【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

「パートナーが浮気していることはわかる!」

「円満に解決したいけど、後々調停や裁判で使うことを視野に入れた場合にも通用するものがほしい!」

 

パートナーの浮気に直面した方でこのように考える人は多いでしょう。浮気とはされた方が許せば離婚しないと言うわけではありません。浮気した方があなたに別れを切り出すことも考えられます。

そんな時に最低限、自分の将来を守るため。相手が浮気した証拠をつかむことが大切です。

今回は、必要な証拠の特徴や浮気の証拠を確実につかむための方法について解説していきます。

 

浮気の証拠では何ができる?

浮気をしたパートナーの証拠を集めるために躍起になる人はいます。

しかし、証拠の効力について詳しく知る人はあまりいません。

まずは、「浮気の証拠を用意するとどんなことができるのか?」ということを知っておきましょう。

協議離婚では有利になる

まずは夫婦で浮気が発覚。そうなると、調停や裁判で決着をつけることもあります。

その協議の際、何も証拠を持っていなければ話がまるでまとまらないことはあります。

 

なぜなら、その場でパートナーが浮気をしているかどうかわからない。なので、調停委員も判断のしようがないからです。

証拠さえあれば、パートナーの浮気を訴え出た時に自分の有利になるように協議を進めることが可能です。

相手が浮気していることが証明できるものであれば、証拠として認められて協議の際に役に立ちます。

慰謝料請求が可能

言うまでもないのが、慰謝料請求を可能にできることです。

慰謝料を請求するだけならば誰でも可能です。申請する権利はあります。

 

しかし、慰謝料の金額や可否はあなたが用意する証拠によって決まります。用意する証拠によって、慰謝料の金額が低くなったり、もらえないことさえもあります。慰謝料は用意する証拠の能力の高さで、金額がピンキリです。

100万以下と言う人もいれば1000万円の請求ができた人もいます。

確実に言えるのは、証拠無くして慰謝料の請求はできないと言うことです。

証拠もないのに慰謝料の申請をしても、それはただ申請しただけで終わります。

一方的な離婚の申し出を取り下げることができる

もう一つ証拠によってできること。

それは、浮気したパートナーからの一方的な離婚の申し出を取り下げることができます。

 

通常、離婚とは2人が合意した上で行うもの。ですが、DVやモラルハラスメントを理由に一方的に離婚をすることもできます。ただし、一方的に離婚を申し出ることができないケースがあります。

それは、申請者が「有責配偶者」である場合です。

有責配偶者とは、離婚の原因を作った人、つまり浮気したパートナーのことです。

 

パートナーが性格の不一致で離婚を申請した。だとしても、あなたが浮気の証拠を見せれば揉めている原因は浮気であると言うことがわかります。その瞬間、相手は有責配偶者となり離婚の申し出を取り下げることができます。

 

どんな証拠が必要なの?

浮気の事実が知りたいだけ。ならまだしも、裁判等で使用する証拠となるとなんでもいいわけではありません

なんせ裁判官はあなたの家の事情を知りません。

浮気の事実を客観的に判断できる証拠でなければ意味がないんです。

そこで必要な証拠。あらかじめ、どのようなものが必要かを知っておきましょう。

肉体関係の有無を証明できる

浮気の証拠において、必ずその証拠に求められるものがあります。

それは、パートナーと浮気相手の肉体関係を証明できることです。

 

日本の法律では、肉体関係が伴わなければ浮気と認められるケースは少ないです。

キスやハグをした程度ではとても裁判で浮気を立証できません。

 

この証拠についての具体例は後ほど解説します。

ですが、この証拠が求められるせいで浮気の証拠は個人で集めるのはハードルが高いとされています。

 

あなたが用意した証拠。

確実にこの2人は関係を持っていると第三者を納得させなければいけないんです。

 

写真・動画が強い

証拠で用意するもの。やはり一番頼りになる種類は動画写真です。

写真や動画は、パートナーや浮気相手の顔や行動。

それを写すため何よりも具体的で客観的な証拠です。

 

