妻であるあなたを差し置いて、女友達と遊びに行く旦那さんにお困りではありませんか?

会社の同僚や昔の同級生だからといって簡単に割り切ることは難しいですよね。

 

かと言って、放置しておくのも奥さんからしたらいいことではありません。

 

そこで、旦那さんが女友達と遊びに行く時に浮気や不貞行為にさせないための対策をお伝えしていきたいと思います。

 

既に旦那さんの浮気が発覚していて、現在進行形でお悩みの方は下記の記事を参考にしていただきたいと思います。浮気を反省させるための手段を解説しています。

参考旦那に浮気を反省させる方法~浮気させない女になるには~

 

夫・旦那はなぜ女友達とあそびにいくのか?

女友達と一緒にいるからといって全てが不純な交際としているというわけではありません。

中には、止むをえず女性と親しくしている人もいるでしょう。

 

旦那さんが女性と遊びに行く理由としてはこれらが考えられるでしょう。

 

仕事上の付き合い

旦那さんの職場、または取引先で女性は少なからずいるはずです。

 

営業職であれば、会社の内外で交友関係を広く円滑にしたいというのもあるので、飲み会などに顔を出しているうちに女性と仲良くなることはあるでしょう。

 

この場合は必ずしも浮気の危険性があるわけではなく、むしろ仕事のためと割り切って二人で会ったりしていることがあります。

 

しかし、全く警戒しなくていいわけではなく、仕事とは言え女性と会うことには間違いないので頻繁に会っているようであれば注意することも必要です。

なぜなら、恋愛関係に発展する可能性は否定できないからです。

 

特に、仕事上の付き合いであれば、相手のことを無碍にできないということもあります。

実際に好かれた方が仕事としては、上手くいくかもしれないので・・・

 

ただし、職場恋愛はW不倫になることも多く、関係が非常に複雑になり、修羅場になる可能性もあります。

既婚者同士の恋愛に発展すると、今後の旦那さんの会社生活に大いに支障をきたします。

 

共通の趣味がある

旦那さんがスポーツクラブに所属していたり、教室に通っているとその中にもやはり女性はいます。

そこで親しくなって、趣味友達になることもあるんですね。

 

実は、これは非常に警戒度の高いお友達になります。

 

共通の趣味があると人は少なからず好感を持つものですし、仕事の付き合いでもないので、嫌々会っているという可能性はほぼなくなります。

 

むしろ、共通点を持っている分、「奥さんよりも気が合うな~」「居心地がいいな~」と思ってしまうことだってあります。

 

そうなると趣味友達から「理想のパートナー」として認識してしまう可能性もあります。

共通の話があると会話も弾みますし、予想以上に親しくなってしまいます。

 

会話のネタや暇つぶしのため

時間が会社と家の往復がほとんどで刺激が不足すると、旦那さんも交友関係を広げたくなってしまいます。

話をする女性も奥さんだけだと会話のネタもなくなってしまって、物足りなさを感じてしまうこともあります。

 

そんな時にただの遊びのつもりで、昔の同級生や仕事上で関わりのある女性と会うことも男性にはあります。

 

要は、刺激を求めて奥さん以外の女性と会うということです。

旦那さんに完全に下心があるパターンなのでこれも警戒レベルは非常に高いですね。

 

もともと遊びグセがある

学生時代から女友達と遊ぶのが好きだったり、クラブやパーティーによく通う男性はいます。

いわゆる、チャラい男性ですね。

 

旦那さんがこのようなタイプであれば、非常に危険です。

なぜなら、根っからの遊びグセがある人間は浮気を悪いことだとも思わないからです。

 

あくまで自然に不貞行為ができてしまうということは、ひとりの女性の夫である責任感が持てないということなので、何度も繰り返してしまうこともあります。

 

かなり重度なタイプの浮気性を持っている場合は改善も難しいです。

改善するにしても、何年・年十年と時間がかかることになり、その間に奥さんも含めて不幸にする人を増やし続けてしまいます。

 

旦那さんが「浮気性かも・・・」と思ったら下記の記事を改善の参考にしていただきたいと思います。

参考【浮気性を治す方法全集】〜パートナーの不倫を止める手引き〜

 

実際に浮気に発展することはあるの?

