【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

パートナーの浮気が怪しい時、誰でも一度は考えるのが携帯チェックです。

実際に行動には移さない人でも、心ではやりたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、携帯チェックといっても簡単にはできません。

日頃から頻繁に使う所持品ですし、パートナーが見てないところではないとできません。

 

今回は携帯チェックをバレずに行う方法、浮気を完璧に見抜き解決する方法を解説していきます。

 

携帯チェックはリスクがある?4つの注意事項

携帯チェックで浮気を見抜く方法を知る前に、携帯チェックにおける注意点があります。

基本的に携帯チェックというのは、許される行為ではありません。倫理的なものではなく、法律的にもアウトです。

 

それを踏まえた上で携帯チェックを行う時の注意点は4つあります。

 

携帯チェックはいけないこと?

よく浮気が怪しいと思って浮気をチェックしたら、案の定クロだったという人の話を聞いたことはあるかもしれません。

日常でもよくありそうなことですよね?

 

しかし、相手の許可なく携帯・スマホを見るのは違法行為に当たります。

厳密に言えば、プライバシーの侵害にあたる行為です。

 

それなのに堂々と携帯チェックをしたという人がいますが、パートナーが起訴すれば訴えられます。

 

夫婦だから家族だからという理由では許されません。プライバシーとは基本的には個人単位で守られています。それが、家族だからといって土足で踏みにじめていいもというわけではないので、それだけは注意していただきたいと思います。

 

夫婦関係に重大な亀裂が・・・

携帯チェックは色々な意味でリスキーな行動です。

 

もし、携帯を見ようとしていることがパートナーにバレたら最悪です。浮気を見抜くどころか、より一層警戒して尻尾を全く見せなくなります。バレたら浮気をやめさせるどころか解決が遠のきます。

 

また、携帯チェックしようとしても、本当に浮気をしてなかった時、バレたら夫婦の溝が深まるだけです。

 

自分は相手が浮気をしていると思っている。相手は浮気が疑われていることに不満を感じる。小さな不信感がどんどん募り、関係の修復が不可能なほどの不和が生まれてしまいます。

 

いくら気になるからといっても、パートナーからすれば疑われるのは不愉快なものです。

 

証拠能力が弱い、証拠として使えない可能性大

携帯チェックで浮気を確かめる理由の1つに、もしも離婚になった時のために証拠を押さえておきたいと思う人もいるでしょう。

ただ、携帯チェックで得た情報というのは離婚調停や裁判では証拠として認められません。

 

前述の通り、携帯チェックは違法にあたる行為です。非合法な手段で手に入れた証拠は公的な場では証拠として認められません。

 

将来を見越して考えているのであれば、別の方法が必要です。これは後ほど解説していきます。

 

携帯チェックをしても解決になるわけではない

浮気は発見と解決をごちゃごちゃにしている人が多いです。それは間違いです。

浮気の発見≠解決です。浮気問題の理想のゴールとしては、浮気をやめさせる、再発を防ぐことにあると思います。

 

しかし、浮気を見抜くこと自体は浮気防止につながるわけではありません

 

浮気は見抜くことが前提ではありますが、やめさせるための対処はまた別にあります。

もしも、浮気問題を完璧に解決したければ、浮気を見抜くことだけはゴールにしないでいただきたいと思います。

 

 

浮気を携帯チェックで見抜く方法

それでは携帯チェックで浮気を確信するための具体的な手法を見ていきましょう。

今はスマホが普及したことにより、セキュリティがしっかりしていますが、それでもチェックをする方法は多数存在します。

 

スマホはパスワードを入手!

まずは、パスワード問題を解決しましょう。

ガラケーではありませんが、パートナーがスマホを使っている場合、一番最初に立ちふさがる壁はホームのパスワード入力画面です。

スマホのホームボタンを押したら、パスワードを入力する画面に毎回なります。このパスワードを入力しなければ、中の情報を何も得られません。

 

そこで、このパスワードを解くことがまず最初にやるべきことです。

パスワードを解く方法については下記の方法をお試しください。

 

  • パートナーが使いそうな番号を入力
  • パスワード解除しているところを盗み見る
  • 指の動きと指紋の跡を見る

ホーム画面のパスワードは1日に何度も入力するものなので、単純な数字である可能性が高いです。

1111や9999などの数字を試すこともできます。

 

そして、極め付けにパスワードを解いているところを見ればそれだけで解除できますよね?

