パートナーである妻が浮気をしている!

そんな旦那さんにはある決断が迫られます。

 

浮気が衝動的なものなのか計画的なものかはわかりませんが、発覚したのであれば夫であるあなたもアクションを起こさなければなりません。

 

ここではそんな妻が浮気をした時に夫が取るべき行動をお伝えしていきます。

 

 

Contents

浮気問題は早期解決することが大切

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気はもちろん行けない行為ですが、時期によってはまだ傷が浅く済むかもしれません。

浮気といっても男女間の恋愛ですから、様々なパターンがあります。

 

  • 奥さんが気の迷いで一度っきりの過ちで起こしたのか
  • あなたと別れる決意が決まっていて計画的に浮気をしているのか

 

しかし、奥さんの気持ちが決まっているかいないかも重要ですが、あなたの幸せを思うと長らく騙されたふりをするよりも夫婦関係の今後を考えて早めに対処することが望ましいです。

 

妻の浮気を黙認するリスク

冷め切っている夫婦においては妻の浮気に気がついても「勝手にすれば・・」と放置することも珍しくないでしょう。

ですが、妻の浮気を見なかったことにする、黙認するのは実に危険な行為です。

 

なぜならば、女性の場合は浮気が遊びじゃすまなくなるケースがあり、ついには浮気相手との結婚まで考えてしまうことがあります。

 

浮気相手が既婚者の場合は、とんでもないことが起こります。

それは、浮気相手の妻が慰謝料請求をする可能性があるということです。

 

そうなると、責任はあなたにまで飛び火することもありますので、妻の浮気の証拠を抑えておいて、自分には責任がないことを証明するのが望ましいです。

 

W不倫は夫であるあなたも世間体的にも嘲笑の的になったり、好奇の目で見られてしまうかもしれません。

様々なリスクがあるので、妻が浮気をしていると気づいたのであれば、とにかくアクションを起こしましょう。

 

感情的に怒ってはいけない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらにせよ、夫であるあなたからすれば許しがたく、腸が煮えくり返る思いかもしれません。

しかし、激昂して妻や浮気相手に対して迫るようなことになると様々なデメリットがあります。

 

例えば、深刻な夫婦喧嘩をしてしまって関係修復が難しくなること、浮気相手と不貞行為を働いた証拠が手に入らなくなるなどといったことになります。

 

そうなると、夫婦関係を続けるという選択、離婚をして新たな人生を歩むという選択ができなくなるかもしれません。

 

難しいかもしれませんが、将来の自分のためと思ってグッと堪えて、冷静に今後の対処について考えましょう。

冷静になれば、順序だててこれからのことを計画することができますし、奥さんとの関係修復もしやすくなります。

 

それでも修羅場になる可能性はある

奥さんが浮気をしている以上、遅かれ早かれ奥さんとあなたが戦わなければならない場面が出てきます。

これは、浮気をやめさせる離婚をする夫婦関係を続けるように説得する、いずれの道でも起こり得る未来です。

 

しかし、対立したとしてもカッとなって奥さんや浮気相手に暴力をふるったり、感情的に問い詰めるなどをしてしまうのは得策ではありません。

 

浮気をしていないあなたがかえって立場が危うくなってしまいます。

 

今後どんなゴール(別れるor夫婦で居続ける)を進みたいのかをよく考えて、あなたの望む未来に向けて冷静に行動していきましょう。

 

 

そもそも何をしたら浮気?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、妻が本当に浮気をしているのか?というのを考えてみましょう。

浮気と一言で言っても、「〇〇をすれば浮気」という基準は人それぞれあると思います。

 

例えば、あなた以外の男性と2人っきりで会ったら浮気なのか、それとも肉体関係を持ったら浮気なのか、あなたにとっての「浮気」があると思います。

 

しかし、妻にとっての浮気はまた違うかもしれません。

 

肉体関係を持っていても「気持ちがなければ浮気じゃない」と言うかもしれませんし、キスをすれば浮気と認める人もいると思います。

「〇〇をしたら浮気」というのは、夫婦間でズレがあるかもしれません。

 

ただし、離婚を決意した時などには「法律で定義されている浮気」について知る必要があります。

法律で言えば、第三者と肉体関係を持つ行為が浮気とされています。

 

つまり、キスをしたりデートをすることが浮気と断定されるわけではありません。

 

妻との夫婦生活をどうするのかはあなた次第ですが、法律で離婚の正当な理由となる浮気を知っておくことは今後のために重要です。

それによって対処法も変わってきます。

 

浮気をされても気づかないのが男性?

