【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

夫婦生活が長いカップル。

男女の関係が冷め切ってしまいマンネリ化してしまうもの。

 

お互い気にしないのであれば、夫婦ではなく親として生きると切り替えもできます。

ただ、夫婦が明らかに不仲になると、最悪離婚というケースも考えられます。

 

普段、生活をする場所である家。

そして生活を共にするパートナーと不仲では、生活が楽しくなくなってしまいます。

 

ここでは、男性(夫)が奥さんと関係を修復するために必要なものを解説していきます。

奥さんとの家庭を円満にするための改善策を知ること。

そして、円満な夫婦生活をおくって貰いたいと思います。

 

何年も結婚生活をすればマンネリ化してしまう

結婚当初は誰でもそれなりに円満に過ごせるかもしれません。

ですが、何年も一緒にいると意識がお互い変わってきてしまうものです。

 

出会った頃や新婚時代は、夫婦として二人で過ごすことすら新鮮。

二人でいることだけで刺激になるので楽しく夫婦生活を送れると思います。

 

しかし、夫婦としていること自体に慣れてしまう。

お互い話すことも知らないこともなくなる。

なので、コミュニケーションの機会も減り一緒にいることが苦痛になってしまいます。

 

会話のネタや刺激がないと夫婦生活を円満に保つことは難しいでしょう。

このような時期は、遅かれ早かれ夫婦におとづれてしまいます。

 

だからといって放置しておくことは家庭環境を悪くする一方です。

関係性の改善が必要だと思うほど夫婦仲が悪化しているのであれば、少なからず努力することや自分の考え方を改める必要もあります。

 

長く一緒にいると悪いところばかりが見えてしまう

そして、人は最初に会った時は相手のいいところを見つけるという行動をします。

しかし、長い付き合いの人だと今度は悪いところを探してしまいがちです。

 

これは友人に対しても同じことが言えます。

最初は気の合う仲間だと思っていた友人も付き合いが長くなる。

「コイツ結構わがままだよな」

「図々しいとこあるよな」

と悪いところが目立ってくることがよくあると思います。

 

夫婦生活でもそんな人間関係の歪があるのは例外ではありません。

 

結婚当初も奥さんが非常に魅力的に見えていたかもしれませんが、何年もその感覚は続かないですよね?

それは奥さんも同じことを思っています。

 

時間というものは、人の見え方も変えてしまいます。

それは、確実に悪い変化が起こったわけではありません。

内面が変化したことにより、相手への見方が変化しているというだけです。

気の持ちようでは夫婦関係を元に戻すことが可能です。

 

夫婦仲を良くするためには自分からアクションを起こそう

夫婦もマンネリ化した状態でも耐えられるという人。

これからの対策を聞く必要は全くありません。

 

しかし、夫婦仲を良くしようとする人。

この関係性には耐えられないという人。

自分から行動を起こしていくという意識を持って欲しいと思います。

 

奥さんも同じことを考えているかもしれません。

ただ、人間ですから急に何かを始めるとなると勇気が必要です。

相手に求めていると、お互い何もせずに時間が経ってしまう可能性が高いです。

 

相手からアクションを起こすのを待っていたら、冷め切ったまま永遠に関係性は変わらないかもしれません。

 

やはり男性としては自ら行動しておきたいところですし、奥さんもそれを望んでいるかもしれません。

妻としても夫婦間の問題は旦那さんが舵を取って解決して欲しいというのが本音でしょう。

男性であるあなたがリードするという姿勢も夫婦仲を改善する方法の1つです。

 

上手くいってない夫婦の共通点

妻や夫との関係性に悩んでいる夫婦はたくさんいます。

その結果、夫婦関係を改善できずに離婚をしてしまいます。

 

日本は離婚大国で、2分に1組は離婚をすると言われています。

それほど、夫婦関係を持続させるというのは難しいことなんです。

 

夫婦仲が上手くいっていない夫婦はいくつかの共通点があります。

そんな先輩たちの経験から夫婦関係の見直しをしていきましょう。

 

褒めない、聞かない、認めない

妻が旦那に対して不満を抱く。

そして、浮気や離婚に発展しやすいのは寂しさを感じることからです。

 

その寂しさが生まれてしまう理由。

それは、「褒める・認める・聞く」ということが決定的に不足している可能性があります。

 

妻が仕事をしている旦那さんを支えている。

それのにも関わらず、この3つが欠けていることにより夫婦仲に徐々に亀裂が入ることになります。

 

もちろん、結婚当初はあなたも自然と出来ていたことだと思います。

しかし、時とともに忘れてしまう。

恥ずかしくなったりで無くなってきてはいませんか?

