【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

「パートナーの浮気の証拠が欲しい!」

「でも、パートナーがそばにいない!」

そんな時のための証拠確保。

難儀してはいないでしょうか?

 

浮気の証拠を見つける。

普通は携帯や持ち物を見て看破するものです。

しかし、近くにいない時に同じ手は使えません。

 

ただ、方法がないわけではありません。

 

パートナーが遠距離にいるときの証拠の見つけ方。

今回はこれを解説していきます。

 

 

遠距離恋愛で浮気を発見する方法

結婚している人。

結婚していない人。

 

状況は人それぞれ違います。

 

しかし、遠距離にいるパートナーの浮気を確かめたいという気持ちは同じはずです。

 

どのように遠くから浮気を確かめられるのか?

その具体的な方法について解説していきます。

 

部屋の中をチェック

遠距離でも相手の部屋を見る機会は作れますか?

もしできたとしたら、浮気を確認するチャンスです。

 

部屋は本人が一番気を抜いています。

「もしかしたら、浮気相手の!?」

そう思えるものがあるでしょう。

 

具体的な例は以下のものがあります。

  • サイズの合わない服がある
  • 歯ブラシや洗剤が2種類ある
  • 冷蔵庫がいっぱいになっている
  • 趣味に合わないものがある
  • 部屋が綺麗に整頓されている

 

柄にもない。

そう思えるものや変化がある。

 

これは典型的な浮気の証拠です。

 

電話で揺さぶりをかける

急な電話

これも効果的です。

もう試した人もいるかもしれませんね。

まず最初に思い浮かぶことといってもいいでしょう。

 

約束なしの連絡。

これにどう反応するか?

それを見れば大抵のことはわかります。

 

例えば、

  • 連絡に出れない時間が増えている
  • 夜に突然電話すると怒る
  • 会いに行くと言うと焦りだす
  • 電話に出てもやたら早口

指摘されなくても浮気が疑わしい反応です。

 

連絡をいつも取る時間。

その時間とあえてズラして連絡をいれる。

その反応を見れば、より浮気がはっきりします。

 

SNSで生活を追いかける

SNSの更新をみる。

これでも離れている相手のことはわかります。

 

LINE、Facebook、Twitter、instagram。

相手が利用しているものを見てみましょう。

 

中にはSNSの投稿で浮気が発覚した事例もあります。

 

特に多いのは、相手の友達。

つまり、浮気相手からの投稿からバレることです。

 

パートナーの友達の投稿をみる。

なにやらパートナーと関係を持ったかのような意味深な投稿。

よくよく調べたら、ただの友達ではなく、浮気相手だった。

こんな修羅場もありました。

 

SNSの投稿をみるとき、パートナーだけだと不十分。

交友関係内にある人のもみてみましょう。

 

態度の変化をみる

あなたへの態度。

この変化でもいくらでも見破れます。

というよりも、嫌でも気づいてしまうでしょう。

 

  • 急に態度が冷たくなる
  • 反応が淡白
  • 話を全然聞いてくれない

 

ネガティブな変化で予想はつきます。

浮気相手がいる。

もしくは、今の関係に冷めきっているということですね。

 

浮気じゃなくても、浮気をするのは時間の問題です。

 

逆の変化。

ポジティブな時も注意が必要です。

不自然なほど優しくなる。

普段しないことをしてくれる。

 

これも立派な浮気サインです。

 

罪悪感を紛らわすため。

相手へのフォローのため。

浮気をする人は時として、優しくなります。

 

態度の変化はマイナスも当然ですが、プラスの変化でも油断してはいけないものです。

 

持ち物の変化をみる

パートナーの普段持っているもの。

これにも注意を払っておきたいです。

 

一番の変化。

それは「ファッション」です。

 

ファッションは私物の中でも一番異性の意見が反映されやすいところ。

そのファッションに変化がある。

ズバリ、浮気をしていることになります。

 

徐々に年齢とともに変わることはあります。

ただ、明らかに方向性が変わることがあります。

それも急なスピードで。

 

わかりやすい浮気のサインです。

 

クレジットカードは情報の宝庫

クレジットカードは必ず見るべきもの。

なぜなら、情報がつまっているからです。

 

よく利用する人も多いですよね?

パートナーも使っている。

ならば、クレジットカードから決定的な浮気の証拠がでたとしても不思議ではありません。

 

クレジットカードは浮気という場面でもよく使われます。

 

例えば、デート費の会計。プレゼント費

これに使います。

ただ、明細に記録が残ります。

 

それを見ることで浮気を見抜くということです。

 

明細や預金通帳。

お金は浮気で使うことになる以上、記録に痕跡が残ります。

目ざとくチェックを入れておきましょう。

 

確実に確かめる1つの方法

「遠距離で確かめるのは難しい!」

「時間がなかなか取れない!」

 

浮気調査に難航するかもしれませんね。

 

パートナーが浮気上級者。

そんな人は浮気を隠すのが上手いです。

注意深く観察していても証拠と言えるものは見つからないかも・・・

 

ただ、落胆する必要はありません!

自分ができないなら、できる人に頼めばいいだけです。

 

浮気調査のプロ。「探偵」の出番です!

