【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

旦那さんが浮気を下にも関わらず全く反省した素振りを見せない

実は、これはあなただけの悩みではありません。

 

浮気というものは元々罪の意識を感じることが少ない。発見された瞬間は反省した。

だとしても時が経てば次第に反省の色も薄れてしまうもの。旦那さんはまた浮気をすることになるでしょう。

 

浮気性男性の特徴浮気の防止方法については、別の記事でまとめています。

興味があればこちらも参考にしてください。

参考【浮気性のある男】13の特徴と効果的な治し方

参考 旦那の浮気を防止しよう!今からできる予防策
そんな悩みを抱える人に旦那さんに浮気をさせない。

または再発させないための方法について解説していきたいと思います。

 

浮気させない女になるためには?

旦那さんに解決策を施すのもいいですが、自分が浮気をされない女になるという意識も大切です。

というよりも他人を変えようとするよりも自分を変えることのほうが簡単です。

 

旦那さんに反省させるのは難しくても、自分が愛される為の努力は実を結ぶことが多いです。

その方法についても知っておきましょう。

自分の主張ではなくお願いができる

多くの夫婦喧嘩のもとになってしまうもの。

それが「自分も大変」「自分の方が忙しい」という気持ちでいるので相手に無理を強いてしまうところにあります。

 

よく聞く夫婦喧嘩としては「俺は仕事を頑張っている」「私も家事・子育てで忙しい」などです。

これは見たことがある光景だと思います。

 

これはお互い独りよがりな考え方です。

浮気させない人は「~やって」ではなく「~してほしい」と言えます。

「自分の主張」でなく「お願い」を言う。もしくは上手に「甘える」ことができる人です。

 

難しいと感じるかもしれませんが、実際に言い方を変えるだけでいいんです。

相手に「頼られている」と感じさせるような言葉を言える女性。

旦那さんも「女」として扱うので浮気はされにくいです。

 

夫婦どちらにも言えることですが、自分の主張ばかりする妻や夫というのは苦痛になってしまいます。

所詮は他人同士ですから、価値観が全く一緒であることはありません。

 

自分の考えは基本的に相手と同じではないと考えることが大事です。

そう考えることで相手を理解しようという心が生まれたり、自分の中での妥協点を考えることができるので夫婦関係が非常に円満になります。

愛情表現がしっかりできる

旦那さんの浮気の一因。

前述のとおり「浮気に対して罪悪感を持てない」ことにあります。

 

奥さんから愛情を感じない=自分が浮気しても相手は気にしないだろう

という発想になってしまいます。

旦那さんに対しては普段から「好き」という気持ちが伝わる態度や言葉を表すようにしましょう。

 

大げさなものではなくさりげないものでいいです。

あまりに露骨だと旦那さんは「怒っているからか?」と変に誤解をしてしまいます。

自分なりにできるもの。少しずつ実践に移していきましょう。

 

愛情を伝えるコミュニケーションは、夫がセックス以上に求めるといっても過言ではありません。

セックスレスも男性は浮気のきっかけにはなります。ただ、それ以前に夫婦間でしっかりとコミュニケーションを取っていない

これが浮気の直接的な原因になります。

気遣いができる

男性は女性に対して「癒し

を求めていることが多い。

 

浮気をするのも女性に癒されたいという願望。

それが表に現れているからかもしれません。

普段仕事で忙しい夫に対してねぎらいの言葉をかけてあげる。

気遣うのがうまい女性は浮気されにくいです。

 

日常生活の中でちょっとしたことでも褒めてあげたりお礼を言う。

昇進したら祝ってあげたりしてあげることが大事です。

家庭に癒しがあるからこそ、仕事を頑張れたり「早く帰ろう」と思うことができます。

 

基本的に職場に長くいたくもないはず。

なのに、家を必要以上に留守にしているのは外に癒しを求めている証拠です。

 

旦那さんにとって「あなたといる時間を何よりも安らぎの場とする」こと。浮気をさせないための第一歩になります。

夫婦関係はお互いに気を遣わない中でいるという人も多いですが、それでは長続きしません。

親しき仲にも礼儀ありという言葉があるように、最低限の気遣いができなければ相手を不快に思う気持ちが強くなってしまいます。

 

必要以上に遠慮する必要はないかもしれません。

相手を勞ったり相手の意見を全く聞かないという態度はいけません。

子供が生まれても旦那への態度を変えない

子供が生まれて子供中心の生活の奥さんになってしまう。

それは決して悪いことではありません。

 

しかし、子供優先という生活も浮気されてしまう奥さんの典型的な例です。

 

子供が生まれると途端に母親としての仕事が舞い込んでしまいます。

それによって、余裕を無くして旦那の存在をおろそかにしてしまう。

実は、妊娠中や育児に忙しい期間も旦那が浮気をするきっかけとしてはよくあります。

 

子供が生まれても旦那さんの態度を変えずに、器用に家庭を回せる人は決して浮気をされにくいでしょう。

最初は難しいかもしれません。

ですが、余裕が出来てきたら心がけておきたいところです。

 

子育ての悩みも旦那さんにしてみるのもいいです。それも夫婦で必要なコミュニケーションの1つ。

それすらも面倒臭がってしまうと旦那さんの関心も徐々に薄れてしまいます。

 

浮気を繰り返し、反省しない男性心理とは?