 

夫婦にとってはセックス以上に必要なもの。

それは気遣いです。

 

なので、もし欠けているとすれば今のうちに見直し。

明日からでもできるようにしておくのが望ましいです。

 

自分の価値観を押し付けている

あなたが「普通」「常識」と思っていることがあると思います。

しかし、それが奥さんにとっての普通や常識であるとは限りません

 

人の常識なんて環境でいくらでも変わります。

ましてや、違う環境で育った奥さんが同じ常識を持っているというのは考えにくいです。

 

家族だからといって「自分の普通」

これを相手に押し付けていいわけではありません。

 

それは妻にとって「異常」であった場合。

押し付けることで夫婦の間の溝はどんどん深くなってしまいます。

 

特にやってはいけないことは、母親や他の異性と奥さんを比べてしまうことです。

妻としても気分のいいものではありません。

 

「母親の料理の味はもっと薄い」

「〇〇さんは家事もできるのに」というのは奥さんもかなり傷つく言葉です。

価値観は押し付けずにお互いの妥協点を探っていく。

これが、同居生活には必要なことです。

 

セックスレスである

夫婦間で性生活が全くないのも夫婦仲悪化の原因になります。

いわゆるセックスレスの夫婦です。

 

セックスレスも様々な種類があります。

問題なのは性欲が衰えていないのにセックスレスになっている夫婦です。

 

セックスというのは男女ならではのコミュニケーションの1つ。

セックスレスを軽く見ている人は多い。

ですが、実は浮気や離婚を招く問題になることがあります。

 

妻にセックスを断られるというのもなにか決定的な理由があるのかもしれません。

特に、セックスを断るのは女性の場合は疲れから来ていることが多いです。

 

性生活を充実させるためには、家事や子育てを手伝うことで妻の負担を軽減させるのがいいでしょう。

妻の浮気に悩んではいませんか?
浮気不倫でお困りであれば、探偵社に依頼をするのがベストです! 探偵社の証拠があれば、
  • 妻との関係修復
  • 慰謝料の請求
  • 離婚・親権で有利にする
上記の事が可能になり、一人で進めるよりも浮気発覚後の選択肢が広がり、その後の生活を良いものにすることができます。 個人で考え込んでしまうと解決が進みません。 離婚や慰謝料や夫婦関係の修復も全く成功しないことが多いです。 相談は無料で行えるのでまずは自分の悩みを相談。 どんな夫婦生活を送りたいのかを聞いてもらいましょう。 そして、そのための解決策を教えてもらうことができます。 ⇒妻の浮気をプロに相談する

 

妻と関係修復する具体的な8つの方法

夫婦仲が以前と違い悪くなっているのであれば改善はそれなりに時間を要します。

改善する方法はたくさんありますが、地道な努力が必要です。

 

改善は長い目で見て行う方が良いでしょう。

 

それを踏まえて頂いた上で実践して欲しい対策は以下の8つです。

できる限りすべて実践をして関係修復に努めていただきたいと思います。

 

その1【自分優先の考え方を捨てる】

よく夫婦仲が悪くなる原因。

お互いに自分の考え方を優先させてしまうというところにあります。

 

「自分の家ではこうだった」

「普通はこうする」

相手の意見を聞かずに自分の意見や主張を通してしまいがちです。

 

家庭はどちらか一方のものではありません。

自分のルールで家庭を作ろうとするのではない。

夫婦ふたりで問題を解決しルールを作っていくという意識が大切です。

 

夫婦だから「ありのままの自分でいる」という考え方もあるかもしれませんが、家族とは言え自分とは違う人間です。

価値観も違いますし、生まれ育った環境も違います。

価値観の違い自体は問題ではありませんが、その価値観の違いを受け入れられないのは夫婦としても問題があります。

 

また、相手の意見や価値観を認めない

のこれは「モラハラ」といってもいいことです。

過度な束縛は夫婦の問題だけではない。

法的にも問題のある行為だということを覚えておく必要があります。

 

子育てや家事などで夫婦が衝突する機会はいくつもあります。

そこで、冷静に相手の話を聞き、全てを許容しなくてもきちんと理解を示すことは少なくとも必要です。

 

