【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

嫁が上司と浮気している!

 

まるで昼ドラのような場面です。

身に覚えのない人ならそんな状況が現実にあるとも思わないでしょう。

 

しかし、実際に起こり得ることですし、他人事でないなら全く笑い事ではありません。

すぐにでも解決しなければならない問題です

 

今回はそんな嫁と浮気相手である上司の不倫関係。

その対策を解説していきたいと思います。

 

嫁はどの上司と浮気している?

上司と一口に言っても場合によっては複雑な状況です。

上司と言っても2パターン存在しますよね?

 

嫁の職場の上司

妻が働きに出ているのであれば、その職場で上司や先輩がいるのは当然です。

 

勤めているうちに仕事仲間という関係から一線を超えてしまう

普通の恋愛でもよくあることです。

 

ましてや、女性の不倫は職場で行われていることが多いです。

職場不倫は非常に厄介。

夫が見えないところで嫁が浮気相手との関係を築いている。

気がつくのに時間がかかります。

 

職場の上司。

旦那についての悩みを打ち明けられる存在で頼りになります。

夫と同じ男性としての意見を聞いてもらう。

そのうちに上司に好意を抱いてしまうのはよくある話です。

 

また、上司も年齢が年齢であれば、刺激欲しさに自分より若い女性と付き合うことがあります。

たとえ既婚者だとしてもです。

 

みんながみんな、上司と浮気をするわけではありません。

しかし、所詮人間の感情なので何があるかわかりません。

 

自分の上司

嫁が自分の上司と浮気することも考えられます。

これは非常に複雑ですね。

 

嫁はともかく自分の上司にも裏切られたようなものです。

これもありえることではあります。

妻と職場で知り合っているのであれば、妻にとってその上司は元々知人でもあります。

 

何かのタイミングであなたが奥さんを紹介して知り合うこともある。

きっかけ次第では浮気相手になってしまうことも・・・

 

しかし、これは大分レアなケースです。

自分の上司と妻なんて大抵会う機会はありません。

 

元々妻と自分の上司が知り合い。

なら、会社内でも怪しい噂くらいは聞いていたでしょう。

 

ですが、たまにそんな事例がある。

可能性としてはあり得なくはありません

ただ、自分の上司であれば妻と浮気するのに気が付けるでしょう。

 

上司が旅行のタイミングで妻の友達と旅行に行く。

なんてことが重なれば嫌でも気がつきます。

 

嫁が上司と浮気する理由

実は女性の職場不倫というのは少なくありません。

 

旦那がいても務める先の上司と仲良くなる。

男女の仲になってしまうことはいくらでも考えられます。

 

なぜ彼女は夫がいるにもかかわらず職場で浮気に及んでしまうのか?

その理由を見ていきましょう。

 

精神的に寂しい

自分は家事や子育てを一生懸命やっている。

 

なのに、夫からの扱いが悪い。

自分の苦労やストレスをわかってくれない。

最近全く愛情を感じない。

 

このような状況下では女性は寂しさを感じます

 

その精神的な寂しさから浮気に走るのは女性の浮気の典型例

 

誤解されがちなのが、妻が性欲で浮気しているのではなく、寂しさに付け込まれる。

または流されてしまって浮気をしてしまうケースです。

 

決して、浮気を心の底から望んだというパターンではない。

心が荒んでいる時に相手から優しくされてついつい関係を持ってしまいます。

 

夫に対する不満

寂しさが原因になること。

女性の浮気においてはよくあることです。

 

しかし、根本的な浮気の原因はもっと根深い問題かもしれません

 

長年夫婦生活、カップルでいると相手に対して不満を抱きやすいものです。

 

人間は最初に出会った人間はいいところを探すようにします。

ですが、昔から知っている人は悪いところを見るようになってしまいます。

 

そして、長い付き合いだからこそ、小さい不満を抱えていて、徐々にはっきりとした不満に変わります。

浮気に走るのは、明確に夫に対して嫌悪感があるからというケースもあります。

 

上司が魅力的

旦那以上にその上司の人が好きになってしまうということもあります。

仕方のない話ではありますが・・・

 

旦那に悪意も不満もない。

だが、単純に上司を男性として夫より好意を持ってしまうということです。

 

実はこのパターンの方が一番厄介です。

明確に不満や浮気の予兆があるわけではないので、夫も気がつくまでに時間がかかります。

 

浮気をきっかけに露骨に態度が変わることというのはない。

なので、ほとんどの男性は見逃してしまいます。

 

離婚を切り出さないのは向こうにもパートナーがいる。

だから言い出せないというくらいまで本気になっている可能性もあります。

 

妻と上司の浮気に気づく瞬間

どんな場面で妻の浮気に気が付いてしまうのか?

