現代社会においてインターネットの存在は必需品になっています。

気軽に他人とコミュニケーションがとれて、仕事でもプライベートでも役に立つものです。

 

しかし、ネットが悪影響を及ぼす場合があります。

その一例が、ネットを使っての浮気の多発です。

 

今回は、そのネットでの浮気についてとパートナーがネットで浮気するのを防ぐ方法を解説したいと思います。

 

ちなみに、男女によって浮気を見抜く方法が変わります。

それぞれを下記の記事で解説しているので、参考にしていただきたいと思います。

 

参考夫の浮気を見破る方法

 

参考妻の浮気を見破る方法

 

インターネット上の恋愛事情

ネットからの恋愛というとイメージがしづらいかもしれません。

なぜなら、ネットは相手の顔や名前すらわからない相手とやりとりすることもあり、ドライな付き合いをすると思われがちです。

 

なぜ男女の出会いに発展してしまうのか、疑問に思うのも当然です。

しかし、今やネットからリアルにつながる人間関係もあり当然浮気につながる可能性は十分にあります。

 

ネットで出会ってリアルで会う

ネットで出会ったからといって、関係がネットで完結するとは限りません。

ネット上のやり取りで意気投合して、「実際に会って話しましょう!」となるケースは非常に多いです。

 

しかも、ネットにはリアルで出会いがないのでネットで恋人を見つけようとすることもあります。

図らずとも、異性に出会ってしまい浮気をすることはいくらでも可能になってしまいます。

 

特にSNSではコミュニティという共通の趣味や目的を持った人達の集まりがあります。

その中でオフ会やイベントがありパートナーも出かけることがあると、そこから浮気につながる可能性もあります。

 

擬似的な恋愛関係

ネットでの出会いは少し特殊なものもあります。

それはネット上で擬似的な恋人関係になるということです。

 

ほとんど遊びやストレス解消の意味合いが強いですが、ネット上級者には稀に起こり得ることです。

肉体関係には発展しませんが、その関係性にハマってしまうと少し怖いですよね?

 

常人には理解しがたいかもしれませんが、チャット上でSEXをするという人もいるくらいです。

そんな関係が続いてしまうとパートナーも直接会いたくなって、ストーカーまがいの行いをしてしまうかもしれません。

 

そうでなくても普通の人から見たら非常に病的な行動です。

現代ならではの浮気ですが、これをやっているというのは精神的な病気や大変なストレスを抱えているかもしれません。

 

ネットにおける浮気相手との出会いの場

ネットとは一口に言っても様々なものがあります。

スマホで気軽にできるものから、PCでガッツリハマってしまうものなど異性と出会おうと思えばいつでも会える環境になっています。

 

実際にネット上で出会いの場になっているものを紹介します。

 

SNS

ダントツで利用者数が多いのが、SNSです。

こらは普段面識のある人から赤の他人まで、幅広い層の異性に出会うことができます。

 

実際に顔見知りも多いので、あまりやり取りをしていなかった同級生に連絡してみて気が合ってしまい浮気に走ることもあります。

SNS上にあるコミュニティで趣味友達を探していたら、いつの間にか浮気相手ができているなんて可能性もあります。

 

浮気に使われるSNSの例はこちらです。

 

  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • mixi
  • ジモティ

 

実際に浮気に利用するものではありませんが、結果的に浮気につながる可能性もあります。

 

そうでなくてもSNSというのは頻繁に利用します。

 

そこで魅力的な異性をたまたま見つけてしまってメッセージを送ったら返ってきた。

そして、恋愛関係までトントン拍子でいってしまった

ということもあるかもしれません。

 

その中でもFacebookは広く使われ、実名公開もしているので距離が近づきやすいSNSと言われています。

 

Facebookを使った浮気調査についてはこちらを参考にしてください。

参考Facebookを使った浮気調査方法

 

出会い系

あからさまに浮気する気が満々なのが出会い系サイトへの登録です。

出会い系といってもいろいろな種類がありますが、共通して男女の出会いが目的です。

 

最も浮気に発展しやすいものと言ってもいいでしょう。

また、既婚者や不倫目的に出会い系もあり、登録していたらかなり危ないものがたくさんあります。

 

