【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

介護業界と聞くと大変そうなイメージ。

しかし、介護職にはもう一つ重要な特徴があります。

 

それは、浮気が非常に多い職場だということ。

 

今回は、そんな介護士をパートナーに持つ方。

浮気の理由と解決方法を解説していきたいと思います。

 

男女ともに浮気率が上位!

介護職には実は浮気しやすい職場。

 

浮気が多い職場。

いくつかの共通点があるわけです。

 

医者や経営者などがそれに当たるわけです。

ですが、それに次ぐほど浮気に発展しやすい職場として上位になっています。

 

詳しい理由は後ほど説明しますが、男女ともに浮気をする確率は高い。

配偶者を悩ませていることは事実です。

実際に興信所の調査によると、介護職のパートナーを持つ依頼主からの相談は非常に多いです。

 

確かに浮気というのは職業ではなく、個人によるところも大きいです。

 

しかし、浮気をしやすい職場に勤める。

そんなことで、人が変わってしまうことはよくあります。

 

介護士のパートナーがいる。

ならば、浮気の可能性は常にあることを意識しなければなりません。

 

介護士に浮気が多い6つの理由

浮気が多い介護職。

それにはある理由があります。

 

介護職の何が浮気に発展させてしまうのか?

その理由を見ていきましょう。

 

ストレスが多い

浮気とストレスというのは密接な関わりにあります。

浮気をする理由はいろいろなものがありますが、突き詰めると結局このストレスが原因になることが多いです。

 

介護職は老人のお世話をする。

認知症の方とのコミュニケーション死を目の当たりにすることもあります。

 

ましてや、激務

なので他の職業よりも大きなストレス負担がかかります。

人間関係だけではなく、職場環境が悪いこともストレスの大きな原因になっています。

 

女性比率が多い

職場の男女比率も特徴の1つです。

介護は女性が多く働く場所です。

 

その女性も既婚者であることが多いです。

ストレスも原因になり、この女性たちも浮気願望を抱えていることがあります。

 

相手も既婚者であるという理解もあり、都合の良い遊び相手として同じ職場の人間が浮気相手になる可能性は高いです。。

既婚者同士の浮気というケースもあります。

 

異性と接する機会が多い

男性にとっては異性と接する機会が多くあります。

介護職は基本的に一人きりで業務をすることはありません。

 

同僚や先輩と協力しながら仕事をすることの方が多いです。

仕事を一緒にする機会が多いと、お互いに関係性の向上することは当たり前ですよね?

 

特に共通したストレスを抱えて仕事をするというのは、特に親密になりやすいものです。

 

シフト制なのでバレにくい

介護はシフト制です。

日勤・夜勤・三交代など、職場によって違います。

 

ですが、24時間稼働しなければならない職場。

なのでシフト制にするのは間違いありません。

 

シフト制の職場というのは普通の職場と違って、勤務時間が毎日違うことはザラにあります。

 

ということは、浮気をしている人は誤魔化すのが容易になります。

場合によっては残業や休日出勤という建前を使って浮気をすることも可能です。

 

浮気を隠しやすい環境だから、より浮気に走りやすくなるという理由もあります。

 

収入の低さ

金銭的な理由もあります。

介護職の一般的なイメージの中に、激務の割に収入が低いというのもあると思います。

 

「収入が少ないから、むしろ浮気しにくいんじゃない?」と思うかもしれません。

確かに浮気をする人。

金銭的に余裕がある人というイメージがあります。

 

しかし、収入がある程度低い人も浮気をする傾向にあります。

先ほどのストレスに関連することです。

 

そして、収入が低いと日常的にストレスを抱えるもの

例えば、満足にお金を使えない上に激務をこなすという生活だとストレスの逃げ場がありません

 

このように収入が浮気に直結しやすく、浮気につながりやすいことです。

 

外部と接する機会が少ない

介護職が内部の人間と親密になる。

不倫関係になってしまうのは、交友関係の狭さも原因です。

 

介護の仕事では基本的に他の業種や異性と接する機会がありません

 

だからこそ、内部の人間との絆が非常に強くなりやすいです。

ある程度、外の人間と交流があればそれが新鮮味につながったりして、ストレスを発散することができます。

 

しかし、介護職ではそれができません。

ひたすら内部の人間と交流を重ねて、良くも悪くも他の職業よりも同僚と仲良くなることが多いです。

 

介護士の浮気相手とは?

