンセリングも大いに利用したいところです。

 

浮気による離婚や慰謝料の請求をしたい場合。

探偵の報告書から裁判につなげるほうがスムーズに話が進む。

なので、調査が完了した後も探偵を通して法的手続きを開始するのも手です。

 

ここまでのステップまで来たら、ほぼ専門家に丸投げしたほうがいいでしょう。

自分の希望をきちんと伝えれば、それに向けて動いてくれます。

唯一注意することといえば、ちゃんと自分の希望を余すことなく伝えることでしょう。

 

むしろ、自分でやろうとするとスムーズに進められなかったり、失敗することがある。

なので、探偵社に依頼をした段階で自分じゃなければいけないこと以外は任せてしまいましょう。

 

ここまでが探偵に浮気調査を依頼したときの一連の流れになります。

 

まとめ

このように探偵社に浮気調査を依頼するメリットは様々なものがある。

結果としてあなたの慰謝料請求や離婚調停などに大いに役立ってくれるでしょう。

 

試しに探偵社に相談して、話だけでも聞いてもらえば今後自分のやるべきことが見えてくる場合もあるので、初回の相談は有効利用していきましょう。

探偵社に依頼をすること自体は、今では珍しいことではなく年々上昇傾向にあります。

 

一人で抱え込むくらいなら、一度足を運ぶか連絡を取って悩みを聞いてもらうこともできます。