【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

ハイステータスとしての代表職業、医者。

反面として、非常に浮気が多い職業の1つとも言われています。

今回は、そんな医者の浮気とその対策についてまとめてみました。

医者は日本では特に不貞行為を働きがちな職業としてよく知られています。

 

「医者に対する偏見なのでは?」と思うかもしれません。ただ事実として浮気が多いのは確かです。同様に旦那さんの浮気に既に悩んでいる方も多いと思います。そんなときは下記の浮気防止策を参考にしていただきたいと思います。

参考旦那の浮気を防止しよう!今からできる予防策

 

医者の妻は夫の浮気による悩みが尽きない

医者というのは一般的に収入が多い。

ハイステータスな職業として見なされています。

そんな医者の奥さん。もしかしたら「羨ましい」と思う人も多いのではないでしょうか?

しかし、医者の妻は人にはいえない悩みを抱えている人も多いです。

 

それは、どんな悩みなのか?医者である旦那さんの浮気・不倫です。

医者の奥さんになる人は、ある程度ご主人の浮気は覚悟しなければならないんですね。

実際に医者というのは浮気の多い職場なのか?

それを見ていきましょう。

医者の妻たちの反応

どれだけ医者の奥さんは同じ悩みを抱えていると思いますか?

実は意外と多いんです!

そのことは以下のネットで上がっている声を見ていただければすぐにわかります。

 

①「浮気しやすい環境もあると思います。
お金あるし病院勤務なら泊まりの言い訳もしやすいし。
今は携帯もあるから家族が職場に電話も余程じゃないとしないし。
お小遣い制で奥さんが安心してても患者さんからの御礼もあったりで…」

 

②「医者っていうか、男は稼いでる人程浮気するっていうデータがある。
医者は給料がいいから、必然的に浮気してる割合も高くなると考えられるかも。

反対に女は夫の稼ぎが悪い程浮気する。

結婚はお金。統計的事実。」

 

③「医者っていうか、男は稼いでる人程浮気するっていうデータがある。
医者は給料がいいから、必然的に浮気してる割合も高くなると考えられるかも。

反対に女は夫の稼ぎが悪い程浮気する。

結婚はお金。統計的事実。」

引用:お悩み掲示板

https://onayamifree.com/threadres/1016626/

 

浮気率の全体で4割~5割といわれてますね。

医者は、異性との出会いも多く、執刀医など、普通のオジサンでもとてもかっこよくみえるそうです。

となると、医者の浮気率は全体の浮気率より高いと思いますね。
浮気するにもお金がいります。金銭面は恵まれてますね。
社会的に地位のある職業についてさらにがんばるのも、女性にもてたいという思いもあってのことと思いますね。

引用:Yahoo!知恵袋

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11156984236

 

やはり、探せば探すほど医者の浮気で悩まされている奥さんはいます。

表に出てきてないものを含めれば、数え切れない程あるでしょう。

 

さすがに浮気をする可能性が高いと言われれば、正直不安になります。

しかし、慰謝は誰もが浮気をするとは限りません。

 

医者の浮気や不倫は本当に多いのか?

医者はその憧れや年収の高さ故、モテる職業というイメージがあります。

そのため浮気・不倫問題と結びつけやすいです。

ただ、医者の浮気を疑うのは、多少の偏見もあるかもしれません。

医者だからといって直接浮気に結び付けられるわけではないですし、現に浮気をしない人もいます。

すべての医者が浮気をするわけではない~浮気をしない医者とは?~

医者といっても全ての医者が不倫をしているというわけではありません。

それには、次の理由があります。

ハードスケジュールで暇がない

開業医はともかく、大学病院に勤めている医師はとても忙しいです。

患者への対応や論文の作成。とにかく仕事に時間を取られてしまいます。

 

