男女で浮気のタイミングが違う?

浮気というのは男女ともに起こり得る問題ですが男女でまた原因が違ってくるのも確かです。

そして、男女の浮気の差で違うものはもう1つあります。

 

それは、浮気をするタイミングです。

 

そこで、男女別の浮気をするタイミングや機会について、ここでは書いていきたいと思います。

パートナーにこのような機会がないかをチェックしてみましょう!

 

浮気のタイミング~男性の場合~

新たな環境に変わった

男性に限らず、環境の変化とはストレスになりえます。

環境の変化が良い方向へ左右することもありますが、既婚者男性の場合は大抵、単身赴任や転勤・移動など望んだわけではない環境の変化にさらされることが多いです。

 

そのストレスから出先で浮気に走ってしまうパターンもあるようです。

 

そして、新入社員などが入った場合もそうで、妻よりも魅力的で若い女性を見てしまうとついつい魔が差してしまうということもあります。

 

夫の取り巻く環境が変わったら注意が必要です。

 

これは劇的な環境の変化だけではなく、日常で起こりうる環境の変化も一緒です。

 

 

お金に余裕が出来た、または急にお金が入った

サラリーマンであれば、出世や昇給などがあり収入は上がってくるものです。

逆もしかりですが、基本的に同じ仕事を続けていれば給与が上がることが多いでしょう。

 

そこで、手元にお金が入ってきて金銭的にだいぶ余裕ができるようになると、そのお金を使って遊ぼうと考えるのは自然な流れです。

 

なぜなら、会社員はお金に余裕が出来るまでは金銭的な我慢をすることが多いからです。

 

働き始めて数年の人であれば自分の暮らしをするだけでも切り詰める必要はありますし、家庭のある人であれば自分に使えるお金に余裕がある人はほんの僅かな数でしょう。

 

そして、金銭的に余裕ができると今まで押さえつけてきた欲望を我慢する必要がないということから、浮気に発展しやすくなってしまいます。

 

昇給などのタイミングはこれから先もありえるので、長期的に起こり得る浮気のきっかけと言えます。

 

反対に単発的に起こり得るきっかけが、ボーナスなどの単発で大金が手元に入ってきた時です。

実は、給与が増えることよりも単発で収入を得た時の方が浮気につながる可能性が高いです。

というのは単発で手に入ったお金というのは、貯金分以外は余ったお金として使ってしまうことが多いので遊ぶ口実を作ってしまうからです。

 

このようなタイミングでも男性は浮気をする確率が高くなります。

 

妻が妊娠しているとき

 

かなりの頻度で男性が浮気するタイミングとしては、妻が妊娠している間というものがあります。

奥さんからは理解をされないかもしれませんが、パートナーが妊娠したのを気に他の女性に走ってしまうということがあります。

この原因としては、妻への意識の変化にあります。

 

どのような意識の変化かというと妻が身ごもったのをきっかけに、妻を女性としてみることができなくなり、母親もしくは家族という認識に変わってしまうことがあります。

 

それを期に妻以外に女性としての魅力を感じてしまい魔が差してしまうということが起こってしまいます。

 

また、出産に立ち会うという経験も浮気につながる可能性もあります。

 

出産の現場というのは、男性から見ればかなり衝撃的で痛ましく感じてしまう人も多いです。

その光景を見てしまうと出産に関わる性交渉を妻と行うのが嫌になってしまうこともあります。

 

女性としては、ショックな事実かもしれませんが出産の現場にはあまり立ち会わせない方がいいこともあります。

 

妻からの評価が低い

評価が低いというと夫が虐げられているというイメージでしょうが、それだけではありません。

 

確かに妻からの扱いがひどく、家のことを何1つ決めさせてもらえない夫は自分の意見を尊重したり話を聞いてくれる他の女性と親密になることはよくあります。

 

しかし、もう1つ浮気をするきっかけというのが、妻の方が社会的に評価されているという状況です。

社会的に評価が高い、つまり妻の方が会社員としての役職や収入面で夫より貢献していると男性としては家庭でも肩身の狭さを感じざるを得ません。

 

このようなケースが浮気に繋がることも少なからずあります。

 

会社や学校のイベント

 

普段、会社員の人は仕事に追われて出会いというものがないと思われがちで、現に会社員で異性との出会いに悩んでいる方も多くいると思います。

 

そんな中自然と出会いが増えてくるケースがあります。

それは、会社行事や子供の学校イベントがあるときです。

 

会社の社員旅行や新規プロジェクトの立ち上げなどで会社にいる人と過ごす時間が多くなると今まで気にもしなかった女性社員の人となりが見えてきて、親密になることがあります。

 

また、子供たちが参加している学校行事などでは異性の教師や保護者と出会う機会などがあります。

以前の記事でも紹介させていただきましたが、教師というのは浮気が多い職業です。

 

このように家の外から浮気の機会が舞い込んでくるパターンもあります。

 

