【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

旦那さんの朝帰りで困ってはいませんか?

もし、旦那さんが毎日のように帰りが遅いという家庭で、奥さんの悩みは尽きないと思います。

 

子供がいる家庭ではなおさらですが、旦那さんが朝帰りする状況は好ましくないですので是非とも解決していきたい問題です。

ここでは、旦那さんが朝帰りする理由を明確にしてその対処法について考えていきましょう。

 

夫の朝帰りの理由とは

朝帰りの理由の多くは仕事に関係するものです。

ですが、仕事とは直接関係なかったり、朝帰りする必要のないほどの理由は早期解決に勤めていきましょう。

 

特に以下の理由が朝帰りの言い訳として使われます。

 

会社での飲み会で終電を逃す

会社で飲み会があった場合、2次会3次会と続いてしまって飲みつぶれてしまうこともあります。

そうなってしまうと、奥さんに電話できなかったり酔っていると電話するのが面倒になってしまって、結果無断で朝帰りになってしまうこともあります。

 

旦那さんも奥さんを気遣って夜遅くに連絡を入れづらいのかもしれません。

しかし、これが頻繁に続くようであれば会社での付き合いを少し考えてもらうようにしましょう。

 

仕事が忙しくて残業している

旦那さんが常日頃から忙しく帰りが遅い場合がありますが、繁忙期と言われる時期は特に朝帰りが多い時がありませんか?

会社の決算時期や顧客が多く殺到する時期は、その会社全体が忙しいです。もしかしたら、毎日残業しなければいけない期間もあるかもしれません。しかし、仕事である以上は必ずそういう時期が来ます。

 

本当に仕事が忙しくてくたびれて帰ってきた時は、責めるようなことをせずに家に迎えてあげましょう。

特に会社からの急な呼び出しで仕事に行って帰ってきたときは、肉体的にも精神的にも疲れきっているので、あまり気を使わせないように接してあげましょう。

 

ただでさえ仕事帰りで疲弊しきっているのに、ムスっとした顔で家で待たれていると旦那としてもストレスを非常に感じることでしょう。

 

奥さんが怖い

奥さんがよく怒る人、いわゆる鬼嫁と呼ばれるような奥さんがいる人は家に帰りたくないので、仕事を使って帰宅を渋っている可能性があります。

 

そして、仕事でストレスが溜まっていると「帰宅拒否症」と呼ばれる症状にまで発展してしまい、気がついたら家から離れたところに移動していたという事例まであります。暴力まではいかなくても子供の暴力も旦那さんとしては相当堪えます。

帰りが遅くなるたびに愚痴愚痴言われるのは仕事で疲れている旦那さんからすれば非常に嫌気が出る行為です。

 

これは奥さんが鬼嫁でなくても、ストレスから帰宅を渋る人もいるので心当たりがあれば、旦那さんとの接し方を変える、もしくはカウンセリングに夫婦揃って行くことで根本的な解決をしていきましょう。

 

浮気をしている

この中でも一番望ましくないかもしれませんが、仕事を隠れ蓑にして浮気をしているというケースもあります。

 

これはある時期をきっかけに朝帰りや残業が増えだしたのであれば、浮気を疑ってもいいでしょう。

もし浮気と発覚したのであれば、今後の夫婦生活を考えた上で旦那さんと話し合いをしましょう

 

ストレス発散

旦那さんとしても日頃の仕事が大変で、ストレスの逃げ場を求めているのかもしれません。

お酒を飲んで日頃の鬱憤を晴らすというのは、男女問わず大人はやる人も多いです。

 

これについては、あま度が過ぎないようであれば容認してもいいと思います。

お酒を飲んで朝帰りをするだけならば、まだ可愛いものです。

 

上記のように浮気をしたりしない以上は、奥さんとしてもそこまで心配はしなくてもいいです。

 

朝帰りした旦那への理想的な対応とは

旦那さんが朝帰りした時に大事なのは、決して感情的にならずに接するということです。

感情的になって叱ってしまえば、ただでさえ仕事で追われている旦那さんに更なるストレスを与えてしまうことになり、逆効果になることが多いです。

 

冷静になって話をすることが朝帰りをやめさせるための第一歩と言えます。

そんな中で朝帰り下旦那さんへの理想的な対応をご紹介したいと思います。

 

悲しいことをしっかりアピール

朝帰りを止めさせるには怒ることではなく「どれほど自分が心配したか」を相手に訴えるのが効果的です。

 

これは感情的に怒るよりも非常に有効な手で、口喧嘩になってしまうと旦那さんは「こんなことで怒るのか?」と奥さんに対して反省どころか逆に怒りを覚えてしまいます。

 