医者にも定時というものは存在します。ですが、病院は24時間開いています

もし、急病人でもいようものなら、おいそれと帰ったりということもできなくなります。

しかも、急患が来てしまった場合、否が応でも仕事をしなければ、人の命に関わります。

ブラック企業ほどの忙しさ。とても浮気や不倫をする暇がない人は確かにいます。不倫をする人は少なからず自由に使える時間は必要です。浮気をする暇がない医者であれば、浮気しないこともあります。

医師になるのは大変ゆえに真面目な人が多い

国家資格を取る必要のある職業の1つに医師がいます。

医師に偏見があるのは、誰にでもなれる職業ではないという憧れもあるでしょう。

当然、医師を目指す若者にはたくさんの苦労が強いられます。

中途半端に目指してなれるものではありません。

それでも人の命を助ける職業につくわけですから、基本的には真面目な人が多いです。「浮気なんてとても考えられない!」なんて人もいるでしょう。職業柄多いことは確かですが、浮気をするかどうかはやはりその人次第になります。

 

それでも医者の浮気が多いのは事実!その理由とは?

確かに医者の全てが浮気をするわけではないのは当然。

ですが、それでも浮気をしやすい職業であることは確かです。

それは医者をパートナーに持つ人は心当たりがいくつもあるでしょう。

「なぜ医師の浮気は多いのか?」という理由も見ていきましょう。

医者が浮気・不倫をする5つの理由

医者がなぜ、浮気・不倫をしやすいのか?

それには主に5つの理由があります。

①収入が多いから

一般的なサラリーマンの平均年収は400万。実際に結婚して子供がいるのであれば、金銭的に浮気をする余裕がないでしょう。一方、医者の年収は1000万円を得ている人も多い。

何かとお金のかかる浮気も金銭的な心配は全くありません。

 

むしろ、お金があるからこそ、浮気という名の遊びにはまってしまう医者も多くいます。

普通の人では軽々浮気なんてできない。しかし、思い切って浮気をすることができるポストにいるので、手を出してしまうのは時間の問題かもしれません。

②女性から寄ってくる

医者という職業は女性から見るととても魅力的。

毎年、女性が憧れる男性の職業ランキングでは確実にトップ3には入っています。

やはり医師の経済力の高さは昔から有名な話。なので、それだけでも女性から見たらとても魅力的ですよね?

経済的な理由から医者の妻になりたい人も多いはずです。

 

つまり、女性からの積極的なアプローチは日常茶飯事。真面目な人でもつい魔が差してしまう職業でもあります。

既婚者でも医者と聞けば興味本位で付き合いたいという女性も出てきます。愛人になれば、その医者の恩恵に預かれるかも知れないので、結婚をするつもりがなくても近寄ってくる女性はいます。

③ストレスが浮気を誘発する

浮気の原因は生理的な欲求からではなく、生活のストレスからくることが多いです。

職場である病院で、あまつさえ人の生死に常に関わり、職場内の上下関係などに悩まされているので非常にストレスが溜まりやすいです。

病院ではそんなストレスを抱えた職場の人達。病気やケガで精神が荒んでいる人たちもいます。

何かと気疲れをしてしまう職場であることは確かです。

そのストレス発散の一環で浮気をしてしまう可能性があり、同じ病院に勤めている看護師もストレスから医者と浮気するケースも珍しくありません。

④学生からの環境変化

医者になる人は学生の頃は勉強勉強で、ドラマで描かれるようなキャンパスライフを送ってはいません。

その人が医者になり、生活も落ち着いてくると反動で異性と派手に遊んでしまう傾向があります。

我慢を積み重ねて、いざ自由になってしまうことで歯止めが効かなくなるようです。

 

このように、医者全てが浮気や不倫に関係しているわけではありませんが、浮気をしやすい環境というのはわかると思います。この仕事環境もあり、医者が浮気をするケースが多くなっているのでしょう。

⑤女性が多い職場

社会的にステータスがあり、収入が多い職場が数多く存在します。

しかし、医者が特別に浮気が多いのは、病院という職場も関係します。

病院は職場の男女比で言えば、女性の割合が多いです。普通の会社では、男性の割合が多いのは当たり前。

女性の従業員が多いのは、アパレルなど業界によって違います。

一般的に女性が多い職場ということで、女性との出会いが数多くあります

 

女性が少ない職場というのは、周りと奪い合い。興味がなければ単なる仲間として認識します。しかし、女性が多いので1人や2人タイプの女性がいたとしてもおかしくありません。

モテる職業な上に女性と話をする機会も多い

他のモテる職業よりも医者は浮気をしてしまう確率が高くなります。

 

夫が浮気してしまう夫婦の特徴と改善方法とは?

