【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

旦那が「セフレを作っているかもしれない!」

そう思うことはありませんか?

 

いわゆるセックスフレンド、肉体関係だけのつながりですが奥さんからしたらたまったものではありません。

あなたも旦那さんにセフレがいる。

きっと腹が立つか悲しい気持ちになると思います。

 

しかし、セフレを作らせないようにするといっても対処法がなかなか思いつかないものです。

一喝して収まるくらいであれば苦労はしませんし、もしかしたら気のせいかも知れないということもあるでしょう。

 

夫のセフレに対してはどのように対処していけばいいのか?

ここではそれを知っていただきたいと思います。

 

旦那がセフレを作る危険性とは?

旦那さんが意味もなくセフレを作りたがる訳はありません。

その裏には必ずといっていいほど理由、または原因があります。

その原因を知らなければ、今後夫婦生活を円満にするには基本的には難しいでしょう。

 

旦那さんにセフレがいた。あなたが何も思わないのであればいいですが、決していい気持ちになる人はいませんよね?原因を解明することがセフレ作りをやめさせる第一歩になります。

 

セフレの存在が確認できたら、すぐに対処すべき問題です。

なぜなら、以下のような危険性をセフレは持っているからです。

セフレはいくらでも見つけることができる

あくまで体だけの割り切った関係。

なので、旦那さんもあまりこだわりがありません。

 

むしろ、「気持ちがない方が後腐れがなくて良い」と考える男性もいるでしょう。

結婚相手となると真剣に選びますが、セフレはそこまで厳しく観ません。

なぜなら性欲の解消が一番の目的。女性も男性もある程度は妥協するはずです。

 

要するにセフレというのは一人別れさせたとしても換えはいくらでも存在する。

この危険性をはらんでいるところです。

そして、可能性があれば何人でもつくろうとしてしまう可能性も秘めています。

 

なので、原因を徹底的に究明して対処をしないことには、旦那さんのセフレがいなくなることはありません。

原因を考えてから対策と防止策を考えていきましょう。

セフレは同じ既婚者の可能性も・・・

旦那さんがセフレを作るといっても1つ問題点があります。

 

それは、セフレという関係を望んでいる未婚の女性は少ないということです。

未婚の女性であれば、男性とお付き合いするときは将来の結婚を踏まえてになるでしょう。

好き好んで既婚者のセフレになる女性はそうそういません

 

なので、既婚者のセフレになる相手は大抵は同じく既婚者であることが多い。

それは、同じ既婚者同士であればセフレという関係に理解があるからです。

 

例えば、旦那さんがセックスレスに悩んでいてセフレを作ろうとします。

そして、とある女性も旦那さんとの関係に悩んでいてセフレを作ろうとする。

 

この状況で2人が結ばれることはお互いにとっても利害関係が成立している。

お互い本命(パートナー)がいて、あくまで肉体を結ぶだけの関係にお互い納得してしまうことが多いでしょう。

つまり、セフレと入っているもののW不倫。この関係になってしまうことが多いです。

 

W不倫になると相手のパートナーまで巻き込まれてしまいます。

だから、2つの夫婦で修羅場が起こる。自分が見て見ぬふりをしたとしても相手方がそうとは限りませんよね。

離婚騒動や慰謝料請求なんかも考えて、あなた自身も巻き込まれてしまうことは大いに考えられます

 

このようなリスクがある以上はセフレを黙って見過ごすことは非常にリスクのある行為です。

原因は性欲がほとんど!

セフレを作る男性は、殆どの場合性欲を持て余しているというのが原因になります。

単純に夫婦が上手くいっていない。

自覚を持つほどであれば、「帰宅拒否症」など違う症状が出ると思います。

 

しかし、わざわざセフレという形で他の女性と関係を持つ。

性欲が解消できない環境にあり、それが嫌でセフレをつくるという状況になってしまうのでしょう。

 

セフレというのは浮気と違って、お互いの性欲の解消という関係に同意した上で築く関係性

要は、男女ともに後腐れない関係を目指しているのが浮気との大きな違いです。

むしろ、性欲の解消以外でセフレを作るケースは少数派でしょう。

 

セフレと旦那さんが出会う場所・選ぶ相手

どんなシチュエーションや状況で旦那さんがセフレを作っているのか?

