【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

「旦那の残業が多い!」「本当に残業なの?」

そんなことを考えていませんか?

実はあなたの予感は的中しているかもしれません。

残業と偽って、浮気を楽しんでいることを否定はできないのが現実です。

 

基本的に残業と言えば、奥さんも浮気を疑いにくいですし、本当に残業して職場不倫をするケースもあります。

実は数ある男女の出会いの中でも、職場は鉄板だと言われています。今回はそんな職場不倫と残業、その対策について詳しく解説していきます。

残業以外にも、「出張」や「休日出勤」も浮気の言い訳としてよく使われます。

これらの見抜き方と対処法については下記の記事を参考にしていただきたいと思います。

参考旦那の出張が怪しい!浮気を確かめるには?

参考旦那の休日出勤が多い!仕事or浮気?見破る方法は?

 

残業と嘘ついて旦那は何をしているのか?

残業と偽って旦那さんが何をしているか。想像したことはあるでしょうか?

ほとんどの人は浮気をしていると思ってしまいます。

しかし、必ずしもそうとは限りません。

考えられる理由について見ていきましょう。

単純に1人になりたい

一人になる時間が欲しくて残業と嘘をついている。

その可能性もあります。

家族は癒される存在でもありますが、同時に煩わされることがあるでしょう。

例えば、家に帰れば妻から口うるさく命令されたり、子供が全然なついていなかったりというように家に帰りたくない理由は家族にあることも・・・

 

一人の方が気が晴れるからといって、帰宅を拒んでいる人もいます。

浮気とは関係なく、意味もなく残業といってカフェで過ごしていることもあります。

趣味の時間を楽しんでいる

人や仲間と趣味の時間を楽しんでいるかもしれません。

「なんで趣味を隠すの?」と思うかもしれません。

しかし、夫にも内緒にしたい趣味があるかもしれません。

 

例えば、競馬やパチンコなどは妻にも反対されているという家はあります。おいそれと行くことができないので、嘘をついて行ってしまうというパターンもありえることです。

ほかにも、妻がお金使いにうるさいから嘘をついて映画を見に行ったりということもあるかもしれません。

お金のかかる趣味であれば、反対されるかもしれないという心理から嘘をついてしまいます。

キャバクラや風俗に通っている

言いにくいものとしては、趣味だけではありませんよね?

キャバクラや風俗にも行っている可能性も考えられます。

 

趣味と違って、妻が反対することは目に見えていますので、隠していて当然です。

浮気とは異なりますが、間違いなく妻に隠すモノの1つです。

やはり浮気をしている人は多い!

いろいろな理由はありますが、それでも浮気をしていることは多いです。

残業というのは、浮気に最も適した言い訳の1つです。

特に職場不倫は非常に多いので、残業と偽ってそのまま職場から浮気デートに繰り出す可能性は否定しきれません。残業が嘘というケース。浮気というオチが最も多いことは確かです。

冷静に事実確認はしなければいけませんが、それでも浮気が多い以上油断をしてはいけません。

 

残業が嘘、浮気だと感じたら?

旦那さんの残業を怪しいと考えたらまず最初にするべきことはなんでしょうか?

それは嘘を見破ることです。

具体的にには後ほど解説していますが、浮気をしている人とそうでない人には日常の中で行動に差が出ます。

 

浮気をしているサインとは浮気をしている人にしか出てきません。浮気のサインをチェックすることで見破ることができます。最初にするべきことは、残業か嘘かをはっきりさせることです。

一番やってはいけないことは、浮気を見て見ぬふりをすること。

たとえ、「旦那さんと仲良くしたくない」という思いがあっても同じです。

 

浮気を放置することで旦那さんは浮気相手との仲をどんどん深めてしまいます。関係修復ができないほどにまで仲良くなるケースも・・・

そうなると、夫婦生活を続けることが困難になる。または、W不倫になり修羅場になる可能性もあります。

「ひょっとして・・・」と感じたら、浮気のサインをチェックして事実確認をすることが必要です。

 

なぜ旦那さんは職場で浮気をしてしまうのか?