女と会うにしてもどうせ友達でしょ?」と油断してしまうのもわかりますが、頻繁に2人きりで会っている場合は浮気の可能性が濃厚です。

 

なぜなら仕事であればしょっちゅう会いにいくのもおかしい話ですし、何より2人きりで会う必要は全くありません。

 

既婚者であれば、仕事関係とは言え女性と頻繁に会うこと自体は余計な誤解を招かないために避けたいのが自然です。

その中でも女友達と遊びに行くのは、何かしらの下心があるのは間違いないでしょう。

 

それにも関わらず、旦那さんが女性と2人で食事をしているのを見た、または聞いたというのであれば浮気の可能性は十分にあると思っていいでしょう。

 

また、そのお相手の女性も既婚者であった場合はW不倫です。

 

W不倫の場合、自分の家族と相手の家族、両方を巻き込んでしまうことになり、最も最悪のパターンといってもいいです。

その最悪の未来を招かないためにも、旦那さんが女友達と遊びに行くのが増えた場合は対策が必要になります。

 

旦那さんのW不倫については下記の記事で詳しく解説しています。

参考旦那がW不倫している!?奥さん達の解決マニュアル

 

奥さんたちの本音

あなただけではなく、女友達と遊ぶことに不満を覚えている人は多くいます。

 

「女友達といっても実際はどうだかわからない」、「何の集まりをしているのか心配」。

これが世の奥さんたちの本音ではないでしょうか?

 

正直浮気に繋がらなければ許してもいいかな?と考える人もいるでしょうし、浮気につながれば即離婚だという人もいるでしょう。

 

しかし、女友達に囲まれている旦那さんがいるという環境はいいものではありません。

どんなことになるかわからないし、何もないとしても不安でい続けなければいけない奥さんは精神的にも疲れてしまうでしょう。

 

心配してないなんて言いつつも、自分の目の届かないところで何をしているかわからない夫がいるのは容認したくないのが奥さんの気持ちでしょう。

 

あなたが女友達とよく遊ぶ習慣がある夫を持っている人のであれば、不安や怒りなどネガティブな気持ちになると思います。しかし、それは当然のことだと言えます。

女性は基本的に異性との友情は成立しないと考える人が多いです。

男女が出会う=恋愛という発想になるでしょうし、そう思われても仕方がないことを大人・既婚者であれば自覚をするべきことだと思います。

 

仮に浮気ではなかったとしても旦那さんの「何もない」の一言を信用できるでしょうか?

それはできないでしょうし、信用しろといっても無理な相談です。

 

男性でも奥さんが男友達と頻繁に遊ぶことをよく思う人はいません。

そんな不安を抱えているのはあなただけではなく、むしろ平然と異性の友達と遊びに行く旦那さんの責任感や道徳を疑う奥さんたちはたくさんいます

 

浮気上級者になると、その女友達をあなたに紹介をして安心させようとしてきます。

その人に会わせれば「そんな人と浮気はしないだろう」と思い込んでしまうからです。

 

不安に思う妻を尻目に平然と遊びを楽しむ旦那さんに思うところはあるでしょう。

許す許さない、浮気をしている・していない以前に、世間一般的に見て「異常な行動である」ということは少なくとも自覚してもらわなければなりません。

 

そこで、奥さんが今日にでもできる女友達との遊びをやめさせる方法も見ていただきたいと思います。

 

 

旦那さんが女友達との遊びをやめさせる方法

自分や相手の家庭のことも不安ですが、女友達に旦那さんを掠め取られるのは正直許しがたいですよね。

 

自分は旦那さんのために、家の諸々や子育てを頑張っているにも関わらず、その間に他の女性と親しくしているわけですから軽く水に流せるわけがありません。

 

「絶対に止めさせたい!」と考える人もいるでしょう。

 

そこで、以下に今日から使える旦那さんに対して女遊びをやめさせる方法を紹介していきたいと思います。

 

浮気に感づいていると思われないこと

大前提に、旦那さんが浮気をしていることを確信しているまたは旦那さんが浮気をしていることを疑っている、このことを旦那さんに知られないようにしましょう。

 

旦那さんに悟られてしまうとかえってストレスをかけてしまい、その憂さ晴らしに浮気をしてしまうことも考えられます。

 

自分のしていることが浮気につながる、これは是非とも避けたいですよね?