それを知っておかないと対策のうちようがありません。

 

どんなところにセフレとの出会いがあるのかを見ていきましょう。

具体的に言えば、旦那さんのセフレになり得る人物を知っておくことで要注意人物を洗い出しましょう。

同じ職場の女性

やはり出会いの場として多いのは職場です。

具体的には、職場の同僚、後輩などが多いでしょう。

 

同じ環境で過ごしているので親近感を持ちやすい。

ストレスも共有している分、お互いに体だけの関係に発展しやすいです。

共通点というのは、男女が親しみを感じやすい鉄板のパターンです。

 

単純に顔を合わせることも多いですし、プライベートで会おうと思ったらいくらでも機会が作れてしまいます

奥さんが気がつかないうちに、体だけの関係から本気の浮気へと発展する可能性もあります。

 

そうなれば、ただの職場不倫です。決して褒められるものではありません。

職場不倫は、不倫というカテゴリーの中でも特に多い部類です。

多くの人がやってしまうことだからこそ、同じ職場の女性が警戒する第一候補になるといっても過言ではありません。

 

男性の職場不倫については下記の記事で詳しく解説しています。

参考旦那の職場不倫を見抜く方法と対策

同級生・元カノ

もともとの知り合いの関係、同級生や元カノも可能性としては高いです。

 

セフレに理解がある。同じく大人の女性が多いです。

なかでも、割り切った関係になる人はある程度気心のしれた同級生、元カノがセフレになるにはちょうどいいでしょう。

 

同年代であることも割り切った関係になりやすく、同じく家庭を持っている人がセフレになりやすいです。

W不倫になってしまうというのが、同級生との不倫では多いです。

 

社会人になると同級生に会うことは少なくなります。

ですが、同窓会などをきっかけに一気に急接近するパターンもあるので、同窓会後に旦那さんになにか変化があればセフレの存在や浮気を疑ってもいいでしょう。

出会い系サイト

旦那さんが単純にセフレ作りをしたくて出会い系サイトを始めることも・・・

出会い系サイトで言えば、男女の出会いがそもそもの目的なので恋愛関係になりやすいです。

 

出会い系サイトの中には、既婚者がセフレ作りを目的としているものもあります

既婚者限定、セフレの出会いなど、普通の出会いを目的としていない特殊なものもあるので、そこに旦那さんが登録していたら注意が必要です。

 

出会い系サイトと浮気の関係性については下記の記事で詳しく解説しています。

参考>旦那が出会い系に登録している!これって浮気なの?

SNSからの出会い

出会い系など最初から異性との出会いを求めている。

その可能性があるかもしれませんが、とっかかりとしてはSNSで出会うことも多いです。

 

浮気とSNSというのは現在非常に関係性が深い。

、日本だけではなく海外でもSNSからの浮気というのは社会問題になっています。

 

特にFacebookなど同窓生との再会があるSNSは要注意です。

前述のとおり、元カノや同級生というのはパートナーに理解があり、距離も近い関係です。

SNSからでも久しぶりに再会することによって再び関係性が近いものになり、セフレという関係になることはあります。

 

SNSはスキマ時間に利用することができるため、気軽に他の女性とコミュニケーションが図ることができます。

そこで、旦那と同じく性生活への不満を抱える異性に出会うことも・・・

 

LINE、Twitter、Facebook、Instagramなどでもしかしたら夫がセフレとつながっているかもしれません。

SNSから浮気を見抜く方法については下記の記事で解説しているので、参考にしていただきたいと思います。

参考浮気はSNSで発覚する?スマホで浮気を見抜く方法

 

探偵さがしのタントくん

セフレを作る旦那さんの特徴

大人だからといって体だけの割り切った関係が存在するわけではありません。

セフレを作る人には必ずと言っていいほど特徴があります。

いい人すぎる

すごく人当たりが良い旦那。「きっと奥さんだけを大切にするはず・・・」と思うかも。

それは大きな間違いです。

 

性格が良い=浮気はしない。セフレは作らないというのは間違いです。

いい人が故に、職場や飲み会で女性から誘われて断れずに関係を持ってしまうこともあります。

そして、そのまま体だけの関係を続けてしまうことも・・・

 

旦那さんが理想の人だと思っていても、優しい人であったらそんな関係の女性がいる可能性もあります。

性欲が強い

セフレとは性欲を解消するという意味合いが強いです。

なので、もともと性欲が強い男性はセフレを作ることが多々あります。

 

奥さんだけでは満足できない人。それは、自然と肉体関係だけの交友関係を作り、そこで性欲を解消しようとします。

それか性欲が強くて、奥さんもと相手がしんどくなってしまうと断ってしまいますよね?