探偵社に依頼。

それだけで不可能だった浮気の真偽を確かめることができます。

 

もし、本気で解決したいと思うのであれば、プロの知識があるに越したことはありません。

 

確実に浮気を解決。

そして、その後のことを考えれば、探偵と弁護士のつながりはもっておきたいです。

 

オススメの探偵社。

料金が安い探偵社。

これらについては下記の記事を参考にしてみてください。

参考浮気調査が得意な優良探偵社のおすすめランキング

 

遠距離恋愛が浮気に発展する理由

遠距離の交際

それ自体が浮気に発展する理由があります。

 

普段は浮気をしないような人。

そんな人でも遠距離恋愛でパートナーと疎遠になると、浮気をしてしまうこともあります。

 

遠距離の恋愛が浮気をしやすくなる原因。

これも見ておきましょう。

 

物理的な距離

まずは物理的な距離。

これが浮気の理由です。

 

物理的な距離とは、単純に離れた場所。

すぐに会えない距離にあるということ。

 

相手の目がない。

これによって、気持ちが浮ついてしまうことです。

近くにパートナーがいれば、理性が働いたかもしれません。

浮気でなくても、キャバクラや風俗に通うことも・・、

 

離れているから監視の目がない。

わかりやすい浮気理由の1つです。

 

付き合っている・結婚している意識がなくなる

物理的な距離も厄介です。

ただ、遠距離恋愛における一番の問題ではありません。

 

遠距離においての問題。

それは、パートナーがいる自覚が持てないことです。

 

近くにいないことによって、徐々に気持ちが薄れていきます。

また、コミュニケーションを取らない人であればなおさらです。

 

この場合、気持ちでいえば2人とも離れているかもしれません。

マメな人でなくても、連絡くらいはしておかないと、この自覚が薄れれば遠距離ですぐに違う人を見つけます

 

孤独を紛らわしたい

出張などで浮気する理由。

それは、1人でいなければいけない孤独感です。

 

浮気全部で考えると、精神的寂しさが引き金。

このパターンは多いです。

 

1人でいることに耐えかねる。

そして、現地で新たなパートナーを探す。

理屈としてはわかりやすいです。

 

日々、コミュニケーションを図る。

これをすれば防止できる可能性はあります。

ただ、直接顔を合わせる。

電話で声を聞く。

これまた印象が違います。

 

連絡を絶やさなくても寂しさから浮気をすることは十分あります。

 

新しい異性と遭遇する機会

仕事で行くか私用でいくか。

いずれにせよ新天地にいく。

これは変わりません。

 

新たな土地でパートナーは何をするか?

 

基本的にコミュニティを作る

または、コミュニティに所属することだと思います。

 

仕事では大切なことです。

なによりも時間をもて余せば、「現地の知り合いを増やそう!」

という発想になります。

 

どちらにせよ人との出会いがあるわけです。

その出会いの中で出会う人は何も同性だけではありません。

当然異性もいます。

 

その中でタイプの人に出会う。

本能に火をつけるような人に出会う。

これがあってもおかしくはありません。

 

遠距離にいるパートナーへの浮気防止とは?

遠くにいると何もできない。

そう考えるのは早計です。

 

離れた場所にいる。

それでも浮気を防止をすることは可能です。

 

ここではパートナーが近くにいない。

そんな時の浮気防止法について解説します。

 

コミュニケーションの頻度を増やす

遠くてもコミュニケーションを取れば問題ありません

 

むしろ、こまめな連絡ができない。

その人は浮気をされてしまいます。

 

コミュニケーションはメール・電話でもいいです。

そうして、こまめに連絡すること。

それがパートナーに自分という存在を意識させることにつながります。

 

コミュニケーションを取っていない。

これは確実に心が離れてしまう行為になります。

「つまらない話でもいいの?」

と内容を気にする人もいると思います。

 

しかし、重要視することは内容よりも頻度

相手の潜在意識の中に自分を残すことです。

 

関係性をつなぎとめる言葉とは?

仕事でパートナーが遠くにいる。

そんな人には是非心がけていきたいもの。

それは、言葉を選んでコミュニケーションを取ることです。

 

仕事の場合は、大変な思いをしています。

嬉しいよりも心細いという気持ち。

これがとても大きいです。

 

それなのに、パートナーからマイナスな言葉を言われる。

非常に嫌な気持ちがすると思います。

 

それこそ、浮気相手を作る原因になります。

浮気の引き金。

それをあなた自体が引いてしまうかもしれません。

 

できるだけ相手にはプラスの言葉。

嬉しくなるような労いの言葉をかけることが大切です。

 

  • 聞く
  • 褒める
  • 認める

 

この3つは意識しておく。

これでパートナーの心があなたから離れることはありません。

 

定期的に会う時間を設ける

コミュニケーションは離れていても取れる。

だとしても、確実ではありません。

 

地道な努力は大切です。

しかし、それだけでは安心できないのも確か。

 

やはり、定期的に会う

そのための十分な時間は作ったほうがいいでしょう。

 

直接と間接。

話す内容は一緒でもコミュニケーションの質が変わります

 

定期的に会えばそれだけパートナーがいる実感は保てるでしょう。

 

抜きうちでチェック!

たまに連絡なしで向かう

そんなサプライズも用意しましょう。

 

むしろ、会いにいくときは常に連絡なしでもいいかもしれません。

 

あなたがアポなしで訪れる。

浮気なんてしてたらバッタリ会うかもしれません。

向こうも気が気じゃないはずです。

パトロールと一緒ですね。

 

あなたが来るかもしれない。

そんな状況ではやすやすとと浮気はできません。

わかりやすく抑止力を作ることができます。

 

パートナーの浮気防止法の1つ。

地味でもとても効果的です。

 

まとめ

遠距離や出張。

なにかと浮気に走りやすい場面です。

 

そこで、浮気をする人。

浮気を全くしない人。

 

違いはパートナーの働きが大きいです。

 

あなたが浮気させないため。

何をすることができたのか?

 

そこが勝負の分かれ目です。