旦那が浮気をするということは夫婦関係に問題がある可能性があります。

浮気は性欲からくるとストレートに考えてしまうかもしれません。

ですが、実は内面の問題や妻との関係性に悩んだ末に浮気をしてしまうケースが多いです。

夫が浮気をしてしまう夫婦の共通点は主に4つあります。

①褒めない・認めない・聞かない

家ではあまり話をしない夫。

だとしても、褒められたり話を聞いて欲しいという欲求があります。

ある意味このような基本的なコミュニケーションは、性生活よりも男性は求めていることは多いです。

 

浮気の理由の大半は、「寂しさ」。このような基本的なコミュニケーションが、その心の寂しさを埋めるのに大いに役に立ちます。家であまり旦那さんの話を聞いてあげる・褒めるという機会。

これを作っていないのであれば見直していく必要があります。

②子供優先の生活をしている

女性は結婚と同時に既婚者であるという自覚をすると思います。

しかし、もっと大きい心境の変化が起こる時期があります。それは子供が生まれた時です。

子供が生まれると「母親」としての気持ちが強くなります。

今までは、夫や自分が優先順位の一番だったのに出産を期に子供が一番になることがあると思います。

 

それは決して悪いことではありません。だが、時には旦那さんと触れ合うことも必要です。

子供が優先だとしても、子供6:旦那4くらいの割合で優先順位を設定しましょう。

意識を少し変えるだけでいいので、実践してみていただきたいと思います。

③セックスに応じない

奥さんがセックスに乗り気でない夫婦も、後々ギクシャクすることがあります。

あなたとしては「少し疲れているから」「なんとなく気分じゃないから」と軽い気持ちで断っているかもしれません。

しかし、実際にセックスを妻に断られるというのは非常に旦那さんを傷つける行為です。

 

男として恥ずかしいという部分もありますし、単純に断られたのがショックで妻に対して疑心暗鬼になります。

「俺のセックスを拒むのは他にも男がいるからじゃ・・・」と浮気をされているかもという被害妄想から、腹いせに自分も浮気をするケースもあります。

セックスレスであるというのであれば、それは解決しておきたい問題です。

下記に記事を参考にしてセックスレスの解消を行ってみてください。

参考夫婦がやるべきセックスレスの解消方法

④コミュニケーションの時間がない

恋人である期間よりも夫婦生活が追い越してしまう。

そんな日がいつかは来てしまうでしょう。

そうなるとマンネリ化を勝手に感じます。そして、夫婦で共有する時間を減らしてしまうことがあります。

そもそも夫婦で会話をする時間が目に見えて減っているのであれば、改善することが必要になります。

 

夫婦でコミュニケーションの時間をつくることをルール化。

ギクシャクした関係を解決するのがいいでしょう。例えば、一日30分、難しければ10分でもいいです。「会話をする時間をつくる」夫婦間の決まりごととして決めてみるのも1つの手です。

⑤価値観の違いを受け付けない

異なる男女が夫婦で一緒になった。だからといって、価値観が似ていたり同じということはありません。

人間1人に1つの考え方があり、夫婦になってもそれは変わりません。

その価値観の違いを頑なに受け付けないのは問題です。

 

相手に自分の価値観を押し付けるというのは身勝手なこと。

そして、価値観とはその人が長い人生で形成されたものです。

相手と自分の価値観を同じにしようとしても、基本的に失敗します。なぜなら、急に変えることはできないから。その身勝手さに旦那さんも嫌気が差します。そして、「なんで分かってくれないの?」とこちらも感情的になってしまうというのはよくあります。

このような夫婦は徐々に夫婦仲が悪くなり、旦那に他の女性に走られるという結末が見えます。

子育てや家事などで、夫婦で意見が分かれる場面が数多く存在すると思います。

そこで、ある程度相手の考えも認めることが大切です。

 

医者の浮気相手の特徴とは?