その隙にセフレを作られてしまうこともあるでしょう。

 

性欲が強い女性でも同様のことが起きる。

需要と供給が一致して性欲が強い既婚者同士でセフレになるというパターンはよくあります。

罪悪感を感じない

浮気やセフレをするのに全く罪悪感を感じない人もいます。

例えば、浮気をしているまたはセフレを作っているとしても「気持ちがないから裏切りじゃない」という独自のルールがある人のことです。

 

実際に価値観が違うので、旦那さんがこのタイプに属する男性であるのならば防止策は徹底しなければなりません。

セフレを作ることを悪いことだと認識していれば改善もまだ楽な方です。

しかし、全く罪悪感を持たない男性は価値観そのものを変えなければなりません

 

このような人を旦那さんに持っているととても苦労を強いられてしまうでしょう。

場合によっては、かなりキツめのお灸を吸えなければならないと思います。

 

旦那さんにセフレと別れさせるための対処法

ここからは、セフレを作った旦那さん、もしくはセフレ当人にあなたは何ができるのか?ということについて知っておきましょう。

 

その中でも、あなたが納得できる解決策や対処法のヒントにしていきましょう。

まずは冷静な対処を

あなたがどんな決着を望むにしても、感情的になって旦那さんやセフレを問い詰めたり暴力に訴えることをしてはいけません。

 

セフレだって普通の人ですから暴力ざたになってしまえば、あなたが罪に問われる可能性もあります。

また、旦那さんと関係修復を望んでいるにも、離婚をするにしても問い詰めると後々裁判や調停で不利になることもあります。

 

言い争いになれば、旦那さんと元の関係に戻ることも難しくなってしまうでしょう。

関係修復もすることを考慮に入れると揉めない方がいいのは当然です。

 

特に、今後も円満に夫婦生活を送りたいという希望がある。

そうであれば、直接気も間接的にも暴力に訴えるような真似だけはやめておきましょう。

ある程度、性生活を充実させれば解決する?

なんで旦那さんがセフレを作るか。

性欲が原因である可能性が非常に高いんです。

 

なので、簡単かつ効果的な解決策。

それはセックスをある程度充実させることです。

あまり気乗りしないときもあるかもしれませんが、セフレを作られて夫婦仲が悪くなるよりはマシだと思います。

これはより長く良き夫婦生活をおくるためにはぜひ実践していきたいところです。

 

俗に言う「セックスレス」はセフレや浮気に発展します。

特に30代、40代の夫婦にはよく起こってしまうことです。

 

男性の性欲の衰えは女性よりも多く、妻が気づかないうちに意外と性的な欲求を抱えている男性は多くいます。

セックスレスの改善方法については下記をご覧いただきたいと思います。

参考夫婦がやるべきセックスレスの解消方法

根本的な原因は何か?を突き止めよう

セフレをつくる=性欲がありあまっている」

というイメージがあるかもしれませんが、そうとは限りません。

 

あくまで可能性の問題なので、性欲が原因である可能性は捨てきれません。

しかし、セフレを作ることは、心理的なものが原因かもしれない可能性があります。

 

例えば、妻から相手にされないという家庭での疎外感が原因かもしれません。

会社の人間関係で悩んでおりフラストレーションが溜まっているということも考えられる。

 

そういった家庭内外での悩みを妻が助けになってあげられる

セフレ作りは止めさせられる可能性があります。

 

まずは、旦那さんがセフレを作るに至ってしまった原因はなんなのかを知る。

それを取り除けばセフレを作るような真似はしなくなるでしょう。

 

ただ、旦那さん本人だと悩みや弱みを奥さんには見せないかもしれません。

旦那さんの周りに聞いてみたり、普段の生活からなんとなく察するということは必要。

ですが、まずは原因を排除する方が解決する一番の方法です。

 

ただし、前述のとおり性欲からセフレを作るケースは多いです。性欲が原因であれば、性生活をなんとか充実させるか、他の形で性欲を忘れられるように発散してあげるという方法もあります。

セフレは浮気であり、リスクのある行為だと伝える

セフレという言葉では軽く考えているかもしれません。

ですが、やっていることは浮気と同じです。

 

当然、リスクも浮気と同じようにあります

上記で上げましたが、既婚者のセフレは基本的に既婚者であることが多いです。

そうなるとどういうリスクがあるのか?

