昼顔妻という言葉があるように、旦那さんの目を盗んで不倫をしている既婚女性というものは少なからずいます。

 

彼女たちはなぜ不倫を行ってしまっているのかということを見ていき、

それから妻の不倫の解決策を立てていきましょう。

 

日本における不倫率

不倫経験者は22.8%

日本で不倫を経験している人妻はどれほどいるのかというアンケートを「週刊ポスト」が既婚女性1000人に対してとったところ、不倫経験者は22.8%で、現在進行形で不倫を行っている既婚者は4.1%でした。

そして、不倫経験人数16人と回答した人も・・・

 

日本人女性の性の実態を追究する『週刊ポスト』恒例1000人アンケート。今回のテーマは「人妻の性」。インターネット調査会社の協力のもと、家の外で密やかに行なう不倫の実態を、既婚女性1000人が赤裸々に回答。夫が知らない妻たちの素顔が明らかになった。アンケートに回答した女性は21歳から69歳で、平均年齢は40.6歳。住まいの分布は全都道府県に及ぶ。

まず、「不倫をしたことがありますか?」と不倫経験を問うと、22.8%が「不倫したことがある」と回答。そのうち現在進行形は4.1%だ。2010年に行なわれた前回調査では「不倫経験あり」が29.6%だったので、6.8ポイント減っている。

 

出典:NEWSポストセブン

http://www.news-postseven.com/archives/20140912_275609.html

 

あくまで統計上の数字でありますが、実際はもっと多いのでは?という意見もあります。

おそらくは40%ほどは現実の不倫経験者率ではないかと言われています。

 

不倫率が多い妻の年齢傾向

では、実際に不倫率が高い傾向はどんな人妻にあるのか?

実は、結婚して間もない妻のほうが不倫をする傾向にあることがわかりました。

 

結婚何年目に不倫をしましたか?(既婚女性にアンケート)

1位「1年目」37.3%

2位「2年目」14.7%

3位「3年目」13.3%

4位「4年目」6.7%

*残り28%は5年目以降。

 

出典:月刊チャージャー http://charger440.jp/uwaki/report/r07.php

 

これを見ると新婚ホヤホヤであるほど不倫をしてしまうことがわかります。

 

夫婦生活がマンネリになって不倫をする人達も多いですが、実は新婚で若く男盛りな人妻の方が浮気・不倫をしやすい傾向があります。

 

結婚して間もない頃に浮気をしてしまう原因は、既婚者としての自覚が持てないことなどが原因です。

 

結婚する前は誰でも自由恋愛をしています。

しかし、その環境を結婚と同時に変えることはなかなかできません。

 

精神的な緩みなども浮気をする原因にもなるということですね。

 

妻は、なぜ不倫をしてしまうのか?

妻たちが不倫をする、それには明確な理由があります。

この理由を1つずつ見ていきましょう。

 

寂しさがある

人間に誰しもある欲求は「人から愛されたい」もしくは「人から必要とされたい」という欲求です。

これが満たされていない時は、不倫に走りやすい精神状態になってしまいます。

 

特に女性の場合は、自分を女として扱って欲しいという気持ちが既婚後もあるものです。

きちんと態度や口で女として扱ってくれる男性になびいてしまうので、結婚後に旦那さんから母親や相方として見られていて、なおかつ他の男性に女性として扱われていると意図せずに不倫をしてしまう可能性があります。

 

女として認められたいという欲求があるというのが、不倫の理由の1つです。

 

背徳感・非現実感を楽しんでいる

不倫というのは言うまでもなくいけないことです。

それは家庭を壊してしまう、モラルに反していることをしているという背徳感があります。

 

その背徳感や非現実的なことをしている「イケナイないことをしている自分」という刺激に人妻はハマってしまうことがあります。

特に、専業主婦で日々変わり映えのしない日常を過ごしている人は刺激に飢えてしまっているので、不倫の背徳感がちょうどいい日常の刺激として機能してしまうことがあるようです。

 

また、男性を奪い取るという略奪愛も背徳感がありますし、既婚者男性を寝とるというのは女性の女としての達成感もあるようです。

 

人目を避けて男性に会ったりとスリルを楽しむという意識でやることもあります。

いけないことをしているという自覚があるからこそ、不倫を進んでやってしまうこともあるようです。

 

夫にある不倫の原因

不倫をおこす妻は、一見その人の人間性に最初から問題があると考えてしまうかもしれませんが、夫の性格が原因で引き起こされる不倫もあります。

 

特に以下のような夫がいる妻は不倫をしやすいと言われています。

 

  • 性生活に何があるパートナー
  • 夫が自分の話しかしない(自己中心的)
  • 夫の方が浮気をしている
  • 無口で日常に面白みがない

 

