スポーツジムでは現在、いたるところで運営されています。

サラリーマンでも健康志向があがり、出勤前や会社帰りで体を鍛えたりダイエット目的でいる人もたくさんいます。

 

そんなスポーツジムが実は浮気の温床となっていることはご存知でしょうか?

今回は、スポーツジムと浮気の関係性について解説していきます。

 

既に現在、パートナーの浮気が発覚している人には改善策が必要になります。

浮気をやめさせるための方法については下記の記事を参考にしていただきたいと思います。

参考浮気を改善する8の方法!不倫を止めさせるにはどうする?

 

実際にスポーツジムは出会いの場になっている!?

 

スポーツジムは男性・女性問わず通える習い事の1つです。実際にインストラクターに習って本格的に運動をするだけの場所ではありません。

むしろ、ほとんどの会員はカジュアルにスポーツジムを利用し、空いている時間の少しを運動にあてる人もたくさんいるでしょう。

 

実際に、異性との出会い目的でスポーツジムに通う人もいます。

職場で出会いのないサラリーマンや結婚適齢期に入ったOL、バツイチで運動が趣味の社会人など結婚相手や恋人との出会いが期待されていることも確かです。

 

出会いの場としてスポーツジムは案外最適です。なぜなら、男女ともに敷居が低いからです。

例えば、男性が女性がたくさんいる習い事やクラブ(お料理教室や花)に入るのはハードルが高いです。いくらたくさんの女性と出会えるとしても入りづらいと思います。

 

一方、スポーツジムは男性・女性が一定数います

しかも、男女比のバランスもよくどちらか片方の人数が多すぎるということはありません。

そして、スポーツジムは下心を悟られないので、恋人を求める大人も入りやすいです。

普通に運動目的で入ったとしても「あわよくば・・・」という気持ちを抱いても仕方がありません。それくらい男女の出会いとしてはちょうどいい場所とも言えます。

 

異性との出会いとなると「出会い系サイト」を使う人もいると思いますが、実際はリスクがたくさんあります。

出会い系サイトに登録していることは、恥ずかしいと感じたりする人もいますし、月額利用料も当然かかります。

 

あと、ネットを使った出会いなので不安がありますし、事実「サクラ」と呼ばれる存在もいます。

同じお金を支払うのであれば、スポーツジムの方がオフラインで出会えて共通の趣味の異性と出会える確率が多いです。

 

街コンや合コンはたくさん行けば、それほどお金はかかるのでスポーツジムの方が安上がりという人も多いでしょう。

 

既婚者でも同じです。

出会いの場として活用される事実がある以上、浮気に発展する確率は非常に高いです。

 

恋愛感情とは衝動的なものでもあるので、スポーツジムで素敵な異性と出会ってしまったら人間ですからどうなるかわかりません。

スポーツジムの会員やインストラクターと浮気をした実例もたくさんあるので、パートナーのジム通いは注意したいところです。

 

 

スポーツジムで浮気が多い理由

「スポーツジムに限ってなんで浮気が多いのか?」

スポーツ施設なので、パーティーや婚活会場とは違い、出会いありきの施設ではありません。

 

しかし、現実的に恋愛関係に発展してしまうのはある理由があります。

その理由についても触れていきましょう。

 

運動により気分が高揚しやすい

運動することと恋愛感情の動きは無関係に見えて実は関係があります。

運動をしていると息を切らして心拍数が上がります。その心拍数の上昇を恋愛感情によるものだと錯覚してしまうことがあります。

 

バカバカしい話かもしれませんが、有名な「吊り橋効果」の話はご存知ですか?

吊り橋と普通の路上でナンパした場合を比較すると、吊り橋でのナンパ成功率が高いという話です。

これは吊り橋で高く不安定な場所でドキドキしていると恋愛のドキドキと勘違いをしてしまうという人間心理を表しています。

 

スポーツジムで気持ちが浮ついてしまうのもこの「吊り橋効果」に似たような勘違いを起こしているということが言えます。これはあくまできっかけに過ぎませんが、浮気というものはきっかけさえあれば起こってしまうものです。

 

共通の趣味を持った異性との出会い

スポーツジムは出会い目的であるにしろ運動することや健康志向が強い人であることは間違いありません。

要は、みんな同じ目的や趣味というのを持った人間ということです。

 

共通点を持っているということはそれだけで話は弾みます。

共通点とは、恋愛心理学においては好意を抱く一番のきっかけになるものです。

1つの共通点から仲良くなり、会う回数を重ねるうちに男女の関係になることはよくある話です。

 

生活習慣が似ている人に会う

スポーツジムは24時間オープンしているところも多く、色々な人が通いやすくなっています。

 

しかし、仕事をしている人であればルーチンワークになることも多く、大抵は出勤などの時間に合わせてジムに行くことが多いでしょう。

例えば、日中働いている人は早朝か夜、夜勤をしている人はその労働時間の前後に合わせてジムに行きます。

 

なので、その時間にいる人は自分と生活習慣や労働形態が同じである可能性が高いです。そうなると浮気やデートをする際にスケジュールが合いやすいので浮気をしやすい環境であることは間違いありません。

 

ジム自体が浮気の言い訳になる

ジムに行くと言って、実はパートナが浮気相手と普通にデートをしているかもしれません。

いつも仕事終わりにジムに行く習慣があるのであれば、「ジムによって運動してから帰る」とパートナーに言われれば浮気を疑われるようなことはないでしょう。

 