しかし、朝帰りをすることで「奥さんを心配させてしまった」と思えば、それはそのまま反省につながります。

この方法を使えば、旦那さんに自分の生活を見直すきっかけが作れることでしょう。

 

よくある夫婦喧嘩としては、朝帰りで怒られた夫が逆ギレして口論になってしまうことです。

きちんと仕事をして帰って、嫌な飲み会にも付き合って帰ってきたのに、家に帰って怒られると旦那さんとしては「家族のために働いているのに・・・」と素直に納得できないでしょう。

 

旦那さんのためにも、怒鳴るという手段は極力使わないでおきましょう。

 

笑顔で対応

また、一風変わったアプローチがあります。

それは、終始笑顔で対応するということです。これは旦那さんが帰りやすくなるように空気を作って置くという目的もありますが、違う使い方もあります。

 

これまで朝帰りしてきた旦那さんに小言を言ったり、不満を顕にしてきたらなおさら効果的な方法です。

今まではあまりいい顔をしなかった妻が「怒ってないよ~」「全然気にしてないから~」と笑顔で接するようになると、男性としては恐怖心が生まれます。余計なストレスを感じさせませんが、朝帰りに抵抗感を持つようになります。

 

「今までは怒られたのになぜ突然!?」と次に朝帰りしてきたらどうなるかわからないと思わせてしまえば結果として朝帰りすることはなくなるでしょう。

 

下手に顔を真っ赤にして怒鳴り散らすよりも効果的です。

恐怖心で言えば、笑顔で対応される方が男性としては怖いですから・・・

 

家庭環境を改善する

地味ですが効果的なのは、「いい家庭にする」というものです。

 

旦那さんが「家に帰りたい」と思えるような家にすると、朝帰りを自然とやめさせることができます。

むしろ、家に帰るのが遅くなるのは帰宅拒否症など、「家に帰りたくない」という気持ちがそうさせてしまっているのかもしれません。家に帰っても楽しいことがないと、やはり足が向かいにくくなります。

 

帰りたくなるような家にもいろいろありますが、ストレスのない家庭にするのが一番いいでしょう。

奥さんが旦那さんを責めるようなことがなかったり、仕事帰りの男性が気が休まるような家庭にするということを意識してやってみてください。

 

ルールを作っておく

家庭内できちんとルールを作って夫にしっかり守ってもらうという手もあります。

 

実際に「夫婦間でルールを作るのはいかがなものか?」という意見もあります。家庭とは安らぎの場であって、仕事でもないのにルールに縛られたくないという人もいると思います。

 

しかし、家庭内ルールは作ること自体は問題ありませんし場合によっては必要なことです。ルールを作ることによって家庭環境をよくすることもありますし、生活習慣の改善につながることが多いです。

ここで問われるのは、「どんなルールを作るのか?」ということです。ルールによっては夫婦仲の改悪をしてしまったり、子供の教育にとってよくないこともあります。作るのは問題ないけど、ルールの内容が問題だと意味がありません。

 

夫に守ってもらうためのルールをつくるのには以下のポイントに気をつけましょう。

 

家庭内ルールを作るときの注意点
  • ワンサイド(妻が優位)のルールにしない
  • 夫だけのルールにしない
  • アメとムチを用意する

 

よく奥さんがやってしまう失敗例は、旦那さんに対してだけ守るべきルールを作る

要は、一方的にルールを押し付けてしまうことです。

 

ルールという以上は、夫婦間において公平性が必要になります。

公平性とは大げさかもしれませんが、二人で守るべきルールとして作る必要があります。

 

人間は公平性を欠いたルールを守ろうとはしません。

例えば、法律にしても自分の目の前でスピード違反をした車がいたにも関わらず、同じスピードで走っていた自分だけが切符を切られるのは納得できないですよね?

 

国で定めた法律ならば、その権威性もあるので従う人もいます。

しかし、家庭内ルールはプライベートのものです。

 

だからこそ、守らせるためには公平性というものが不可欠になります。

 

夫に守ってほしいルールを自分もしっかりと守る。

そして、守れた時のご褒美をしっかり考える。

 

この2つは用意しておいたほうがいいでしょう。

前述のとおり、家庭内ルールはあくまでプライベートなものです。

守ることに関しては義務感がありません。

 

だから夫もルールを認知できるように、アメも用意することがルールを作る時のコツです。

 

旦那の朝帰りでやってはいけない対応とは?

