【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

浮気をしている人は少なからず、外面、つまり行動や言葉になってに現れます。

確かめる方法はいろいろありますが、男性と女性で浮気をする際に現れる特徴に違いがあります。

 

浮気を見破ることは意外と日常的な場面からが多く、パートナーのさりげない変化を見逃さないのがポイントになります。

ここでは、そんな浮気を確かめる方法を男性・女性別で徹底解説しています。

 

浮気を見破るポイント~男性編~

ここでは男性ならではの浮気を見破る方法を見ていきましょう。

男性は女性よりも顔や行動に出やすいので少し注意してみれば容易く見破れるでしょう。

 

やたらと携帯・スマホをいじる時に警戒する

男性は浮気をするときは、女性よりもバレやすいといいます。

隠し事をしていると、わかりやすく表に出ている可能性があります。

 

スマホのLineFacebookなどのSNSにロックをかけていたり、物陰に隠れて画面を見ている時などは要注意です。そもそも、SNSなどはプライバシーとは言えどもロックをかける必要はほとんどありません。

 

見られないようにしているということは、やましいことがあるととってもいいでしょう。

頻繁に誰かと連絡をとっているような仕草を見せたら要注意です!

 

さらに、スマホをテーブル等に置くときにもその向きを確かめてみましょう。スマホはポップアップ画面と言って、メッセージが届いたら画面に直ぐに映るようになっています。これはロックを解除しなくても見れます。

そこで、スマホの画面を下に置くような習慣があれば、見られたくないメッセージが入ってくる可能性があるのかもしれません。

 

他にも確かめる方法としては、彼が見えているところでLineでメッセージを送り、返信するまでにモタモタしていたらパスワードを解除しているのがわかります。LINEは今の連絡手段としてはよく使われるので、浮気相手も登録されている可能性が高いです。

 

LINEを使った浮気の確かめ方については下記の記事を参考にしてみてください。

参考夫・妻の浮気をLINEで発見?その驚きの方法とは?

 

「忙しい」と口にすることが多い

奥さんや彼女が外出に誘っても「忙しいから無理」ということが多い時は少し注意が必要です。

実際に仕事が忙しくなることはあると思いますが、忙しいを口実に断られることが多い場合は何かあると見てもいいでしょう。

 

男性は仕事先や仕事での外出先で浮気する機会が多いので、仕事を隠れ蓑に浮気をすることがあります。あまりに「忙しい」という言葉を使って断られた場合は探ってみたほうがいいです。

実は浮気していることを悟られないためのカモフラージュかもしれません。

 

仕事を持ち出すというのは、簡単で効果的な隠れ蓑になっているのでそれを利用する男性が多いようです。

確かめる方法としては、休みやアフター5の度に食事に行くように提案してみたり、旦那さんのスケジュールの合間に夫婦で出かける話を持ち出してみましょう。

そんなに毎日仕事で忙しいというのは、会社の繁忙期以外では考えにくいですから、その期間以外で断られるようであれば浮気を疑ってもいいでしょう。

 

 

車内の些細な変化をみる

男性が浮気をする際には、なるべく人に見られないように自分の車を使って浮気相手と出かけることが多いです。

チェックする時はこのようなポイントを探すといいでしょう。

 

  • 助手席の位置が変わっている
  • 掃除グッズなどが増えている
  • 消臭剤などが変わった
  • 足元にヒールの跡が起こっている
  • 見知らぬ場所のレシート・領収書が残っている

 

このような変化を車内で見つけたら怪しいです。

 

浮気相手の好みに車内の模様が変わったり、足元に普段自分が穿かないヒールの跡や傷がついてるという変化は浮気をしている本人は意外と気がつかないので、車内の細かい変化も見逃さずに浮気の痕跡を見つけましょう!

 

車で浮気を見つける方法としては、走行距離をチェックするという方法があります。

仕事の行き帰りで車を使う旦那さん限定の確かめ方法ではありますが、走行距離でも浮気のサインは如実に現れます。仕事の行き帰りで走る分の走行距離をチェックしておいて、帰りが遅い時に走行距離が伸びていたら浮気をしている可能性があります。

仕事で遅くなる場合は、走行距離が増えることはありません。走行距離に変化があるのは、どこかに行っている証拠です。

 

車は電車と違って知り合いに見つかる可能性が低いので、浮気をする時によく使われます。

車の中でおかしなものを見つけたら、他にもないかを探しておきましょう。

 

 

揺さぶりをかけてみる

「浮気してない?」、「私に何か隠してない?」、「一緒にいた女性は誰?」とストレートに聞いてみて反応を見るのも効果的です。

隠し事や、やましいことのある男性であれば表情で変化は隠しきれないものです。

 