職場で妻以外の女性と親しくするのは、人の目もありますし、リスクのある行為です。

下手をしたら、組織内での立場も揺らぎかねません。

なのに、なぜ職場不倫にはしるのか?

そもそもリスクが念頭にない

浮気をする人はそもそもリスクをあまり考えていない。

浮気することによるリスクを軽く捉えています。

 

健全な恋愛でも同じことが言えますが、結婚するときに旦那さんの家庭事情や収入。

クセや習慣まで細かく結婚の条件を考えて結婚する人の方が少数派です。

恋愛でも結婚でも、その後のことを深く考えている人はあまりいないでしょう。

浮気にも同じことが言えます。

  • 浮気したことによって自分の生活がどうなるのか?
  • バレた時にどんな事が起こってしまうのか?

 

多少は想像するとしても、きちんとリスクを考えた上でやる人はいないでしょう。

大体の人が衝動的に気持ちが浮ついてしまって起こしてしまうのが浮気というものです。

不倫と言っても、所詮は男女の恋愛感情です。瞬間的な感情で起こってしまうこともあります。

突発的に起こることなので、そもそも深い考えがあって浮気をする人も少ないでしょう。

何度も会うと親近感が湧く

人は得てして単純な生き物で、頻繁に会う人に対して好意を抱きやすくなります。

これを「単純接触効果」といいます。

 

単純接触効果とは、非常に簡単な人間心理を表しています。

毎日顔を会わせる

そんな単純な理由でも人は恋に落ちてしまいやすくなります。

あくまで可能性の話ではありますが、単純接触効果で考えると、職場は不倫が起こる可能性が大いにあります。

 

職場なら毎日のように顔を合わせて会話することはよくあります。

そうして、接点を数多く持つので浮気しやすい環境になります。

統計上でも浮気のほとんどは職場不倫、または同級生との不倫が多いです。

結婚したからといって、妻以外の女性に心を奪われることはないというのは幻想に過ぎないでしょう。

 

さらに、会社での飲み会やスポーツイベント。

普段仕事で接する以上に親しくなることもあります。

 

相手も同じように好意を抱いてしまうので、元々浮気性のきらいがある男性。

そんな人は職場で不倫相手を作ってしまうのは時間の問題とも言えます。

職場不倫はバレにくい

職場で不倫をするというのはリスクのある行為

こう感じる人がいるでしょう。バレた時は会社にもいづらくなってしまいます。

会社には他の人間もたくさんいるのでそもそもバレやすいと思う人も多いと思います。

 

仕事に恋愛を持ち込んでしまうことに必然的になってしまうので、どちらもやりにくくなってしまうと思っていると思います。

しかし、それは大いな誤解です。中にはきちんと計算した上で職場不倫に手を出す男性もいます。

 

まず、職場に恋愛を持ち込むという行為、これはそこまで仕事の害にはなりません

会社では普通に振舞うとお互い約束していれば仕事そのものにはなんの支障もありません。

仮に、職場の浮気相手を多少意識する場面があったとしても影響はたかがしれています。

せいぜい「周りにバレないようにしよう」そう思うだけです。

 

浮気がバレる瞬間としては、奥さんが旦那の携帯をチェックしたり、財布の中身を見て怪しいレシートを発見するというものがほとんどです。

ですが、職場不倫はそのリスクを極力抑えることが出来るので、バレにくいという特徴もあります。

例えばですが、デートの約束やコミュニケーションを取ろうと思うと普通はスマホでやるしかありません。

しかし、職場でその日の約束をしたりすることができるため、スマホにメッセージなどの痕跡を残すことは少なくなります。

スマホを使うことが多くなるとメッセージの履歴を削除し忘れたりすることがありますが、職場不倫の場合はその点では大丈夫です。

なので、それを分かった上で職場で愛人を作る人も多いです。

秘密の関係というスリル

「やるな」と言われると人間はやりたくなるものです。

子供の頃も親に見るな聞くなと言われるほど、スリルを感じるために手を出したくなってしまいます。

浮気もそれに似たようなスリルを生んでしまいます。浮気は奥さんに咎められるのは当然です。

それに、職場不倫はバレた時に仕事にも支障をきたすため、より危険な行為になります。

 

