【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

妻の浮気で離婚。

その場合は子供のことや自分の身の回りのことを考えなければいけません。

 

特に、離婚する人全てが関わること

それが、「財産分与」です。

 

今回は相手の浮気による離婚。

それによる財産分与について解説していきたいと思います。

 

そもそも財産分与って何?

財産分与についての基礎知識

まずはこれをさらっていきましょう。

 

離婚経験がなければ、まずわからないでしょう。

そして、知らなければ損をするのが法律というもの。

 

細かいところまで覚える必要はありません。

なので、関連する部分だけは押さえておきましょう。

それで、十分離婚に対する備えはできます。

 

財産分与とは?

財産分与の概略からです。

財産分与とは、離婚時に発生するもの。

要は、「夫婦が2つに分かれているから、財産も分けましょう。

ということです。

 

これは、どんな夫婦でも離婚時には必ず発生する問題です。

例えどんなに嫌だとしても・・・

 

分ける財産は、婚姻中に形成されたものであること。

または、財産としての価値が認められるもの

 

これらの配分を夫婦で話し合い、決めていくという作業。

それが、財産分与です。

 

まず大事なことは、

  • どの夫婦でも財産分与は発生する
  • 婚姻中に蓄えた財産が対象

これを覚えておきましょう。

 

さて、次に、より具体的に財産分与について触れていきます。

 

離婚時に分与対象になる財産とは?

財産分与。

その対象になる財産は3種類あります。

 

どんな財産を分けなければいけないのか?

それについても理解を深めましょう。

 

①清算的財産分与

おそらく一番、財産分与で配分が多いもの。

それが、「清算的財産」です。

 

とても難しい言い回しなので、イメージができないかもしれません。

具体例を挙げると以下の通りです。

  • お金
  • 不動産
  • 証券

 

これらがそれにあたります。

おそらく、財産と聞いて一番ピンとくるものではないでしょうか?

 

つまり、経済的な価値があるもの

お金に換えられる、もしくは、お金そのもの

という見方をすればわかりやすいでしょう。

 

夫婦が一番揉めるのもここです。

一般的な家庭では、夫の方が多く財産をもらうということが多いです。

それは、稼ぎが単純に多いからです。

 

稼ぎが多い方が財産形成に貢献しています。

よって、夫婦の稼ぎ頭の配分が多くなることが一般的でしょう。

それに納得できずに、話し合うことは多いでしょう。

 

折半をするということでもありません。

また、夫の貢献が多いからといって、全てが夫のものになるわけではありません。

家庭では妻の支えがあるから、健やかに仕事ができる。

 

そんな見方もされますので、直接貢献していないことでも妻も財産を分けられる権利があります。

 

お互いの経済状況や貢献度。

それらから、お互いが妥協点を探していくようなイメージです。

 

②扶養的財産分与

扶養的財産も重要です。

これは、片方が離婚に伴い、経済力が極端になくなる時に考えるものです。

 

例えば、専業主婦の妻

離婚をすれば当然、収入源を失うことになります。

その際、生活をするのがとても苦しくなりますよね?

 

ましてや、子供がいる。

そんな状況では生活もままなりません。

 

なので、約3年一定額の財産、つまり現金を受け取ることができるというもの。

年金や仕送りに近いものです。

 

ただし、誤解されやすいことがあります。

この扶養的財産は、養育費とは違うということです。

 

これは、妻が極端に貧しくなってしまう時に発生するもの。

養育費はまた別に取り決めなければいけません。

これは注意してください!

 

③慰謝料(損害賠償)的財産分与

中には相当なワケありで離婚するケースもあります。

代表的なものが、DV浮気です。

 

被害者である方は、財産分与と並行してこれらの損害賠償を行うことができます。

 

財産分与は、お互いの財産を分けること。

ですが、これは損害賠償として請求するもの

ただ、慰謝料は通常、別の問題として考えます。

むしろ、一緒くたにすると交渉が進まず、裁判になることがあります。

 

浮気の被害者であれば、慰謝料は別に請求するというのがオススメです。

妻の浮気による離婚であれば、あなたの財産負担を減らせることもあります。

 

※相手に分けなくてもいい財産

最後の財産は分ける必要のない財産。

これについても触れていきましょう。

 

人間欲が深いものです。

色々分与が行われるうちに、あれもこれもといけ図々しく要求されます。

ただ、財産は何でもかんでも分けるわけではありません

 

ポイントは、対象になる財産が婚姻関係中に築いたものであるということ。

 

例えば、婚前に蓄えた貯金や車・家、不動産は対象になりません。

結婚前に保有していた財産については、要求されても「no!」と言いましょう。

 

財産分与は基本話し合いで行われますが、調停や裁判になると法的に財産の所有権を争うことになります。

 

上記は、当然法律で分与の対象にならないものです。

毅然とした態度で断りましょう。

 

財産分与の内容の決め方

財産の種類。

守るべき財産については理解できたでしょう。

 

ただ、どのように財産分与が決められるのか?