医者の浮気には女性も特徴があります。

医者である夫が「浮気相手に選ぶ女性たちとはどんな人なのか?」を見ていきましょう。

医者(同業者)

医者が浮気をするのは看護師と思うかもしれません。

ただ、同じ医者である可能性も同様にあります。

男性医師と女医の恋愛は、よくあることだと言えます。看護師と違って同じ職種ということもあり、悩みやストレスを共有しやすい。さらに、同じストレスを抱えるものとしての仲間意識があります。

お互いにそのストレスのはけ口になり得るのは言うまでもありません。

 

不倫は職場がダントツで多いです。共通点が何よりも浮気のきっかけであるというのは間違いありません。学会などもあるので接点も何かと多いです。

そして、男性医師だけではなく女医も同様にハイステータスで遊びグセがついている人も多くいます。

女医からしても男性医師は遊び相手としてはちょうどいい相手でしょう。

看護師

同じ職場なだけあって看護師と浮気する医師は多いです。

女性からしても年収の多い医者と付き合えるチャンスなので積極的に声をかけるかもしれません。

浮気の原因はストレスの他にも、環境を共にしていると親近感を抱きやすく浮気をしやすいということが原因になります。

そのため、ストレスの多い職場に勤めている。なおかつそのストレスを共有している看護師が一番浮気相手の対象になりやすいです。

そして、夜勤などで2人きりになれる機会もあるので、環境としては非常に親密になりやすいです。

高級クラブの店員

お金に余裕のある医者は、高級クラブやラウンジなどに遊びに行きます。

そこで店員の女性と不倫関係に陥ることも・・・

なぜ医者がホステスと仲良くなりやすいのか?

それは医学会が非常に狭い世界だという理由があります。実は、極端に交流関係が狭いのも医者という職業の特徴の1つです。職場か遊んだ先での女性との出会いを大切にします。

それ故にラウンジの店員と不倫に発展してしまうのでしょう。

浮気相手は同業者・同じ職場が多い

医者は忙しい、閉ざされた業界。

この職業の特徴から医者は同じ職場や業界内で浮気相手を見つけることが多いです。

そして、医者も出会いが貴重であることがわかっている。

だからこそ、同業者内でのコンパや合コンなど異性と遊ぶ機会を積極的に作ろうとします。

 

自分は結婚をしているとしても、お世話になった先輩・先生などが合コンなどを開くと付き合い上行かざるをえないというような状況もあります。

必然的に出会いが転がり込んでくることが医者が浮気をしてしまう理由にもなります。

医者の浮気相手は幅が広い

上記の異性とは、確かに浮気相手になりやすい女性像です。しかし、前述のとおり、医者という職業上異性から魅力的にみられるということがあります。

つまり、機会次第では業種関係なく恋愛関係に発展してしまうかもしれません。

特に昨今の浮気事情を見ると、職場不倫に次いで多いのが同級生との不倫です。

仕事によって出会いがないとは言いますが、同級生は元から出会っているので会うハードルは非常に低いです。

 

同級生と同窓会で再会。意気投合して不倫をするというパターンは、医者でなくてもよくある話です。

女性から見れば、昔の気になっていた同級生に再会した。

更に医者というステータスを持っている。その人と同窓会などで再会した時は、「チャンス」と思っても不思議ではありません。

同窓会不倫の実情については下記で詳しく解説しています。

参考旦那が同窓会をきっかけに浮気?実は不倫の温床になっている!

探偵さがしのタントくん

 

医者の浮気はたちが悪い!医者にとっての浮気とは?

