【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

日本で夫婦関係で悩んでいる人は多い。

結婚してから価値観の違いや性格の不一致などの様々な理由で毎年20万組の夫婦が離婚をしています。

そんな中でも夫婦で問題になっているもの。それは、「セックスレス」です。

男性はセックスレスであることに非常にストレスを感じ、その果てに浮気をしてしまいます。

 

セックスレスによる悩みを感じる人は多い。意外かもしれません。

そして、重大な浮気の原因になっていることはご存知でしょうか?今回はセックスレスによる旦那の浮気にお困りの方へ。セックスレスの原因究明と解決策を解説していきます。

セックスレスの解決方法については全般的にまとめているページがあります。

まとめてこちらも参考にしてみてください。

参考夫婦がやるべきセックスレスの解消方法

 

セックスレスの実情と深刻性

セックスレスの基本的な知識と実情

そして、その深刻性がどの程度あるのかを最初に抑えておきましょう。

実際に、これが理解できなければ解決しようとも思えませんし、「危機感」を感じません。

それでは夫婦仲をよくすることもできないです。

解決策を考える上でも非常に重要なので、あらかじめ知っておきましょう。

セックスレスって何?

日本では、夫婦の60%がセックスレスであるというデータがあります。

多いのはわかるが具体的にセックスレスの定義についてはご存知でしょうか?

広い定義だと、「夫婦が性交渉をほとんど行わない状態」のことを指します。

 

具体的に言うと、日本性科学会は、セックスレスを「特殊な事情が認められないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシャル・コンタクトが1ヶ月以上なく、その後も長期に渡ることが予想される場合」と定義づけしています。

 

この定義に関しては、そこまで深く考える必要はありません。

問題なのは、「夫婦間におけるセックスがほとんどない」ということです。

自分で自覚があるのであれば、それは間違いなくセックスレスと言ってもいいでしょう。

セックスレスの夫婦に対する影響度

セックスレスはその問題の深刻度。それとは対照的に甘く見ている人が多いです。

「そんなに大したことじゃないでしょ!」と言いたい気持ちもわかりますが、セックスレスは浮気の大きな原因になることはたしか。

 

実際にセックスレスが原因で離婚する夫婦は年間を通して何百組もいます

そして、そのほとんどの妻あるいは夫がセックスレスによるものとはわかっていません

セックスレスというのは、たとえ夫婦であっても相談することができません。夫婦の付き合いが長いほど、相手を誘うのが気恥ずかしくなってしまい、溝が深まるばかりです。

どちらかがセックスに応じたくなければ払拭はしませんから、距離がどんどん開いてしまいます。

 

セックスレスが直接浮気や離婚の原因にならなくても、夫婦仲が悪くなる原因であることもたしかです。

セックスレスは自覚した段階ですぐに解決に向けて動くことが望ましいです。

セックスレスによる浮気の現実

数字やデータでもセックスレスが浮気の原因になること。

それは、日本は浮気の件数が多いことがわかります。

コンドームメーカーの相模ゴム工業が実施した「ニッポンのセックス」というアンケートがあります。実際にこちらのアンケート結果を見て見ましょう。既婚者に対して、「自分の家庭がセックスレスだと思うか?」というアンケートに対しては50%以上の人がYESと回答しています。

セックスレスを自覚している人がそれだけ多いことがわかります。

流石に20代は少ないですが30,40代から一気にセックスレスになる家庭は多いようです。

そして、自分の家庭がセックスが少ないと思っている人への質問。

もっとセックスをしたいか?」。

この質問に男性の70%がYESと回答しています。

いかに世の旦那がセックスを望んでいるかということがわかります。

当然、それほど夫婦間のセックスの頻度。それを不満に感じている男性が多い。

なので、妻が相手をしてくれないのであれば当然浮気相手をつくるという発想になってしまいます。

 

