【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

「夫が明らかに浮気をしているのに、絶対にその事実を認めない!」

男性はどうも無頓着と言いますか、明らかな証拠を残しているにもかかわらず「どうせ妻には見つからないだろう」とのんきに考えているふしがあります。

今回は浮気を認めない夫について、浮気を認めない理由浮気の見極めポイント、また浮気をやめない夫への対処法について紹介していきます。

 

夫が浮気を認めない…その理由は?

どれだけ浮気を問い詰めても「浮気ではない」の一点張り。

夫たちはどのような理由で浮気を認めないのでしょう。

①妻にバレてると思っていなかった

夫に限らず男性という生き物は、とにかく油断をしがちな人が多いもの。女性が「この人浮気をしているかも!」と直感で感じられるのとは対照的ですね。

妻に内緒の出費やホテルのライター、浮気相手とやり取りしたメールなど、明らかな証拠を残しているのに浮気の事実を認めない理由。

それは、ただ単純に「妻に浮気がバレると思っていなかった」と答える人が多いのです。

 

女性からすると「ここまで証拠を残していながら何を言っているの?」と頭にくるのですが、秘密をいきなり暴露されると、男性は動揺した自分を隠すため「いや、浮気はしていない」と無理やりでも認めない人が多いのです。

②認めると妻の言いなりになる

浮気をしているならさっさと認めて、「関係の修復に努力すればいいのに・・・」と言いたくなりますよね。しかし、男性の中には、「いざ浮気を認めたら、女房の言いなりになってしまう」と恐れる男性もいます。

女性より有利に立ちたい」という願望ですから、ある意味ではパワハラと何ら変わりはありません。

下手につつくと逆上して夫婦の関係にヒビが入ってしまう危険もありますので、プライドの高い男性には、相手を下に見るような発言をすることは控えましょう。

③浮気の事実を認めるのが面倒

他の女性との浮気を認めてしまうと、後のち面倒なことに巻き込まれるのではないか、と恐れて浮気の事実を認めない男性もいます。

上記で紹介したように、浮気を認めてしまうと妻に言いなりになってしまう、夫婦関係の修復が面倒といった”デメリット”を考え、「面倒だから浮気の事実を認めないでおこう」との理屈で、問題にふたしてしまうのです。

 

子どものような理屈ですが、男性は永遠に子どもの部分が残っているもの。浮気という問題にきちんと向き合ってもらうためにも、奥さんの出方を間違えないようにしてください。

④浮気相手と奥さんを守りたい

男女を問わず、浮気という問題を明らかにすることで、傷つける人がいます。夫の浮気の場合、傷つくのはもちろん奥さん、そして浮気相手の女性です。

 

「自分の奥さんも浮気相手も傷つけたくない」という間違った優しさを発揮して、浮気を認めないこともあります。

⑤浮気相手との関係を解消したくない

浮気を認めると、当然ですが浮気相手と別れてもらいます。

しかし、浮気する相手のほとんどが同じ会社の人間とも言われるとおり、関係を解消したとしても次の日には会社で顔を合わせることになち、なしくずしによりを戻すということも…。

中にはほとぼりが冷めるまで関係を解消しておき、奥さんが安心した頃を見計らって再び浮気に走る夫もいるほどです。

⑥慰謝料の支払いをすることになる

夫の浮気が二度目、三度目以降の場合は、誓約書を作って浮気をやめてもらうように文書で約束している人もいます。

誓約書の中には「もう一度浮気をしたら妻に慰謝料〇〇万円を支払う」など、慰謝料の請求について言及している書類もあります。この場合、慰謝料を支払うのは浮気相手の女性、そして夫も例外ではありません。

 

夫婦とはいえ、決して少なくない金額を奥さんに支払うのですから、単純に懐が寂しくなってしまうという問題があり、自由に使えるお金が減ってしまうことを恐れて、「浮気なんかしていない」と言い張るのです。

 

浮気を認めない夫…見極めポイントは?

浮気をなかなか認めない夫もいますね。確信を持てない場合の「浮気チェック」。

一緒に見ていきましょう!

浮気の話合いになると急に怒り出す

人は本当のこと、隠していることを突かれると事実を隠すために急に怒り出す傾向にあります。

浮気について問い詰めると、それまで穏やかだった夫が急に怒り出した、腹を立てて部屋を出ていった。そういった態度を取った場合は要注意。あなたにいきなり秘密を暴露され、動揺しているのです。

この場合注意したいのは、あくまでも奥さんが冷静に問い詰めていること。

いきなり切口上に話をしては、どんな男性でも怒り出してしまいます。

急に優しくなる

浮気を隠している夫にあることですが、浮気について話をすると、その前後は急に優しくなるケースもあります。

日頃は残業、残業で家に寄り付かなかった夫が、定時で帰ってくるようになった、急に家事の手伝いを言い出すようになった。

 