他の職業よりも浮気に発展しやすい医者ですが、実は会社員が浮気するよりも始末に負えない状況になることも多いです。医者の浮気は他の職種の人のとは違いがあり、それが奥さんにとっては非常にタチが悪いです。

医者の浮気にはどんな落とし穴があるのか?という点も見てもらいたいポイントです。

仕事という言い訳が通用してしまう

会社員が浮気をする場合は、基本的に嘘をついてデートや密会をします。

一番多く使われる言い訳が、「仕事」です。

しかし、会社員が何度も残業や出張、休日出勤をしていたら奥さんもさすがに感づきます。

確信まではいかないが、「ひょっとして浮気かも」と感じることもできると思います。

 

しかし、医者の場合はそうはいきません。急患土日の出勤はたまた学会出張なんてものがあります。

つまり、常に急な予定や外出の予定が入るので、仕事を言い訳にしても妻はあまり違和感を感じません

まさに浮気に適した生活スタイルを手に入れていると言っても過言ではないでしょう。

 

学会出張と称した不倫旅行をしている医者もいるくらいです。医者が仕事で出かけると言われてしまえば、奥さんは人の命に関わる仕事なので、下手に疑ったり愚痴を言うこともできません。それに託けて浮気・不倫を楽しむ人も・・・。

派手な女遊びを覚えてしまう

医者は女性から寄ってきてしまう。基本的に自分から気に入られようとしなくてもモテます。

しかし、自分が特別何もしていないにも関わらずモテてしまうことによって、不倫旅行を日常の一環でやってしまいます。そうなると、旅行などにとどまらず、愛人も複数抱えているケースも少なくありません。

 

院長クラスのお金を持っている人。お金に物を言わせて女遊びや豪遊をすることもあります。それにつられた夫が変な遊び方をしてしまうかもしれません。世間との間にヅレがあるので、妻も改善方法がわからないことが多いのでタチが悪いです。

特に医者は現実問題、浮気が多いのは事実です。

そんな先輩・上司たちを変に見習ってしまって「自分もやらなきゃ!」と思ってしまうというパターンもあります。

 

周りがやっていることをやらないと、「周囲から浮いてしまう」「職場に馴染めてない」「このままじゃいけない」と思ってしまうのは、日本人ならではの特徴でしょう。

周りの環境がご主人に浮気をさせてしまうこともあります。

不倫はステータス、遊びと認識する節がある

医者の業界や仲間内などでは、不倫を一種のステータスにする風潮があります。

不倫は誰でもできるわけではありません。

金銭的と時間的に余裕があることが大前提です。

何よりもモテなければ不倫をするなんて出来ません

普通ではない、成功者として認識する人もいるので、周りからそう思われるために不倫や浮気をしてしまうこともあります。これは、経営者が浮気をしやすい理由と同じです。

 

さらに、浮気を問題として認識していない人もいます。

あくまで遊びで済州駅に結婚なんてしないから、「大きな問題にならないだろう」と軽はずみに考えてしまう旦那さんも多くいるでしょう。

だからといって、もちろん浮気はいけないことです。浮気によって一番怖いのがダブル不倫になってしまうことです。

そうなると、自分の家族だけではなく、浮気相手の家庭も崩壊させてしまいます。

遊び感覚で家庭を引っ掻き回されるのは溜まったものでは足りません。

浮気相手が本気になるケース

医師は遊びとして不倫を行うことが多いです。

ただ、浮気相手まで割り切った付き合いのつもりで不倫をしているとは限りません。

 

なにより医者は女性から見て非常に好条件の結婚相手。

なので、「奥さんと別れて自分と結婚して欲しい!」という人も少なくないでしょう。

医者の高ステータスは日本中が知っていると言っても過言ではありません。

だから、可能性としてはありえない話ではありません。

 

浮気相手が本気であれば、医者の旦那さんと奥さんを別れさせるために何をしでかすかわかりません。

浮気相手の女性に散々家庭を引っ掻き回されて、ついには家庭崩壊をしてしまうこともあるかもしれません。

医者になるとモテるようになり人が変わる

そこまで異性にとって魅力的でない男性。

それでも、医者という肩書きを手に入れることによって急にモテるようになることがあります。

既婚者でも医者になって急にモテるようになり、ついついハメを外してしまうかもしれません。

 