実際セックスレスが原因で浮気をする人の数は、全体の10%以上と言われています。

割合で見ると少なく感じるかもしれません。

ですが、10組に1組はセックスレスにより浮気に走ってしまうということです。

日本でもそれなりの数の旦那がセックスの回数に不満を持っていて、浮気をしてしまうというのが現実です。

参考ニッポンのセックス

最悪の場合は離婚に至る

セックスレスも深刻になると離婚に至るケースもあります。

浮気が講じてしまって離婚をするだけではなく、セックスレスそのものが離婚原因になる可能性があるんです。

実はセックスレスは、浮気と同じように離婚理由として正当なものだからです。

それは、民法770条に記載されています。

 

第770条

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

  1. 配偶者に不貞な行為があったとき。
  2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
  3. 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

 

「セックスレス」という単語こそ出てきていませんが、それに該当することがあります。

5番目の「その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき」にセックスレスが当てはまるんです。

実際にセックスレスは、この重大な事由として認められているわけです。

 

つまり、配偶者はセックスの求めに応じるべきというのを法律が定めています。これを理由にどちらかは離婚を申し立てることができます。体の相性が悪くて別れる夫婦も年間を通せばそれなりの数になります。

なので、セックスレスというのは離婚の原因になります。

法的にも離婚手続きをすることができます。

意外なことかもしれませんが、婚姻関係を結んだ男女にとって重要なものだと法律では認識されています。

 

夫がセックスをしないのはなぜ?6つのパターン

セックスレスにも2種類あります。

それは、旦那さんがセックスを拒否している。妻がセックスを拒否している

この2パターンが原因になります。

このどちらでもセックスレスになります。ですが、旦那さんが拒否している場合は解決が少し難しくなります。

 

自分が拒否しているのであれば、話は簡単です。ただ、旦那さんが拒否しているのであれば相手に働きかける対処法が必要になるからです。まずは、旦那さんが拒否している場合の理由を見ていきましょう。

①妻以外に相手がいる

夫婦仲が悪くなくてもセックスレスになることはあります。

セックスレスになる理由の1つ。

それは、妻以外にセックスができる相手がいるからというものがあります。

 

このパターンについては、妻とのセックスを嫌がっているわけではありません。

ただ、相手に困っていないというものです。

男性は、複数の女性がいても全員と肉体関係を持つことに抵抗がありません。

妻も女として見ているけど、他にも関係を持つ女性が存在するということです。

 

このパターンがセックスレスになる理由としては、他の女性で性欲を解消しているから妻との時間を作れないことにあります。そして、セックスも体力を使う行為ですから、無尽蔵にできるわけではありません。

体力的な理由でセックスレスになることは男性サイドは多いです。

②妻を女性として見ることができなくなった

齢とともに自然と性欲が衰えてきて、セックスレスになる夫婦はいます。

それは、特に問題ではありません。セックスレス以外の問題を抱えているかもしれません。

ただ、お互いに性欲がないのであれば、それが離婚や浮気の原因になることは考えにくいです。

 

しかし、男性は女性よりも性欲の衰えが遅いです。まだ、男性として現役なのにもかかわらず、夫がセックスを拒んだり誘わない理由。それは、妻を女性として見ることができなくなったのかもしれません。

 

できることであれば妻としたい。だが今の妻とすることに気分がのらない。

こんなパターンもあるんです。

結婚してから色気を感じなくなったり、だらしない部分を見てしまう。

どうしても異性として意識できなくなることがあります。もちろん、逆もしかりです。

 

しかし、旦那さんが妻とのセックスをためらう理由としては非常に多いです。

おそらく、一番多いセックスレスの理由でしょう。

③セックスにトラウマがある

妻を女として見ていてもセックスレスに陥るケースもあります。

旦那さんがセックスにトラウマを抱えていた場合は、セックスレスになってしまうことも・・・

 

例えば、セックスを妻にダメ出しをされてしまう。女性を満足させることができない。

以前した時に上手くいかなかった。という理由でセックスに対して拒絶反応が出てしまっていることも考えられます。

 

特に性の問題というのはデリケートなことです。

人に踏み込んで欲しくないところでもありますし、極力干渉してほしくないところです。

 