浮気をしているのであれば「まずい」という表情を浮かべたり、「疑っているのか!?」と逆ギレするなどの反応が見れるはずです。

 

隠し事がない場合は、「えっ、なんのはなし??」という反応が普通なはずです。浮気をしてない人は覚えがありませんから、「なぜそう思われたのか?」という素直な疑問があるはずです。

 

逆ギレする人は、大抵、身に覚えがある人です。意外とカマをかければわかりやすくサインを出す人はたくさんいるので、試してみてもいいでしょう。

注意点としては問い詰めたところでポーカーフェイスを貫いて誤魔化す人もいます。その人が問い詰められた瞬間、それまでさりげなく出ていた浮気の匂いを隠してしまうでしょう。

カマをかけると今後浮気を見破ることができる可能性が減るというリスクもあるので頭に入れておきましょう。

 

避妊具を持ち歩いている

財布などに避妊具を所持していることがあれば、要注意です。

パートナーと成功する機会があれば、持ち歩いていても問題ないかもしれんが、そうでないなら浮気相手に使う可能性が高いです。

もし、パートナーに使うにしても家に置いておいてもいいはずなのに、わざわざ持ち歩いている時点で浮気をしていることが疑えます。

 

避妊具に関して言えば、家に置いてあるものの数が減っていたり、今まで持ってなかったのに持ち始めたりしたときは用心が必要です。

避妊具はセックスに用いる以外使い道はありませんから、急に家に置き始めたり数が減ったら怪しいのは誰でもわかるはずです。

 

男性が避妊具をよくいれておくところとしては財布です。大きさにもよりますが定期入れに携帯していることもありますが、大体は財布に忍ばせているケースが多いでしょう。

妻に使うのに財布に入れることは考えにくいので、常に財布に携帯しているのはほぼ浮気相手がいるのは確実であるか、その場の出会いで関係を持てることを期待しているということがわかります。

 

浮気を見破るポイント~女性編~

女性は男性と違ってポーカーフェイスがうまいです。

普通の男性は女性の嘘を見破ることができませんし、女性は嘘を墓場まで持っていくと言われているほど隠すのが上手です。

 

女性の不倫を確かめるときはいつもよりも注意深く対象を見ていきましょう。

 

急にファッションセンスが変わる

浮気をしている場合、意中の男性の好みに自分も合わせていくのが女性の傾向としてあります。

特に、服などのファッションセンスが変わったりしたらかなり注意が必要です。

 

そもそもファッションセンスはすぐに変わるものではないので、変化が見られた場合は誰かに影響を受けたと思ったほうがいいでしょう。

特に子供がいてあまりオシャレに関心がなくなってきた中年女性が、浮気をきっかけにオシャレに目覚めることもあります。

 

今まではアクセサリーに興味がなかった妻が急にネックレスや指輪を身につけ始めるというのは、浮気の兆候の中でもベタなものです。ファッションの方向性も、今までは落ち着いた服が好きだったのに急に露出が増える、もしくは逆になる。という変化も見逃さずにいましょう。

 

急に」というのは浮気を見抜く上で重要なキーワードです。

特に、ファンションはわかりやすい変化なのですぐに見破ることが出来ると思います。

 

料理の味付けが変わる

ファッション同様に浮気による変化が現れる場面としては、料理です。

自分と浮気相手の味覚が変わるのは当然なので料理をするときも浮気相手に合わせて味付けに変化が現れるはずです。

味付けが濃くなる・薄くなる、今まで作ったことのないものを作り始める。

これらはかなり浮気の確率が濃厚なサインです。

 

レシピがいきなり増えたりしたときも、注意です。

例えば、自分が和食が好きで奥さんも和食を作ることが多いのに、急に洋食のレシピが増え始めたら浮気相手の影響を受けているサインです。味付けが濃くなったり、薄くなったりするのも同様です。徐々に味付けが変わることは考えられますが、急に変化を見せたときは浮気をしていることが伺えます。

 

料理は本人にとっては無意識でも変化は必ず現れます。

 

(急に)愚痴っぽくなる、急に愚痴を言わなくなる

愚痴が多くなるということは、普段の生活に不満があるということです。

それは、交際相手や結婚相手に対する不満ではない場合もありますが、「最近仕事しすぎじゃない?」、「また旅行にもいけないの?」などの不満が出た場合は、夫への不満があると思っていてもいいでしょ。

 

不満があるという理由で浮気に走ってしまうことがあります。

 

また、最近まで愚痴っぽくなっていた奥さんが、急に愚痴を言わなくなる時が浮気をしている時です。

浮気相手のおかげである程度、愚痴のもとになっていた不満が解消されてきた可能性があります。愚痴っぽくなる、そして愚痴を急に言わなくなったときは不貞行為をしている可能性大です。

 