他のネットでの出会い。SNSなどと比べて要注意してきたいのが出会い系です。

 

なぜなら、SNSは友達としての出会いやコミュニケーションを前提としていまが、出会い系サイトは第三者と恋人としての出会いを期待して始めるものだからです。

 

 

別の心配としては、出会い系サイトではサクラというものが存在します。

これは会員を騙すためにセクシーな女性やイケメンの写真を使って近づき、メッセージを送ってやり取りをします。

 

そのメッセージをおくるというのがチャージ制であるサイトは、それでお小遣い稼ぎをする人がいます。

パートナーが騙されてかなりの金額を課金してしまうという恐れもあります。

 

出会い系での浮気についての詳細はこちらをご覧下さい。

参考出会い系による浮気事情と対策について

 

 

オンラインゲーム・ソーシャルゲーム

ネットのオンラインゲームやソーシャルゲームから恋愛をしてしまうケースがあります。

ゲーム内では仮想のキャラとしてやり取りをしますが、そこで意気投合してしまい「オフ会をやりましょう!」なんてことも珍しくありません。

 

本人次第ですが、リアルの出会いに移行する以上、危険性自体は存在するといってもいいでしょう。

 

ゲームの場合は共通の趣味ということで、仲間同士で親近感を抱きやすいです。

擬似的にでも仲良くなることで、「実際に会っておかないと気持ちが悪い」という感情を持ってしまうこともあるようです。

 

ネットでの浮気を見抜くには

ネット上で浮気を見抜くのであれば、スマホやPCから判断するしかありません。

しかし、プライバシーなどの面から出来るだけ慎重に見抜いていかなければいけません。

 

仮に浮気をしていたとしても確証なしに問い詰めると夫婦喧嘩で終わってしまう可能性があります。

 

まずは、浮気のサインを見ていきましょう。

 

急にスマホやPCを利用することが多くなる

パートナーが、ある日を境に急にネットを利用するようになるのは、危険信号です。

リアルと同じで、出会ってから間もないときが一番連絡を取り合う期間です。

 

一番熱愛の時期こそわかりやすく変化が出るので、この兆候が出たら注意してください。

 

SNSで友達や連絡先が増え始めた

FacebookやLINEでパートナーの交友関係が広がり出してはいませんか?

友達リストの数が増えたり、連絡先が増え始めたりしていると浮気予備軍か現在進行形で浮気をしている可能性があります。

 

ネットゲームやSNSからでも異性と親しくなって直接会ったりします。

交友関係が広がったということは、どこかでオフ会や合コンが開かれていろんな人と仲良くなった可能性が大きいです。

趣味友達から男女の仲に発展することも考えられます。

 

ネットの浮気で厄介なのが出会いが出会いを生むことです。

 

たまたま知り合いになった人、またはその友達やさらにそのまた友達

このように一人の出会いでどんどんネットワークが広がっていきます。

 

SNSのコメント欄をみる

SNSには大抵、友達の投稿に対しコメントすることができます。

しかし、コメントもよっぽど親しい間柄でもない限り、普通はしません。

 

あなたが見覚えのない人にパートナーがコメントをしていないかをチェックしてみましょう。

 

もし、実際に会っているかのように親しげにしていたら不倫を行っているかもしれません。

「この間はありがとうございました!」なんてコメントがあったら、リアルで何かが起こったのかもしれません。

 

夜中に電話をしている

ネットから出会った場合、自分の近くに住んでいる人とは限りません。

遠距離恋愛になってしまうことは当然あります。

 

パートナーに怪しまれないように、こっそり夜中に電話をしているかもしれません。

 

遠距離恋愛だとしても、出張や営業先で出会ってそのままデートして帰ってくることもあります。

もしくは、出張と嘘をついてネットで出会った異性に会いにいくこともあるでしょう。

 

ネットからパートナーの浮気を確信する方法

ネットは足がつきにくいと考える人が居ると思います。

現にパートナーもそうではないですか?