そんなセックスに、妻からダメ出しを受けてしまうのが男性が最も傷つくと言っても過言ではありません。

一番気を許している妻だからこそ、言われた時のショックもまた大きいものです。

このように、精神的な理由がきっかけで苦手意識を持ってしまい、妻とセックスができない男性もいます。

④仕事や生活からくる疲労

セックスも30代に差し掛かるとかなり重労働です。

そして、仕事などからくる疲れも理由。パートナーの求めに全く応じる気になれないという理由がほとんどです。

特に、男性は仕事の疲れを理由に断る人は多いでしょう。

 

夫婦でセックスを拒む際に多い理由としては、「疲れている」「面倒」などがあります。

できるけどしたくないという理由で断る男女がほとんどです。しかし、決してしたくないわけではありません。

だからこそ、浮気に走ってしまうわけです。

 

セックスというのは性欲が必要であると同時に非常に体力を使います。それだけではなく、気分というのを非常に大切にするものです。夫がセックスレスにも関わらず浮気をするのには、妻側になにか理由があるはずです。

⑤環境によって機会が作れない

夫、妻ともにセックスには前向きである。だとしてもセックスレスにならないとは限りません。

それは、既に子供がいる家庭ならば想像できるでしょう。

家には子供がいたら、セックスなんて易々とできるものではありません。

物心がつきそうな頃はなおさらですが、小さいうちでも母親としては子供が泣いてしまえばそちらにかかりっきりになります。

 

機会云々よりも子供がいると気分的にもなかなか難しいですよね?

小さいうちは子供の面倒があるから、二人きりのチャンスもありませんし、大きくなったらなおさら子供がいる近くでセックスなんてできるわけがありません。

また、どちらかの親と同居しているという状況でも難しいでしょう。

周りの環境によってセックスの機会が減っていき、レスになってしまうということです。

 

この理由は浮気に走りやすい原因になるセックスレスパターンです。

機会がないわけでセックスする欲求自体はあるわけです。

子供が見ていない、なおかつ性欲が発散できるという理由でほかの女に手を出すことは十分ありえます。

⑥セックス自体がマンネリ化

身近な理由としては、セックス自体がマンネリ化してしまうということもあります。

どうしても事務的な対応になってしまう。内容が毎回同じ。これによりセックスによる期待や興奮が冷めていきます。

 

これはどちらかがセックスにあまり関心がない場合に起こることです。関心がないので、適当に済ませてしまっている。それは相手にも伝わりますから、どんどん相手との距離が開き、精神的な距離も離れていきます。

特に、男性はルーティン的なセックスを嫌う傾向にあります。浮気とは言わないまでも、風俗に通い始める可能性もあるわけです。

※深刻にならないセックスレスの理由とは?

セックスレスがそれほど深刻にならないケースもあります。それは夫婦のどちらもセックスに興味がない時です。

性欲や異性への情熱が衰えるのは誰しもあります。しかし、衰えのスピードには個人差があります。

若いのに性欲があまり旺盛ではない男性。妙齢だが異性に対して欲を持っている男性。人それぞれです。

 

30代であれば、夫婦で定期的にセックスをしてもおかしくありません。ただ、夫婦のどちらもセックスにあまり興味がない場合は必然的にセックスレスになります。どちらも興味がないのであれば、さほど問題視する必要はありません。性欲と愛情は別なので、妻に性的な欲求を抱けないとしても愛情がないということにはなりません。

むしろ、仲睦まじい老夫婦もいますから良い夫婦関係として成立できます。

 

問題なのは、「片方はしたい、片方はしたくない」というギャップが生まれてしまうことです。

これが、離婚や浮気の原因になります。旦那さんを見て、このタイプに当てはまるのであれば、無理に解決しようとする必要はありません。

ただし、性欲に関係なく夫婦が行うべきコミュニケーションの1つでもある。

なので、なるべく解決する方が円満な夫婦中を保つためには望ましいです。

探偵さがしのタントくん

 

