【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

「夫の態度が冷たい」

さりげない場面。露骨に現れる人。

それぞれいるでしょう。

 

「このままでは夫婦生活が楽しくない!」

そう思うでしょう。

ただ、安心してください。

 

冷たい夫の態度。

これを解決する方法があります!

 

今回は夫婦のコミュニケーション。

夫婦仲の改善について解説していきます。

 

夫婦仲を改善する3ステップ

まずは準備です。

人間関係はそう簡単に変わらない

それは夫婦でも同じです。

 

具体的に何かする前。

自分が何をするべきか?

把握することが必要です。

 

今回は3つのステップ。

それに分けて夫婦関係を改善する方法を解説します。

 

①心の準備をする

まずは、心の準備をすること。

ある意味一番大切なことです。

 

「なんの心の準備?」と思うかもしれませんね。

 

ただ、よく考えてみてください。

旦那が冷たいのはなぜ?

これを紐解いていくと自分が聞きたくなかった事実もあるかもしれません。

 

「冷たかったのは実はわたしのためだった!」

こんなドラマ的な展開は期待できません。

もしかしたら自分が傷つくかもしれない

ある程度、覚悟しておく必要があります。

 

②原因をしっかりと把握

そして、ステップ2つ目。

夫が冷たい理由・原因を知るということ。

 

原因を知らなければ、何もできません。

風邪をひいた時と同じです。

体調不良の原因⇒食生活。

だとしたら。食生活を変えなければ、体調が良くなるはずがありません。

薬を処方しても食生活が変わらなければ意味ないですよね?

 

浮気も大本の解決

つまり原因を解明し、それを無くしていくという意識。

これが大切です。

 

原因に焦点を当てなければどうなるか?

これから行う解決策もすべては一時しのぎ。根本的な解決にはなりません。

 

態度が冷たい。

その原因を行動を起こす前にかならず押さえておきましょう。

 

③対策は必ず行動に移す

最後のポイント。

それは、「きちんと行動に移す」ということ。

 

ここをやらなければすべては無意味です。

 

人間ならよくある日常。

ハウツウ本を読んだだけで満足する。

ジムに入会しても、それで満足してしまう。

 

結果が出てないのに満足してしまうことがあります。

 

態度が冷たいとして、その原因を知る。

それだけで達成感を得てしまい、何もしない。

それでは一生夫婦生活に潤いを与えることができません。

 

解決策はかならず実行に移す

これは心がけていただきたいことです。

 

夫の態度、冷たい原因とは?

心の準備は各々できる。

 

だけど、夫が冷たくなった原因

これにはさまざまな理由が考えられます。

もしかしたら、「心あたりがない」。

そんな人もいるかもしれません。

 

ただ、一般的には以下の理由が考えられます。

 

妻が冷たいから

妻が冷たい。

だから自分も冷めてしまったんだ!」

そんな主張をする夫もいます。

 

かいつまんでいうと、コミュニケーション不足

普段から夫婦で話をする機会を作らない人にありがちです。

 

もしかしたら、夫をないがしろにしているかもしれません。

例えば、子育てで忙しい。仕事で忙しい

これらの理由が夫を放置する理由です。

 

それを「妻が変わってしまった」。

そう感じてしまいます。

 

異性としてみれない

「家族として嫌ってはいない」

だけど、女性としてみることもできない

こういうパターンもあります。

 

長年にわたる夫婦生活。

それによる夫婦仲のマンネリ化

前までは、異性に対して当然にできてたこと。

それが、本当の意味で家族になった妻には配慮できなくなるということは理由として良くあります。

 

実際にあなたもそう感じているかもしれません。

 

その変化によって、冷たくなってしまった。

と感じているのでしょう。

 

異性としてみれない。

これによって深刻化する問題。

セックスレスがあります。

 

セックスも夫婦における重要なコミュニケーションの1つ

それがなくなること。

さらに夫婦関係に影を作ることになるでしょう。

 

無意識に気に触る発言をする

妻の発言。

それが時として、夫の地雷を踏んでしまうことも・・・

 