 

実はその逆、ネットというものはかならず痕跡が残ります。

ここでは、そんなネットから浮気の痕跡を探す方法を見ていきましょう。

 

SNSで「パートナーの投稿」や「浮気相手・友達の投稿」をチェック

貴方のパートナーが浮気をしているのであれば、その交友関係の人たちが写真をSNS上にアップしている可能性があります。

 

あなたのパートナーの投稿はあなたに見せないようにコントロールできますが、浮気相手まで対策することは難しいでしょう。

 

なので、パートナーと浮気相手の「共通の友達」の投稿もチェックすれば、浮気の痕跡を辿れるでしょう。

投稿時刻や内容から怪しいものがあれば注意しておきたいところです。

 

例えば、仕事をしているはずなのに、会社から離れたレジャー施設にいる。

などの状況があれば、かなり怪しいです。

 

浮気調査アプリを使う

今やアプリで様々なことができる時代です。

そのうちの一つに浮気調査があります。

 

GPSなどで旦那さんが今どこにいるかもすぐに知らせてくれるものがあり、浮気を発見するのに非常に便利です。

 

ですが、プライバシーの観点から扱いは慎重に行わなくてはいけません。

便利な浮気調査アプリや注意点を解説した記事がありますので、こちらを参考にしていただきたいと思います。

参考浮気を調べる!見抜く!最強アプリとは!

 

偽名でアカウントを作る

ゲームやSNSで浮気をしている場合、メッセージや写真などをあなたに見えないように設定している可能性があります。

なので、別名でアカウントを作ってバレないように接近して、パートナーのネット上での交友関係を確かめる方法があります。

 

もしくは、直接接触してみてもいいです。

 

偽名であれば、向こうの警戒心はなくなりますので直接聞いてみるのもありです。

聞いてみたら、ネット上では未婚という設定になっているかもしれません。

 

既婚者であることを隠しているのであれば、かなり怪しいです。

 

浮気が発覚して、浮気相手とパートナーに復讐した事例

ネットから実際に浮気が発覚することがあります。

例えば以下のようなシチュエーションです。

 

ネットから浮気が発覚する事例

  • パートナーが浮気相手とデートしているところをSNSに投稿していた
  • パートナーのアカウントにログインしたら浮気相手とメッセージのやりとりをしていた
  • スマホアプリをみると出会い系サイトに登録していることがわかった

 

あなたがどの状況にしろ、頭にくると思います。

同じようにパートナーや浮気相手に腹が立った人がこんな復讐方法を過去にとっています。

 

実際に会った復讐・制裁方法

  • 浮気相手と二度と合わないように誓約書を書かせる
  • 浮気をされたことを理由に離婚を突きつける
  • 浮気相手とパートナーに慰謝料を請求する
  • 浮気相手にだけ慰謝料を請求し夫婦生活は継続する

 

このような方法で復讐に至るわけですが、注意点としてはいずれも証拠がないとこのような手続きはできません。

それも法的に効力がある証拠の存在が必要になります。

 

もしこのような手立てを考えているのならばそれ相応の用意をしなければなりませんし、一人ではおそらく解決が難しいでしょう。

法的に離婚や慰謝料の請求を考えているのであれば、こちらの記事を参考にしてみてください。

参考浮気の証拠を集めて離婚・慰謝料請求する方法

 

気をつけておきたいのが直接的に相手にダメージを与えてはいけないということです。

家庭内でも守るべきルールがあります。

 

あなたは裏切られて辛いかもしれません。

しかし、だからといって同じように相手を傷つけていいわけではありません。

 

むしろ、関係性を悪化させたくないのであれば、実力行使だけは避けていきましょう。

 

まとめ

ネットでの人間関係が希薄だからといって、全く浮気の心配をしなくていいというわけではありません。

実際にネットで仲良くなって結婚をするカップルだってたくさんいます。

 

パートナーの行動が怪しいと思ったら、すぐに上記の方法で浮気を確かめてみましょう。

 

ネットは24時間稼働しています。

ちょっと目を離した隙に、パートナーが見知らぬ誰かとの関係性が進んでいるということも可能性としては否定しきれません。

 

とにかく、怪しい行動を取っていたら早めに対策をすることが大切です。