危険というのはスリルを生んでしまい、刺激になります。

内緒で愛人という関係性の女性がいるのを面白いと感じてしまう男性もいます。

家や会社でバレないように振舞う時のドキドキ感を味わっているのかもしれません。

スリルを味わう人間からすれば、家でも職場でもそのドキドキを感じることができます。職場不倫のドキドキというのはほかでは味わうことができないでしょう。

だからこそ、一度味わった人間はなかなか抜け出すことができません。

 

残業か浮気かを確かめるチェックリスト

奥さんからすれば、残業と言われてしまうと確かめようがないと思ってしまうかもしれません。

ですが、ちょっとしたことでも旦那さんの嘘を見破る方法があります。

愚痴を言わない

残業というのは基本的に嫌なものです。

よっぽどの仕事好きでもない限り、残業させられてたら不満の一つや二つはあるはずです。

それにも関わらず、残業終わりに家に帰っても全く愚痴を言わない。

そうであれば、浮気の可能性が十分にあります。

 

愚痴を言わないのは楽しい思いをしているからではないでしょうか?

実際働く人ににとって残業ほど嫌なものはありません。すぐさま家に帰りたいものですし、家に奥さんや子供が待っているなら尚更です。すぐにでも家に帰りたいと思うはずなのに、それを感じさせない態度であればピンと来てもいいでしょう。

過去の旦那と比較して、以前は愚痴ばかりこぼしていた。それなのに、最近全然言わなくなったりという変化。

これがあれば、より浮気をしている可能性が高いです。

 

  • 疲れている様子は出ているか?
  • 満足気な顔をしていないか?

ということも確かめておきたいです。

 

帰宅直後はバレないように気を張っていますが、しばらく経つと気が抜けるのでボロが出やすいです。

帰宅後にすぐ外に出る

帰宅して間もないのに「コンビニ行ってくる!」と外に出ることはありませんか?

実はこれ、浮気相手と連絡を取っているのかもしれませんよ。

 

カップルでもデート終わりの帰宅時にLINEや電話をすることはよくあることです。

家でやり取りをするとボロがでるので、わざわざ外に出てメールしたり、電話してる可能性があります。

 

そして、帰宅後の様子で言えば、シャワーを浴びるのも危険信号です。

香水やお酒の匂いを落とすためかもしれません。

さりげない行動かもしれませんが、家に着いたら一息つきたいはずなのにあえて直ぐにこのような行動に出るのはかなり怪しいです。

やけに優しい

旦那さんが、帰宅直後で疲れてるはずなのになぜか洗い物や掃除をやってくれたりと優しくなることはありませんか?

浮気をしている罪悪感から本来のパートナーである妻に優しく接しようとする傾向が浮気をした人に現れる特徴です。

 

優しくしてくれても喜んでいる場合ではないかもしれません。

やさしくなるというのはどういう精神状態なのか?

それは、浮気に対する罪悪感を感じているから。

「パートナーには優しくしなきゃ」ということに他なりません。

 

急に態度が変わったら少し浮気を疑ってもいいかもしれません

。同時にその時期から残業が増え始めたり、休日に一人で出かけることが多くなるなどの症状が出ていないかも確認しておきたいところです。

浮気のサインは1つ出たくらいでは偶然の可能性も考えられますが、2つや3つ同時に出現しているのはかなり怪しいです。

給料明細を確認する

残業をしているのであれば、残業手当というものが付きます。

会社にもよるかもしれませんが、残業代がきちんとでる会社であれば、仕事をした分給与が支払われることになります。

 

つまり、明細をチェックすれば本当に残業しているのかを確かめることができます。

残業した日数をメモしておき、給与明細と照らし合わせると違いがわかるでしょう。

上記の確かめ方と違って、きちんとした数字で浮気をしているかを判断することができます

 

残業と同時に確かめておきたいものが、休日出勤出張の手当です。

これもきちんと明細に記載される項目です。

特に、仕事を言い訳にしている人。

残業・出張・休日出勤を言う嘘をバランスよく使い分けている可能性があります。

 