男性はプライドの高い生き物

中でも彼らが他人に口出ししてほしくないこと。

家族」や「仕事」のについてです。

 

両親を遠回しに否定する。仕事のことで口を言う

旦那からしたら、自己否定をされているようにも感じます。

プライドもあり、意固地になる。

たとえ自分が間違っていたとしても認めようとしません。

 

そんな子供のような反抗心。

それご冷たい態度につながっている可能性もあります。

 

仕事の疲れ

最も考えられる理由。

それは、仕事の疲れからくるもの。

 

忙しい会社に勤めている。今非常に大変な時期

視野が狭くなって妻への配慮が疎かになっている

このパターンも考えられます。

 

家にいても仕事のことを考えてしまう。

一度、考えると他のことに頭が回らない。

そういう正確かもしれません。

 

ただでさえ、男性は女性よりも1つのこと。

これに集中しがちで、凝り性の傾向があります。

仕事への集中が時として裏目に出てしまう。

それが妻への態度として出てしまっているのでしょう。

 

他の女性との浮気

一番最悪なケース。

それは、旦那の浮気によるものです。

 

男性は器用ではありません。

初めのうちは、バレないように振舞っているかも。

ただ、時間が経つにつれて、妻への配慮が途端にめんどくさくなります

 

そして、浮気相手ばかりを気にかけてしまう。

よくあるパターンです。

 

通常、浮気をすると男性は優しくなる

浮気をしているという罪悪感。

浮気を悟られないためのカモフラージュ

これらが理由としては当てはまります。

 

ただ、長期的に自分を取り繕うことに疲れます。

それが、奥さんが旦那の態度の変化に気づいた時なのでしょう。

 

夫の態度が冷たい!どんな改善策があるの?

 

それでは、具体的な解決策。

夫婦生活をより良くする方法

これについて触れていきましょう。

 

改善策をお話しする前に注意点。

心がけてほしいことがあります。

それは、「諦めない」ことです。

 

最初のうちはなかなか効果が出ないもの。

ただ、それはあなた達が過ごした日々が軽いものではないという証拠。

 

あきらめずチャレンジすること。

これが解決するために必要不可欠なことです。

 

覚悟を持ちつつ、前向きに捉える。

そして、解決策を施していきましょう!

 

お互いに異性であるという自覚

相手にとって自分は女性。

自分にとって相手は男性。

改めて意識した方がいいです。

 

実は、結婚して長い時が過ぎるとこの意識がなくなってくるものです。

新鮮に旦那にときめくことなんてもうないかもしれませんね。

 

ただ、なにも異性として貪欲に接する。

というわけではありません。

異性に対しての配慮をパートナーにも忘れないということです。

 

例えば、異性として意識している人。

そんな人に無神経なことは言いませんよね?

稼ぎが悪いとか家族サービスが疎かとか。

 

家族だから距離が近いこともあります。

だとしても所詮は他人同士。

人としての気遣いを忘れてはいけません。

 

コミュニケーションの質と量

積極的にコミュニケーションをとる。

これである程度、夫婦仲は改善されます。

 

むしろ、夫婦仲が悪い原因。

それは日頃の会話や接し方

これに問題があるからです。

 

夫婦は毎日顔を合わせます。毎日会う人間。

その人との話は新鮮味を感じることができません

だから、夫婦の会話の機会が減ってしまう。

わりと普通に起こりやすい現象です。

 

しかし、だからといってコミュニケーションを全く取らないのは問題。

夫婦の不和を招きます。

コミュニケーションの質と量を高める

こういう意識が必要です。

 

ただ、そうは言っても「なにから始めならいいかわからない」。

こういう意見はあると思います。

 

ポイントは2つ。

  • 周りの環境をうまく活用
  • 適度に相手を頼る

 

周りの環境を活用する。

というのは、人生1日として同じことは起こりません。

同じに見えても違います。

 

アンテナを働かせて周りの変化に気づく。

それは、夫婦間の話題にもなるものです。

 

また、子供や親戚。

嬉しくなるような話を聞くとコミュニケーションをとるのがたのしくなります。

 