自分を優先させてしまいがちだと感じた時。

新婚時代もしくはカップルになった当初のことを思い出してみましょう。

そのときは少なからず相手に好かれる為に、相手を立てるように行動していたと思います。

家族になったからといって相手に好かれる努力を怠らず、妻の意見を尊重する気持ちを持ち続けましょう。

 

その2【最低限の身だしなみと態度を】

男性からしては仕事がある分、家では最大限リラックスして生活したい。

という思いがあると思います。

実はそれはとても良くないことなのです。

 

結婚とは、男女の関係の延長上にあります。

 

あまりに妻に対して女を意識していない態度やだらしない態度をとっている。

女として扱ってくれないのでは?」と思ってしまいます。

 

異性として意識していない。

相手も男性として扱う意識がなくなります。

お互いに異性でなくなると何が問題かというと「刺激不足になる」ことです。

 

男女の関係ではなくなってしまう。

お互いに無意識に持っていた緊張感も全くなくなる。

「相手からどう思われても平気」という心理になってしまいます。

 

夫は妻に親として生きることを強要してしまうもの。

それは男性側のわがままになる時があります。

妻からすればいつまでも女性として扱われるのは嬉しい話ですし、されて困るものではありません。

 

仕事以外はあまり気を使わない生活をしたいと思うのは最もです。

ただ、円満な夫婦生活をするため。

日頃のちょっとした優しさや相手を楽しませる努力は継続して行うようにしましょう!

 

その3【相手に興味を示す】

夫婦になるとお互い相手について知らないことがなくなってくる

つい、相手の話に無関心になっていしまいがち。

 

これによって何が起こるのか。

コミュニケーションが必要最低限になってしまいます。

 

夫婦間で話し合うことや意思疎通の機会が失われて次第に夫婦仲もどんどん悪くなってしまいます。

相手に興味がなければ次第に話をする機会も減ってきてもおかしくありません。

 

夫婦とは言えどもお互いの全てを知っているわけではありませんし、日頃生活していて何も変わらない毎日を送っているということはないはず。

相手に興味を持ってちょっとした妻や身辺関係の変化。

これに気を配って、話題をつくって話をする時間を積極的に作っていきましょう。

 

絆が硬い夫婦はよくコミュニケーションをとるといいます。

話題が思いつかないという人は、子供の話をすると良いでしょう。

 

子供は大人と違って日々同じような過ごし方はしません。

なによりも成長過程が早いです。

 

夫婦でする話としては一番いい。

子供の現在や将来の教育方針、学校などについて話をするのもいいでしょう。

 

その4【家事を積極的に行う】

イクメンという言葉が知れ渡っているように、家事や子育てを積極的に行う男性というのは増えています。

それもそのはずで現代社会では共働きの家庭が多く、「家事は母親がやるものだ」というのは最早古い日本家庭の常識になりました。

 

男性側からすれば、「仕事で疲れているから」という言い分で家事を手伝わないという方は多くいます。

しかし、共働きでは同条件なので妻に任せっきりにするのは奥さんばかりに負担をかけてしまっています。

 

それではフェアではありませんし、奥さんからしても「なんで?私も仕事しているのに・・・」と思い、その不公平感から夫婦が不仲になってしまうケースも多いです。

 

なので、できることから家事を手伝っていくという姿勢を奥さんに見せるようにしましょう。

 

例えば、洗濯物を畳むのを手伝う、食べ終わった食器は下げる等できることを徐々にやって行けば徐々に家事への抵抗も苦痛もなくなりますし、奥さんの負担も少なくなります。

 

夫婦である以上、フェアであるように家庭を築いていきましょう。

 

その5【感謝や好意を言葉にする】

夫婦間だけに限った話ではありませんが、男性はあまり感謝や好意を口に出さないという傾向があります。

 

これはなにも大げさに感謝や好意を顕にするという話ではありません。

例えばお醤油をとってくれた時に「ありがとう」と言ったり、妻が新しい服をきておしゃれしたときに「それ似合うね」などさりげなく言葉にするだけでも効果はあります。

 

「口にしなくても態度でわかるだろう」と思いがち。

ですが、それは男性側の独りよがりであるパターンが多いです。

 

言葉にするというのは非常に大事。

それだけでも「見てくれている」

「大切にされている」

ということがわかります。

それは、言葉にしなければ感じ取ることができません。

 

これは大げさなものでなくても、さりげない感謝や好意を口にするだけでも夫婦仲は変わるものです。

実は一番大切なことといっても過言ではありません。

 

円満な家庭を築いてそれを維持する人は、結婚後10年以上たっても感謝を言葉にすることを忘れない人です。

 