特に、「異性にモテモテだった」という経験がない人にとってはとんでもない変化です。

それがきっかけで変に自分に自信をもったり、自分を過信したりすると浮気をどんどん誘発するようになっていきます。やはり人間ですので環境が変われば、人が変わることはいくらでも考えられます。

浮気をしなさそうな人でも医者になった途端に、遊びぐせがついてしまうケースはよくあることなので、「うちの主人に限って・・・」という決めつけは禁物です。

 

医者の浮気を見抜く方法

職場不倫は一般的に見抜くのが難しいとされていますが、旦那さんのふとした仕草や些細な変化から紐解くくことができます。

 

医者ならではの浮気の兆候は下記のようなものがあります。

  • お金の使い方が荒くなった
  • 携帯電話・スマートフォンを肌身離さず持つようになった
  • 休日出勤、病院からの呼び出しは多くなった
  • 当直・学会の出張・夜勤を理由に外出が多くなる
  • 身だしなみに気をつかう、おしゃれに敏感になった

など、医者ならではの浮気の隠れ蓑がたくさんあります。

 

これらは浮気の口実として使いやすく疑われにくい。旦那さんもよく口にすることがあると思います。

基本的に仕事を理由にされてしまうと奥さんも疑わない

または、疑っていても口に出せないことが多いでしょう。

 

そんなときは徐々にではなく急に夫が前述の行動を取っているかどうかを見てみましょう。

浮気による変化でなければ、時間とともに趣味や行動が変わることはあります。

しかし、急激に変わったのであれば旦那さんが変わったきっかけになった特別なことがあったと見てもいいでしょう。それが浮気相手の存在です。

 

旦那さんの変化には敏感になって、これらのサインを見逃さないようにしましょう。他にも職場不倫の見分け方については下記の記事を参考にしてみてください。

参考旦那の職場不倫を見抜く方法と対策について

参考それって夫が浮気しているサインじゃない!?~旦那の不倫~

 

医者の浮気を防ぐ5つの方法

医者がとりわけ浮気をしやすい環境である以上、浮気の対策方法は当然限られます。

夫の職場環境を変えることはまず無理なので、自分たちの家庭環境をよくするという方向性で浮気を防止する対策を取っていきましょう。

浮気防止のためのチェックリスト

  • 夫の仕事を支える妻であること
  • 家事を積極的に行う
  • 子供を作る
  • コミュニケーションをしっかり取る
  • 浮気や不倫のリスクを伝える

 

ストレスの多い病院勤めの夫は何よりも家庭に求めるのは癒し。くたびれてきた夫を温かく迎える夫がいれば、自然と家に帰りたいと思えるようになるはずです。

そして、浮気を繰り返してしまうのは父親としての自覚が足りないせいもあります。

家に可愛い子供がいれば、職場に居るのが嫌になるほど家に帰って子供に会いたいと思えるような家庭になるはずです。

 

子供がとっくに独り立ちしている家庭では、コミュニケーションをしっかり取ることが大事。特に結婚生活が長くなると、話すことやお互い知らないことがほとんどなくなり、夫婦間での会話をおろそかにしがちです。共通の話題や将来の話をしてみることで、日常的なコミュニケーションの時間をしっかりと取りましょう

 

さらに、さりげなく「浮気により崩壊した家庭」や「夫が浮気をして多額の慰謝料を請求された」話など浮気のリスクをそれとなく伝えてみましょう。どのように伝えるのかというと、「こんなニュースがやっててね~」とあたかも夕方のドキュメント番組を見ていただけというフリをして話せば不自然ではありません。

「不倫で解雇された医者の話がニュースでやっていた」など、さりげなく浮気・不倫に対して恐怖を抱かせましょう。

 