後は「相手に頼る」という意識。

これをもっていくというもの。

 

付き合いが長くなると、素直に甘えたり相手に頼る意識がなくなるもの。

そこから会話ややりとりが減っていきます。

自分で解決できること。

だとしても、適度に相手に頼ることでコミュニケーションが生まれます

 

この2つのポイントは、是非実践していきましょう。

 

家庭環境をより良くする

家庭環境を変える

これも非常に効果的です。

 

温かい家庭。これが築ける夫婦は小さな諍いを起こさないもの

家庭環境を変えることが将来の離婚を防ぎます

 

具体的な対策は2つ。

  • 愚痴や文句を言わない空間にする
  • 料理など家事の腕を磨く

 

マイナスなことばかり言う家庭は空気がよくありません。

悪口や愚痴は言ってる時はスッキリするもの。

ただ、実際は膿を溜め込んでいるだけです。

 

職場や友達の集まりもそうです。

愚痴や文句がすごいと、心も荒んでくるもの。

なにをしても楽しくなくなります。

家庭ではなるべくそんな環境を作らないことが重要です。

 

そして、いい家庭とは帰りたくなる家。

家そのものを魅力的にすることも重要です。

 

家事の腕を磨く。

美味しいご飯が出てきたり、綺麗な空間で過ごせるということです。

家の空気、環境がよくなる。

旦那さんも早く家に帰るようになり、コミュニケーションも自然と増えます

 

自分自身の魅力を磨くという手もあります。

旦那さんが帰りたくなるような家。

それさえ押さえておけば、効果的だと思うものはどんどん実践していきましょう。

 

冷たくされてしまう妻の特徴

夫に冷たくされてしまう人。

妻にもある特徴があります。

 

もしかしたら、この特徴に該当する。

だからこそ、冷たく扱われてしまうのかもしれません。

 

旦那を放置している

そもそも妻側の都合。

妻の方が夫の扱いが冷たいのかもしれません。

 

人間というのは鏡。

自分がぞんざいな態度を取れば、相手も同じように返してくる。

これは自分を見直さなければなりません。

 

また、冷たいと自覚していない人もいます。

無自覚に邪険に扱っている可能性があります。

 

例えば、昔は夜は手料理を振る舞っていた。

夫婦で楽しい会話をする時間があった。

 

それが今ではスーパーのお惣菜が多い。

子供を夫よりも優先。

 

このような妻の行動。

知らず知らずのうちに夫を傷つけているのかもしれません。

 

束縛・干渉がすごい

干渉や束縛が激しい

これも夫婦の仲違いを招くことです。

 

束縛や干渉は気分が悪い。

加えて、夫婦のコミュニケーションを減らしてしまいます

束縛する人は、常日頃から夫に対して指示しがち。

鬱陶しいと思われます。

 

そこで夫がする対応。

とにかく、妻とのコミュニケーションを減らすことです。

妻との接点をなくせば、あれこれ言われる機会を単純に減らすことができる。

その態度が冷たいと感じているかもしれません。

 

束縛や干渉が激しい。そのせいで、距離を離されている。

これが原因かもしれません。

 

ネガティヴすぎる

ネガティヴ思考。構って欲しいという人。

これも男性から冷たくされる傾向がある。

 

人は後ろ向きな考え。

ネガティヴな思考からは距離を置こうとします

そうしないと、自分も悪い方に物事を考えてしまうからです。

いわゆる、負のオーラが移るというもの。

 

快活な人の側は自分もエネルギッシュになれる気がします。

ただ、暗い考えや後ろ向きな意見は人も暗くしてしまうもの。

 

その防衛本能が働いて距離を離されてしまっているのかも・・・

 

まとめ

夫の態度が冷たい。

そう感じた時、真っ先に自分の行動を振り返ることが大事です。

 

大体の夫婦は、妻に心当たりがあります。

なければ、「浮気

というケースが多いです。

 

まずは、自分の生活や態度を振り返る

反省点が見つかれば治していく

それが、なによりもそれが必要なことです。

 

悪く考えずに、今のうちに溝を埋める。

そんなふうに考えていきましょう。