浮気のタイミング~女性の場合~

夫婦の関係性が落ち着いてしまったとき

夫婦としての関係性が落ち着くというのは良いように聞こえますが、言い換えればマンネリ化しているということです。

 

女性側も「家族」でいられるという人はもちろんいますが「女」として生きられる場所を求める人もたくさんいます。

それはアラサーやアラフォーと呼ばれるとっくに成人している女性も同じで、年齢関係なく男女の中に必ず「恋愛」を求める傾向のある女性はたくさんいます。

 

そういった女性がマンネリ化した夫婦仲、「母親」として生きることができずに他の女性として扱ってくれる男性のもとへ走ることは、このような女性にはよく見られる傾向です。

 

気持ちが弱っているとき

 

男性は気分が高揚していたり余裕があるとき、つまりポジティブな感情から浮気をするのに対し、女性で多く見られるのは鬱のときなどネガティブな感情から浮気に走る傾向があります。

 

例えばですが、子育てなどで気持ちが疲弊している時に夫が大変さを分かってくれないという家庭や結婚記念日を祝わなかったり、旅行にも行かせてもらえないという不満から気持ちが落ち込んでしまい好きが出来てしまいます。

 

そこで浮気相手に安らぎを求めてしまうことも・・・

 

浮気を防止するためには、男性側も妻に心の隙間を作らない努力が必要になります。

 

より好条件の男性に真剣にアプローチされたとき

 

浮気というものは、魔が差したり軽い気持ちであればまだ家族の努力によって改善することはあります。

特に「感情」で動く女性にとっては、浮気というのは衝動的なものであり、計算があり長期的に他の男性と親密になろうとするわけではありません。

 

しかし、子供がいたりして生活が苦しかったり、いわゆる「デキ婚」などで真剣にパートナーを選ぶ機会が得られなかった女性に関しては、他の出会いによって「選択肢が広がるかも!」「もっといい人生が選べるかも」という感情を抱いてしまいます。

 

例えば、同窓会や友達づきあいで出会う男性がこのようなタイプだとします。

 

  • より好みの相手である
  • 夫より収入が多い
  • 子供に強い関心があり、子育てへの協力が期待できる
  • 優しく気配りができる
  • 趣味・考え方などが合う

 

このように生活や収入面や性格などで夫と比較できる対象が生まれてしまいます。

 

比較した結果、良い条件の相手でありなおかつ相手も真剣にアプローチをしているとわかったときは、浮気が本気になる可能性が高いです。

 

パートナーと精神的距離・物理的距離が開いているとき

パートナーとの距離が遠くなってしまうと、女性は浮気に走りやすくなります。

 

距離といっても2種類あります。

それは、精神的な距離物理的な距離です。

 

まず精神的な距離ですが、夫と喧嘩していてあまり関係が良好ではないタイミングです。

精神的な距離がどのような結果をもたらすかというと、ストレスによる浮気と浮気に対する罪悪感が無くなることです。

 

罪悪感がないということは、浮気に対する壁が無くなってしまうので、浮気に対してオープンな状態にあり、二人の関係により距離を作ってしまうきっかけにもなります。

 

そして、物理的な距離についてですが旦那さんの単身赴任などで文字通り、二人の距離が遠くなってしまい夫婦関係が徐々に冷め切っていくことがあります。

 

これらの距離を放っておいて何もしないでいると本当に浮気につながる可能性が高くなってしまいます。

結婚しても相手を思いやり、普段からマメな気遣いを見せていきましょう。

 

夫に浮気されてしまったとき

男は浮気をされてしまうとひたすら凹むという人が多いですが、女性は悔しさから自分も浮気をしてしまうということがあります。

最初は夫へのあてつけで浮気相手と交際しているかもしれませんが、女性というのは相手に感情移入がしやすいです。

 

初めは悔しさで始めた関係だとしても、その浮気相手とのデートを重ねていくうちにいつの間にか心を奪われていることもあります。

 

なぜなら、奥さんはあてつけの浮気だとしても相手の男性は本気でアプローチしている可能性が高いからです。

一生懸命気に入られようとデートを盛り上げてくれる彼に惹かれてしまうなんて話もよくあることです。

 

これは女性特有の浮気の特徴とも言えるかもしれません。

 

まとめ

以上が男女別の浮気のしやすいタイミングについてです。

 

男女別とありますが、これらの理由は男女ともに浮気をしやすいタイミングになり得るものです。

今回は、男性に多い浮気の傾向、女性に多い浮気の傾向でまとめていますが男性も感情で浮気をすることもありますし、女性も職場で浮気をすることもあります。

 

やはり、夫婦円満な家庭を築くにはお互い我慢も必要ですし、思い通りに行かないことも多くあります。

 

今回のタイミングの原因から考えて、浮気を防止するには人としてまたは異性として相手を尊重する姿勢を持ち続けることです。