あくまで妻は「母親」としての顔を持つ前に、「女性」としての顔を持っているということを忘れずにいましょう。

 

その6【相手を変えようとしない】

夫婦関係を回復したい。

であれば、相手を変えようとばかりするとよくありません。

 

なぜなら、相手から行動を起こさせる。

考え方を変えさせるのは非常に難しいことだからです。

 

相手を変えるのではなく、自分を変え妻と夫婦の関係性を作っていこうとする意識が大切です。

変化は必要ないと考える人もいます。

ただ、夫婦仲がうまくいってないのであれば何かしらの変化は必要です。

 

実は、人を変えようとして失敗するのは基本的に上手くいかないから続かないんです。

例えば、声を荒らげながら自分の主張を妻に話す人はたくさんいます。

ただ、やっぱりそんな方法では奥さんも納得することはありません。

結果が出ないので、モチベーションも上がりません。

 

結局、夫婦関係の修復もできずに諦めてしまうというパターンが多いです。

努力をひたすらするのではなく、そんなときは方向性をそもそも変えなければいけないです。

 

他人を変えることよりも自分を変えることのほうが簡単です。

そういった意識を持ったほうが、関係修復というのも成功しやすいです。

相手の方から歩み寄らせるというのは、その時点で対等な関係とは言えないので、コミュニケーションとしても良くないことです。

 

「今の生活に足りないものは何か?」

「自分に不足しているものは何か?」

これを見つめ直すいいきっかけにもなる。

まずは、自分が率先して家庭を変える意識をしたほうがいいでしょう。

 

その7【行動パターンを変える】

家族サービスをしているつもり。

でも、毎年、毎月同じところに連れてってはいませんか?

 

行動パターンを固定化する。

これはマンネリ化につながるので、あまりいいことではありません。

 

突然「今日はここに行こう!」と今まで行ったことがないところに連れて行く。

新鮮味のある行動もたまには必要になります。

夫婦の決まりごとも重要ではありますが、それもマンネリ化の原因になります。

 

ワンパターンな過ごし方をしていると、刺激不足になり物足りなさを感じます。

その物足りなさはあなたの夫としての物足りなさ。

ここにもつながることがあるので、なるべく無くしておきたい部分です。

 

休日の過ごし方も楽をせず、パターン化をせずに一風変わった過ごし方も提案してみましょう。

やはり、女性を飽きさせないという人が夫婦仲を上手くつないでいる人の特徴です。

 

もしかしたら、奥さんは自分から言い出せないだけでしてもらいたい事があるかもしれません。

普段の会話から、隠れた欲求を引き出してみるのもいいでしょう。

 

その8【セックスレスは解消する】

案外、軽視されがちなこと。

セックスレスも夫婦仲をよくすることの障害になります。

 

セックスとは本来、夫婦における最大のコミュニケーション。

そう言っても過言ではありません。

性というのはデリケートなものですし、それをお互いに晒すことによって生まれる信頼関係というのもあります。

 

もし、心当たりがあれば解消するべき問題です。

解消方法については、下記の記事で詳しく解説していますので、参考にしていただきたいと思います。

参考夫婦がやるべきセックスレスの解消方法

 

夫婦間でも性についての話題はデリケートなので、話し合いをすることはないでしょう。

だからこそ、お互いその話題には触れずに有耶無耶になってしまうことは多いです。

 

しかし、セックスレスの状態が続くとパートナーも「女性として扱われていない」と感じてしまいます。

また、性欲が解消されないことはそのまま浮気につながります。

 

奥さんの愛情が別の男性に向いてしまえば、関係修復はより難航してしまいます。

特に女性の場合は、複数の男性に好意を持つということは少ないです。

ひとりの男性に愛情を注ぐという人がほとんどでしょう。

 

浮気をするということは、パートナーに対して重大な不満があること、既に愛情がないことを指していると言っても過言ではありません。

 

奥さんがそれとなく誘ってきたのであれば、きちんと応えることが求められています。

 

番外編:妻の浮気は見過ごさない

妻と関係修復をすることを考えたら、対処しなければいけない問題があります。

それは、妻の浮気です。

 

妻に浮気相手がいる状態では関係修復もままなりません。

そもそも、妻との関係が良好であれば、浮気をするということも起こりません。

 

それに妻が浮気をしている状態では「関係修復なんてできない!」って思いますよね?