これらは浮気をしているという罪悪感から、妻への罪ほろぼしとして行っているに過ぎません。

普段と違った態度で急に優しくなる夫は、何か後ろめたいことがあるかもしれない、と疑ってみてください。

話に矛盾点が出てくる

浮気をしている、していないの論争になってくると、うそをついている方はだんだん話に矛盾点が出てきます。

はじめは仕事で遅くなる、だったのに、いつの間にか同僚と飲んでいた、になった。出張の行き先が微妙に変わってきた。

これらはやはり浮気を隠しているから。浮気を認めない夫にあるパターンのひとつです

質問に対する答えを言わない

質問に質問で返す質問と違った答えを言うのも、浮気をしている夫にありがちな行為です。

これも「浮気していることを認めたくない」という気持ちの表れですが、あれやこれやと会話をはぐらかし、離婚を認めない夫に、こちらのほうが疲れ果てて話を止めてしまうこともよくある話。

質問に対する答えを言わない夫は、十分浮気の余地がありそうです。

 

逆ギレするのは罪の意識があるから!

「浮気しているでしょ!」と問い詰めてもなかなか白状しない。それどころか逆ギレしてしまうというのはよくある話です。

 

これに対して、「このまま折れてくれないかも・・・」「反省させられないんじゃ・・・」と考えてしまうかもしれません。しかし、逆ギレした時点でこちらが有利になると言っても過言ではありません。それは、痛いところを突かれているから逆ギレする。という意味もありますが、それ以外にも逆ギレにはとある心理が隠れています。

 

逆ギレするからには、夫が浮気をしたことに対して危機感を抱いているということです。つまり、本気で「マズイ!」と思っているからこそ、キレてごまかそうとしているんです。男性は立場が危うくなると、肉体的に自分より劣る女性に対しては怒ることで威圧するという心理が働きます。つまり、怒ったということは潜在意識の中では自分の非について認めているということ。

 

そんな時にあなたが考えるべきことは、夫の激しい剣幕に威圧されることではありません。むしろ、自分は有利な立場にあると自覚することです。相手に弱ったところを見せれば、「これ以上追求されない」という誤解を与えてしまいます。相手の逆ギレは収まれば、後悔と罪悪感が押し寄せるもの。

逆ギレしてきたら余裕な態度で躱してみましょう。

 

浮気を認めない夫へ!4つの打開策

最後は浮気を認めない夫に対する対処法について紹介していきます。

しばらく様子を見て証拠をつかむ

刑事ドラマなどでは、容疑者を”泳がせて”証拠を調べる、といったシーンがよくありますよね。

「夫が浮気を認めない」という場合は、言い逃れできないような証拠をつかむようにしましょう。

 

二人きりでデートをしている様子や、ホテルに入っていく様子などを写真に収めるなど、言い逃れできない証拠となります。なお、こういった証拠をつかめないという場合には、探偵事務所に相談して、プロの探偵に証拠集めをお願いするという方法もあります。

携帯電話をのぞかない

浮気していることに気づくきっかけは90%が「携帯」と言われます。

浮気の温床として使われる携帯電話、スマートフォン。LINEの会話や電話の履歴など、つい夫のスマホをのぞきたくなり、実際にスマホをのぞいたという奥さんも大勢います。

また浮気についてのサイトでも「スマホで浮気をチェックする」といった記事が掲載されていますが、あまりおすすめできません。

 

確かにスマホは情報の宝庫で、浮気のチェックをするのに非常に便利な道具です。しかしこの場合、夫の信頼を裏切るというリスクがついて回ります。目の前にあるとつい確認をしたくなる気持ちは分かりますが、いらぬトラブルを防ぐためにもスマホには手を出さないようにしましょう。

スマホ以外では、決定的な証拠写真口座の残高、探偵事務所など他の方法で証拠集めをするようにしましょう。

スマホによる浮気調査は下記の記事を参考にしてみてください。

参考【浮気をiPhoneで見破る方法】スマホで行う浮気調査!

問い詰めた後2〜4週間様子を見る

浮気について問い詰めた後、2〜4週間ほど様子を見てみましょう。

浮気については認めないものの、痛いところを突かれたのでしばらくおとなしくしていよう。

1ヶ月ほどおとなしくして、妻が安心したことを見計らってもとの女性と浮気をしよう、と考える夫もいます。

浮気をやめたからと安心せずに注意深く夫の様子をうかがうようにしましょう。

離婚を検討する

どうしても夫が浮気を認めないという場合、離婚を検討することも方法のひとつです。

よく言われることが、「一度浮気をした男は何度も浮気を繰り返す」。そのたびに傷つくのは奥さんなので、関係に疲れた場合、離婚するのもひとつの方法でしょう。

もちろん離婚できない理由がある場合は避けるべき方法ですが、どうしても我慢できない場合は、離婚に向けて準備を(資格を取得して経済的に自立する、慰謝料についての検討)進めることも、自分の幸せのためには考えるべきことです。

 

まとめ

夫が浮気を認めない理由、浮気の見極めポイント、浮気を認めない夫の対処法について紹介しました。

浮気を認めない夫への対処はなかなか難しいもの。自分と夫に合った方法で浮気を認めさせ、浮気をやめてもらうようにしてください。