一般的に男性は女性よりも浮気などの嗅覚が鈍いとされていて、浮気をされていても気づかないことがよくあるそうです。

 

そんなバレにくい浮気であるにも関わらず、夫が妻の些細な変化に気づくことがあります。

それが浮気の兆候なわけですが、なぜバレにくいにも関わらず、夫がふと「怪しい」と思ってしまう瞬間ができるのか・・・

 

実は、妻がわざと浮気を匂わせるような行動をするときもあります。

 

というのは、女性は浮気の事実を少しだけちらつかせることで、「相手が自分に関心があるか」を確かめたり、自分を大事にしてくれない夫への「あてつけ」でさりげなく不満をアピールすることがあるからです。

 

そんな中、カンが鈍いはずの男性が「あれ?これ浮気か?」と思ったら間違いなく浮気の事実があるといっても過言ではないでしょう。

 

しかし、女性もバカではありません。

 

浮気を匂わせるような行動をしても決して足をつかせません。

実は男性よりも浮気のアリバイ作りやポーカーフェイスが上手いのも女性の方です。

 

なので、まず「正攻法」で相手を問い詰めたとしても太刀打ちできません。

特に、全く物的証拠がない場合は、うまく言いくるめられて終わる可能性があります。

 

妻が浮気をしている、かつ証拠が何もないのであればきちんと対処法を考えておく必要があります。

 

今後どうしたいのか?あなたが取れる2つの選択肢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気した妻への対処の前に、上記では最低限知っておくべきことを書きました。

その次に考えなければいけないのが、その対処方法についてです。

 

そして、あなたが取るべき対処法は今後奥さんとどんな関係になりたいのか、それを踏まえて対処していく必要があります。

 

そこで、どんな選択肢があるのかというと・・・

 

  • 夫婦の関係を今後も続ける
  • 離婚をする

 

この2つの選択肢があなたにはあります。

これは正直自分次第なので、今後の自分の将来を考えた上で決断してもらいたいです。

 

では、次にこの対処について具体的な方法を解説していきます。

 

妻の浮気への対処法~夫婦生活を続ける場合~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻の気持ちを確かめる

夫婦生活を続ける場合は、お互いが夫婦で居続けたいと思っていなければ話になりません。

どちらか一方が別れたいと言い出したら、夫婦生活を続けるのは無理だといっていいでしょう。

 

きちんと話し合いをして、その結果妻はあなたと夫婦生活を続けたいという意思がはっきりすることが関係修復を図る大前提です。

 

浮気をされたことを忘れる

難しい話かもしれませんが、妻との関係を続けたいのであれば浮気をされたことに対してのわだかまりを捨てることが大事です。

奥さんが浮気を深く反省しているのであれば、すっかり忘れて、その後に口論があっても浮気の話を持ち出して揉めるなんてことが日常的に起こってしまいます。

 

それは奥さんからしたら苦痛でしかなく、遅かれ早かれ奥さんとは別れる羽目になります。

 

一度、許したのであれば、浮気をした過去のことは忘れてしまいましょう。

 

浮気相手にも念を押す

浮気相手にも会ったほうがいいですね。

浮気は再犯率が高く、浮気相手にも二度と浮気をしないように念を押しておく必要があります。

 

浮気の証拠を持っていたり、浮気を本人が認めているのであれば、妻と二度と合わないと誓約書で約束させたり、浮気相手の間男に対して慰謝料を請求することができます。

 

実は、妻には請求しないで浮気相手に慰謝料を請求することができるので、浮気の再発防止とともに迷惑料を受け取っておきましょう。

 

妻や自分のために心の整理をする時間を設ける

妻の浮気からひと悶着ありました。

その後、これまでと同じように妻に接する自信はあるでしょうか?