一緒に確認しておきたいのが、会話の中に特定の男性の名前が出てきた、そして急にその名前を言わなくなったという変化です。愚痴っぽいのと止めたタイミングが一緒であれば、その男性が浮気相手である可能性が高いです。

 

自分の家族や友達と距離をおくようになる

自分の両親や友達と距離をおくようになったときは、関係を終わらせたがっている予兆かもしれません。

 

結婚当時は、自分の両親と話したりすることを積極的にやっていた奥さんが消極的になる、もしくは親戚の集まりなどであまり気乗りしないような表情を見せている、などがわかった場合は浮気にはしって浮気相手との将来を見据えているかもしれません。

 

本来は、家族や夫の身辺とは上手く付き合うように振舞うと思いますが、このような変化が見られると「もうこの家族と仲良くやる必要がない」という心境に変わっているのでしょう。

 

そして、妻の身の回りを調べてみたら、離婚後の財産分与について詳しくネットで調べていることが履歴でわかるという恐ろしい事態になっていたという話もあるくらいです。

 

浮気を匂わせる発言をした

女性が浮気をしているときは、ひた隠しにするのも上手です。

しかし、浮気をしていることを暗に言ってくることもあります。これは、旦那がまだ自分に関心があるかどうかを確かめるためです。

パートナーに対しての不満構って欲しいという気持ちの表れです。

 

最近、休みの日は忙しいとつぶやいていたり、「この前会った男性がすごくかっこよくて~」というように浮気をしているのでは?と疑える発言をしていたのであれば、揺さぶりに見せかけて本当に浮気をしているケースも考えられます。

 

意識的に行う人もいますが無意識に行う人もいます。やはり浮気は隠すものなので、あえて堂々という人は少数派でしょう。当てつけのような感じで言ってくる人は本当に浮気しているケースは少ないですね。ただし、行った時の反応がそっけないものだったら、将来的に浮気をする可能性もあります。

構って欲しいからこそ、夫に邪険にされたときは心が傷ついてしまい浮気に走ってしまうのでしょう。

 

 

男女共通の浮気を見破るのに役立つもの

現在では浮気を見破るのに役立つものがいろいろあります。

その代表がアプリSNSです。

 

現代はスマホの普及により人の生活の一部になります。その分、パートナーもスマホを使う人も多いでしょう。

浮気の決定的な証拠をスマホの中から見つけるという人も多いです。

 

今ではメインの連絡手段としてLINEを使う人は日本人の3人に1人はいますし、通勤時間中にFacebookを利用して友達との親交を図ったり、アプリで暇つぶしをする人も多いでしょう。

 

そして、そのスマホには浮気の証拠になるものがいろいろ隠されているので、そこで使われているアプリやSNSを有効利用しないほかありません。

実際に、アプリは浮気調査として使えるものが多々あり、それらは無料で使えます。「こんなことまでできるの!?」と思う機能まであるので、ぜひ使いこなしてパートナーの浮気発見や防止に使っていただきたいと思います。

 

下記に浮気を確かめるために役に立つものやその活用方法をまとめています。

ぜひパートナーの浮気・不倫を確かめるのに使っていただきたいと思います。

 

 

パートナーに浮気をやめさせるためには

パートナーの浮気が発覚したら、なるべく早く解決するのが望ましいです。

浮気というものは家庭を壊すことにもつながります。

 

さらに、パートナーの浮気相手が既婚者出会った場合、W不倫という修羅場が待っています。

浮気相手のパートナーに慰謝料を請求されたり、お互いの家庭で揉め事が起こることが考えられます。

 

浮気は初期段階で注意することができたら、傷が浅くすむことがありますので、「あれ?ひょっとして浮気してる?」という疑問を持ったら対策を同時にしていきましょう。

 

家庭に貢献する

家のことを全くやっていないという心当たりがある方は実践してみてください。

家庭のことをどちらか一方に任せていると負担になり、パートナーも不満が募りやすくなります。

 

パートナーへの不満の8割は、この家庭内での不満から来ています。旦那さんが家事や子育てに非協力的である。妻が家計に無関心である。このような理由からふつふつと不満がこみ上げて、その不満が爆発して浮気に走るというケースが多いです。

 

浮気は異性関係に結びつくと考えがちですが、好みのタイプにであって浮気をするよりもパートナーに不満があって浮気をする人のほうが分母としては多いです。本能的に配偶者に対してマイナス感情を持っていると新たなパートナーを探してしまうのは男女共通であると言えます。

こうした不満を無くしていくのが、パートナーの浮気をなくす第一歩になります。

 

時間的に難しければ、家事を分担して行う曜日ごとに担当を決めるなどの決まりごとを作りましょう。

 

家事を共同で行うのもいいです。

パートナーが料理をしたら片付けは自分でやる、もしくはその逆でもいいです。

何でもかんでも一人に押し付けるというのはよくありません。

 