妻や浮気相手、浮気相手のパートナーまで巻き込む。

それでも、何故浮気を反省しない男性がいるのか?

 

具体的な対策を考える前に、浮気を繰り返し行う男性心理も理解しておきましょう。

浮気が単純に楽しい

既婚者になると、当たり前ですが自由な恋愛ができません。

 

浮気によって自由恋愛をしていると独り身の時の開放感も味わえます。

いわゆる「恋愛」をしている感覚を思い出すのでしょう。

 

浮気・不倫というのは非常にリスクのある行為。

ですが、そのスリルすらも快感になってしまうことがあります。ほとんどの浮気経験者は「浮気はいけない」とわかっています。

それでもやめない理由は1つ。スリルや自由恋愛を楽しんでいるからでしょう。

また、家庭で奥さんと上手くいっていない家庭であれば、なおさら浮気を楽しんでしまいます。

 

例えば、妻と今更新鮮にデートができない。

女性と一緒にいる時のドキドキがないとすれば、他の女性で解決しようとしますよね?

旦那さんとしては一番触れ合うべき異性、奥さんとコミュニケーションが図れない。

ならば、そのフラストレーションを他の女性で解消をしようとしてしまいます。

罪悪感がまるでない

反対に浮気に対して何も感じていない夫も存在します。

なぜこのような男性は浮気に対して何も感じることがないのか?

それは妻からの愛情を全く感じないことに由来します。

 

例えば、奥さんから家庭での立場をないがしろにされていたり、全く男として扱われていないと感じる。

妻に対して「書類上の夫婦として存在しているだけ」と感じてしまいます。

事実は夫婦でも感情的にフリーになってしまう。こうなると浮気に罪悪感を感じることができません。

 

ある意味、浮気をしたとしても他人事のように受け止められると思っているのでしょう。

罪悪感を感じないパターンとしては、単純に育ちがよくない男性がいます。

 

例えば、日常的に浮気を繰り返す親を見ていたり、周りの友達などが浮気肯定派の人間。

なら、「浮気は悪いこと」という当たり前の意識も身につかずに大人になってしまうことがあります。

これについては改善はとても難しいです。

浮気をしたことによって、よっぽど痛い目を見ない限り人は変わらない。

なので、このパターンに該当するのであればキツイお灸を据えることが大事です。

妻は離れないと持っている

奥さんが何度も説得したとしても浮気を繰り返してしまう。

それは「どうせ俺と別れはしないだろう」とタカをくくっていることも考えられます。

確かに結婚するよりも離婚をするほうが10倍大変です。

 

結婚するときは、役所に書類を届けて一緒に暮らす準備をするだけです。

もともと同棲している人は婚姻届を出し、後はせいぜい結婚式の準備をするくらいのものです。

しかし、別れる時は結婚するのとは勝手が違い労力がそれなりにかかります。

 

離婚届や財産分与や子供の将来など考えなければいけないこと。

処理しなければいけない公的処理が結婚よりも増えます。

 

もしかしたら旦那さんは、妻はそんな大変な選択をする。

それよりも離婚をしない方を選ぶと心の片隅にあるのかもしれません。

ただ、このような心理を持っている男性は、一度強く嗜めるとしっかり反省をしてもらえる可能性もあります。

 

一度目の浮気できつく問い詰めれば、それ以降は人が変わることも考えられる。

あきらめる必要は全くありません。

「少し気が緩んでいるかも」と思ったら、少しキツめにお灸を据えてみましょう。

街角探偵相談所

 

旦那が浮気を本気で反省しているのか?その見分け方

浮気が将来的に繰り返されるかどうかは、旦那さんの浮気発覚後の態度で知ることができます。

要は旦那さんの「謝り方」です。

 

そこで旦那さんが本気で浮気をしたことを後悔しているのかどうかを判断しましょう。

旦那さんが本気で反省しているかどうかは以下のポイントを見ましょう。

 

  • すぐに謝った
  • きちんとした謝罪の言葉を述べた
  • 態度が切実だった
  • 低姿勢

なあなあな答え方やふてくされた感じで誤っている人に罪悪感があるとは考えにくいです。

夫婦間とはいえ、罪悪感のある夫は浮気という裏切り行為を行った以上はきちんとした謝罪をします。

 

このような人はちゃんと反省していると思ってもいいでしょう。

反対に、逆ギレしながら謝っているかわからない言葉だったり、「お前が悪い」と言わんばかりのふんぞり返った態度だったら誰がどう見ても反省はしていませんよね?