 

それは、セフレの旦那さんから慰謝料請求をされてしまうということ。

基本的に慰謝料請求というのは、男性側が多く支払います。

 

つまり、浮気をした両方の中でも、旦那さんが相手方に支払う慰謝料が非常に高いということです。

もし、旦那さんの浮気で相手方の離婚にまで発展してしまった場合は、300万円以上の慰謝料を請求されるケースも多く、奥さんであるアナタも巻き込まれてしまうことになります。

 

ただ、当の浮気をしている本人。浮気に関してこのようなリスクがあるとは考えてないケースが非常に多いです。

そこで、「浮気をすることで金銭的にダメージがある」という事実を伝えてあげることで、浮気に対する恐怖心を煽り、結果的に防止することができます。

 

直接的に言わなくても、「週刊誌にこんな話が載っていた」と自然に多額の慰謝料を請求された浮気夫の話をするというのも1つの手です。

 

セフレは浮気と同じ対処ができる?

セフレと浮気を別々に考えてしまうかも。おそらく、気持ちが多少なりともあれば「浮気」。

体だけの関係であれば「セフレ」という解釈をする人が多いです。

 

しかし、浮気とセフレをつくることは法的な意味は一緒です。

浮気とは「不貞行為」と民法では言われますが、「肉体関係を持つこと」を意味します。

 

つまり、セフレを作ることは浮気をするのと法律上は全く同じ行為とされます。

「セフレや旦那さんに痛い目にあってもらいたい」という人であれば、次のような制裁を加えることが可能です。

まずは証拠を掴もう

浮気と一緒でセフレの対処。それには、証拠を掴むことが大事です。

 

物的証拠が何もなければ、旦那さんも言い訳のしようがいくらでもあります。

それだと話し合いに全く話し合いの場を設けることができません。

グウの音も出ないほどの証拠を用意することによって、きちんと旦那さんにも謝らせることができたり、セフレに対しても法的処置をとることができます。

 

法的処置を考えるのであれば、探偵社(プロ)による証拠でなければいけませんが、プロが用意する分、制裁も重いものにすることができます。

 

徹底的に懲らしめることで再犯を防ぐことにもつながるので、プロによる証拠取得は視野に入れておきましょう。

実際に浮気の証拠を取得することで次のような制裁を加えることが可能になります。

探偵社に依頼をすることによるメリットは様々なものがあります。

詳しくは下記で解説していますので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

参考探偵の浮気調査で安いのはどこ?【料金の相場と節約方法】

セフレの周りに浮気の事実を伝える

セフレだけに出来る制裁としては、セフレの周りに事実を伝えることです。

基本的にセフレを作ることに関しては偏見がありますし、奥さんからしたら許せる行為ではありません。

 

家族にバラして、精神的なショックを味わってもらうことができますね。

 

しかし、注意としては会社や友達にまでばらしてしまうと訴訟問題になりかねません。

家族はともかく、他人にまでバラすと「名誉毀損」という罪に問われることもあるので、家族にだけにとどめておきましょう。

誓約書を書かせる

きちんとした証拠を持っていれば、旦那さんもセフレがいるという事実を認めざるをえません。

認めさせたら、二度とセフレを作らないように誓約書を書かせて約束させましょう。

 

セフレも浮気も徹底的にやめさせることをしなければ、なかなか改善することはできません。

ただ、夫を怒るだけでは時間とともに罪悪感も薄れてしまいます

誓約書できちんと「2度とセフレを作りません」と宣言させることで、以降不貞行為を精神的にやりづらくすることもできます。

 

誓約書ではきちんと、二度と浮気・不倫・セフレを作らないことを約束させて、破った場合のペナルティまで明記したほうがいいでしょう。

 

旦那さん本人に書いてもらった場合は、法的にも効果のある書類になるので、本当に防止したいときには検討してみましょう。

セフレには慰謝料請求しよう

法的にはセフレも「不貞行為」と認められるので浮気になります。

そうなるとあなたにも慰謝料請求をすることができます。

 

慰謝料の金額は、証拠の能力の高さによるところも大きいですが、相場はこのようになっています。

 

セフレだけに請求

  • 50~100万円(夫婦生活を続ける)
  • 100~300万円(離婚の原因になったっ場合)

 

セフレ+旦那さんにも請求

  • 50~300万円(夫婦生活を続ける)
  • 300~500万円以上(離婚の原因になった場合)

 

このようにセフレだけに請求するのか、また離婚にまで発展するのかによっても慰謝料の金額は異なります。

 

そして、セフレが旦那さんを既婚者だと知っていた、複数回関係を持っていた事実が明らかになると、高額の慰謝料を請求できる傾向になります。

 