また、防止をするためには浮気相手への未練を完全に断ち切らせる必要があります。「俺には妻さえいればいい」そう思わせることが防止を考える上では重要です。そうなると、奥さんとしても旦那さんにとって良い家庭を築いたり、自分自身の魅力を上げておくことも非常に大事です。

 

浮気が発覚した後に取るべき行動

残念ながら既に浮気をしている。もしかしたらもう手遅れかもしれません。

浮気の現場に居合せる、浮気相手へのメールを見てしまう、夫のバックから浮気相手からのプレゼントが・・・、と様々なシチュエーションで浮気を発見してしまうかもしれません。

 

実際に浮気が発覚したらどうするのか?それはあなたの気持ち次第です。いろいろな選択肢はありますが、いずれにせよ大変な道。浮気をさせないように努力するに越したことはありません。

 

見て見ぬふりをするのも決して楽なことではありませんし、根本的な解決策にはなりません。しかし、既に浮気をしているのであれば、そのまま放置しておくのは家庭環境にとっていいことではありません

夫の浮気に早く対処していれば、浮気相手と別れさせて夫婦関係も元に戻せた。

そのはずなのに、アクションが遅れたせいで手遅れになることが十分ありえます。

 

時間をかければかけるほど、夫は浮気相手との仲を進展させていき、別れさせることや止めさせることが困難になってしまいます。気づいた段階で対処をするように心がけていきましょう。

旦那さんの浮気発覚後に妻がするべきこととしては別の記事でまとめています。

下記の記事を参考にしていただきたいと思います。

参考夫の浮気発覚後に妻が取るべき行動とは?

夫の浮気をどうしても止めたい!そんなときは?

「夫の浮気が許せない!」そんな時にはぜひ浮気調査をすることをおすすめします。

浮気の証拠をきちんと調べることが、浮気を二度とさせないための第一歩になります。

なぜそこまでする必要があるのか?

 

実際に男性は具体的な証拠を提出しないことには、浮気を認めようとしません。浮気をしている人の気持ちとしては、絶対にバレないと思ってます。そして、できることなら浮気相手との関係を続けたいと思っています。

 

そこに、なんの根拠もないのに妻が問い詰めてくる。証拠がないのをいいことに、逆ギレするか嘘をついて誤魔化そうとするのが普通です。旦那さんに本当に浮気を認めさせて、二度とさせないためには物的証拠が必要になります。

そのために浮気調査をして証拠を突きつけてやりましょう。

慰謝料請求することで反省させることもできる

証拠の存在だけでは夫に反省させるには不十分です。

証拠を突きつけたところでまた時間が経てば、人は繰り返してしまうものだからです。

そんな時にはどうすればいいのか?

 

それは、慰謝料請求という具体的なペナルティを課すのがいいです。そのまま浮気を許してしまうよりもきちんと罰を与えることによって、浮気を防止するということもできます。

ちなみに、慰謝料請求は「夫だけ」「浮気相手だけ」「両方」に請求することができます。

浮気相手にだけ請求しても夫は精神的にショックを受け、二度と浮気をする気にもなれないでしょう。

 

浮気の防止をするためには、そもそも浮気相手と会わせないようにしなければいけませんから、浮気相手への慰謝料請求はそんな時に非常に効果的です。旦那さんの浮気性が余りにもひどい場合は、慰謝料の請求も検討しましょう。

慰謝料の請求方法や詳しいことについては下記の記事でも詳しく解説しています。

そちらで全く知らない人でも、浮気の慰謝料に関してはほとんど理解できるでしょう。

参考浮気の証拠を集めて離婚・慰謝料請求する方法

慰謝料を請求するには探偵者による証拠が必要!