残業のみに注目していると発見することができないこともあります。

メモを取って、「いつ、どこに行ってのか」を記録してみましょう。

後で読み返すと旦那のスケジュールにとても違和感があるのにすぐ気がつくと思います。

旦那さんの身近な人と仲良くしておく

旦那さんの会社の人やその奥さんたちと仲良くしていると浮気を発見しやすいです。

 

旦那さんの行動範囲内で情報網を掴んでおくと、転勤したわけでもないのに残業ばかりしていると浮気の兆候をいち早く察知することができます。

具体的に言えば、旦那さんと部署が一緒の後輩、同期入社した人。

旦那さんの直接の上司などが望ましいです。

 

後輩は旦那さんを売るような真似はしないかもしれない。

ですが、上司や同僚はあなたと仲良くなってしまえば、あなたを不憫に感じて旦那さんの不貞行為をたしなめてくれるかもしれません。

特に、旦那さんの同僚の奥さん同士で連絡を取り合うと情報交換ができるので、浮気の早期発見に非常に役に立ちます。

浮気調査アプリを使う

今やアプリで様々なことができる時代です。そのうちの一つに浮気調査があります。

GPSなどで旦那さんが今どこにいるかもすぐに知らせてくれるものがあり、浮気を発見するのに非常に便利です。

また、GPS機能を使ったアプリは浮気を見抜く以前に浮気防止としての効果を発揮します。

常に奥さんに居場所を知られているという環境にあれば、浮気防止としても効果的です。

 

ですが、プライバシーの観点から扱いは慎重に行わなくてはいけません

位置情報を常に公開させられているというのは、想像の通り夫婦だからといって許されることではありません。

その壁を突破するにはいくつか条件を揃えなければなりません。

便利な浮気調査アプリや注意点を解説した記事がありますので、こちらを参考にしていただきたいと思います。

参考浮気を調べる!見抜く!最強アプリとは!

残業が続いている、急な残業が入る

単純に残業している日が続くのも怪しいです。

また、電話がかかってきて急に残業になるというのも同様です。

繁忙期など会社が忙しい時に残業する日が続くことはあり得ます。また、トラブルで急な残業が入ることもあるでしょう。

ただし、シチュエーション次第では浮気をしていることが疑えます。

 

繁忙期ではない。むしろ、暇な時期に毎日のように残業が入っている。

トラブルでもないのに残業がある。これは、かなりの特別な事情がない限りはありえません

考えられるのは、浮気です。

このように、残業が続いているのが藤善な状況であれば疑うべきです。

 

その他、浮気をしている時のサイン

その他にも浮気をしている旦那に現れる浮気のサインがあります。

夫に下記のような兆候が出ていないかチェックをしましょう。

 

ありがちな浮気のサイン

  • 家の中でもスマホを肌身離さず持ち歩いている
  • スマホやアプリに急にロックを掛けるようになる
  • 服装の趣味が変わったりファッションセンスが変わる
  • 下着が汚れている
  • 周囲でやっているイベントなどに詳しくなった
  • 帰宅したらすぐに風呂に入る・外出するようになった
  • セックスを嫌がる
  • 車に消臭剤などを置くようになった
  • 車の助手席の位置が違った
  • 車に見慣れないお店のレシートがある
  • お金遣いが荒くなる
  • 習い事をやると言い出す

 

これらは浮気をしている人間に現れる特徴です。

この中から5つ以上当てはまる行動が見つかることはありませんか?

それは浮気をしている可能性が濃厚であるという証明です。

 

目ざとくチェックを入れて旦那さんが浮気をしているのかを確かめていきましょう。

他にもさまざまな方法で旦那さんの浮気をチェックする方法があります。

詳しくは下記の記事でご覧いただきたいと思います。

参考それって夫が浮気しているサインじゃない!?