セックスレスが浮気につながる理由~心と身体~

セックスレスが浮気につながるのはなんとなく想像できる人もいるでしょう。

しかし、詳しいメカニズムを知る人はいないでしょう。

ここではセックスレスが浮気を引き起こす理由。

それを「心」と「身体」の2つの視点で見ていきましょう。

性欲を発散できない

セックスレスが浮気につながる単純な理由。

1つは「身体」の部分にあります。

簡単に言うと、「性欲を発散したい」という理由から浮気につながるということです。

 

この理由はなんとなく理解できるでしょう。男性は女性よりも性に対する誘惑にただでさえ弱かったりします

その上、セックスレスという状況が加われば浮気に走るのは時間の問題です。

上記のアンケートでも紹介しましたが、セックスレスで浮気に走るのは若い世代だけではありません。

実際には30代・40代が浮気をする可能性が高いことは明白です。

 

若い世代ではないからといってセックスレスによる性欲が発散できない。

それが問題になるということはわかります。中年の男性でも性欲を理由に浮気をすることは十分にあります。

「男として認められたい」「相手にされたい」という気持ち

もうひとつの浮気の理由としては「心」にあたる部分です。セックスレスが妻が断っていることによって発生しているなら、精神的な理由で浮気に走ることがあります。

 

例えばですが、妻に幾度もセックスを断れることを旦那さんはどう思うか?

1度ならともかく何度もあると「自分に魅力がないからなのか?」と思ってしまうことが自然です。

 

男として認められていないと感じてしまう。なので、寂しさを感じるきっかけになります。

それほど、妻から相手にされないというのは孤独感を生み、疎外感を感じるものです。

しかし、他の女性はそうとは限りません。旦那さんを男として見て、セックスに応じることも考えられます。

女性に認められたという高揚から浮気に走ってしまうということもセックスレスを抱える男性にはあることです。

原因は微々たるもの、浮気は一瞬!

基本的にセックスレスも浮気も原因となるのは小さいこと。人間の一生の中でも、何度も起こり得るほど些細なものです。

ただし、浮気にはしるのは一瞬で済みます。それこそ、エアコンのスイッチを入れるように、ちょっとしたきっかけで浮気に走ります。突然、起こるというイメージです。

 

実際に、浮気に走る人は皆こう言います。「気が付けば魔が差していた」「気がついたら抜け出せなくなっていた」。浮気というものは入るのは一瞬、出るまでは長い時間がかかります。

だからこそ、一回浮気をするかどうかで浮気性が見抜けるということです。

逆に言えば、浮気に軽いも思いもありません。1回も2回も等しくやめさせなければいけないものになります。

セックスレスという原因だとしても、浮気は甘く見てはいけません。

 

旦那が浮気をしている?その見抜き方とは!

夫婦がセックスレスであれば、少なくとも浮気をしている可能性は普通の夫婦よりも高いです。

もしかしたら、あなたも日々の生活の中で怪しいと感じる場面も多いのではないでしょうか?

しかし、それだけでは浮気と断定できない。

なので、本当に浮気をしているかをチェックして、対策を打っていただきたいと思います。

些細な変化を見抜く

日常生活で夫をよく観察をすること。

それによって、旦那が浮気をしているかどうか直ぐに見抜くことができます。

女性は男性よりも直感力に優れている

なので、怪しいと感じる人は多いのではないでしょうか?

 

特に浮気相手ができると男女ともに色気付きます。そのため、見た目やファッションに影響が出ます。

  • 好みのファッションが変わる
  • 流行に敏感になる
  • 下着にこだわりを見せるようになった

 

病気の症状は浮気をしている人に現れる典型的なものです。旦那さんがこのような素振りを見せたら浮気を疑ってもいいでしょう。恋愛をしているので相手に気に入られたいという気持ちが表に出てきます。

さりげない変化も見逃さないでおきましょう。

持ち物に痕跡が・・・

見た目以上に決定的な浮気サイン。それは、旦那の所持品に現れます。

雰囲気やファッションと違って、現物が出てくるので勘が働かない人でも直ぐに浮気をしているのがわかるでしょう。

 

財布の中身の中から、ラブホテルのポイントカード、映画のチケットの半券、レストランの領収書。

浮気を匂わせるような代物が出てくるかもしれません。

旦那さんの帰宅後、お風呂やトイレに行っている間に確認しておきましょう。スマホはお風呂にまで持ち込む人もいますが、財布はないので隙を見て確認することができると思います。スーツやバッグのポケットの中身も同時にチェックしておきたいところです。

臭いでも浮気がわかる!