これもポイントです。

 

以下の3種類が財産の割合を決める方法です。

 

夫婦による話し合い

基本的には夫婦の話し合いです。

お互いの経済状況を見て、親権と同じく夫婦同士で話し合うところから始めます。

 

ただ、スムーズにいかないことも多々あります。

特に、財産分与について知識がない方は、相場がわかりません。

何でもかんでも折半しようとするもの。

 

しかし、夫の立場から言わせれば、養育費もあるし半々で分与するなんてとんでもない話です。

というわけで話し合いが並行線をたどることも考えられます。

お互いの妥協点が高く、長引くことはよくあることです。

 

調停

「全く夫婦の話し合いで決まらない!」

そうなると第三者の出番です。

 

それが、調停です。

 

そうなると、離婚の種類も変わり協議離婚ではなく、調停離婚になります。

簡単にいうと、第三者が介入して離婚後のあれこれを決める離婚ということです。

 

家庭裁判所に行けば、手続き方法がわかります。

調停の段階では、第三者は交えますが、あくまで話し合いです。

強制的に財産の取り決めをするわけではありません。

 

強制的に決めてしまうのが裁判です。

 

裁判

裁判で決めるという最終手段もあります。

 

  • 財産分与の割合が不当である。
  • それを相手が納得しない。

調停においても発生することです。

 

調停は話し合いですから、強制的に決めることはありません。

ただ、裁判は強制的に取り決めをします。

 

裁判所が夫婦の訴えを聞き、適当だと思われる分与率を決めるというもの。

 

ただし、裁判までいくのは得策ではありません。

裁判費用もかかりますし、時間も労力もかかります。

 

そうは言っても、裁判まで行くのは相当なレアケースです。

基本は話し合い、または調停で決められます。

 

妻の浮気が原因でも財産を分けるの?

財産分与の基礎知識を抑えていただきました。

 

ただ、気がかりは残りますよね?

それは、妻の浮気が離婚の原因

それでも財産分与を行われなければいけないのか?

ということだと思います。

 

結論からいいます。

財産分与はどんな夫婦でも行わなければいけないものです。

もちろん、割合は話し合いで決めます。

ただ、浮気をしたからと言って財産を受け取る権利とは関係ないからです。

 

あなたから言わせれば、

  • 「あいつの浮気で離婚したんだ!」
  • 「財産を与えるなんて冗談じゃない!」

と言いたいところでしょう。

 

ただ、そんな人に辛い現実があちます。

それでも財産分与でいくらかの財産は持っていかれるということです。

 

納得いかないかもしれませんが、それが日本の法律というもの。

夫婦の共有財産が浮気で侵害されるとは考えません。

 

ただ、あなたに対しての救済処置があります。

それは浮気による慰謝料の請求です。

 

財産分与と慰謝料は違うのか?

 

浮気の慰謝料。

それについても触れていきましょう。

 

夫婦の取り決めは沢山あります。

それ故に混同するものが多いです。

ただ、それぞれ別々に考えなければいけません。

 

  • 財産分与
  • 慰謝料損害賠償
  • 養育費

 

これらは、本来それぞれ別のものであること。

それは頭に入れておかなければいけません。

 

よって、調停や裁判で財産を決めるとき。

浮気という事実が加味されることはありません。

これは、親権や養育費についても一緒です。

浮気によって、有利不利は決められません。

 

 

ただし、別であるということで悲観することはありません。

別であることはある意味有利。

なぜなら、浮気の事実がある以上、慰謝料の請求は確実に行えるからです!

 

財産がいかにあなたに有利に働いても、差し引きで慰謝料が低くなるということはありません。

 

浮気による慰謝料。

その額は、浮気の内容だけを加味して決められるものです。

 

浮気の慰謝料の金額。

その請求方法については下記を参考にしてみて下さい。

参考間男に慰謝料を請求して制裁する方法~妻の浮気~

 

財産をそこまであげたくない!という人へ

残念ながら、相手の浮気が原因で離婚するとしても、財産は分け与えなくてはいけません。

 

だけど、浮気をされて、なおかつ財産まで持っていかれる。

これは、納得できないですよね?

 

そんな時は、慰謝料を請求して財産を取り戻しましょう!

 

慰謝料は300万円以上請求できることも多々あります。

さらに、浮気相手にも請求できます。

お灸をすえるという意味でも、あなたの精神的ダメージの補填としても最大の効果があります。

 

ただし、慰謝料は簡単ではない。

きちんと証拠を揃えたり、準備しなければいけないこともあります。

 

慰謝料には財産分与とは別で、方法を知っておく必要があります。

 

浮気の慰謝料については下記の記事を参考にしてみてください。

参考浮気の証拠を集めて離婚・慰謝料請求する方法

 

まとめ

浮気をされた上、財産もわける。

これは、夫からすれば非常に屈辱的です。

 

ただ、財産は貴重なもの。

適当に決めて、後から後悔するのは自分です。

 

ある程度、妥協することは大切ですが、極力財産を守った方が後の生活にはいいことです。

 

きちんと知識とやるべきことを抑えておきましょう。