探偵さがしのタントくん

 

残業以外に浮気のいいわけになるもの

残業と言って浮気相手に合う以外にも、いろいろな言い訳が存在します。

残業の他に、どのようなセリフがでたら浮気が伺えるのかも見ておきましょう。

友達と飲みに行く

友達と飲みに言ってくる」とだけ行って、浮気するケースも考えられます。

飲みに行くと言えば、帰宅時にお酒の匂いがしてても不思議ではありません。

むしろ、ちょうどいい隠れ蓑になります。

 

なんせ友達と飲みに行くなんて成人男性にとっては珍しくないこと。

なので、この言い訳は連発で使いやすいです。

そして、浮気をしているのかどうかの判断基準が難しいところでもあります。

しかし、一度味を占めてしまえば、よく使ってしまう言い訳ですので、高頻度でこの理由を行ってきた時には要注意です。

 

飲みに行くのであれば、友達と言わず「〇〇と飲みに行く」と言えるので、誰と行くのかを聞いてみましょう。

なるべく細かく聞いてみて、咄嗟のことで黙り込んでしまうことがあれば要注意です。

言葉に詰まるようであれば、かなり怪しいです。

休日出勤

残業と同様に休日出勤もよく使われる浮気のいいわけです。

仕事と言ってしまえば怪しまれないと思っているのでしょう。

この場合は、休日出勤も手当が出るので給料明細と照らし合わせて浮気かどうかを発見することができます。

 

エンジニア職など、急な呼び出しで休日出勤をすることがあります。また、小規模な会社であれば、人手不足で呼び出されることがあります。

そうでなければ、休日わざわざ休んでいる社員を呼び出したりはしません。

家を出るときに理由もさりげなく聞いてみて、言葉に詰まるようであれば怪しいですよね?

 

休日出勤をよく使う理由としては、その日一日を浮気に充てることができるからです。

残業と違ってアフター5の縛りがない分、思い切り1日をデートに費やすことができます。

さらに、休日ということで浮気相手ともスケジュールが合わせやすいので、浮気をしやすい日です。

両親が来る

親を言い訳にして、内緒でデートするような浮気上級者もいます。

たまにしか使えませんが、リアリティがあるため、あまり疑うことはできないかもしれません。

 

両親が来るなんてことは、日常でもあり得る話なので、奥さん側も「あまり邪魔してはいけないかな」と気を使ってしまう理由です。

その心理をついて、堂々と浮気の言い訳に両親を持ち出す旦那さんも確かに存在します。

今日両親が来るから近くを案内してくるというのであれば、「挨拶したいから少し会わせて」と言ってみましょう。頑なに拒むのであれば、浮気の危険性大です。

 

旦那の残業が嘘!浮気が発覚した時の対処法!

もし、あなたがふとしたことで浮気を発見、または確信してしまっているとします。

その時にどうするべきか?

という対処法も知っておきましょう。

まずは冷静になる

浮気をされても激情に駆られて夫に迫ったり、浮気相手に暴力を振るうことはいけません。

そうなると浮気をされたにも関わらず、あなたの立場が危うくなってしまうからです。

 

当たり前ですが、暴力や脅しは犯罪行為です。

浮気をされているのに激昂して手を出せば、浮気をされた被害者にも関わらず加害者の立場になってしまうかもしれません。

実力行使に出るとそれまで耐えて来たものが全て無駄になるので、まずは冷静になることが大切です。

浮気をされて悲しい気持ちを言う

浮気をされて問い詰める人はいますが、それだと本当の解決にはなりません。

怒りよりも悲しみを訴えた方が浮気を防止するには効果的です。

 

怒りをぶつけられると逆ギレするパターンになってしまうかもしれませんが、悲しいことを伝えると旦那さんの罪悪感に直接訴えかけることができます。

そうなると、旦那さんも二度と浮気はしづらいでしょう。

子供をつくる

結婚しても浮気性が治らない男性もいます。しかし、そんな男性でも人が変わったように真面目になる瞬間があります。それは、子供が出来た時です。

 

奥さんは立派な大人。ですが、子供というのは自分がいなければ生きることもできない存在です。

遊びグセがすごい旦那さんでも生まれた子供を見た瞬間に責任感が生まれます。

大黒柱としてふさわしい行動を取ろうとします。

 