特に、一筆書きで解くタイプのパスワードの場合は、数字ではなく指の動きを確認することが必要です。

1日に何度も見れるので、焦らずに1つずつ番号を確かめていきましょう。

 

※パスワードは慎重に入力しましょう。スマホの場合は連続で入力に失敗するとパスワード自体がリセットされます。パートナーが次にスマホを見たときにリセットされていたら、あなたが見ようとしたことがバレてしまいます。パスワードはこの数字だ!と確信が持てるまではいじらないでおきましょう。

 

インストールしてあるアプリに注目

パスワードを解除していよいよ中身を見ていきます。パートナーもいつまでもスマホを放置するわけありませんから、できるだけスピーディに見ることが要求されます。

 

ストレートに浮気に繋がりそうなLINEなどを見ていくのもいいですが、浮気を隠すためのアプリも存在します。

まずは、ホーム画面で浮気隠蔽アプリの存在はないかをパパッと確認しましょう。

 

例えば、自分の位置情報をごまかす「偽のGPS」や履歴削除アプリなどは、存在の有無を確かめておきましょう。

 

浮気隠しのアプリは、変なメッセージを見つけるよりもよっぽど浮気を確信できます。浮気してなければインストールする必要は全くないものですから・・・

ホーム画面を開いて、すぐに浮気を見破れる方法です。

 

SNSをチェックする

パートナーがSNSを利用しているのであれば、ここを見逃さない手はありません。

 

SNSは自己の近況を発信することでも知られていますが、連絡手段として使われています。特に、LINEなんかはメールよりも連絡の際に使われることは多いのではないでしょうか?

日本人の3人に1人は使っていますし、浮気相手とのメインの連絡手段として使われている可能性は濃厚です。

 

また、Facebookも見ておきたいSNSです。同窓生との再会ができるはことなどから、Facebookから同窓会不倫のような状況になってしまうこともあり、アメリカでは浮気を助長するものとして社会問題にもなっています。

 

パートナーがLINE、Facebookを理由しているなら下記の記事でそれぞれの浮気調査方法を詳しく解説しています。

これも参考にしていただきたいと思います。

参考夫・妻の浮気をLINEで発見?その驚きの方法とは?

参考浮気はFacebookで見破れ!SNSで浮気調査する方法の解説

 

予測変換を見てみる

見逃してしまいがちなのが、予測変換機能です。

例えば、いと入力するだけで今から一度行くなど、その文字でよく使われるものが予測変換に登録されています。

 

「愛している」、「好きだよ」、「楽しかったね」、「また会おうね」などの言葉が予測変換で出てこないか見てみましょう。

 

自分に対して使ってないもので、怪しいものがあれば浮気相手とのやりとりで使っている言葉かもしれません。

特に、「愛してる」なんて言葉は恋仲である相手以外には決して使わないので、これが出てくればほぼ浮気は間違いありません。

 

Siriを使う

着信履歴や発信履歴を調べるというのも普通の人は思いつきます。

しかし、相手のスマホは使い慣れていないので、とっさに開くことができないかもしれません。

 

そんなときに便利なのは「Siri」です。

 

Siriはスマホに搭載されているアプリの一つで、イメージとしてはスマホの中に秘書がいるような感じです。

Siriを起動して、「今日の天気は?」「〇〇の画像を検索して!」という質問やお願いに対してすぐに答えてくれるある種ユニークなアプリです。

 

そこで、「着信履歴を開いて!」「発信履歴を開いて!」と話しかければ、自分がどこで開くのかわからなくてもSiriが開いてくれます。

 

他にも見たいアプリなどがあれば、「〇〇を開いて!」と言えばSiriが見せてくれるでしょう。

スマホで迷っている人はすぐにSiriだけを探してそこから浮気の痕跡になるようなものを探してもらいましょう。

 

その他、スマホからわかる浮気のチェック法

スマホがなければ浮気相手とやり取りすることができません。

浮気をする上で最も大事な道具といっても過言ではありません。

 

それだけにスマホの扱い方などからでも浮気を見抜くことができません。

スマホに関連する浮気サインは下記を参考にしてください。

 