 

おそらく難しいと思います。

そして、それは奥さんも同じことです。

 

やはり、元の関係性に戻るためには少なからず時間が必要です。

特に女性は時間を要するでしょう。

 

関係修復をするにはそんな妻に対して、積極的にフォローしていくことが大事です。

結果をすぐに求めず、時間をかけて夫婦仲を修復していきましょう。

 

浮気の再犯を防ぐ方法

あなたが妻との関係修復をしようとしたり、または成功したあとに浮気が再犯してしまえば苦労が全て無駄になってしまいます。

 

浮気というのは中々辞めることができない女性もいるので、その後も油断せずに対策をしていきたいところです。

 

感謝や愛情を言葉に出して伝える

男性は愛情や感謝を言葉にしてストレートに伝えるのをおろそかにしがちです。

むしろ、このような言葉がなかったために妻が寂しさを感じたり、「大事にされていない」と思ってしまい浮気に走っているのかもしれません。

 

「言わなくても伝わるだろう」とは思わずに、きちんと言葉に出して愛情や日頃の感謝を、些細なことでもいいので伝えるようにしましょう。

 

妻を女性として意識する

結婚生活を長く続けていると、旦那さんから見れば妻は一人の女性から母親になることがあります。

そうなると、女性として意識することなく、単なる家庭の役割としての夫婦になってしまいます。

 

それが良いという女性もいますが、浮気をする妻は女性として扱われたいからこそ浮気をするんです。

 

露骨でも女性として扱い、「かわいい」「綺麗」と言われるだけでも嬉しいものです。

ひとりの女性として接することで浮気の防止をすることができます。

 

誓約書を書かせる

強引な方法ですが、浮気発覚後に奥さんに誓約書を書いてもらうことで浮気の再発を防ぐことができます。

 

「浮気相手の男とはもう会わない」「二度と不貞行為はしない」と約束事をさせて、破った時のペナルティをはっきりさせれば、浮気を繰り返すことはないでしょう。

 

無理やり書かせることは強要罪になりますので、反省しているのであれば提案して書いてもらうなどしましょう。

 

妻の浮気への対処法~離婚をする場合~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

離婚の準備を進める

離婚は心身ともに労力を使うものです。

なので、離婚をしたいのであれば、改めて決意を固めなければいけません。

 

特に、浮気をしたけど「離婚はしたくない」という身勝手な妻を相手にするのであれば、非常に大変な離婚になります。

 

離婚には様々な公的な手続きが伴い、財産分与離婚後の住居子供の親権養育費子供の学校などの問題を処理する必要があります。

自分自身の手続きだけではなく、子供がいた場合は子どもに関わる公的な手続きを行わなければなりません。

 

それに備えるためにも、心の準備は少なくともしておきましょう。

 

慰謝料を請求する

浮気をしたペナルティとして慰謝料を請求することができます。

慰謝料請求は浮気相手だけではなく、妻に請求することもできます。

 

ちなみに、浮気の慰謝料請求の方法は、

  • 証拠を手に入れて浮気を認めてもらい、慰謝料の支払いに同意してもらう
  • 同意しない場合は法的処置を取り支払いをさせる

この2つがあります。

 

慰謝料の相場は、妻の浮気を証明する証拠の能力の高さによって、50万円~300万円と幅広いです。

 

あなたが請求した金額で妻が同意して支払うのであれば、法的に揉める必要はありません。

しかし、何百万円も請求されるとしたら、基本的にはゴネます。

 

そんな時は法的処置によって、慰謝料を払わせることができます。

 

浮気の証拠を集めよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慰謝料を払わせたいのであれば、浮気の証拠は絶対に必要です。

ですが、どんな証拠が慰謝料請求に必要なのかを考えなければなりません。

 

以下が慰謝料請求には必要な証拠になります。

 

慰謝料請求に使える証拠

  • ラブホテルに浮気相手と複数回出入り写真
  • ラブホテルに40分以上滞在した証明
  • 不倫の場合、5回以上自宅に出入りしている写真・動画
  • 本人による自供の録音

 

浮気相手と肉体関係を持っているか?

