【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

妻の不貞を疑った人がよくやってしまうこと。

それが、証拠を入手すること。

ではなく、それより先に浮気について糾弾してしまうという行動です。

しかし、これは早まった行動だと言わざるを得ません。

 

ついつい感情的になってしまう。

そして強引に問い詰めてしまう。

それではまともに話し合いをすることもできません。

 

激しい口論に発展。

そして、離婚だ裁判だとなってしまう可能性があります。


さらには、相手があやふやにしてします。

こっちには物的証拠がないという状況。

これだと慰謝料の示談にもすることができません

また、離婚するにしても浮気された埋め合わせも発生しません。

 

あなたが調停や裁判を視野に入れていた場合。

証拠がないと逆に不利になる可能性があります。

 

浮気の解決は3つのステップが大事

妻の浮気が発覚。

だとしたら、考えることは次の3つのステップです。

 

  1. まずは冷静になること。
  2. そして、今後の方針を決めること。
  3. 最後に、そのゴールを目指すにはいいかをはっきりさせること。

 

裁判や調停でなくても問い詰めるのは厳禁。

前述のように口論になり、夫婦にとって重要な溝を作ってしまうことも・・・

 

ここでやるべきことは最初のステップ。

とにかく冷静になることです。

少なくとも浮気について気持ちの整理ができていない間。

浮気に関する話題を話すのもよくありません。

 

正直最初のステップだけは、自分にしかコントロールできません。

どれだけ人を頼っても無理な相談というものです。

逆に言えば、最初のステップをきちんとすることによって、あとはどうにでもなりません。

 

自分の気持ちを整理して、冷静になる。

これはどんな状況でも大切なことです。

 

妻の浮気、泳がせるのはなぜ?~3つの理由~

 問い詰めるのはよくない。

ただ、今のまま飲み込むのは納得できませんよね?

 

しかし、泳がせることによるメリット

泳がせないことのリスク

まずは、これらを理解していきましょう。

 

①今後、証拠が手にできなくなるリスクがある

泳がせなかった時の決定的な影響。

それは、妻が浮気を疑われていることを知ってしまうことです。

 

そうなると妻は旦那の行動を警戒。

一挙一動、気を付けるようになります。

もちろん、相手は浮気を疑われないように細心の注意をするでしょう。

その後、今後浮気の尻尾をつかむことができなくなります!

 

  • 証拠をつかんできちんと話し合いの場に持っていきたい
  • 将来を考えて調停に向けて準備したい

だとしたら、証拠の取得を一番に考えるべきです。

 

後になって探偵に浮気調査を依頼する。

だとしても、妻の浮気相手の調査に踏み込めなくなっている。

 

物証隠滅のやり口がより巧みになる。

なかなか決定的証拠が手に入らない。

または調査が無駄に長引いてしまいます。

 

調査料金と時間。

この2つを浪費してしまうことになります。

それは、今後を考えると大きくマイナスです。

 

こんな事態は望ましくありませんよね?

だから、それを避けるためには泳がせることです。

 

浮気が発覚してまずやるべきこと。

まずは確実な証拠を押さえることに集中することです。

そして、証拠を手に入れて後、話し合いを迎えることが重要です。

 

②開き直られるしらばっくれるかもしれない

浮気相手とのメールや和気あいあいとした映像を取得

だとしても、その証拠だけでは言い逃れされることはよくあります

なぜなら決定的な証拠とは言えないからです

 

浮気証拠

それは、妻と浮気相手が肉体関係を持っていることが分からなければいけません。

それだけの情報では、相手と体関係にあるという証拠はどこにもありません

なので、メールやLINEといった証拠ではしらばっくれてしまうことが多いです。

 

妻も浮気をしている以上、夫行動に敏感になります

あなたが浮気を疑っていないか探っているはずです

 

そもそも簡単に証拠を手に入れることなんてできないうえに、自分で証拠を遠ざけてしまうことにもなりかねません。

 