理想的な対応は上記を参考にしていただきたいと思います。

しかし、やってはいけない対応というのもあります。

 

むしろやってしまうとさらに朝帰りが増えてしまうものがありますが、そんな対応に限って普通にやってしまうことがよくあります。

そこで、朝帰りしてきた夫を迎える時のNG対応も学んでいただきたいと思います。

 

一切の飲み会を禁止する

朝帰りを禁止するためにいろいろ禁止をするルールを作る奥さんもいると思います。極端な例だと、飲み会を一切禁止して仕事終わりは直帰させるという対応を取る人もいるでしょう。

しかし、これは早く帰らせることを考えたら逆効果になります。

 

禁止してしまうと、旦那さんにとってもプライベートがなくなってしまいます。よりストレスを誘発したり、反発を招くことにもなりかねません。それが、朝帰りへの欲求を刺激するだけではなく、浮気をする原因にもなりえます。極端に禁止をするというのはやめておきましょう。

 

加えて、禁止をしたところで無くなるとは限りません。「飲み会」を禁止した場合、また別の言い訳を考えてくることも考えられます。飲み会をしたいがために「残業」、「出張」というような嘘をついて朝帰りになってしまうなど、言い訳はいくらでも考えられます。お酒の臭いを消すのも、朝まで時間があればいろいろな方法があるので証拠隠滅も容易いです。禁止がきつくなる分、反発もきつくなるので逆効果になってしまいます。

 

問い詰める・怒る

一番やってしまいがちな行動は、叱りつけることですよね?

朝帰りは常識的な行動とは言えません。何の連絡もなしに朝帰りしてきたのであれば、感情的になってつい声を荒らげたい気持ちもあるでしょう。しかし、朝帰りをやめさせる方法としてはふさわしくありません

 

妻が旦那を起こるような家庭は旦那さんが帰りやすいとは言えません。帰りにくいと思われることは、むしろ朝帰りを増やしてしまう行動があります。前述のルールでがんじがらめにするパターンと一緒で、致し方ないと思われる理由を考えて朝帰りの言い訳にするのがオチです。

特に朝帰りが決まっているのであれば、帰ってすぐに怒られることはわかっています。たとえ、終電で帰れるとしても怒られると思うと帰るのが遅くなってしまうこともあります。そして、寝静まった頃にひっそりと帰ってくることでしょう。

 

感情的にならないように朝帰りをしたらご飯に連れて行ってもらうという軽いペナルティを課しておくという着地点が望ましいでしょう。なにか埋め合わせがあれば、自分も納得しやすいですし、今後も旦那さんが余計な気を使わなくてよくなります。なあなあに終わらせる必要はありませんが過度に反応して怒るのは控えましょう。

 

以前の朝帰りをいつまでも愚痴る

起こると同時にやってしまうのが、以前の朝帰りについて今後も延々愚痴ることです。

これをやってはいけないのは、なんとなく想像が出来ると思いますがついついやってしまう人が多いものでもあります。

 

具体的なシチュエーションとしては、朝帰りが多い夫と真剣に話し合った末、今後は控えてもらうことを約束したとします。それで両者納得したにも関わらず、旦那がまた朝帰りをしてしまった。これに対して「あの時もこうだった」「前にちゃんと約束したのに・・・」と過去のことを持ち出すことはNGです。

 

真剣に話し合ったにも関わらず、やってしまうということであれば本当にやむを得ない事情があるかもしれません。そこで、過去の話を持ち出して旦那を責め続けるというのはよくありません。一度決着のついた話は今後は持ち出さないというのが朝帰りだけではなく、夫婦の話し合いにおいては必要なことです。

旦那の浮気に悩んではいませんか?
浮気不倫でお困りであれば、探偵社に依頼をするのがベストです! 探偵社の証拠があれば、
  • 旦那との関係修復
  • 慰謝料の請求
  • 離婚・親権で有利にする
上記の事が可能になり、一人で進めるよりも浮気発覚後の選択肢が広がり、その後の生活を良いものにすることができます。 個人で考え込んでしまうと解決が進まず、離婚や慰謝料や夫婦関係の修復も全く成功しないことが多いです。 相談は無料で行えるのでまずは自分の悩みを相談して、どんな夫婦生活を送りたいのかを聞いてもらいましょう。 そして、そのための解決策を教えてもらうことができます。

<<旦那の浮気を無料相談する>>

 

 

旦那の朝帰りが浮気かどうかを判断する方法

朝帰りが仕事ではないケースですが、浮気をしているのか?

本当に残業や飲み会で遅くなっているのかはわかりにくいですよね?

