旦那さんのスマホを見たら、出会い系アプリをインストールしていることはありませんか?

現在、出会い系サイトには様々なものがあり、気軽に登録したり低価格で利用できるものが数多くあります。

 

既婚者専用の出会い系もあり、それを使って既婚者同士で不倫をするケースも少なくなりません。

この記事では、そんな出会い系サイトと浮気に発展するケースとその予防策について解説していきたいと思います。

 

旦那さんが浮気をしている時は、嘘をついている時です。

そんな嘘をついている旦那さんが許せないとするのであれば、その嘘に対する対策も必要になります。

旦那さんに嘘をつかせないための方法については下記の記事でまとめています。

参考旦那の嘘が許せない!浮気されたとき妻が取るべき行動は?

 

また、プロに相談して早期解決する方法もあります。

既に浮気が発覚していて一刻も早く解決したいのであれば、探偵社などのプロにまずは無料相談で話を聞いてもらうのも手です。
パートナーの浮気問題をプロに無料相談する

夫はなぜ出会い系に登録するのか?

出会い系サイトに登録する理由としては、「出会いが欲しいから」なんだと思います。

 

しかし、なぜ夫が出会いを求めているのか?

そのことを詰めて考えなくてはいけません。

 

出会い系アプリは、最早単なる男女の出会いの場だけではない扱い方もあります。

 

興味本位の登録

友達が出会い系に登録しているというのを聞いてなんとなく始める人もいます。

出会い系と言っても、趣味友達のマッチングサイトやビジネスの交流会を載せているものもあります。

 

完全に男女の出会いとは違う出会いを期待するようなサイトもたくさんあり、何の出会い系に登録しているかで状況が違います。

しかし、出会い系に登録している時点で浮気予備軍です。

利用しているうちに好みの女性と出会い、魔が差してしまっただけならともかく、本気の恋愛に発展する可能性があります。

 

会社の先輩や上司の誘い

会社の先輩や上司から勧められて、致し方なく出会い系に登録している人もいます。

先輩からすれば、出会い系に登録しているというのは意外と恥ずかしいものです。

 

なので、後輩などの立場の人を巻き込もうとすることがあります。

 

仕事の幅や成長を促すため、いわば教育のために色々な人と出会うことを推奨されることもあります。

しかし、女性側も出会いを求めているので、もしかしたら浮気に発展してしまかもしれません。

 

妻に不満がある

一方、妻との生活の不満などによって、本当に異性との出会いを求めて出会い系に登録します。

おそらく、割合でいればこのような人の方が多いでしょう。

 

セックスレスや妻が妊娠中などで女日照りが続いていると、女性に飢えてしまってサイトに登録してしまう人はたくさんいます。

 

性欲の解消

ストレートに性欲の解消で女性に会いたいという気持ちで登録している可能性もあります。

おそらく分母で言えば、この目的の人が一番多いでしょう。男性の性欲の衰えというのは女性よりも遅いです。

30代・40代でも旺盛の人はたくさんいます。

 

そして、性欲を持て余して浮気をしてしまうというのが男性という生き物です。

 

妻とセックスレスの家庭では男性は性欲を解消する機会がありません。

そうなるとやはり他の女性に走るという手しかありませんよね?

奥さん側からすれば、性欲が衰えて夫も同じだろうと考えてしまいがちですが、実際に男性は性欲を持て余している可能性があります。

 

出会い系で浮気に至るケースはあるのか?

出会い系サイトは詐欺やサクラがたくさんいるイメージがあるかもしれませんが、現在では健全に運営している出会い系サイトは数多くあります。

 

コンドームメーカーの「相模ゴム工業」が実施したアンケートで「浮気相手との出会いはどこで?」というアンケートでは全体で6%ほどの人が出会い系サイトで出会ったということがわかりました。

 

若年層かと思いきや、40代が最も多く10%ほどの人間が出会い系サイトで浮気相手を作っているようです。

引用:相模ゴム工業株式会社

http://sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex/love_sex.html

 

分母は少ないかもしれませんが、実際に浮気に発展するケースは確かにあります。

出会い系サイトは、他の原因と違い、旦那さんの方が積極的に出会いを求めていることになります。

 

なので、スマホやパソコンの履歴などを見て出会い系サイトを利用している痕跡があれば、かなり危ない状態と言ってもいいでしょう。

 

