今や日本中に普及しているSNS。そんな中でもメジャーなものがFacebookです。

 

Facebookは同窓生との再開やメッセージのやり取りに非常に便利なSNSですが、実は浮気調査にも使うことが出来るんです。

 

しかし、同時にFacebookは浮気を助長させてしまうツールとしても効果を発揮してしまいます。

 

Facebookだけではなく、SNSのほとんどが浮気に発展することは考えられますが、短時間かつ親密になりやすいのが、このFacebookです。

もしかしたら、表には出ていないだけでパートナーはFacebook上で浮気相手と今でも頻繁にやり取りしていたり、浮気の決定的瞬間が紛れ込んでいるかもしれません。

 

今回は、そんなFacebookをはじめとしたSNSを活用したパートナーの浮気の調べ方について解説していきます。

 

Facebook自体が浮気に発展する?

Facebookは浮気を見破るのに使えるSNSではありますが、Facebook自体も浮気に発展するケースもあります。

 

Facebookでは、「友達」と言われるものがあり、友達になった人は相手とメッセージのやりとりができたり、自分の投稿に相手をタグ付けしたりすることができます。

 

Facebookが浮気につながるケースとしては、パートナーが友達になった人は「その友達の友達」も紹介してくれます。

同窓生との再会で便利なのは、同級生一人と友達になるとその同級生の友達も「おすすめの友達」としてパートナーに紹介してくれるからです。

 

一人の同級生と知り合うことで、周りの同級生も友達として申請することができるので、どんどん知り合い(友達)ができていきます。

 

なぜFacebookを使うことが浮気につながるのか?

このように「友達」が増えていくことによって異性との出会いが増えていきます。

地元の同級生は他の異性と違い、パートナーと面識がある人です。

 

たまたまFacebookでつながって「久しぶりに会いたいから飲もう」と実際に会ったりして、ちょっとした同窓会になることもあります。

 

そこで久しぶりに会って学生時代より魅力的にみえる同級生と再会して、ついつい魔が差してしまうことも少なくありません。誤解されがちなのがFacebook自体は浮気を誘発するようなものではありません。あくまでもコミュニケーションツールの1つです。しかし、結果的に浮気につながってしまう可能性があるというだけです。

 

もしかしたら元カノとSNS上で再開して「久しぶりに会おう」ということになってもおかしくありません。

 

同窓会が浮気や不倫に発展してしまうように、Facebookも同窓生との再会や「友達の友達」とも仲良くなり男女の中に発展する可能性はあります。

パートナーがFacebookを利用しているのであれば、一度は浮気チェックをしたほうがいいかもしれません。

 

実名登録なので出会いに発展しやすい?

Facebookは基本的に実名登録が基本です。これも実は浮気に発展しやすい理由の1つでもあります。

 

例えば、出会い系サイトを例にしてみましょう。

出会い系サイトは基本的にハンドルネームであることが多いです。

 

実際に出会うときに相手の名前がわからないと直接会うのは少し怖いですよね?

男性からしても得体の知れない女性と会うのはやめておくと思います。

 

しかし、Facebookは開示してもいいほどの個人情報であれば皆ある程度載せていることが多いです。

 

非常に安心感のあるコミュニケーションツールです。

そして、Facebookには出会い系によくあるサクラのような存在もいないです。

 

純粋に同窓生や友人や会社の人とのやり取りで使うという人が多いので、

警戒心を顕にして使う人はあまりいないでしょう。

 

Facebookでパートナーの浮気を調べる方法

ここからは実際にFacebookを使って浮気を調べていく方法を解説していきます。

 

アカウントを取得する

まずはFacebookを使うためにアカウント登録する必要があります。

アカウントを持っていない人は作成しておきましょう。

 

もちろん、無料で作成できますので「Facebook」とネットで検索するか、アプリでインストールして登録手続きを行いましょう。

 

メールアドレスを取得していれば誰にでも登録することができます。

不必要な個人情報は特に入力しなくてもいいでしょう。

 

基本的にFacebookは実名登録をしなければ規約違反になります。

なので、偽名で登録することはあまり推奨しません。

 

「〇〇ちゃん」みたいなニックネームのような名前も規約違反になる可能性があります。

しかし、パートナーに浮気調査がバレては元も子もないので、入力しなくてもいい情報は特に書き込まないほうがいいでしょう。

 

いい方法としては旧姓を使うことです。別に偽名というわけではありませんし、自分の写真を載せていなければ旦那さんも同姓同名の別人と思ってしまうこともあるでしょう。現にFacebookの利用者は非常に多いため、同姓同名の人がいてもおかしくありません。後は誕生日だけを変えるなどしておけば、バレる心配はないでしょう。