介護士の浮気相手になる人間もパートナーが決まっています。

 

交友関係の狭さ。接する人間も限られている。

ある程度、浮気対象は限定されます。

 

それは以下の通りです。

 

同僚

やはり、一番多いのは同じ職場の人間

一番接する相手。

なによりも仲良くなるきっかけが多々あります。

 

仕事が一緒になったり、飲みに行ったり話す機会も多く作ることができます。

 

介護職に限らず、不倫は職場で行う人が多いです。

単純接触効果」と言って人間は頻繁に顔を合わせる相手に好意を持ってしまいやすくなるというデータがあります。

 

そのおかげもあって、同僚は浮気対象になりやすいのです。

コミュニティーも狭いので、なおさら同僚と仲良くなります。

 

介護対象の家族

介護職はご老人を相手にする職業です。

相手はお年寄りということもあり、介護対象と恋愛関係に発展することは考えられません。

しかし、介護対象の家族は違います。

 

例えば、介護をしているとその家族にも接する機会がある。

なので、当をしている人の家族とは親しくなる可能性が高いです。

 

介護も1人だけを見るわけではありません。

何人もの家族の中から1人浮気につながる相手がいたとしてもおかしくないです。

 

同僚よりは可能性は低いですが、十分あり得る話です。

 

周りは浮気相手予備軍!

介護職は確かにコミュニティーが狭い。

内部の人間と浮気しやすいことは間違いありません。

 

ですが、浮気をするのは内部の人だけとは限りません

 

個人の交友関係からも浮気に発展することも考えられます。

介護職はストレスから浮気に走る。

だから、出会う人が問題になることはないわけです。

 

なんてことない友達との飲み会。

そこでも浮気をしてしまうこともあります。

出会う人全てが浮気相手予備軍になります。

 

例えば、同窓会などで職場以外の人と出会い、そこから浮気をすることもあるわけです。

ストレスという元凶がいる以上、誰と浮気してもおかしくないのも確かです。

探偵さがしのタントくん

 

介護士が同僚と親密になってしまう瞬間

介護職は常に浮気をすること。

それを考えていることは当然ありません。

 

ふとしたきっかけで一気に距離が縮まり、関係性が近くなってしまうことはあります。

そのきっかけも見ていきましょう。

 

飲み会・お酒の席

同僚や職場の人と仲良くなる機会。

やはり飲み会・打ち上げの場が多いでしょう。

 

仕事中にあからさまに相手を口説くことは誰もしません。

しかし、お酒が入って大胆になるとその気になってしまう人もいます。

 

ましてや、日頃激務をこなしている人が呑んでしまう。

より大胆になってしまいます。

お酒の場で浮気相手を見つけてしまう人は多く、その後も関係を続けてしまうというパターンもよくあります。

 

夜勤などの勤務日

仕事が一緒の時間が多いとやはり距離が近くなりますよね?

特に、介護の場合は夜勤が問題です。

 

基本的に日中よりも人が少ないので、少人数になります。

そして、介護対象も寝ているので昼よりも激務ということではありません。

 

同僚と話す時間が多いので、その分親交を図ることができます。

 

また、というのも特殊な環境。

女性は警戒心を弱くしやすく、男性も近づきやすいです。

そこに夜勤という共通点があるので、恋仲に発展しやすいというのも実例です。

 

介護士の浮気を見抜くためには?