一見は百聞に如かずとはよく言ったもの。真偽が確認できない証言や書類などよりも写真の方が証拠としては強力です。

誰の目から見ても浮気が明らかな証拠になる。

なので、証拠収集には写真か動画を用意するのが望ましいです。

弱くても複数の証拠を持つ

また、写真や動画でない弱い証拠。

それでも、複数の証拠があれば、ある程度浮気の事実を認めさせることは可能です。

例えば、日記・レシート・クレジット明細・給料明細などは直接肉体関係を証明できるわけではありません。ですが、パートナーが不審な行動を起こしていることは少なくとも証明できます。

 

集めても損はしないので、写真や動画以外でもあれば手元にとっておきましょう。

ただし、やはり1つ1つは証拠としては弱い。なので、裁判であなたに大分有利に働くと言うわけではないのでご注意ください。本来は写真・動画のついでとしての役割になります。

 

裁判で使える証拠の具体例

上記では浮気で使える証拠の特徴をお話ししました。

それでは、浮気の証拠として提出すべきもの

その具体例を見ていきましょう。

以下のような証拠を用意すれば、浮気による裁判でも間違いなく有利に働くでしょう。ただし、慰謝料が請求できたり等の法的処置を行える証拠。それを取得するのは簡単ではありません。

個人で行うのはかなりハードルの高いものでもある。

なので、証拠として認められる条件は注意してみてみましょう。

3回以上のラブホテルへの出入り写真・動画

ラブホテルというのはセックスを目的にしている場所。

ですから、これ以上ないほど浮気をしていることが決定的な現場です。

他の宿泊施設よりもラブホテルは浮気の証明には強いと言われています。

 

ただし、注意は1回だけの出入りでは浮気と認められないことがある。

1回のいわゆる「気の迷い」的な関係は浮気ではないと判断されることが多いです。

ある程度親密であることを証明するためにも、3回以上は撮影するか動画に収めることが条件です。

1時間以上のラブホテルでの滞在時間

肉体関係を証明する。それには、その場所での滞在時間も重要です。

例えば、2人でラブホテルに行っても5分後に出てくれば肉体関係を持っていたとは言えませんよね?

セックスの有無は40分以上の滞在時間が必要です。

ただし、用意する証拠によってはそれでも弱い可能性がある。

なので、1時間以上の滞在を証明することが望ましいです。

5回以上の相手宅や宿泊施設などの出入り写真・動画

浮気相手の家や旅行先のホテル。2人で出入りした写真も有効です。

ただし、注意点があります。

それは、回数滞在時間です。

 

ラブホテルと違って、自宅や浮気相手の家や旅行先は元々性行為を目的にした場所ではないからです。つまり、肉体関係の有無が曖昧であると言えます。本人たちさえ否定すれば、証拠になりません。

 

浮気を否定できないようにする。それには、複数の出入りの確認と滞在時間が必要になります。

さすがに1時間以上毎回滞在。さらに、それが複数回あれば誰でも肉体関係を持っていることを匂わせます。

本人の証言

証拠については写真があるに越したことはありません。

ですが、録音というのもまた役に立ちます。

声は声紋で個人が特定できるので、これも証拠として扱われます。

 

何を録音するのかというと、浮気した本人が浮気したことを認めた証言です。

これも本人が認めているわけですから、良い証拠です。ただし、録音というのも厄介で「浮気を認めろと脅された」「冗談で言っただけだ」と言い逃れもできます。

写真があればより効果を発揮しますが、録音単体だと証拠としてはそこまで強くありません。

 

証拠を手に入れる前にしてはいけないこと

「早速、証拠を手に入れよう!」と意気込むのは良い。

ですが、まだ知らなければいけないことがあります。

浮気の証拠を手に入れる前にしてはいけないNG行動というのもあります。

これをやってしまったらご破算になってしまうので、あらかじめ押さえておきましょう。

パートナーを問い詰める

証拠を手に入れる前に、パートナーに問い詰めることは止めておきましょう。

浮気を話題に出すような行動も控えるべきです。

これをやることにより「パートナーは自分が浮気を疑っていることを知ってしまう」ことになります。

そして、「証拠がない」こともわかってしまいます

 

この場合どうなるか?パートナーは浮気の証拠をつかませないように色々と画策するでしょう。

さらに、証拠がないのをいいことにしらばっくれて話になりません。浮気の証拠を手に入れるまでは、パートナーの前で確信をついた様な態度は止めておきましょう。浮気に感づいたら、ポーカーフェイスを極力貫いてください。