スマホで見抜く浮気サイン
  • 携帯電話やスマートフォンを肌身離さず持ち歩く
  • 携帯電話やスマートフォンが見当たらず、自分が近くにいる時は全く開かない
  • 携帯電話やスマホを置くときに画面を下向きにしている
  • いつの間にか携帯電話やスマートフォンにパスワードが設定され、ロックがかかっている
  • LINEの通知で相手がわからないようにしてある
  • LINEの連絡先で異性の名前が変更してある
  • 履歴を削除しているような形跡がある
  • トイレやお風呂に携帯電話やスマートフォンを持っていくようになった
  • 夜中に布団やベッドの中でこそこそスマートフォンをいじっている
  • 携帯電話やスマートフォンの月額料金が以前より高くなった
  • 自分と一緒にいるときに携帯電話やスマートフォンの電源を切っている
  • 家にいるのに携帯電話やスマートフォンの着信音やバイブをOFFにする
  • クリスマスなどのイベントで家族と過ごす時間にこそこそ携帯電話やスマートフォンをいじっている
  • スマートフォンにメールやLINEでメッセージ・通知がよく届いている
  • 外出時にLINEやメールの返信が遅い、電話に出ないことが多くなった

パートナーがなによりも恐れるのは、スマホは1日における利用頻度が高いため、浮気が何かの拍子でバレてしまうことです。

逆を言えば、そこまで警戒してスマホを扱う自体が浮気サインということもできます。

 

もしも、やましいことがなければ、家でも堂々と使用しますよね?

そこも逆手にとって、パートナーの怪しい行動に目をつけていきましょう。

 

 

確実に浮気を見抜く方法

スマホからでもパートナーの浮気に関する情報はたくさん手に入ることがわかったと思います。

 

ただし、前述の通りスマホから得た情報というのは浮気の証拠にならないし、リスクというのがデカすぎます。

あまり気の進まないのも確かだと思います。

 

そこで、浮気を確実に見抜き、かつ浮気問題を徹底的に解決する方法を最後に紹介したいと思います。

 

プロに頼るのが一番!

何事もそうですが、自分なりに素人知識で進めるよりもプロに頼った方が確実で解決も早いです。

 

個人でやるには、浮気問題やそれに付随する関係修復や離婚という問題は素人知識で行うと必ず裏目に出ます。

それほど、知らないと損をしてしまう分野です。

 

やはり、自分だけで事をスムーズ運ぶのはかなりハードルが高いです。

そこで浮気問題はプロである「探偵社」に相談するのがベストです。

 

探偵は何をしてくれるの?

一般的に探偵は浮気調査をイメージするでしょう。もしくは、人探しかもしれません。

ここで誤解されがちなのは、探偵=浮気を調べる=証拠を揃えるだけということです。

 

実際に探偵は浮気調査を行いますが、それがゴールというわけではありません。探偵における仕事の終着点は、依頼主の希望に沿ってパートナーの浮気問題を解決することです。

 

離婚がしたい人、関係修復がしたい人、浮気相手に慰謝料を請求したい人。それぞれ浮気から派生してはいますが、目指すゴールは違います。

 

自分のゴールを実現してくれるのが探偵社です。それに対するノウハウや知識を使うことで、1人では決して実現できない夫婦生活のゴールを実現させてくれるプロです。

 

おすすめの探偵社は?

浮気問題における探偵の存在がいかに心強いかということは理解できたと思います。

後は、「どこにお願いすればいいのか?」という疑問を残すだけでしょう。

 

家電メーカーにも色々な会社があるように、探偵社もさまざまなものがあります。

その中でも、どうせなら自分に合った探偵社を見つけたいものです。

 

そこでオススメは、「街角探偵相談所」です。

街角探偵相談所

探偵に詳しくないなら、詳しくない人に選んで貰えばいいだけです。

街角は依頼主に合った探偵社を見つけてくれる無料のマッチングサービスです。

予算・地域性・案件に応じて、おすすめの探偵社をピックアップ、同時に見積もりまでしてくれます。

 

さらに街角経由で探偵社に依頼をすると、どの探偵社でも20~-40%の割引が適用されるため、費用も安く抑えることもできます。

全ての手続きが匿名かつ電話一本でも済ませることができますから、時間のない人にとってもオススメです。

 

まずは、無料のお見積もりと無料相談だけでも試してみるといいでしょう。

【街角探偵相談所】 公式HPへ行く
【街角探偵相談所】の評判・口コミを見る

まとめ

携帯チェックは夫婦にとっては、永遠の課題かもしれません。

浮気をしている方はなんとかバレないように誤魔化そうとしますし、浮気をされている方は何とか中身を見てやろうとします。

 

日本でもこの手の話は尽きませんよね?

 

しかし、浮気を確実に辞めさせられる方法というわけではありません。むしろ、溝を深めることになることも可能性としては考えられます。

 

倫理的にも法律でも許される行為ではないので、くれぐれも慎重に行うかプロに任せて解決していきましょう。