また、持っていると確実に疑える証拠が必要です。

 

一方慰謝料請求には意外と使えない証拠も見てみましょう。

 

慰謝料請求で役に立たない証拠

  • 浮気相手とのメールやラインでのやり取り
  • 夫と浮気相手のツーショット写真
  • 浮気相手との通話履歴
  • プレゼントを買ったレシートや領収書
  • 非合法なやり方で手に入れた証拠

 

慰謝料請求で必要になる証拠は、確実に浮気を証明する物的証拠でなければなりません。

 

ラブホテルのレシートや領収書は、物的証拠かもしれませんが調停で使える証拠にはなりません。

言い逃れの余地がない証拠がふさわしいということです。

 

使えない証拠とは、なんとか言い逃れができてしまうような証拠のことです。

 

自分で浮気の証拠を手に入れるのは難しい

浮気の証拠を集めるのであれば、自分でやることはあまりお勧めできません。

なぜなら、個人による浮気調査には次のようなリスクがあるからです。

 

妻に気づかれる可能性大

浮気調査は、一度調査が疑われてしまうと、妻も証拠をひた隠しにしてしまいます。

そうなってしまうと今後浮気の証拠をつかむことが難しくなってしまいます。

 

特に女性の場合は、証拠を隠したりポーカーフェイスがうまいので、一度失敗すると今後証拠を手に入れられる可能性は格段に低くなります。

 

精神的に辛い作業

さらに、浮気の証拠を掴んでいくのはあまりに精神的に辛い作業です。

あなたの奥さんが他の男性と関係を持っている事実にあえて向き合わなければならないわけです。

絶対にいつもと同じように接することは難しいと思います。

 

技術や知識の欠如

また、ここまで能力の高い証拠を掴むには、尾行などの技術に長けていなければ難しいです。

 

例えば、自宅から仕事に行ったフリをして妻を尾けるとして、絶対に最後まで妻にバレない自信があるでしょうか?

 

そして、浮気調査を素人が行うと、知らずに法律に違反をする行為をしてしまう可能性があります。

どんな浮気調査が合法的なのか?を知らないので、個人の調査はかなり危険です。

 

時間や物理的に難しい

普段、仕事をしている人であれば、一日のほとんどは会社で過ごしたり、夜まで仕事しています。

そうなると、出かけた妻を尾行して写真や動画で証拠を取得するのは無理でしょう。

 

浮気調査のほとんどは一日作業です。

それも数日間に渡って時間を割かなければいけない可能性が高いので、物理的に浮気調査をすることは不可能でしょう。

 

プロである探偵に浮気調査を依頼しよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確実に浮気調査を成功させたいのであれば、プロである探偵に依頼をするのが無難です。

探偵は浮気の証拠を掴むという点では、誰よりも能力のある職業です。

 

そして探偵社に依頼をすると次のようなメリットがあります。

 

今後の将来設計も相談できる

探偵は何も浮気の証拠を掴むだけの職業ではありません。

今後自分は妻とどうなりたいのか?を考えた上で様々な提案をしてくれます。

 

妻の浮気が発覚したら様々な状況が存在すると思います。

 

  • 妻の浮気を黙認する
  • 妻の浮気を許しても心の整理ができない
  • 妻は許せても浮気相手は許せない
  • 妻や浮気相手、どちらかに慰謝料請求したい
  • 妻にも浮気相手にも慰謝料を払ってもらいたい
  • 妻と離婚をしたい
  • 妻と夫婦生活を続けたい
  • 浮気の事実をなかったことにして夫婦の関係修復をしたい

 

上記の中であなたがどうしたいのか?によって、やらなければいけないことが変わりますよね?