 

少しでも「もしかしてばれているかも」と思われてしまったら、これまでの努力が水の泡になるかもしれません。

浮気は確実な証拠が集まった後で、静かに話を切り出すようにしましょう。

浮気相手に会う

浮気相手に会うのも賢いこととは言えません。

浮気相手に会ってしまうのも同様で、相手に自分が証拠を持っていないことを悟られてしまいます。

そうなると、相手は自分にダメージを与えることができないと思ってしまう。

なので、結果として浮気をやめさせることが難しくなってしまいます。

 

さらに浮気相手に会ってしまうと自分を保てなくなってしまうかもしれません。

どんな理由があっても日本で暴力は許されることではない。感情に任せて浮気相手に会うとどうなるかわかるでしょう。忘れてしまいがちなのが、浮気相手も慰謝料を請求されたりすると弁護士に相談します。

その弁護士に入れ知恵をされると、こちらに弱みがあればそこを突かれてしまうことになるでしょう。

暴力や暴言を吐いたとなれば、それをきっかけにこちらが訴えられることになります。

 

浮気相手に会うのは確実な証拠が集まった後。もしくは、慰謝料請求後に会うのが望ましいです。

そもそも極力合わない方がいいので、メールや電話での接触も避けましょう

 

浮気の証拠を確実に掴む方法は?

浮気の証拠をつかむ方法。

それについては、大きく分けて2つのパターンに分けられます。

  • 個人(自分)で用意する
  • プロ(探偵社)に依頼をして用意する

 

要は、自分で用意するかプロに用意してもらうかという違いです。

 

個人で浮気の証拠を取得する人もいます。ですが、大多数は探偵に依頼をして証拠を揃えています。

プロに頼む理由は簡単。それは、その方が確実に証拠が手に入るからです。

個人で用意した証拠は協議でまともに使えないことが多く、話し合いにならないことすら多いです。

 

だからこそ、ほとんどの人は探偵社に依頼をするわけです。被害者だから丸腰でも協議で有利になると考えている人はいますが、それは大きな間違いです。協議とは、第三者の目から見て公正に判決を下す場です。

浮気の実像がわからないのに、一方的にパートナーを責めるということはできません。

個人での調査をお勧めしない理由は他にも多々あります。

 

個人で行う浮気調査はNG?

浮気問題に関しては、個人で行う調査はまるで役に立たないことが多いです。

なぜ自分で行う浮気調査が良くないのか?

それには以下の理由があるからです。

効力のある証拠を知らない

理由の1つは、証拠に対する知識不足です。

ほとんどの人が浮気の証拠に必要なものをわかっていません。

LINEやメールの内容をゲットして、それを証拠として提出したところ認められなかったという話はよくあります。

 

やはり、知識がなければ用意する証拠もわかりません。

勘違いして間違った証拠を用意して協議に望んでしまうというリスクがあります。

調停や裁判では知らなかったでは済まされません。

まして、やり直しもできないので怖いものです。

証拠を取る技術がないから

上記で解説した浮気の証拠として認められるもの。

それを見ればなんとなくわかることでしょうが、証拠の取得は簡単ではありません。

 

365時間パートナーを監視しなければできないこともあり、自分がやるには条件がかなり厳しいです。

それをバレずに合法的な手段で行うことが一般的には難しい。だからこそ探偵社というプロが存在するのでしょう。ましてや、家族や生活、仕事がある人。ほぼ間違いなく無理だと言ってもいいでしょう。

 

尾行は技術がなければ全く上手くいかないものです。1人だとまず見失ってしまいます。

尾行する時間が割けないのも個人で行う浮気調査のネックです。

技術的にも時間的にも厳しいこともあり、これも個人でやらない理由の1つです。

違法行為をしてしまう可能性も・・・

たまにあるケースですが、裁判で提出した証拠が違法な手段で手に入れられたものだったということは多々あります。知識がないために起こってしまう典型的な事故でもあります。

 

ほとんどの人が夫婦間にプライバシーはないと思っているようですが、プライバシーは個人に対して保証されているものなので、夫婦だろうと立ち入ってはいけないものです。

例えば、相手の携帯を盗み見る、黙って相手の私物を持ち出す、公共の場でカメラを設置する。

それらは全て違法に当たります。

 

表に出ていないうちはまだしも証拠は裁判官などに見せる。違法行為をしたことがバレてしまいます。

その証拠が認められないばかりか、あなたが犯罪者として起訴されてしまうこともあります。

 

探偵社に依頼をするメリット

個人による浮気調査について理解はできたと思います。

ただ、プロに相談する理由。それは証拠能力の高さだけでしょうか?