中には例外もいますがそれが男性が持つ「父性」というものです。もし、子供がいない家庭ならば子供が出来たときに変わるかもしれません。

子供が出来たことにより、かわいい子供帰りたさに家に帰るのが早くなったり、より一層仕事を頑張ろうとする心も生まれてくるものです。

子供は家庭にとってポジティブな空気を運んでくれるものです。

自分の進路を選ぼう

浮気をされた時に許せるか許せないかは、あなた次第です。

その選択次第で今後の進路を選ばなければいけません。

 

なぜ、進路をきちんと決める必要があるのか。

それは、進路によって自分がやるべきことが違うからです。

 

  • 夫婦生活を続ける
  • 離婚をする

 

この二つの選択肢があるわけですが、どちらも一筋縄ではいかないのは確かです。しかし、同時に取るべき行動が大いに変わってきます。真逆の選択肢ですから、浮気を発見する方法も選ばなければいけません。

 

このように進路を決めなければ次の行動に移ることができない。

対処の前に自分の気持ちを確認する必要があります。

 

それぞれの進路別に対処法を解説していますのでそちらもご覧ください。

夫婦生活を続ける場合

参考夫婦喧嘩は早めに対処しよう!その解決法とは?

 

離婚をする

参考浮気の証拠を集めて離婚・慰謝料請求する方法

 

法的処置を考えているなら・・・

離婚慰謝料請求を視野に入れている方に知っていただきたいことがあります。

それは、浮気の証拠を取得したほうがいいということです。

 

ちなみに、慰謝料請求は夫婦生活を続ける場合でも旦那さんに請求できますし、浮気相手にだけ慰謝料を請求することができます。

 

法的処置を行うのであれば、基本的にあなたの証言だけでは認めてくれないことが多い。

なので、ぜひ証拠を押さえるということをしていただきたいと思います。

浮気の証拠が役に立つとき

証拠は浮気の発覚後にどのような進路を選ぶにしても役に立ちます。

  • 証拠はどのように使われるのか?

その事例を紹介していきたいと思います。

夫が離婚を突っぱねているとき

浮気をされたことにより、あなたは離婚したいとしても旦那さんはあなたの要求を突っぱねることがあります。

しかし、法的には浮気というのは離婚の理由とて正式に認められています

 

浮気の証拠さえあれば、裁判にて一方的に離婚をすることができます

たとえ、どんなに旦那さんが離婚をしたくないとしても・・・

 

よく離婚を成立させる、させないでもめている夫婦はいると思います。

なぜ離婚でそこまで揉めるのかは、一方的に離婚をしたいといっているが正当な理由と証拠がないという状況でこのような揉め事が起こってしまっています。

夫や浮気相手に慰謝料請求するとき

慰謝料請求する話はよく聞くかもしれません。

ですが、実は浮気の事実があったからといって請求できるものではありません。

あなたや周りの証言だけでは浮気を証明することが難しく、満足のいく慰謝料がもらえないのが現実です。

 

浮気の慰謝料の相場は夫と浮気相手をあわせて、50~300万円と幅広い。

請求相手の数と証拠能力の高さに比例して額が決まります。

 

実際にSNSのやり取りや通話記録や明細でも証拠能力としては低いです。

不貞行為の証拠とは、夫が浮気相手と複数回肉体関係を持っている証拠(ラブホテルや自宅での出入りの写真)が必要です。

 

いざ、LINEのトーク履歴やメールの内容といった証拠。

これを持って慰謝料請求に踏み切ったとしても、ほぼ100%証拠として認められません。

 

慰謝料請求を検討しているのであれば、自分が用意した証拠の精度の高さは確認していきましょう。

場合によっては、弁護士に見てもらってどれくらいの慰謝料が請求できるかを見積もってもらうこともできます。

関係修復を望んでいるとき

「浮気はされたけど離婚はしたくない」そう考える人も多いでしょう。

浮気はあくまで気の迷いであるならば、なんとか夫婦関係を修復。

元の円満な関係に戻りたいと思うのは自然なことです。

 