慰謝料の請求といっても何もなしにできるわけではありません。

公的手続きになるわけですから、かなり証拠能力の高いものが必要になります。

個人で揃えたメールやLINEのメッセージ、領収書等は証拠としてみなされず慰謝料の請求が難しいことは確かです。

慰謝料請求のために必要な証拠というのは、探偵が集めた浮気の証拠です。

 

実際に探偵が用意した証拠というのは、裁判でも厚遇される証拠です。精度が高く、個人で請求する金額よりも高額の慰謝料が請求可能になります。

浮気相手への請求、より高額の請求をしたい時には必要不可欠です。

慰謝料の請求をするのであれば、ぜひ探偵を利用しましょう。

 

探偵社に頼る最大のメリットとしては、浮気をした方との関係修復もサポートしてくれることです。どちらが浮気をしても浮気が早く見つかったとしても、浮気は夫婦関係を壊してしまう行為です。浮気をされた奥さんは今後も旦那さんに対して不信感を持ってしまいます。

そして、浮気をした方は浮気をした罪悪感で以前のように振舞うことができない。

または浮気を開き直って繰り返してしまうというのが通例です。

 

探偵社はこれまでに何千組の夫婦の関係修復も経験している実績があり、なおかつ提携弁護士とも協力して夫婦関係のやり直しをより効果的なものにすることができます。

浮気をされても離婚はしたくないという人であれば、なおさら探偵社へ依頼し、手順を踏んで浮気相手に慰謝料を請求させて別れさせた後に、夫婦関係の巻き直しを測っていただきたいと思います。

おすすめの探偵社

探偵社を利用するとしても全く利用したことのない人は「どこがいいんだろう?」と疑問に思うかもしれません。

現代では探偵社も様々あり、実績や経験豊富な探偵社がたくさん揃っており、どこに依頼をしてもいい結果が返ってくるでしょう。

特にオススメなのは「探偵探しのタントくん」への依頼です。

 

タントくんは、依頼主と探偵のマッチングサイト

あなたが現状抱えている旦那さんの浮気問題を聞き、ふさわしい探偵社を紹介してくれます。

 

もちろん、相談料は無料です。

他にも、依頼する探偵社の請求を最大40%OFF。

関係修復を考えている人も探偵や弁護士からアドバイスを得られるので、非常に良い選択肢であることは間違いありません。

パートナーの浮気・不倫問題にお困りであれば、ひとまずは無料相談を通じて話を聞いてもらうのも一つの手です。

【タントくん】公式HPへ行く

【タントくん】詳細・口コミを見る

 

実際に探偵社が医師の浮気を捉えたレポートがあります。

興味がある方はこちらを参考にしていただきたいと思います。

【実録】旦那の浮気調査を探偵に依頼!出てきたのは〇〇!?

特に浮気相手には慰謝料を請求しておきたい!

夫婦関係を継続する場合、一番の障害になるのは浮気相手です。

当然のことですが、浮気相手がいることによって夫婦関係が歪になったり、2人の時間を取ることができなくなります。

とにかく、浮気相手を遠ざけるため。慰謝料の請求は検討しておきたいところです。

 

一番夫婦関係をこじらせてしまうケースというのが、浮気相手が本気になってしまっている時です。

先程から言っているように浮気相手からしてもかなり条件がいい相手です。「あんな奥さんとは別れて私と結婚して!」と言われることも・・・旦那さんも別れるつもりはなくても、勢いに押されてついつい離婚を考えてしまいます。

そうはさせないためにも慰謝料という経済制裁をすることで遠ざるほうがいいでしょう。

 

まとめ

医者にとって浮気は日常的にありがちなことです。

たとえ真面目だった夫でも、医者になってストレスが溜まってくると浮気に走るケースも考えられます。

表面上は浮気をしなそうな人でも浮気をしてしまう可能性があるんです。そんな医者を夫に持つ妻には苦労が多々ありますが、より良い家庭を作るためには妻の努力が必要不可欠です。

夫の浮気を放置せずに、素晴らしい家庭を二人で作っていただきたいと思います。

浮気はとにかく早期解決が一番です。なぜなら、パートナーも浮気相手との仲を深める前にやめさせることができますし、始めた段階であればお互いの傷はまだ浅くすみます。

パートナーの些細な変化から浮気の気配を察知して、きちんと防止策を講じて二度と浮気をさせないように努めていきましょう。