特に男性も女性も30代や40代、利用者はそれなりに存在します。

30代以上の出会い系利用者にはある特徴があります。

 

それは初めから、不倫関係を求めているということです。

要は不倫であることは大前提に肉体関係を結べるパートナーを募集しているということです。

若年層と違って割り切った関係を最初からもとめているので、意外とマッチング率が高いです。

 

普通に結婚を前提としたパートナーを求めているのであれば、マッチングすることはそこまで多くありません。

やはり、一度会って話してから、今後のお付き合いを考えるというケースが多いです。

しかし、最初から肉体関係が目的であれば、細かいことは気にしないので、すぐに男女の関係になってしまうことがあります。

 

出会い系は当然浮気につながりますが、特に30代40代の場合は注意が必要です。

マッチングした女性と直ぐに不倫関係になってしまうことがあるからです。

 

出会い系に登録すること自体は浮気なのか?

奥さんからしたら「出会い系サイトに登録している時点で浮気」だと思います。

しかし、登録しているだけではそうとも限りません。

 

商用利用している人もいますし、登録だけしても実際は全く使っていないのかもしれません。

 

ただし、仕事のために使うといっても出会い系サイトに登録しているので、浮気する可能性は確かにあります。

しかし、違う可能性も否定しきれないので、発覚しても旦那さんに詰め寄るようなことは辞めましょう。

 

法的に出会い系はどう解釈されるのか?

出会い系で女性と出会うことは、法的に浮気に当たるのか?

ということなんですが、実際は登録して女性とデートした程度では浮気になりません。

 

浮気は裁判などでは「不貞行為」と言われます。

この不貞行為とは、妻以外の異性と肉体関係を持つことです。

 

出会い系登録だけで肉体関係と結びつけることはできないので、登録しただけでは法的には浮気と取ることができないのが現状です。

なので、スマホに出会い系アプリをインストールしていたからと言って、相手の女性を訴えたりすることは特にできないのでご注意ください。

 

 

出会い系の危険性とリスク

旦那さんが出会い系にハマることによって、あなたも巻き込まれる可能性はゼロではありません。

実は意外な危険性も持っていることもわかります。

 

既婚者同士の恋愛に

登録した既婚者同士でカップルになってしまうことも珍しくありません。

その場合は、二人共パートナーに黙って出会い系で会っている可能性が高いです。

 

もし、相手のパートナーである奥さんが浮気を発見して、あなたの旦那さんに慰謝料請求をする可能性もあります。

この場合の慰謝料は、300~500万円になることもあるので、必然的にあなたの家計も危険にさらされます。

 

慰謝料の話になると既婚者同士の浮気、つまりW不倫は非常に複雑になります。

旦那がW不倫をした時の対処法、また慰謝料については下記でまとめています。

参考旦那がW不倫している!?奥さん達の解決マニュアル

 

課金を重ねてしまう

出会い系サイトのシステムにもよりますが、基本的には課金制もしくは月額制、そしてその両方というパターンがあります。

メールを一通送るだけでもお金がかかるサイトもあり、ハマってしまうと課金料がとんでもない額になることもあります。

 

また、サクラと呼ばれる存在もいて、プロフィール写真は大体綺麗な女性や性的な女性を使って男性からのメッセージを促してお金を取ることは日常茶飯事です。

 

また、風俗といった業者も出入りしているサイトなので、いかがわしいお店や怪しいお店に旦那さんが行ってしまう可能性があります。

このように出会い系サイトには、旦那さんの個人的な恋愛だけでは済まされない場合があるので、早めの対処が必要になります。

 

 

これに登録していたら危険!?危険な出会い系サイト一覧

出会い系サイト自体についても知っておきましょう。

今回はあからさまに胡散臭いというものではなく、浮気に発展しやすいある程度健全運営されている出会い系サイトを一覧にしてみました。

 

出会い系サイト一覧

  • PCMAX
  • ワクワクメール
  • YYC
  • イククル
  • シュガーダディー
  • pair
  • Macth.com

 

上記の出会い系サイトに旦那さんが登録したり、メッセージを送っていたりするようであれば十分注意しましょう。

今回ご紹介した出会い系サイトは、比較的健全な運営とはいってもやはりサクラの存在はいます。

ものすごい額の課金料が請求されてしまうかもしれません。

 

そして、運営が健全ということで非常に人気な出会い系サイトになりますので、浮気に発展する可能性が濃厚になってきます。

人気のサイトというのは、男女ともに会員数も多くなり出会いが期待できるものなので、普通に出会いたい女性と旦那さんがマッチングしてしまう可能性があります。

 