一般的に女性によく出る浮気の兆候から、上司との浮気を看破していきましょう。

 

以下のような場面がでれば妻の浮気が怪しくなってきます。

 

外出が目に見えて増える

外に出ることが多くなれば浮気が危ぶまれます

 

女性は浮気の言い訳づくりが上手く、相手に疑わせないようにしてきます。

「友達との飲み会」「買い物」「両親が来てる」など言い訳を使い分けています。

 

鈍い男性であれば、そのまま受け取ってしまい、浮気の発見が遅れて今います。

どんな言い訳を用いても、外出頻度が目に見えて増えれば浮気を疑うべきです。

 

急に優しくなる

自分は何もしていないのに優しく接してくることはありませんか?

浮気をした直後は特にこんな態度をすることが多いです。

 

スキンシップが増えたり、お小遣いを増やしてくれる。

外で不貞行為を働いている分釣り合いを保とうとしてくるのです。

そのやさしさで自分の中にある罪悪感を殺そうとしています。

 

趣味に変化が出る

妻の趣味に変化がでる。

それは、浮気相手に影響されている可能性があります。

 

特に、音楽やファッションの趣味が変化することは顕著です。

 

音楽やファッションは身近にあるものですし、人の影響を受けやすい趣味です。

それにすぐに自分に取り入れられるものです。

 

浮気相手の趣味に影響されるのは、その人に近づきたい、親密になりたいからです。

以前とは全く別の趣味になってきたら浮気をしているかもしれません。

 

家事や子育てで手を抜き始めた

家でのことに手を抜き始めるのも危ない兆候です。

 

浮気による2重生活は大変なものです。

旦那にばれないように画策したり、浮気相手にスケジュールを合わせてデート。

やらなければいけないことが増えます。

 

浮気をしている人というのは、大抵、浮気相手と浮気がばれないようにすることを生活においても優先します。

そこでそれ以外のことがおざなりになってしまうのです。

 

料理がお総菜などの出来合いのものが増え、掃除をする頻度も少なくなった。

このようなことはないかチェックしてみましょう。

 

家事に手を抜き始めたら、赤信号の浮気サインです。

 

仕事の頻度が増える

外出することが増えるのはいいことではありません。

特に、上司と浮気をしていると仕事の頻度を増やしてまで会おうとすることもあるでしょう。

 

仕事をしていれば、残業という名目で浮気相手の上司とそのままデートをすることもできます。

パートで働いているのであれば、週2~3が週4~5に増えるという変化が浮気のサインです。

 

仕事を理由に外出することが多くなる

この変化にも注意しておきたいところです。

 

妻と上司の浮気を確信!何を考えるべき?

浮気が気のせいかもしれない、そう思いたかったがどうやら浮気が真実である。

こんな状況であれば夫はある種の決断を迫られます。

 

妻の浮気発覚後、夫としてやるべきことは何か?

 

一度冷静になる

浮気発覚後に妻とすぐに話をしたり、声を荒げて迫ったりするのはオススメできません。

 

感情的な状態で話をしても、話し合いにならないことが多いです。

さらに激しく問い詰めるとそれを機に浮気相手が強気に出てきて離婚を迫ることもあるかもしれません。

また、強引に問い詰めた方が妻としても真実を言いづらいものです。

 

どちらにせよ、あなたに全くメリットのない行為です。

一度冷静になることで、自分の考えをまとめたり、妻と落ち着いて話ができるようにしておきます。

 

そこで改めて、自分の気持ちを確かめることができると思います。

 

進路を決める

冷静になってもらったら、次は今後について考えなければなりません。

 

浮気されて問題なのは、「浮気した嫁をあなたが許すことができるか?」ということです。

もっと言えば、浮気した妻と今後も結婚生活を送れるのかということです。

 

浮気が発覚した以上。

あなたは夫婦生活の続行離婚かを決めなければなりません。

これは必然的に決めるとは思いますが、一度大きな決断として決めなければいけません。

 