慰謝料請求をする方法や実例については下記に記事で解説しています。

そちらを参考にしていただきたいと思います。

参考浮気の証拠を集めて離婚・慰謝料請求する方法

 

確実に証拠をつかむためには・・・

十分な慰謝料を請求するには個人の力では到底厳しいものがあります。

なので、プロに頼ることも視野に入れていきましょう。

 

探偵社に依頼をすることで、絶対に慰謝料を請求できる証拠を手に入れられます。

さらに、関係修復をするためのアドバイスや方法を教えてくれるので、アフターサポートも充実しています。

 

とりわけ、おすすめの探偵社としては「街角探偵相談所」です。
街角探偵相談所

ここでは格安で探偵社に依頼をすることができるので、料金を心配される人にはおすすめです。

また、見積や相談も無料で行えるので、ひとまず試してみるというのでもいいでしょう。

【街角探偵相談所】 公式HPへ行く
【街角探偵相談所】の評判・口コミを見る

 

問題はあなたが許せるかどうか?

怪しいと思っていたら、旦那にセフレが複数人いた。

そんな事実を目の当たりにし、どうしたらいいのか悩んでいる人は多いと思います。

 

しかし、悩んでいても解決にはなりませんし、どうすればいいのかは意外とシンプルです。

問題は、旦那のセフレをあなたが許せるか許せないかというだけです。

 

  • 何人セフレがいるのか?
  • どういう関係の女性なのか?
  • 関係をもってどれくらい経つのか?

 

いろいろなことが気になっている人は多いと思いますが、詰まるところはあなたが許せるかによりますよね?

 

セフレがいるという事実がある以上は、あまり内容について深堀することは意味がありません

旦那さんの気持ちは一旦抜きにして、あなたが今後どうしたいのかを結論づけなければ、ずっと悩み続けることになりますし放置していても事態が好転することはまずないでしょう。

 

許せるのであれば、放っておいていいのかもしれません。セフレを作ることによるリスクは存在しますが、それを重々承知の上で見て見ぬふりをすると決めたのであれば、それは仕方ありません。

 

ただし、「そんなことをしてほしくない」「この生活が続くのは耐えられない」という人もいるはずです。

それならば、早めに対策をとって解決しなければなりません。

 

アクションをしなければどんなに悩んでいても何もしないのと変わりません。許せないという気持ちがあれば、行動をすれば少なくとも夫婦の間に変化は訪れます。

それでもダメだったときは、また自分の中で新たな決断をできるわけなので決して無駄ではありません。

「許せる」「許せない」という気持ちを自分の行動できちんと表すことが大切です。

旦那のセフレ対策は徹底的に!

「やめさせる」ということを考えた場合、対策は徹底的にくらいに施した方がいいです。

あなたの気持ちと裏腹に、浮気やセフレ作りは本人は大して気にも留めていないことも多いです。一晩たったら忘れてしまっているかもしれません。

 

一回セフレがいることが発覚。その後、あなたが問い詰めて「もうしません!」と土下座をしたとしても、一週間もたてば、出会い系サイトなどでセフレ候補を探している可能性も少なくありません。

そのため、一度発覚した後の対応が非常に大事です。

 

セフレが発覚したら、あなたの気持ちをきちんと伝えるのと同時に、次にやった時のペナルティを考えるなど、徹底的に懲らしめる必要があります。

そうでなければ、あなたも舐められて終わってしまうかもしれません。

 

「セフレがいる」という事態、普通とは言えません。それを平然とやってのける旦那さんをすんなり許す必要はありませんし、セフレを公認する必要もありません。

どうしても治らなければ、別れを視野に入れるのもアリでしょう。

何も離婚をしないことが正しいとは限りません。むしろ、あなたや子供のことを考えるとそんな家族を気づ付ける旦那さんよりも良いパートナーと再婚をした方がプラスに働くのは間違いありません。

 

もし、どうしても許せなければ、徹底的にお灸を据える。

そして、治らなければ離婚を考える。これも1つの選択肢です。

 

まとめ

セフレに対して許せないという思いがあるのであれば、慰謝料請求や誓約書を視野に入れておきましょう。

ただし、法的に証明できる浮気の証拠が必要です。

 

実際にセフレを作るということは、法律で言う「不貞行為」つまり浮気と一緒です。

実際に公的手続きをしなければいけないので、きちんとした証拠は必要になります。

 

本当に旦那やセフレを懲らしめたいのであれば、プロである探偵社に証拠の取得を依頼してみましょう。