出会い系以外のネット上の出会い

見知らぬ男女がであって恋愛、もとい浮気に発展するのは出会い系だけではありません。

今ではネット上で様々な出会いがあり、全てが浮気に発展するケースがあります。

 

例えば、

  • Facebookでの同級生との出会い
  • チャットアプリで趣味友達に会う
  • ソーシャルゲームのオフ会

 

など男女が出会おうと思ったら様々な手段がネットにはあります。

特に、SNSなどは利用者数も多く、それだけ多くの危険性があります。

 

一度出会ったらまた出会い系を利用する

一度でも出会い系で女性と出会ってしまった男性は味をしめてしまいます。

そこまで浮気願望がない男性でも出会い系でとある女性とマッチングしているという成功体験があると、2回目3回目もやりたくなってしまいます。

 

こうなると、出会い系が癖になってしまいます

 

そして、出会い系自体は辞めたものの奥さんとの中が上手くいかず単純に浮気願望が出てきてしまうとします。

出会い系利用で女性と会った人は、浮気をするときに出会い系サイトを利用するというのは自然の流れでしょう。

 

 

出会い系での浮気を発見する方法・予防策

 

旦那が寝る前によくスマホをいじるようになった

寝る前に旦那さんが誰かとメッセージをしているようであれば注意です。

特に出会い系サイトを始めた時が一番変化に出やすいです。

 

  • お風呂であろうとトイレであろうと、肌身は出さずにスマホを持ち歩いている
  • 家の中でもそわそわして何かを待っている
  • スマホがなったら素早く内容をチェックしている

 

こんな光景が現れたのであれば、利用している可能性は高なります。

「最近よくスマホいじるな~」と思ったのであれば、下記の発見方法と予防策を実際にやってみてください。

 

直接旦那のスマホをチェックしてみる

一番確実に証拠を抑えられるのが旦那さんのスマホをチェックする方法です。

これができれば、旦那さんのスマホのホーム画面で「出会い系サイトらしきアイコン」が姿を見せていれば、アプリを使って利用していることがわかります。

 

しかし、スマホは普通に電源をつけただけではホーム画面まではたどり着けません。

電源を入れた瞬間、パスワード・暗証番号を入力する画面に行くと思います。

 

「これさえ破れれば確認できるのに・・・」と悔しい思いをすることになります。

しかし、あきらめる必要はありません。

 

意地でもスマホを確認させてくれないのであれば、それを突破する方法を実践してみましょう。

下記の記事で旦那さんのスマホのロックを解除する方法を解説しています。

参考旦那さんの携帯(スマホ)のロックを解除する方法がある?

※プライバシーの侵害にあたる可能性もあるので、扱いはくれぐれも慎重に行いましょう。

 

クレジットカードやスマホの明細をチェックする

出会い系サイトの利用料は、クレジットカードで決済するかスマホで自動決済することがほとんどです。

なので、明細書をチェックすれば必ず利用履歴が明らかになるので、出会い系サイトを利用しているのがすぐわかります。

 

もしもアプリによる請求の場合は、請求元に運営している会社の名前などが乗っているので、気がつかないかもしれません。大体の出会い系は月額4000円くらいのものです。

毎月このくらいの請求があれば、その会社名をネットで調べれば出会い系サイトであることは明らかになるでしょう。

 

しかし、出会い系サイトの中には一括で1年分の料金を支払えば割安になることも多いです。

なので、一括で請求していれば毎月の支払いは明細に乗っていないのです。

そのときは、怪しいものがあればすべてチェックしてみましょう。

 

さらに、クレジットカードを使っているのであれば、利用制限をかけて予防する方法も取れます。

基本的に、出会い系は月額数千円のモノがほとんどですが、決済はネットで行います。

必ずクレジットカードを使うことになります。

 

なので、課金をこれ以上行えないように、上限金額を設定してしまえば予防することができます。

 

 

浮気防止アプリを導入する

アプリには様々な機能がありますが、旦那さんの行動を監視するようなアプリもたくさんあります。

浮気調査でよく使われるものもたくさんあるので、それを利用して浮気を発見したり予防することが可能です。

 

アプリでの浮気調査で便利なものと注意点を紹介してますので、こちらを参考にしていただきたいと思います。

参考パートナーの浮気を調べるときのアプリ!浮気の証拠をスマホで掴む

 