 

※推奨はしませんが、偽名で登録していてもアカウントがすぐに凍結されることはありません。

特に、Facebookでは免許証などで本人確認をしないので実名でありそうな名前であれば登録すること自体はできます。

本名で登録していればパートナーが気づき、投稿を見せない設定にしたり友達申請を拒否することもあります。

ただし規約違反であることは間違いないので、あくまで自己責任でお願いいたします。

 

パートナーの投稿をチェック

Facebook上に検索窓があります。

ここにパートナーの名前をいれれば、プロフィールページに飛ぶことができます。

ここでパートナーの投稿ページをチェックすることができます。

 

パートナーや浮気相手がデートした模様を投稿しているようであれば、そのページで写真ややり取りを見ることが出来るでしょう。

 

Facebookの投稿には「公開」「非公開」という設定があり、「公開」に設定してある投稿はパートナーと友達申請をしなくても見ることができます。

 

逆に言えば、「非公開」の投稿は友達にならなければ見ることはできません。

 

本当に浮気をしているのであれば、「公開」に設定している人は少ないと思いますが、パートナーがSNSなどに詳しくなくて、知らないうちに公開で設定している可能性があります。

 

まずは検索でパートナーの名前を調べてチェックしましょう。

警戒心が薄い、もしくはうかつなパートナーであればこの時点で浮気の事実を明らかにすることができます。

 

パートナーの友達に「友達申請」する

パートナーの投稿から直接チェックできない場合は、パートナーの友達に申請してつながっておきましょう。

パートナーが投稿を非公開にしていても、友達が公開設定している場合はそこから浮気を調べることができます。

 

どんな人に友達申請をすればいいのか?

 

それは、パートナーと仲が良さそうな異性、または同性です。

異性に友達申請をすれば、その中に浮気相手がいるかもしれません。

 

その浮気相手の投稿をみる、もしくは友達申請をして友達になり非公開の投稿を見れば浮気をチェックすることができます。そして、パートナーと頻繁に遊びに行く同性の友達の投稿を見たり友達申請をしてみましょう。

 

一番いい申請相手は、旦那さんの投稿に頻繁にタグ付けされたり、写真が出てくる人です。これは浮気相手そのものである可能性が高いです。浮気相手がそこまで警戒心がなければ、むやみに申請を送ったとしても承認してくれる可能性があります。ましてや、あなたが旦那さんの友達と

 

タグをチェックする

Facebookには「タグ付け」という機能があり、その投稿した時に一緒にいた人や関連のある人を登録することができます。

パートナーがタグ付けをされると、その投稿が自分のFacebook投稿ページにアップされているので、タグ付けされた投稿で合コンや飲み会をしていることが明らかになります。

 

パートナーと周りの友達と友達になっておけば、投稿された瞬間に自分のところに通知が届きます。

 

すかさずそこで写真や投稿内容をチェックして浮気を調べることが可能になります。

 

「いいね!」やコメントをチェック

パートナーの投稿に頻繁に「いいね!」やコメントをしている人はいないかをチェックしてみましょう。

チェックをするには、投稿の下を見れば誰がパートナーの投稿に反応しているかがわかります。

 

そこで必ずパートナーの投稿にいいね!をつけていたり、フランクにコメントを入れている人は必ずいます。

 

そこに異性がいれば浮気相手の可能性があります。

さらに、その相手に友達申請したり投稿をチェックすることで、浮気の事実を見破ることができるようになります。

 

Facebookで浮気をしている人が設定しているもの

Facebookも万能ではありません。

むしろプライバシーを守る機能がたくさんあり、全てを把握することは難しいでしょう。

しかし、普通にSNSを使う分には設定する必要がないものがたくさんあります。

それを設定するかどうかでも浮気の判断材料になります。

 

下記の設定をパートナーがしているかを確かめてみましょう。

 

友達を非表示

Facebookの友達ですが、実はこれを非表示にすることができるんです。

どんな友達がいるのか?を外部から見えないようにできます。

 

しかし、この機能は普通に使用する分には必要ありませんよね?

友達を隠したいということは、何らかの理由があるはずです。

一番思い当たるのが、浮気・不倫相手がいるということです。

 

投稿を非公開にしている

友達と同じように投稿も非公開にすることができます。

前述のように、投稿には誰でも見れるようにする「公開」と友達や公開する人を指定する「非公開」の2つに設定ができます。

非公開はプライバシーを気にする人であれば設定はしますが、他のプライバシー設定と合わせてやっていたら少し怪しいです。

また、この人だけ、この2人だけと特定の人物を非公開に設定できるので、あなただけから見えないようにすることも可能です。

 

タグを承認制にしている

投稿にタグをつける時に承認をしないといけない設定にしていることもあります。

これはどういうことか?