「パートナーが浮気している!」

「でもどうやって確かめたらいいかわからない」

 

そんな方のために浮気を見抜く方法も解説したいと思います。

 

基本的に問い詰めて吐かせようとするのはよくありません

浮気を認めることは少ないですし、それ以降メスを入れることが難しくなります。

 

以下の方法を試して浮気の事実確認を行いましょう。

 

シフト表をチェック

パートナーには必ずシフト表が渡されているはずです。

 

まず、シフト表を見ることでパートナーのスケジュールを抑えます

そして、普段の出勤状況との矛盾を照らし合わせることで浮気かどうかぎわかります。

 

まず、シフト表を隠していることでも浮気を見抜くことができません。

シフト表を見せないのは、浮気をするために日頃から勤務時間を偽っている可能性があるからです。

 

もし、ない場合は「シフト表見せて」と聞いて見てもいいでしょう。

その後の対応でなんとなくあなたも気がつくでしょう。

 

給料明細をチェック

給料明細でも浮気をしていることがわかるものがあります。

それは、残業代休日出勤手当をチェックすることです。

 

残業や休日出勤なんかは浮気をしている時によく言い訳として使われます。

そして、突如増え始めるのは浮気のサインです。

 

残業の多い時と少ない時で手当の金額を比較して見ましょう。

もし、手当が一緒、もしくは低いなんてことがあれば、残業を隠れ蓑に浮気をしているかもしれません。

 

クレジットカードをチェック

クレジットカードの明細を見ることも重要です。

 

浮気をする人は、その浮気相手に対して何かしらのお金を使っているでしょう。

デート費やラブホテルの料金

可能性を挙げたらキリがありません。

 

クレジットカードの明細から不明瞭な支払いがあるか。

これをチェックして見ましょう。

 

日付や支払先も載っていますから、ネットで調べて支払先をチェック。

そしたら、ラブホテルということも発覚するかもしれません。

 

位置情報をチェック

アプリやGPS機器を使って位置情報を取得することもできます。

 

アプリでは盗難防止用にスマホの位置情報を把握できるアプリや浮気防止用のものまであります。

基本的には対象のスマホの位置情報を他の端末で確かめることができます。

 

浮気調査に使われる人気アプリについては下記を参考にしてみてください。

参考浮気を調べる!見抜く!最強アプリとは!

 

アプリは自分が確認した時の位置情報のみ。

他のアプリで誤魔化すこともできます。

 

GPS機器のレンタルで高性能機器を借りればその難点は解消されます。

GPSロガーと言って、1日の位置情報を断続的に記録。

いつどこで何をしていたのか?というのを位置情報の連続記録から把握することができます。

 

浮気調査でも人気なので、利用して見るのもいいでしょう。

レンタルGPSの詳細は下記で確かめて見てください。

イチロク

レンタルGPS【イチロク】HPへ

 

探偵に依頼する

なんと言ってもプロに頼る。

これが浮気を確実かつ早く見抜くことができます。

 

探偵社に依頼をすることで料金は支払います。

ただ、自分の労力や時間を浪費せずに証拠を集めることができます。

特に、探偵社への依頼を検討すべき時は法的処置を考えている時ですね。

 

離婚や浮気相手への慰謝料請求。

それは探偵の証拠無くしては非常に厳しいものがあります。

 

ましてや、アフターフォローとして弁護士の紹介。

関係修復のためのアドバイスなど嬉しいサービスが浮気調査以外にもあります。

 

確実に浮気を解決したいのであれば、プロに頼るに越したことはありません。

浮気調査に定評のある探偵社は下記でまとめていますので、こちらも参考にしていただきたいと思います。

参考浮気調査が得意な優良探偵社のおすすめランキング

 

介護士の浮気に対する理想的な対処とは?

浮気については、とにかく早く解決することをオススメします。

 

時間をかけた分だけ、パートナーと自分の距離は離れてしまいます。

浮気相手のおかげで物理的な距離まで離れてしまうことがあります。

 

浮気は本気じゃないと考える人はいます。

ただ、それは放置して大丈夫という意味ではありません。

厳密に言えば、遊びのつもりで始めたことでも時とともに本気になってしまうものです。

 

浮気は怪しいと思った段階で解決に向けて動き始めることが理想です。

早期解決をテーマにプロに頼ることも視野に入れて解決していきましょう。

 

まとめ

介護職には浮気はつきものです。

 

偏見だと思われるかもしれませんが、事実として浮気は多い。

なので、パートナーが介護職であれば決して油断をしてはいけません。

 

どんなに真面目な人でも環境が人を変えることがあります。

誠実な人でも周りに流されて、自分もやってしまう可能性は高いです。

 

浮気心というものはどこにでも存在します。

ただ、介護職ではそれが生まれやすいというだけの話です。