だからこそ、妻が浮気をしていることを見抜いて対処しなければいけません。

 

浮気の兆候というのは行動や態度、持ち物などで現れます。

女性は男性よりも浮気の証拠隠滅やポーカーフェイスが上手い。

ですから、浮気をしている事実にも気がつかない可能性があります。

だからこそ、少しでもあなたが「怪しい」と感じれば、すぐに裏をとることをオススメします。

 

意外と怪しい瞬間というのは、杞憂では終わらない可能性があります。

「まさか」と思ったら本当に浮気をしているケースはよくあります。

特に勘が鈍いと言われる男性が怪しいと思うのはよっぽどのサインが出ています。

 

浮気の場合は、早期発見と対処が必要です。

対応が遅れると妻は浮気相手に感情移入してしまい、のめり込んでしまいます。

そうなると関係修復どころかこちらが別れを切り出されてしまうこともあります。

 

まだ、付き合いたての段階で別れさせることが可能。

なら、関係もそこまで発展していないのですぐに別れさせることができます。

男女というのは費やした時間の分だけ仲を深めてしまいますから、サインを見つけてすぐに対処しておきたいところです。

 

女性の浮気サインを見破るテクニックについては下記の記事を参考にしていただきたいと思います。

浮気を発見した時の適切な対処方法も解説しているので、そちらも合わせて参考にしていただきたいと思います。

参考妻の浮気・不倫を見抜く10のポイント~浮気が本気になる前に~

 

関係修復が不可能な夫婦の例

どんなに解決策を施しても夫婦関係が不可能な場合。

それは残念ながらあります。

 

そんな夫婦の例をいくつか見ていきましょう。

 

もはやコミュニケーションが図れない

挨拶や日常会話すらできないほど夫婦関係が悪化している。

これは関係修復は難しいです。

 

お互いに相手の話を聞こうと思えない。

一歩間違えれば即離婚してしまう恐れもあります。

 

自分から歩み寄ったとしても、これほど関係が悪化しているなら相手が律儀に反応してくれるとは限りません。

また、別居をしているようであればコミュニケーションの機会すらない。

関係修復はますます難しいものがあります。

 

とにかく普通に会話ができない。

どこから関係修復をすればいいのかわかりません。

挨拶・日常会話よりも突っ込んだ話をすることが前提になる以上。

厳しいと言わざるを得ないでしょう。

 

もちろん、そこから夫婦関係を修復した事例は存在します。

 

しかし、それは長年積み重ねた努力が実を結んだと言うことが多い。

時間や労力を相当かけなければ、厳しいのは間違いありません。

仮にここから関係修復を目指すとしたら、地道な努力を続けて時間をかけていくしかありません。

 

浮気をやめてくれない

妻が浮気を繰り返しているような状況。

もはや心はあなたにないかもしれません。

 

気の迷いや一時の夫婦喧嘩の流れだとすれば、望みはまだまだあります。

しかし、くり返し行って話し合いをしてもやめてくれないのであれば、浮気をやめさせることができない可能性が高いです。

 

特に女性の場合は、浮気は一過性のものではなく精神的に来るものなので根深い問題です。

それを長年解決できていないということは、これから先も解決は難しいのはわかるでしょう。

 

自分が浮気を繰り返している場合は、自分がやめればそれだけで済みます。

しかし、相手の離れた気持ちをもう一度振り向かせるのはゼロから関係性を築き上げるよりも難しいです。

 

また、浮気相手という存在も厄介です。

当事者ではありますが、夫婦関係においては部外者です。

なので、妻に対して「そんな旦那別れたほうがいい」

「もっといい相手がいるよ!」と無責任に唆してくることもあります。

 

浮気をしていた場合は、浮気相手を黙らせるということが非常に重要です。

浮気相手についてお悩みの方は下記を参考に対処していただきたいと思います。

参考浮気相手が許せない!あなたがやるべき制裁方法

 

片親の干渉が多い

実は、夫婦関係の修復が不可能なケースの中には夫婦だけの問題ではないこともあります。

その状況とは、親からの過干渉がすごい時です。

 

うるさい親は夫婦の些細な問題にさえも口出ししてきて、夫婦が考える以上に問題を肥大化させて関係をかき回します。

夫婦の不和が姑問題から来ることも多いです。

実際に、姑も離婚の原因になるくらいなので、関係修復が不可能な原因にも当然なります。

 

あなたの責任ではなくてもどちらかが親の干渉を止めることができない。

そして、どんどん家族としての関係性が悪くなっていることはあります。

 