例えば、パートナーの友達がパートナーをタグ付けした時に、承認をしないとその人がタグとして表示されないという機能です。

これも普通に利用するのであれば、特に設定してなくてもいい機能です。

 

パートナーが投稿内容を確認してから承認をしているということは、確認しなければいけない投稿にタグ付けされる可能性があるということになります。

これを利用してたら少し怪しい度が増します。

 

パートナーのアカウントにログインすることができたら

これができれば苦労はしませんが、パートナーのスマホやPCから本人のFacebookページにログインすることができれば話は簡単です。

Facebookには投稿を非公開にしたり、友達申請を制限する機能がありアカウントを作っても投稿が見れなかったり設定で隠すことができます。

 

しかし、本人のアカウントを見ることができればなんの制限もなしに投稿をチェックすることができるので、苦労をして浮気をチェックすることもありません。

 

PCの場合は、パスワードを打ち込むのが面倒くさいので、パスワードをPCに記録させていることがあります。

これは、スマホも同様でFacebookのアプリをポチっとするだけで中の情報を見れてしまうかもしれません。

 

そうなると、Facebookさえ開けばそのままログインすることができるので、一度は試してみてもいいかもしれません。

 

Messagerをチェックしよう

パートナーのアカウントができたら、「Messanger」というFacebookの機能をチェックしてみましょう。

Facebook自体はメッセージのやりとりをするのに不向きです。

 

精々投稿へのコメントをする程度なんですが、「Messanger」はFacebookの友達とのメッセージを一手に管理する機能のことです。

 

なんで、投稿からでは伺えなかったプライベートのやり取りでもMessangerでは見ることができます。

パートナーもメッセージを相手に贈るときは、Messangerを使うことが多いでしょう。

 

パートナーのFacebookにログインできた場合はMessangerの履歴もチェックしてみましょう。

直接的に浮気が疑えるやりとりはなくても、頻繁にメッセージを送り合っている相手がいるかどうかも見ておきたいところです。用心深い人であれば、SNSであまり疑われるようなことはしませんが、コミュニケーションの頻度は親密さが如実に現れます。

毎日メッセージをやり取りしている異性などは非常に怪しいです。

 

※注意点ですが、パートナーに無許可でSNSにログインして投稿内容などを見ることは、プライバシーの侵害に当たる行為です。違法性のある行為なので、自己責任でお願いいたします。あまりおすすめできる行為でないことは確かです。

 

その他、浮気を見破るテクニックとは?

Facebook以外にもスマホを使って浮気を見破るテクニックも存在します。

方法としては主に2つです。

 

  • 浮気調査アプリを活用する
  • スマホのロックを解除する

 

この2つを使えば確実に浮気を確かめられます。

 

特にアプリに関しては、Facebookよりも浮気防止や浮気調査としても使えるので、ぜひ有効活用していただきたいと思います。

アプリの使い方・ロック解除の方法は下のリンクから見て参考にしてください。

参考浮気を調べる!見抜く!最強アプリとは!

参考携帯(スマホ)のロックを解除する方法がある?

 

 

Facebookは浮気の証拠にはならない!?

Facebookの投稿を見て、浮気をしていることがわかったとします。

しかし、それを浮気の証拠にすることはできないというのを頭に入れておきましょう。

 

例えば、Facebookでパートナーが異性とレストランで二人きりで食事している写真が見つかったとします。

頭にきて、浮気相手に慰謝料を請求しようとしてもFacebookの写真では法的な証拠能力がない可能性があります。

 

Facebookでも証拠になるものとしては、ラブホテルで2人きりで写っているところなど明らかに肉体関係を匂わせるものでなくてはいけません。しかし、そんな投稿をSNSでする人なんてほとんどいません。

 

なので、Facebookで法的に能力が高い証拠は手に入らないというのは理解していただきたいと思います。

パートナーや浮気相手への法的処置を考えているのであれば、SNSからではなくきちんとした証拠を取得することをおすすめします。

 

具体的には、写真・動画・自供をした音声など誰がどう見ても浮気をしていると判断できるものでなくてはいけません。これらを取得するのは個人ではなかなか難しいものいなので、探偵社などのプロに依頼をするのが望ましいです。

 

まとめ

Facebookから浮気を判断することはできますが、単なる友達とご飯に行ってるだけかもしれませんし、それだけで浮気を疑うことはできません。

 

しかし、親密な女性がいた場合は放置することもできませんし、Facebookでも浮気が確信につながる投稿が出てくるかもしれません。

あくまで導入として浮気調査をするには使えるものになりますので、バレないように有効活用していきましょう。