人間はどっちつかずの決断をしてしまうと何もかも上手くいきません。

 

夫婦の継続と離婚。

この2つに1つをはっきりしないこと。

そのために必要な行動が起こせずに損をしてしまうことも多いです。

 

妻と話し合いをする

浮気がはっきりしていて、両方がそれを知っている。

ならば、正式に話し合いをした方がいいです。

 

話し合いをしないとどちらも言いたい事が言えずに、中途半端に決着がついてしまいます。

 

するべきことはあなたと妻の話し合いです。

決してあなたが言いたいことを言う機会でも暴力や脅しをする場ではありません。

 

それを理由に離婚を向こうから切り出されてしまう。

なので、関係修復をする場合は特にやってはいけません。

 

話し合う内容としては

  • 妻が今後の生活にどんな展望を持っているか?

ということです。

 

つまり、2度と浮気をしないと誓ってくれるかです。

 

あなたが夫婦を続けたくても向こうがそう思っていないのであれば難しいですよね?

妻の意思をしっかり聞いて自分なりに判断を下すことが必要です。

 

また、夫婦関係の修復を思えば、浮気に至った原因についても聞いておいた方がいいです。

 

浮気相手と別れさせることができた。

ただ、原因が残っていれば浮気は繰り返し行われてしまうもの。

 

今後の憂いを無くすため。

浮気の根本的な原因はどこにあるのか?

それは把握しておいた方がいいでしょう。

 

浮気による話し合いについては下記で詳しく手法を解説しています。

参考旦那の浮気で話し合い!これさえあれば夫婦円満?

 

番外編:関係修復を考えるなら・・・

夫婦の関係修復を本気で考える。

ならば、感情の赴くままに行動するのはオススメできません。

 

妻に対して、暴力や悪口は避けた方がいいです。

裏切られてどんなにプライドを傷つけられても、暴力や言葉の暴力をすることで結果として関係修復は遠のくことになります。

 

ましてや、浮気相手に対しても直接暴力に訴える。

妻の前で間男の悪口を言うのもNGです。

 

浮気した直後の妻の気持ちはほぼ浮気相手に傾いています。

そんな中、妻に反感を持たれる行為をする。

 

妻&浮気相手VS自分」という構図を作り出すことになります。

関係修復はおろか、ほんの少しの埋め合わせもしてもらえない可能性があります。

 

妻と関係修復するための具体的な手段については下記の記事を参考にしていただきたいと思います。

参考浮気したパートナーと関係修復をする方法はあるのか?

 

嫁と上司の浮気、浮気相手への制裁方法とは?

嫁が上司と浮気しているなんて、夫しては許せないことですよね?

もし、妻に対して至らない点があったとしても、それで浮気までされるなんて覚えはないはずです。

 

その気持ちは正しく、そのまま野放しにはしてはいけないことです。

 

なぜなら、放置していると関係がどんどん進展。

もはやあなたの力ではどうにもならないということがあるからです。

浮気問題には早期発見と対応が求められます。

 

特に浮気相手はただ放置するのはいけません

 

その上司が妻や自分の生活圏内にいる。

そのうちは浮気を解決したとは言えません。

浮気された側の気持ちを考えれば野放しにするのは嫌ですよね?

 

あなたができる精一杯かつ効果的な制裁方法としては慰謝料を請求することです。

通常、浮気相手への慰謝料は100万円から300万円が相場です。

 

高額の慰謝料請求をすれば、浮気相手も離れざるを得ません。

また、お金で離れていく浮気相手を見れば、妻も目を覚ますでしょう。

 

慰謝料請求は色々準備するものは必要ですが、お金のためだけではなくとも、やる価値は十分あります。

 

間男への慰謝料や請求方法については下記の参考記事をご覧いただきたいと思います。

参考間男に慰謝料を請求して制裁する方法~妻の浮気~

 

まとめ

妻と上司の浮気。

それは、キッカケとしては些細なものかもしれません。

 

しかし、それは夫婦崩壊への足取りを確実に辿っていくことになります。

妻の上司だとしても、自分の上司だとしても放っておいてはあなたの人生の障害以外の何者でもありません。

 

浮気は早く発見しなければ既に手遅れになっているケースは珍しくありません。

今すぐにできるものから始めて、解決していきましょう。