出会い系で浮気が発覚した時の対処法

 

原因を突き止める

出会い系での浮気を発見したところで、根本的な原因を解明しなければあまり意味がありません。

というのは、浮気は再犯率が高く浮気を経験した3割あたりの人間は浮気を繰り返し行うという傾向があります。

 

考えられる浮気の原因はこのようなものがあります。

  • 単なる暇つぶし
  • パートナーへの不満
  • 性的な飢え
  • 仕事のストレス

 

浮気を発見したら根本的な原因を追求して、対処法を実践していきましょう。

 

正直な自分の気持ちを伝える

一番簡単で効果的な方法としては「情に訴える」ということです。

具体的には「怒り」ではなく悲しみ」を相手に伝えるべきです。

 

浮気をされて頭にくるのはわかりますが、頭ごなしに「止めろ!」と怒るのは売り言葉に買い言葉で逆効果です。

「浮気をされて悲しい」、「だからやめてほしい」ということで相手に罪悪感を感じさせることができます。

 

下手に喧嘩腰で話すよりも効果的な方法になります。怒りから入ると相手も逆ギレする可能性が大いにあります。

ましてや、きちんとした証拠がないのであればなおさら口論に発展し、その後の関係修復もままならなくなってしまいます。

 

夫婦の時間を増やす

出会い系に限っては暇つぶしということも考えられます。

そんなときは、旦那さんとの時間を増やしていくことも大事です。

 

暇つぶしということは、夫婦である生活が良くも悪くも自然になってしまっています。

たまには、旦那さんといつもと違う過ごし方をしてみたり、旅行に誘ってみたりすると旦那さんが物足りなさを感じることはなくなるでしょう。

 

あなたが率先して提案してみることが大事です。

やはり夫婦仲をよくするためには地道なコミュニケーションに勝るものはありません

 

少しずつでも夫婦間の時間を増やして浮気の防止を行いましょう。

 

性生活を充実させる

旦那さんが出会い系を使うのは性欲の解消を目的としているところが多いです。

セックスレスの期間が続いているのであれば、ある程度旦那さんのストレス解消に付き合ってあげるのも大事です。

 

性欲が原因であれば、出会い系のセクシーなサクラの写真に騙されたり、その場の勢いで出会った人と関係を持ってしまうこともあります

あまり気乗りしないにしても断り続けずに適度に対応してあげましょう。

 

浮気はリスクのある行為だと伝える

上記でも書きましたが、浮気によるリスクは大きいです。

家庭を壊してしまったり、相手のパートナーから多額の慰謝料を請求されることもあります。

 

しかし、当の浮気をしている旦那さんは実際そこまで考えて浮気をしているわけではありません。

 

直接でなくても、「こんなニュースがやっていて~」のような普段の会話で、浮気相手に多額の慰謝料を請求した人の話をしてみるといいでしょう。

 

身近な人の話にすれば、旦那さんも一気に肝を冷やすはずです。

 

 

既に浮気をしていることがわかったら

いくら対策や対処をしても既に旦那さんが浮気をしていたら意味がありません。

そんな時にあなたは旦那さんとどうなりたいかを考えることが大切です。

 

離婚をするのか、夫婦生活を続けるのかであなたのやるべきことが変わってしまいます。

 

旦那さんの浮気を発見した時の対処法はこちらを参考にして、自分が選ぶ進路を決めていただきたいと思います。

参考旦那の浮気を防止しよう!今からできる予防策

 

もし、浮気がどうしても許せなくて何らかのペナルティを与えてやりたいと思うかもしれません。

浮気をした相手にできるのは慰謝料請求が妥当なペナルティでしょう。

 

ちなみに慰謝料を請求する相手は、旦那だけではなく浮気相手にもできるんです。

慰謝料請求の手引きについては下記の記事を参考にしていただきたいと思います。

参考浮気の証拠を集めて離婚・慰謝料請求する方法

 

まとめ

たかが出会い系と思うかもしれませんが、本気になったり騙されたりすることがある以上、余談を許さないものです。

あらかじめ旦那さんに釘を刺しておいたり、浮気防止策をやっておくことが大事です。

出会い系の厄介なところは、登録している女性も出会いを求めているので積極的です。

 

少しでも怪しかったら、探偵社に相談するなどしてプロに解決してもらうのもいいでしょう。