特に現代では共働きの家庭は増えていますので、家事は女性だけができればいいものではなくなっています。

男性も自分も家庭に貢献する意識を忘れないようにしましょう。

 

労いの言葉や愛情を言葉でしっかり伝える

言葉にしなければ、パートナーは大事にされていることを実感できないものです。

些細なことでも、日頃の感謝や愛情をしっかりと言葉に出して言う事が関係性を守ることにつながります。

 

特に男性は、家庭においては「癒し」になるものを求めています。それは大げさなものではなく、些細な言葉でも癒しとしては活躍するものです。

 

そのためには最低限夫婦間でのコミュニケーションの数を増やすのが効果的です。会話もない相手に対して癒しになったり支えになったりするのはまず不可能でしょう。

長い付き合いの夫婦ほどコミュニケーションをおろそかにしがちですが、なんでも相手のことがわかるからコミュニケーションが減っているよりもマンネリ化している夫婦の方が圧倒的に多いです。

 

まずは、くだらない内容でも会話をする時間や夫婦ふたりだけの時間をつくる方が夫婦仲は良くなります。

普段からパートナーへの思いやりを忘れずに接しましょう。

 

証拠を見せつけて原因を調べる

パートナーが浮気をしている決定的な証拠があれば、それをむざむざと突きつけて原因を解明しましょう。

浮気の原因さえわかれば、「どんな気持ちから浮気に走ったのか」「今後どのように対策していけばいいのか」を知ることにもつながります。

 

浮気の根本的な原因を取り除かなければ、再発する恐れがあるので原因を徹底的に排除できるように、まずはパートナーが浮気をした理由から探ってみましょう。

 

また、証拠を取得することによって慰謝料の請求をすることができます。

これは離婚をしてもしなくても請求できます。

 

金銭的にペナルティを課すことでパートナーにきちんと反省してもらうこともできます。

さらに、浮気相手だけに請求することもできます。

おそらく、浮気相手にも請求したほうが浮気をした方の精神的ダメージは大きいでしょう。

全く反省の色が見えないのであれば、検討しておきたい手です。

 

慰謝料請求の手引きについては下記の記事で詳しく解説しているので、こちらを見て慰謝料請求の流れを知っていただきたいと思います。

参考浮気の証拠を集めて離婚・慰謝料請求する方法

 

そのほかにも浮気を防止する方法はいろいろあります。

下記の記事では浮気の防止方法がまとめてあるのでこちらも参考にしていただきたいと思います。

参考今からできる浮気の予防策・防止方法

 

プロに相談する

浮気をやめさせるというのは考えているよりも難しいです。

個人では手に負えない事が多々あります。それはあなたの努力不足ということではなく、そもそも相手の価値観を変えるようなことなので、個人の力では及ばないということです。

 

番確実に解決する方法はプロである探偵に依頼をするという方法です。

探偵と聞くと「浮気調査をするだけじゃないの?」と疑問に思うかもしれませんが、探偵の仕事は「浮気問題の解決」です。その一環として浮気調査があるだけです。

 

実際に探偵に依頼をすると様々なことが可能になります。

 

探偵に依頼をすることで得られる結果
  • 浮気の真実を知る
  • パートナーや浮気相手に慰謝料を請求する
  • 浮気したパートナーの関係修復をする
  • 離婚の手続きや強い弁護士を無料で紹介してくれる

 

このように浮気の事実が発覚した、その後の夫婦生活の相談に乗るというのがメインです。

もしも、上記のようなことを考えているのであれば、探偵に相談したほうがより確実で早く解決をすることが可能です。

 

浮気調査でおすすめの探偵社を下記の記事で紹介しています。

是非こちらを参考にしていただきたいと思います。

参考浮気調査が得意な優良探偵社のおすすめランキング

 

まとめ

以上が、男性女性別の浮気を確かめる際に見るべきポイントです。

今回、男女別にしましたがどちらにも当てはまることもあるので、男女ともに上記の傾向が出てきたときは注意をする必要があります。

 

浮気を発見したとしても何もしなければ浮気をやめさせることができません。また、浮気を発見できたとしても対応を間違えれば、浮気はエスカレートしてしまうこともあります。強引に問い詰めたり、怒鳴り散らすようなことをせずに、きちんと自分の気持ちを伝えて2度目の浮気をさせないようにしていきましょう。

 

浮気の発見については考えすぎということもあるので、今後も良好な関係を保つことも考えて、しっかりとポイントをみて判断するのをオススメします。浮気をしていない相手を疑うことで、より関係性が危うくなってしまってそれが浮気を誘発させてしまうことがあります。

冷静かつ客観的に判断できるように、落ち着いてパートナーの動向をチェックしてみましょう。