また、旦那さんが親に肩入れをしてしまうことも問題です。

それは非常にまずい問題なんです。

あなたからすれば、肉親にあたりますから肩入れしたい気持ちもわかります。

しかし、その状況だと奥さんに味方する人があなた以外にはいなくなってしまいます。

 

奥さんとしてもご両親が来ると居心地が悪い。

それをあなたが全く気づいていないという地獄を経験しているかもしれません。

姑問題は旦那であるあなたが解消していかないことには、奥さんのストレス源が消えません。

 

DV・モラルハラスメントがある

夫婦のどちらかに暴力行為がある場合は関係修復が難しいでしょう。

肉体的な被害が伴うDV、精神的な被害が伴うモラルハラスメント。夫婦でも度々問題になっているものです。

 

特に近年増え始めているのがモラルハラスメントです。

例えば、旦那さんのお小遣いを極端に減らす。

奥さんの行動をいちいち束縛するという行為がそれにあたります。

 

これは単に夫婦間の話し合いでは治らない可能性が高いです。

DVやモラハラに関しては個人で解決しようとせずに、専門家に相談する方が解決策としては無難でしょう。

 

あなたがDVをしている側の人間であれば、自分をコントロールするほかありません。

暴力はもちろんNGですが、モラハラも奥さんを傷つける行為なので許されることではありません。

 

万が一のことを覚悟しておこう

関係修復の際に頭に入れていただきたいことはあります。

それは、関係をよくするために努力をしても必ずしも実を結ぶわけではないということです。

 

実際の家庭で夫婦関係に悩む男女はたくさんいます。

その人たちはみんな少しでもパートナーとの関係を良くしようと努力していますが、

みんながみんな成功しているわけではありません。

 

やはり、夫婦の問題解決は相手があってのことです。

自分がいくらそのつもりでも相手にそのつもりが無かったり、時間の関係上コミュニケーションが十分に取れないことも考えられます。

 

「努力は怠らなかったが上手くいかない」という未来も可能性としてはありえます。

その時に相手や自分を責めるようなことはせずに、お互いにとって良い選択肢を選ぶようにしましょう。

 

それによっては「別れて新たなパートナーを見つける」という選択肢もいい。

夫婦関係を継続してもいいでしょう。

 

子供のためにも夫婦関係を続けるという考えを持つ人もいます。

ただ、夫婦仲が悪い家庭で育てられた子供はある種のトラウマを抱えてしまうこともあります。

 

自分だけでも妻だけでもなく、家庭全体にとって良いと思うような選択ができるといいです。

ですが、皆ハッピーという結末にならないこともあります。

それも含めて関係の改善が図れないこともある程度は覚悟しておきましょう。

 

不和が続けば時間がかかるもの

身が結ばないことはないとしても時間がかかることもあります。

不和な状態が長ければ長いほど、解決するのにも時間がかかるものです。

 

例えば、夫婦の仲が良くない期間が1年ほどあるなら、関係修復に費やす時間は同じか倍以上の時間がかかることもあります。

だからこそ、早期解決をすることが望ましいわけです。

 

しかし、大抵は時間がかかることも考えておらず、心が折れてしまうケースが多いです。

自分がこれだけ努力をしているにも関わらず、妻が全く反応しない、むしろウザがられてしまう

確かに夫からすればキツイ状況です。

 

すぐに結果を求めてしまうと、こんな状況に直面したらモチベーションを上手く保つことができません。

ですが、ここで諦めては行動を起こしただけ虚しいものです。

 

最初から上手くやろうとは思わずに少しずつ前進をしていくいという意識を持っていれば、モチベーションを保ちながら関係修復をしていくことができます。

人間そうは簡単に変われないものです。あなたも少なからず奥さんにチャンスを与える必要があります。

急な変化を求めないこと」を意識しておきましょう。

 

まとめ

夫婦仲を円満に保つのはなかなか難しいことだと思います。

長く連れ添った相手であるほど、「相手のために何かをしてあげる」という意識が次第に薄れていくからです。

 

しかし、夫婦仲が悪くなってしまうと、相手が浮気や不倫にはしり家庭が修復不可能になってしまう最悪のケースも考えられます。

それを避けるためにも、夫婦仲をどうにかしようと思ったほうが積極的に行動を起こしていく必要があります。

 

お互いを尊重した夫婦関係を築くことによって、自分の仕事や子供の順調な成長のための環境を作ることができますので、少なくとも円満に保つための努力または改善策をおこなうことは積極的にやっていきましょう!