 

そんなときは下記のチェックリストをみてください。

 

  • お酒の匂いがしない
  • シャンプーなどの香り
  • 女性物の香水の匂い
  • 身だしなみがかなり整っている
  • ポケットの中身のレシート(ホテルの領収書)
  • iPhoneやSuicaなどの位置情報

基本的に浮気で朝帰りをしている場合は、どこかに泊まっている可能性が非常に高いです。

なので、仕事で朝帰りをしているのであれば身なりが整ってたり、女性物の香水やシャンプーの匂いがすることはまずありえません。

 

そして、アプリなどでiPhoneやSuicaから位置情報を取得するという手もあります。

 

その方法については下の記事を参考にしてください。

参考パートナーの浮気を調べるときのアプリとは?おすすめの浮気調査法

 

浮気をしているのであれば、必ずどこかに痕跡があることは確かです。

あまり旦那さんを疑いたくないかもしれませんが、自分の家庭環境のためにも事実を確認して改善を促す必要があります。

 

他にも旦那さんの浮気を見極めるための手法が存在します。

 

場合によってはプロに相談

個人で浮気問題を解決するのもいいですが、とにかく早く解決しなければ浮気はやめさせられません。なぜなら、浮気というのは年月が経ってしまうと、浮気相手との仲がどんどん進展してしまうからです。

 

少しでも怪しいと気づいた時点で、浮気をやめさせるための策が必要になります。

 

余りにも浮気性がひどい、もしくは解決できないと思ったらプロに相談するというのも手です。

特に、浮気問題に関しては探偵社に依頼をするほうがいいでしょう。

探偵社は浮気調査というイメージがあるかもしれませんが、実際は浮気をした方・された方の関係修復を目的にしているところが多いです。関係修復にはきちんと浮気を発見するというのが前提になるので、いずれにせよ浮気調査を依頼することになります。

 

早期解決にあたってはプロというのは非常に頼りになる存在です。

女性に優しい探偵社としては、街角探偵相談所などのマッチングサイトで無料紹介してもらうのもいいでしょう。

詳しくは下記のHPをご覧になってください。
パートナーの浮気問題をプロに無料相談する

 

浮気関係なく、朝帰りを相談するのであれば夫婦カウンセラーに頼るのも手です。

日本には数多く夫の浮気に悩まされている妻がいます。夫婦カウンセラーであれば、他の夫婦がどのように問題を解決してきたのか、その実例を知ることができます。

過去の例からの具体的なアドバイスを聞けるので相談してみてもいいでしょう。ただし、単純に浮気問題やそれから派生した悩みを抱えているのであれば、探偵社に相談したほうが良いです。

 

まとめ

朝帰りには様々な理由がありますが、パターンは2つです。

 

  1. 仕事関係で帰りが遅くなる
  2. 浮気相手と一夜を過ごしている

 

このどちらかになります。

 

前者の場合は、やめさせるのはそんなに難しいことではありません。時間はかかるかもしれませんが、根気強く勤めれば必ず解決することができます。何よりも浮気問題を解決するには配偶者のアクションが不可欠になります。きちんと対処をしていけば、誰でも解決することができるでしょう。

 

後者の場合は、やはり第三者に相談するのが一番です。

その相談相手に適切なのは探偵社です。

 

もしパートナーの朝帰りが浮気かもしれないと思ったのであれば、探偵社の無料相談を利用してみてください。

 

パートナーの浮気・不倫でお悩みの方へ

浮気・不倫は、早期解決することが大事です。

放置しておくと、対処ができないほど問題が大きくなっている可能性があります。

例えば、浮気相手との関係がどんどん進んでしまい、突然に別れを切り出されることがあるかもしれません。
それほど浮気というのは早く解決しなければならないものです。
  • パートナーに不倫をやめさせたい
  • 浮気相手に慰謝料を請求したい
  • 不倫されたけど離婚したくはない
  • 2度と浮気をして欲しくない
 

そんな時はプロによる相談が不可欠です。

一人で悩んでいても一向に解決できません。
そして、プロに頼ったほうが解決も早く進みます。

まずは、無料相談で話だけでも聞いてもらうのも手です。 パートナーに浮気・不倫をやめさせる
夫・妻の浮気や不倫でお困りの方は、探偵社を利用しましょう!

浮気の証拠を掴み、離婚後の慰謝料や親権の取得を優位にすることができます。

おすすめの探偵

【街角探偵相談所】


街角探偵相談所

街角探偵相談所は、探偵と依頼人をつなぐマッチングサイトです。

専門のアドバイザーが予算や案件に応じて、100を超える探偵社の中から選んでくれます。

さらに「街角探偵相談所」を通して依頼をすると、すべての探偵社への依頼料が20~40%OFFになります。

見積もりは何度も何社でも無料でできます。
公式HPへ

詳細ページ

コメントを残す