実際にジムに行っているのは事実なので、そのうちの何日かをデートに使ったとしても浮気が発覚することは難しいでしょう。

 

ジムでやり取りをすれば、家にいるパートナーから浮気を疑われることはありませんし、デートの約束もその場でしてしまえば、スマホやPCで浮気の痕跡を残すことはなくなります。

 

そもそも浮気がバレテしまいやすい環境であれば、浮気をしようと思う人は少ないです。

しかし、浮気がばれにくいという環境であるということが、それまで浮気に興味がなかった人でも走ってしまう可能性が上がります。環境が人を変えてしまうという典型的な例です。

 

スポーツジムで出会う異性のタイプ

ここではスポーツジムでパートナーがどんな女性と出会うのかを見ていきましょう。

とはいえ、出会う相手のパターンはそこまで多くありません。大きく分けて2つのパターンがあります。

 

同じジムの会員

やはり分母が一番多いのは、同じジムの会員の異性です。いつも使う器具で隣同士だったり、そのジムで行われているダンス・ヨガレッスンで一緒になったりと距離感も近いので話す機会もたくさんあります。

 

会員といってもいろいろな人がいます。人もたくさんいるのでパートナーのタイプの人がいたとしても不思議はありません。年齢・職種問わず誰しもが恋愛に発展することが考えられます。

 

それにレッスンになると共通点が増えるので、悩みなど話のタネがたくさんあるので親しくなりやすいです。

 

特に、ジムの場合は全員が一人で行くことが多いです。

異性がいても話しかけやすい環境ではあります。

 

日常会話をするようになり、次第に恋愛関係に発展してしまうこともあります。

 

トレーナー・インストラクター

ジムはレッスン・個人のトレーニングでインストラクターがつくところが多いです。

個人のレッスンも追加料金を支払えばトレーナーの指導の下、体を鍛えられるところがたくさんあります。

 

その個人のトレーナーには当然異性も存在します。トレーナーが浮気につながりやすいのは、会員にとってある種の憧れの存在だからです。

 

例えば、体を鍛えたい・痩せたいと思っている人にとってトレーナーは自分の目標を体現している存在です。その憧れが恋心に発展してもおかしくない存在です。

 

会員と違って1対1で話すことが多いので、競争率は高いかもしれませんが気が合えば一気に急接近してしまう相手とも言えます。

 

可能性は多数存在する

スポーツジムの会員とは言っても、いろいろな人が集まります。

会社員や公務員、自営業や社長などもいるでしょう。

 

最近では、フィットネスもメジャーな趣味になってきたので、職業や年齢に関係なく人が集まります

 

トレーナーさんにもいろいろな人がいますし、年齢層も幅広いです。

浮気相手としての関係に発展する可能性のある人をあげ始めたらキリがありません。

 

浮気を発見するのは至難の業になるかもしれません。

 

もし、パートナーの行動を怪しいと思ったら下記の記事を参考にして浮気の有無を確かめていきましょう。

参考旦那の行動が怪しい!夫の浮気をあらゆる状況で確かめる方法

 

ジムでの浮気を防止するのは・・・

パートナーがジムに通うことが心配になってきたかもしれませんが、防止することもできるのでできるだけやっておきたいところです。ただし、これから紹介する防止策も万能ではありません。やらないよりもマシではありますが、最終的にはあなた自身がパートナーの気持ちを繋ぎ止めるのが大事です。

 

一緒にジムに通う

どんな策よりも効果的な方法は、パートナーと一緒にジムに通うことです。

これさえやれば、浮気なんてとてもできません。パートナーと一緒にいれば一般的にはその人に手をだそうとする異性も少ないでしょう。

 

やりすぎると束縛にもなるかもしれませんが、そんなときはパートナーが通う時間を把握しておいて抜き打ちで自分も顔を出すのもいいでしょう。

 

そうすれば、パートナーも緊張感を持つので気持ちが浮つくこともないでしょう。

 

同じジムの会員と仲良くなっておく

パートナーと仲の良い会員と自分も仲良くなっておけば、相手のジムでの様子が聞けるかもしれません。

パートナーに聞いてみて本当にジムに行ってるかどうかを確認するのもいいですが、それだといくらでも誤魔化すことができます。

 

パートナーも他の会員と仲良くしているところを見ていれば、下手に噂が出ないように浮気と疑われるようなことさえしないでしょう。

ほかのジムの会員であれば、「いつジムに来ていたか」というのを聞くことができるので、浮気発覚の証言も手に入れることができます。

 

決まった時間に通ってもらうようにする(門限を決める)

ジムに決まった時間を決めてもらって帰ってくる時間もきちんと守ってもらうようにするという手もあります。

門限を定めておけば、パートナーもジム通い自体を止められているわけではないので、面と向かって嫌だとはいいづらいでしょう。

 

家庭内のルールとして定めてあなたもこれを守るようにすれば、夫婦両方で守るべきルールとなり「自分だけが守っている」という不満感を持たれないようにできます。

 

少なくとも、朝帰りをするのはやめてもらいましょう。

 

まとめ

ジム内ではたくさんの出会いがあります。

いくらでも異性はいるので、それだけで恋愛に発展する可能性は高いということができます。

 

ジムに一緒に通って浮気を防止できたとしても、既にその会員の女性と親しくなって外でデートをしている可能性だってあります。

 

健康志向が強く、運動が好きなことはいいことですので、パートナーのジム通いを応援したいところではありますが、実は浮気につながるという落とし穴があるということも覚えておきましょう。