実は、そんな人にこそ浮気調査を依頼するメリットがあります。

まずは、浮気の証拠を見つけることによって、浮気相手に対して法的処置(慰謝料や誓約書)ができるので、確実に別れさせることができます。

 

さらに、探偵社内のアドバイザーと提携弁護士の手により、夫婦関係修復のために具体的な案も提案してくれます。浮気問題を解決してきた探偵と弁護士によるノウハウ。これは、依頼をしなければ受けることはできません。

 

実際に関係修復が一番難しい問題です。これはプロによるアドバイスが不可欠な分野になります。

やはり、一度壊れた関係を取り戻すのは、2人がくっつくよりも難しいことです。

一人で解決に当たろうとすれば、ますます悪化する可能性があります。

 

関係修復も視野に入れているなら、プロに相談したほうがより良い結果を得られるでしょう。

おすすめの証拠取得方法

そこで確実に浮気の証拠を取得できる方法をお伝えしたいと思います。

ベストな選択肢としては「探偵」に依頼をすることです。

 

探偵の証拠とは、法的に証拠能力が高く、確実に離婚や浮気の慰謝料を請求することができます。

そして、探偵社を雇うことにより復縁のサポートも受けることができます。

 

浮気はされてしまったけど、離婚はぜずに円満に解決したい」という人にとっても探偵社はとても頼りになる存在です。依頼をするメリットとしては、このようにいろいろなものがあります。

 

残業や休日出勤が怪しい」だとすれば、探偵に依頼をして浮気調査をしてもらうほうがいいでしょう。

旦那が一度外に出てしまえば、浮気を確かめることは難しい。そして、一日中夫に張り付いていることもできません。

 

そんなときは、旦那の職場から探偵に尾行を依頼をするほうがバレることなく、浮気の証拠を取得することができます。ちなみに探偵を雇わなければ、浮気相手への慰謝料請求もままならない。

なので、もし検討しているのであれば依頼をすることをオススメします。

 

その他の探偵社に依頼するメリットについては、下記の記事を参考にしていただきたいと思います。

参考探偵の浮気調査で安いのはどこ?【料金の相場と節約方法】

おすすめの探偵

浮気調査を考える上で気になるもの。

それは、「どの探偵社に依頼をすればいいのか?」ということだと思います。

 

利用したことのない人は、どこで浮気調査をするか。

費用はどれくらいかかるのか検討もつきません。

 

一般的に利用するわけではないですし、始めての依頼であれば知らないことも多いです。

そこでおすすめの探偵は、「探偵さがしのタントくん」です。
探偵さがしのタントくん
ここをオススメする理由は、探偵と依頼者のマッチングサービス。

自分は探偵についての知識がなくても、ここで依頼内容とマッチした探偵を選んでくれるからです。

 

例えば、有名探偵社を5社ピックアップして、見積もりを比較することも可能。料金相場も一瞬で分かる上に一番安い探偵社に依頼をすることが可能です。

ここから頼めば、浮気を専門とする探偵社を紹介してくれます。

さらに街角探偵相談所を経由すれば、調査料金を最大で40%割引

 

これはどこの探偵社を利用しても、提携している探偵社であれば、この割引が適応されます。

浮気調査を依頼して何の証拠が見つからなかったとしても、あなたが損をすることは全くありません。

試しに相談をするのであれば、是非活用したいサービスです。

【探偵さがしのタントくん】 公式HPへ
【探偵さがしのタントくん】の評判・口コミを見る

 

まとめ

残業という言い訳は旦那さんは万能だと思いがちです。

ですが、嘘である以上必ず綻びは出てくるので、遅かれ早かれ浮気の証拠というのは見つかります。

それもプロの手にかかればなおさらです。

 

男性の浮気というのは顔には出やすいですが、決定的な証拠を掴むとなると難しいです。

それは個人の器量ではどうしても揃えられない可能性があります。

どうしても完璧に浮気問題を解決したいのであれば、なおさらプロへの依頼を検討したほうがいいでしょう。

 

残業という言葉に素直に騙されず、怪しい行動や言動がでたらすかさずチェックを入れて、浮気を未然、あるいは早急に対処していただきたいと思います。