男性側にもセックスレスの原因があったり、普段の日常生活に張り合いがなかったりと問題があるケースもあります。

特にセックスレスに関しては夫婦生活に大きな影響を与えることになります。

詳しくは下記の記事で解説しているので参考にしていただきたいと思います。

妻はセックスレスで浮気に走る!夫なら知っておきたい知識

夫婦がやるべきセックスレスの解消方法

 

このように男性側にも問題があるということも忘れてはいけません。

 

妻が不倫をしやすい状況・タイミング

不倫は「できるもしくはしやすい状況」というのは、どんな夫婦だろうと踏み切ることはなかなかありませんが、きっかけ次第でいくらでも不倫に発展してしまいます。

 

そこで不倫をしやすくなってしまうシチュエーションとはどんなものかを見ていきましょう。

 

夫婦喧嘩の真っ最中

本来のパートナーである男性と喧嘩したときは不倫をしやすくなっている状態です。

これは当然のことですが、夫婦喧嘩をしていて気分のいいものではありませんし、喧嘩している間は旦那でも奥さんの中では「嫌いな存在」になってしまいます。

 

そんな中間が悪く、魅力的な男性が現れたらついつい心を許してしまうこともあります。

 

悩みや不安があるとき

女性も子育てや仕事でストレスが溜まっているときは、心の拠り所を求めるものです。

しかし、旦那さんがそんな心の拠り所として一緒にいてくれないときは、かなり精神的に弱っています。

 

そんな時にほかの男性に悩みを聞いてもらってそれを解決してもらったりしたときは、その男性に恋をしてしまうことがあります。

 

特に仕事に忙しい夫は、そんな悩みを抱えている妻がいても気がつかなかったり、扱いがぞんざいになってしまいます。

 

女性にとって恋愛は衝動的なものであり、既婚者だとしても心が弱っている時に優しくしてもらうと「この人と一緒になりたい」という気持ちを持ったとしても不思議ではありません。

 

夫の浮気を発見した

前述の男性側の問題点で書いていますが、夫が浮気をしているところを目撃したまたは人伝で浮気を発覚したときは不倫にはしりやすいです。

 

なんせ夫側もしていることなので、「自分も遠慮せずに恋愛をしていい」と解釈されても不思議ではないですし、浮気をされてしまうと精神的にも弱ってしまいます。

 

そこで男性に対してその悩みを打ち明けたりすると、優しく相談に乗ってくれたりしたら「私も浮気しようかな」と思ってしまいます。

 

こうなってしまうと夫の方もなかなか妻を責めることはできませんし、復讐のつもりで不倫をしたのであればヤメ時がわからなくなってしまうので、一番やっかいな不倫しやすいシチュエーションといってもいいでしょう。

 

女性の浮気は早期発見と早期対応が必要

仮にパートナーの浮気が怪しいと思ったのであれば、放置をするのはよくありません。

夫婦仲が悪くなることもありますが、問題はそれだけではありません。

 

上記の不倫の理由から見てもわかるように、女性はメンタル面の理由から不倫に走ることが多いです。

なぜ精神的な理由(寂しさ)から不倫をすることが問題なのか?

 

逆に性欲などが理由であれば大したことはありません。

なぜなら、性欲の欲求とは瞬発的なものだからです。

 

要は性欲が浮気の理由があれば、それを解消するだけでも浮気心は収まります。

なので、性欲から不倫をする男性の浮気は解決が早いと言われています。

 

一方、寂しさなどから不倫をする場合はどうでしょうか?

根底にはパートナーへの不満や性格の不一致を感じているということなので、

「実はもっとふさわしい相手がいるかも」と思ってしまいます。

 

遊びで不倫相手とお付き合いするのではなく、将来のパートナー探しをしてしまう可能性があります

つまり、浮気が本気になるというケースが女性には多いです。

 

だからこそ、妻の浮気に対しては早期発見と迅速な対処が必要になります。

 

女性は不倫という秘密を墓場まで持っていくと言われるほど、隠したりごまかしたりするのが上手です。

鈍い人であれば、疑うことすらできないかもしれません。

 

しかし、不倫という非日常的な行動をしている以上必ずボロを出します。

下記の浮気発見と対処方法のまとめを参考にして、妻の浮気を発見して防止していただきたいと思います。

 

まとめ

ここまで不倫について様々なデータを元に解説してきましたが、日本でも不倫というものは日常的に起こりえることです。

 

しかし、現実に不倫は1つだけではなく2つの家庭を壊してしまうほどモラルに反した行いです。

妻が不倫をしてしまっているのであれば、早々に発見して止めるべきことです。

 

不倫や浮気は発見しなければどうすることもできませんし、裁判でお灸を据えることもできないです。

やはり、イケナイことをしたという自覚を持ってもらわなければ再発の可能性があります。

 

そんなときは探偵社や興信所に相談をし、妻の浮気・不倫に対する対策をしていきましょう!