もう一つの注目ポイントは、臭いです。

浮気をした後は旦那が発する臭いからも浮気をしていることがわかると思います。

スーツに女性ものの香水の匂いがついていたり、車内に女性の残り香がついていた。

嗅覚を頼りに浮気をチェックすることが可能です。これは、言われるまでもなくチェックしている人も多いでしょう。チェックしようとしなくても匂いに敏感な人は感じてしまうかもしれません。

 

意外かもしれませんが、旦那から匂いが全くしない時、制汗スプレーの匂いがする時も要チェックです。

旦那もバカではありませんから、女性と会うと匂いがつくのはわかると思います。

そんな時にどうするか?

匂いをさせないように、制汗スプレーなどでごまかすということをすると思います。

 

仕事帰りの時に、体臭が全くしないのはおかしいです。体を動かさない仕事でも、1日過ごしていれば汗はかきます。それにもかかわらず、無臭であったり、むしろいい匂いがするのは上記の証拠隠滅をした可能性があります。

アプリやSNSの情報を活用する

現代的な浮気調査方法があります。それは、アプリやSNSを使うことです。

実は、浮気を見抜く上で非常に便利なアプリ。浮気サインを見つけるSNSの活用方法というのもあります。

 

特にアプリはその精度が高すぎて、怖いという意見も出ています。アプリで何ができるのか、様々なものがありますが、浮気調査で物議を醸しているもの。それが、相手の位置情報を追跡するアプリです。

 

例えば、旦那から「今日は残業するから!」と連絡を受け取った妻。アプリで旦那の位置を調べるとホテル街にいたという実例もあるほど、浮気をしている事実がより明らかになってしまうものです。

SNSも最近ではメッセージのやり取りをメール代わりに使う人もいるので、浮気の痕跡が残るものとして認識されています。

 

また、SNSでの投稿内容からも浮気をしていることがバレたという話もあるくらい、旦那の浮気を見抜く上では使えるものになっています。

この2つを駆使することでも旦那の浮気を看破できます。

詳しい使い方や注意事項に関しては下記の記事を参考にしていただきたいと思います。

参考浮気を調べる!見抜く!最強アプリとは!

参考浮気はSNSで発覚する?スマホで浮気を見抜く方法

GPSによる浮気調査

アプリよりも高度な調査できるGPSについても知っておきましょう。

アプリやその他のGPSで調べることができるのは、旦那さんの現在位置です。

つまり、過去の位置情報や1日の経路を調べられるというわけではありません。

 

しかし、今では浮気調査にピッタリのGPS機器が存在します。「GPSロガー」と言って、位置情報をその都度記録。調査対象のその日の位置を時間とともに知ることができます。

小刻みで位置を記録しているため、どこで何をしていたかを事細かに知ることができます。

 

このような高機能GPS機器は値が張るものですが、購入する必要は全くありません。今やGPSもレンタルすることができます。格安でレンタルできるところもあるので、是非利用してみましょう。

格安のレンタルGPSについてはこちら↓

レンタルGPS【イチロク】HPへ

 

妻が行うべきセックスレス対策

旦那さんがセックスに応じないのは上記のように明確な理由があります。

その理由を払拭しない限りは、セックスレスの状態から脱却することはできません。

まずはセックスレスの原因を明らかにして解決策を施していきましょう。

とにかくコミュニケーションを図る

セックスレスに陥る夫婦は、基本的なコミュニケーションの機会が取れていない可能性があります。

会話もしない相手とは親密な関係にはなれませんよね?夫婦にも同じことが言えます。

会話の時間を作らない夫婦は、距離が結婚当初よりも確実に空いてしまいます。

 