 

また、疑われていると思うと、証拠隠しを徹底して行い、自分が知らない間に浮気相手との中が進んでしまうという恐ろしい状況になってしまいます。

 

表立った動きはできるだけ控えるようにしましょう。

 

絶対に条件はつけておく

奥さんとしては一回でも女性と会って欲しくないかもしれませんが、ある程度のことを容認することも効果的です。

例えば、仕事上の付き合いがある場合は制限をしてしまうと、旦那さんの仕事の足を引張てしまうことにもなります。

 

あれもこれもダメというのは実際は逆効果を生みます。

 

しかし、すべてを容認することは歯止めがきかなくなり浮気を助長してしまいます。

そこで明確に条件をつけるというのをやってみましょう。

 

例えば、

 

  • 女性と会ってもいいが二人きりでは合わない
  • 絶対に終電で帰ってくる
  • GPSでの位置情報を開示してもらう

 

こんなルールを作っておくといいでしょう。

 

このように明確な条件を付けることにより、浮気をしにくくなります。

 

注意点はGPSによる位置情報の取得は旦那さんの合意がなければダメです。

法律に触れる行為なので、必ず本人に了解を得てください。

 

合法的なアプリなどを使った浮気調査については下記の記事をご覧下さい。

参考パートナーの浮気を調べるときのアプリとは?おすすめの浮気調査法

 

実際にやましいことがない限り、これらの条件を飲めるはずです。

 

かたくなに拒否されてしまったら、非常に危うい状態なので、「やましいことがないなら大丈夫でしょ?」とカマをかけてなんとか条件を飲んでもらいましょう。

 

お小遣いを減らす

金銭的に余裕があるからこそ、遊び歩いているということもあります。

 

実際に特別な趣味がなければ、男性は飲み歩くことも多いです。

お金があると使ってしまうのが人間というものです。

 

ですから、使えるお金を減らすというだけでもいい解決策になります。

お金が使えなければ、そもそも飲みに行こうとも思えません。

 

お小遣い制にしたり、貯金額を増やしてもらうことで、遊ぶお金を減らしてもらいましょう。

 

プロに相談する

自分で旦那さんの行動が怪しくなっていろいろ調べてしまい、とうとう浮気をしていると確信してしまうこともあるでしょう。

 

そこで、「もう離婚したい」「証拠を見つけて旦那と浮気相手に慰謝料を請求したい」などと思うでしょう。

 

だからといって、自分で何でもかんでも進めるのはオススメできません。

なぜなら、裁判で浮気の証拠となるものは意外とハードルが高いですし、慰謝料請求をするのもそんなに簡単ではありません。

 

本当に離婚の決意をして、慰謝料や養育費の請求をしたい場合はプロである探偵社に依頼をしましょう。

 

初回は基本的に無料で相談ができますし、探偵社の見つける証拠を裁判で使うと、請求できる慰謝料が倍以上違います。

 

万一、証拠が見つからない場合は相談料が無料になる探偵社もあります。

詳しくはこちらをご覧下さい。

信頼性の高いオススメの探偵社で無料相談

 

浮気が発覚したら即効で対策をする

もし、本当に浮気を発見してしまったら即効で解決しなければなりません。

 

悲しいことですが、自分が勘づく頃には既に女性と関係を持っている可能性も考えられます。

落ち込むかもしれませんが、なおさら早く解決しなければとんでもないことになるかもしれません。

 

「浮気の発見や対策が遅れる」ことは何を意味するのか?

浮気相手との仲が深まり、別れさせることや対処ができない状況になっているという危険性があります。

自分の知らないところで関係を深めていて、こちらが別れを切り出されてしまうこともあるかもしれません。

 

だからこそ、

  • 浮気を発見する
  • 浮気をやめさせる

これは早めに行う必要があります。

 

少しでも「怪しい・・・」と思ったら下記の記事を参考にして解決していただきたいと思います。

 

参考それって夫が浮気しているサインじゃない!?~旦那の不倫~

 

参考浮気を改善する8の方法!不倫を止めさせるにはどうする?

 

まとめ

旦那さんの遊びグセや非常識な行動は奥さんの努力なくしては治すことは困難です。

困難だからといって放置しておくと、ますます生活習慣が荒れていき夫婦仲も悪くなる一方です。

 

ここで試されることは毅然とした態度で、旦那さんの行動を窘められるか?ということです。

実際に問題があるのは旦那さんの方なので下手にでては改善ができません。

「問題行動を改めてあげる」くらいの気持ちで対応していきましょう。