探偵社に依頼をすることで思わぬメリットを得られることもあります。

探偵の証拠ほど有利なものはない

まず、大前提として探偵が用意する証拠ほど協議を有利にするものはありません

探偵は知識も技術もあります。そして、協議に使える証拠というのはマストで要求されるもの。

ですから、取得に関しても全く問題ありません。

 

もちろん、探偵社に頼む料金はかかります。ただし、個人で調査をした場合、慰謝料が0円ということも珍しくありません。探偵に依頼をすれば、ほとんどの確率で高額な慰謝料を請求することができます。

それを差し引いて考えれば金銭的なメリットもプロに依頼した方があります。

自分の時間や体力を割かない

証拠集めは体力と時間の勝負です。

動き始めるまでの早さも重要。証拠集めに時間をかけすぎるとパートナーも途中で気がつきます。

これも個人でやると部が悪いです。時間調整もしなければいけない上に、尾行や証拠探しをする体力も必要です。

 

大の大人で日がな一日中パートナーに張り付く体力と時間を持っている人は稀ですよね?

そして、都合の良い時間帯でも見逃したり浮気現場に居合わせなければ苦労は全て無駄になります。

探偵は依頼さえしてしまえば、自分の労力をかけずに済むので、誰でも証拠の取得が可能です。

アフターフォローも充実

実は、探偵社に依頼することで証拠を取得する以外のメリットも見込めます。

証拠を手に入れた後、その証拠を使うための弁護士を紹介してくれることです。

探偵社は大抵、浮気訴訟や法律に詳しい弁護士と提携しているものです。

 

そして、浮気調査後に弁護士を無料で紹介してる探偵社が多いです。

いくら証拠が優れていても、法律に詳しくなかったり、浮気を専門にしてない弁護士では心許ないです。慰謝料請求などの際には、ついでに是非紹介してもらいたいです。そして、離婚をせずに浮気したパートナーと関係修復をしたいという人もいます。そんな人のために復縁のサポートもアフターサービスで行なっているのも探偵社です。

「慰謝料請求は浮気相手にだけ!」という人は復縁も視野に入れている。だから、これはありがたいサービスですね。

 

おすすめの探偵社

証拠を手に入れるためにベストな選択肢。それは探偵社に依頼をすることは理解できたと思います。

しかし、疑問が残りますよね?

それは「探偵でベストな選択肢は何か?」ということではありませんか?

探偵社は色々あるので未経験者の方は何を基準に選べばいいかわからない。ただ、1社1社訪問して回るのも面倒です。

そこで、おすすめの探偵社は「街角探偵相談所」です。

街角探偵相談所

これは無料でつかえる探偵と依頼者のマッチングサービス。案件に応じて、複数の探偵社をピックアップ。

さらに同時に見積もりをすることも電話一本で可能です。

 

街角で提携している探偵社は審査をクリアした選りすぐりの会社ばかり。さらに、街角を通せばその探偵社への依頼料を全て20~40%の特別割引があります。

無料相談もできるので、まずはこの無料相談を利用して話を聞いてもらってから話を聞いてもらうのも手です。

すでに浮気が発覚している人は急いで調査を依頼しなければ証拠の取得が厳しくなるかもしれません。相談はお早めに!

【街角探偵相談所】 公式HPへ行く
【街角探偵相談所】の評判・口コミを見る

 

まとめ

浮気の証拠については、多くの人が知らない部分もあり思っている以上に困難です。

被害者ということで、誰もが守ってくれると思っていても、法律が絡む以上は確たる決定的証拠がなければ難しいものです。これまでに多くの人が慰謝料を請求しようとしているのに、証拠を用意しなかったために泣きを見てきました。

そうならないためにも、十分に自分が置かれている状況や必要なものを把握し、協議に備えていきましょう。