「油断させる」という意味で泳がせるという手段。

これは浮気の解決を考えたら大事なことです。

 

③夫婦関係に後々しこりをのこしてしまう

妻が浮気をするという状況。

それは、配偶者であるあなたへの不満が原因である可能性も高い

そんな中、強引に問い詰めるのは得策ではありません。

 

興奮している状態では相手の話を聞くことができません。

売り言葉に買い言葉。

収拾不可能な夫婦げんかに発展することもあるでしょう。

相手も不満がありますから、逆ギレする可能性も考えられます。

 

後々、関係修復を視野に入れている

ならば、尚更泳がせないのは得策ではありません。

 

関係修復を考えた場合。

大事なのは、まずは話し合いの場に持っていき、相手に心から反省してもらうことです。

 

理想は妻が知らないうちに証拠を取得。

そして、浮気に気づいていることを静かに切り出すことです。

 

妻を泳がせて浮気の完全な物的証拠を掴む方法

妻の浮気の証拠を掴む。

ポイントは、「泳がせる

この1点に尽きます。

 

妻に浮気に疑っていることも調査していることも悟られてはいけません。

それが、大前提になります。

 

妻が油断した一瞬そこを狙って確実な証拠を手に入れましょう。

証拠というのは状況証拠であってはいけません。

 

必要になるのは、物的証拠

それも重要なポイントです。

 

状況証拠では証拠として弱いです。

刑事ドラマでも状況証拠だけで犯人を問い詰めたりはしませんよね?

基本的にはそれと同じです。

状況証拠とは、疑うだけなら十分ですが、決めつけることはできません。

 

言い逃れの余地がある。

その時点で証拠としては役に立たないでしょう。

 

泳がせるということは、目の前の浮気を見過ごすことです。

精神的にはつらいかもしれません。

 

ただ、これはひいては証拠を手に入れるため。

2度と浮気をさせない最善の選択肢です。

ここは耐えて機会をうかがうことです。

 

やはり人間はそんな簡単に反省できないもの。

その材料をそろえるための泳がせるという行為。

耐えきれずに、問い詰めてしまうことで、今後自分の思うように何一つ進まないかもしれません。

 

そんな最悪の状況を避けるためにも、耐えて待ちましょう。

そして、妻の浮気を見抜く具体的な方法は下記を参考にしてください。

参考妻の浮気癖に悩む方必見!アイツの不倫はどう止める?

 

泳がせるって何をすればいいの?4つのポイント!

浮気がわかっていながら知らないことに装う

やったことがなければ想像できないかもしれませんが、意外と難しいことです。

 

浮気を辞めさせたい。

だれと会っているのか気になる。

そんな自分の気持ちを押し殺すわけですから、簡単なわけがありません。

 

ただ、意識するべきポイント。

これに気を付ければ、そう簡単に自分の考えに気が付くわけないです。

そのポイントを1つずつ抑えていきましょう。

 

ツッコミはしない

簡単に言うと、「ツッコミ」をしない。

気になることがあってもその場で問いたださないということです。


なんだかんだ言っても、一番緊張しているのは妻のほうです。

なんせ浮気をしているわけですから、自分の言葉・行動。

1つ1つに神経を使っています。

 

  • ただ、怪しいことがあったとしても堪える
  • 妻の言葉につまずいてもツッコミを入れない

気づかないふりをすることが1つのポイント。

 

「この間のことだけど・・・」

と妻が無意識に浮気相手とのエピソードを話したとします。

 

「しまった!」と妻は思うでしょうね。

しかし、それを違和感なく流すことです。

 

そうして、油断した妻がどんどんボロをだすようになる

そして、確実に尻尾をつかむという寸法です。

 

こまめにメモをとること

泳がせている間、妻の行動を逐一覚えていません。

なので、違和感のある行動や言動はメモを取っておきましょう。

 