これらのどの状況にも探偵はあなたの相談にのり、適切な回答とサポートをしてくれます。

 

確実な証拠が手に入る

「自分では浮気の証拠が手に入らない」「使える証拠かわからない」

こんなことは多々起こります。

 

探偵が用意する証拠は、裁判でも能力の高い証拠とされていて、ほとんどのケースで慰謝料請求することに成功しています。

 

確実に決定的な証拠を得たいのであれば、探偵に依頼をする方が、面倒な手段をとらずに済みます。

さらに、慰謝料を確実に請求できることを考えれば、自分で調査するよりもトータルコストは安く済みます。

 

探偵の料金相場については下記の記事を参考にしてください。

探偵と興信所の調査内容と費用について解説します!

 

弁護士の紹介をしてもらえる

あなたは離婚の決意をしているのに、妻は離婚をしたくないとゴネることがあるかもしれません。

こうなると、離婚を成立させるには大変な手続きを踏む必要があります。

 

しかし、探偵社に頼ることでそれは解消されます。

 

探偵社には必ず浮気や離婚問題に強い弁護士の存在があります。

浮気調査をしてもらい、その後揉めそうなので弁護士を依頼したいというのであれば、事がスムーズに進むのも探偵に依頼する魅力の一つです。

 

弁護士がいれば、大抵の法的な手続きを相談することができます。

 

それは、浮気の慰謝料や離婚の問題だけではなく、財産分与、離婚後の住居、親権、養育費など離婚後に待っている様々な問題を解決してくれます。

 

あなた一人でこれだけのことは流石に処理できません。きちんと法律の専門化に頼った方がいいでしょう。

 

探偵が行う浮気調査の流れとは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の理由から、浮気の証拠取得には探偵に依頼するのをオススメします。

探偵に依頼をするときに、初回の無料相談を受けて今後の流れを話し合います。

 

そこで、実際に浮気調査を行うときの流れをお伝えしていきます。

 

探偵が行う浮気調査とは?

探偵に調査を依頼すると、妻がラブホテルに浮気相手と入っている写真を撮り、その際に妻の顔まで映るような絶妙なアングルの写真を手に入れることができます。

 

このような写真を自分で撮るのは非常に困難ですが、探偵に依頼をすれば難なく証拠を取得することができます。

 

さらに、浮気相手にも慰謝料請求するのであれば、浮気相手の名前、住所を特定しなければなりません。

あなたが浮気相手にも慰謝料を請求する場合、探偵は浮気相手の情報まで特定し慰謝料請求に必要な証拠と情報を手に入れることができます。

 

個人で調査をすると、流石に浮気相手の情報まで取得するのは難しいので、探偵社に依頼をして両方に慰謝料を請求できるようにしておきましょう。

 

あなたの事前調査も無駄ではない

探偵も何も情報がなければ1から情報を取らなければなりませんが、あなたは妻の大体の行動は把握してますよね?

 

探偵に証拠の取得を依頼するときに、妻の行動パターンやその日に来ている服装、特徴などを事前に伝えておきましょう。

 

それによって、探偵の張り込みや尾行も活かされ、調査に必要な日にちも短く済ますことが出来るため、調査料金も安く抑えることができます。

 

できるだけ、妻のスケジュールや特徴をわかりやすく伝えたり、顔写真を渡したりして探偵の調査を手助けしましょう。

あなたの持っている情報を使う事によって、探偵も素早く証拠を手に入れることができますし、調査に関わる費用を抑えることができます。

 

まとめ

以上が妻の浮気に対する対処法の全てです。

 

あなたが取れる主な選択肢は2つ。

  • 離婚をする
  • 関係修復をする

 

この2つはまるで違うものですが、いずれにせよ探偵を頼る方がいいでしょう。

探偵は浮気や離婚について相談に乗るわけではなく、妻が浮気をした後の関係修復の方法まで相談に乗っています。

 

何事もプロに頼るに越したことはありません。

一人で抱え込まずに身近な人やプロを頼って、夫婦の問題を解決していきましょう。