そうなると、セックスはおろかスキンシップすら計れないような間柄になります。

確実に解消するためには、夫婦間のコミュニケーションの時間をしっかり取ることです。

地道ですが、確実な方法になります。具体的には、日時の中で会話の時間を増やしたり、2人の時間を作ったり、旅行を提案してみるのもいいでしょう。

素直に甘えてみる

セックスレスが続きマンネリ化し始める。

恋人同士だった時のように甘えたりするのが恥ずかしいと思う人もいるでしょう。

 

しかし、セックスレスの壁を越えるには女性の方から積極的に甘えて雰囲気を出すのも必要になります。男性はそういったことが上手くないため、チャンスを逃しているという可能性があります。もしかしたら、旦那さんは奥さんからのアプローチが全くないから誘うことができないのかもしれません。

 

男性側からすれば、「断られるかもしれない」と思って誘うことはできません。いざ誘ってみて断られたら傷つき二度と誘おうとはしないでしょう。意外と男性の方がこういったプレッシャーには弱いものです。

もしかしたら、旦那さんが誘えないほどの壁を奥さんに対して感じているのかもしれません。

あまり性の匂いをさせなかったり、私生活に隙がなさ過ぎるとこのように気まずい夫婦が生まれてしまいます。

いざ、奥さんから甘えてみると一気に火がつく可能性があるので、恥ずかしい気持ちに負けず実践してみてください。

ある程度、夫の要求には応じる

一番厄介なセックスレスとしては、旦那さんが性欲旺盛なのにセックスレスになってしまうことです。

セックスの頻度で夫婦仲を図ることはできませんが、2人にとっては大事であることは確かです。

少なくとも、特別な理由がない限り、旦那とのセックスを拒み続けるというのは、あまり良い夫婦とはいえませんよね?

 

性に対して苦手意識があれば、克服していき、旦那さんにもむしろ相談を積極的にすることをオススメします。

理由なく拒むと旦那も妻が隠し事をしていると思ってしまったり、逆に浮気を疑われてしまうことさえあります。

浮気をされるよりはマシと考えるのであれば、可能な限りセックスを断るのはやめておきましょう。

刺激を与える

夫婦仲をマンネリ化させないのも重要なポイントです。

マンネリ化してしまうと、お互いになんとなく相手に対しての気遣いが抜けたり、一緒にいる時間が苦痛になってしまいます。

夫婦生活に刺激を与え、お互い飽きない関係性を目指すこともセックスレス回避のコツです。

 

具体的な策としては、寝室を別にして見たり、会話の話題を変えてみたみたり、唐突に2人で出かけてみるという方法があります。要は、夫婦にとって新鮮味のある行動をすれば、それが刺激となり関係性がマンネリになることを防げます。

実際にマンネリ化の夫婦というのは多く、そのため熟年離婚が日本では多くなっています。皆、毎日同じことを繰り返し行うためマンネリ化を起こしてしまいます。特別なことでなくていいので、普段やらないようなことを旦那に提案してみるのも効果的です。

 

まとめ

セックスレスを甘くみている人は多いですが、これをみて認識を変えてみてはいかがでしょうか?

「たかがそれほどのこと?」と思うようなことが、夫婦にとって良くない結果を招くことがあります。浮気や離婚のきっかけになるもの。そこまで大それた理由であることの方が少ないです。ほとんどや性の相性が悪いこと、性格の不一致などが原因で浮気をされたり、離婚を言い渡されたりしています。

まず、どのセックスレス夫婦にとって重要なことは、危機感を持つことです。危機感を持たなければ、問題をスルーしてしまい、解決が遅れてしまいます。問題と認識しなければアクションさえも起こさないでしょう。

少しでも夫婦仲を改善したいという思いがあれば、認識を改めて行動にも写していきましょう。