後で見返すと、妻の違和感や行動の法則性に気が付くことがあります。

 

  • 「最近、○○さんの名前が会話に出るようになった」
  • 「毎週水曜日と土曜日の帰りが遅い」

メモを取ることにより、より客観的に妻の行動を把握できます。

 

相手の情報を引き出しつつ、こまめに記録。

スマホのメモ機能を使ってもいいでしょう。

 

態度を急変させない

泳がせることの意義。

それは、妻の油断を誘うためです。

 

そこで、自らが疑われるような行動は避けるべきです。

  • あなたが普段しないようなこと
  • 普段しないような発言

それは、なるべく避けるように意識しましょう。

 

妻を疑っているからと言って、妙に用心深くなってしまうことがあるかもしれません。

妻が出かけるたびに「何しに行くの?」

飲み会があると「どんな友達に会うの?」

しつこく聞いてしまうのはよくありませんよね?

 

柄にもないことや普段見せていない顔。

それらを見せることがないように気を付けておきましょう。

 

外出をあえてして、スキをわざと作る

あえて、「留守を作る」という手もあります。

 

わざと、家に帰る時間を遅くしたり、用事を作って妻から距離をおく

そして、浮気相手との密会を誘います。

そこで、プロに密告して証拠写真を撮影してもらう。

 

その手順で行動すれば、必ずと言っていいほど証拠が手に入ります。

 

家を留守にした日。

妻が浮気相手を連れ込んでいたという現場を抑えることができるかもしれません。

 

妻が用心深ければ、こちらから進んでスキを作るということも必要です。

しばらく泳がせておいて、あまりにも尻尾を出さなければ活用しておきたい手です。

 

証拠を手に入れた後、妻とやり直したい場合

浮気の証拠がほしい人。

それは、妻との関係修復を視野に入れている人もいますよね。

 

証拠を手に入れた、そのあと。

妻との関係修復を考えたら、やるべきことは2つ。

 

  • 浮気相手と別れさせる
  • 夫婦で話し合いをする

 

この2つです。

 

まず、浮気相手ですが、遠ざけるためにはお灸をすえなければいけません。

一番いいのは、慰謝料を請求することです。

 

経済的に大ダメージを受ければ、さすがに懲りに懲りることでしょう。

間男への慰謝料請求は下記の記事を参考にしてみてください。

参考間男に慰謝料を請求して制裁する方法~妻の浮気~

 

そして、夫婦における話し合いも重要です。

話し合いを軽視してしまう人もいますが、仮に失敗したら妻のほうから別れを切り出されてしまうこともあります。

 

きちんと段取りを踏んで進めなければいけません。

話し合いについては下記の記事を参考にしてみてください。

参考妻の浮気は本気なる?浮気対策と心を取り戻す方法とは?

 

離婚を視野に入れた場合の対応

浮気が発覚すれば、当然、離婚を視野に入れることもありますよね?

そこで離婚についても触れておきましょう。

 

確実な浮気の証拠がある

なら、離婚においても優位に働きます

 

慰謝料請求できるだけではなく、離婚時の取り決めも自分の主張が通ることが多いです。

ただし、調停や裁判になることも考えて、証拠の質は考えなければなりません。

 

証拠として提出するものは何でもいいわけではありません。

証拠として必要なものは下記を参考にしてみてください。

参考浮気の証拠を集めて離婚・慰謝料請求する方法

 

まとめ

妻の浮気に直面した。

どんな状況にしても、あなたを救う方法はただ一つ。

 

それは、確実な証拠を掴むことです。

 

なるべく早く証拠をつかむ。

そして早く話し合いをする。

浮気には早期解決が望ましいです。

 

妻の浮気が本気になる前。

浮気相手と親密になる前。

そこで、解決しなければいけません。

 

妻の浮気に気がついた時点で早め早めの行動を心がけていきましょう。