 

実際に言葉ではいくらでも繕えることができます。

やはり、一番反省の色が伺えるのは態度です。

 

奥さんから一度浮気について本気で怒られたり、傷つけてしまったと思えば、それだけで人は変わるものです。

次の日から誤ったりお詫びをしたり、家族サービスを積極的にしたりという態度であれば反省が伺えるでしょう。

反省というのをきちんと形で表してくれているのであれば、反省をしっかりとしていると思っていいでしょう。

 

その日以降も態度が変わらない。それは、反省の色が見えないのであまり旦那さんには響いていない。

もしくはあなたの気持ちが伝わっていないのかもしれません。

このような旦那さんの場合はまた幾度となく繰り返してしまいます。

全く反省しない夫に対してだけではなく、口だけで謝った旦那さんには浮気をさせないための対策が必要になります。

 

ただし残念なお知らせではありますが、基本的に浮気をして反省し、2度と繰り返さない人

これは非常に少数派であるということです。

 

夫が反省するには、夫の反省を待つのではなく、あなたが反省させる材料を提供することが大切になります。

何もしなければ夫の生活態度は変わらないというふうに思っていたほうがいいでしょう。

 

旦那に浮気を反省させる言葉・方法とは?

実際に旦那さんの浮気を反省させるにはどのような言葉を言うべきなのか?

 

それについても知っていただきたいと思います。何もアクションを起こさなければ浮気性は治りません。

また対応を間違えても再犯を止めることは難しいです。感情的にならず冷静になるのが一番のポイントです。

 

それを踏まえた上で、どんな言葉が真に旦那を反省させることができるのか?

具体例を見ていただきたいと思います。

怒りではなく悲しみを伝える

まずは「自分がいかに心配したか」「自分がどれだけ悲しかったか」を伝えるのがいいです。

浮気を発見したら怒りに任せて旦那さんに罵声を浴びせる人もいます。気持ちは分かりますが、それでは浮気を止めることはできません。

 

怒りに任せて言葉を発したら、相手も逆ギレで返してくるのがオチです。

売り言葉に買い言葉で「なんで浮気でそこまで言われなければいけないんだ!」と相手も思ってしまいます。

特に、浮気が発覚してすぐに話し合いを進めてしまう。興奮が収まっていない状態なので口論になってしまうことがあります。

 

基本的に口論になってしまうと相手に反省させることはできません。

お互いに自分の感情をぶつけるだけなので、浮気した方とされた方で話が合うわけがないですよね?

そうではなくて、浮気されてとても悲しい。その気持ちを伝えれば相手に「妻を傷つけてしまった」というショックを与えることができます。

口喧嘩にならずに精神的にショックを与えたほうが浮気の再犯防止には良い手です。

 

もしも、浮気に気づいたとしてもすぐに問い詰めるのはNG。

落ち着いたと思ってから話をするのもいいでしょう。

できるだけ興奮状態を抑えて話ができるように、自分の感情がある程度落ち着いたところで話を切り出すようにしましょう。

浮気のリスクを伝える

浮気はとてもいけないこと。論理的に理解をしている人はいないかもしれません。

あくまで人間同士の気持ちの問題。「浮気は誰にも迷惑をかけていない」と思う人もいるでしょう。

しかし、実際はそうではありません。

まずは、浮気によって一番傷つくのは「あなた」です。あなたとの夫婦生活を崩壊させてしまうリスクもありますよね?

 

浮気をする旦那さんはそこまで頭が回っていない可能性もある。

このリスクはあなたが浮気を問題視している事が伝われば大丈夫です。

 

しかし、問題はそれだけではなくなる可能性も大いにあります。

浮気をするということは、「浮気相手」があって成立しますから、当然浮気相手の身辺も巻き込んでしまうことになります。

浮気相手にもパートナーがいた場合は、相手の家庭も崩壊させてしまう恐れがあります。

 

あなたが浮気を許せないように、浮気相手のパートナーも黙ってはいません

もしかしたら、その人が旦那さんに対して慰謝料を請求することも考えられます。

また、職場不倫であるならば、お互いに会社での立場も危うくなります。

そういった浮気をすることによる危険性を揶揄する言葉をかけたほうが防止策につながります。

 

浮気をすることを恐れるようになるようなリスクを相手に伝えていきましょう。

釘を指す言葉を最後に添える

前述の対応だけでは「甘いんじゃない?」と感じる人もいるかもしれません。

その通りで、最後に強烈な釘を指す言葉も必要になります。

浮気に対して危機感を持たせるような一言を最後に添えましょう。

 

具体的には

  • 今度やったら両親にも相談する
  • 浮気相手の夫にばらす
  • 慰謝料を払ってもらう

など、きちんと「次はない」というのを分からせておきましょう。

 

これができない人は旦那さんに浮気をされてしまう可能性があります。

旦那さんが浮気をすることに対する危機意識が持てないからです。

「浮気をしてもどうせ別れないだろう」と思われてしまえば、第2第3の浮気を招いてしまうことでしょう。

 

浮気をする男性の心理の1つとしては、妻は自分から離れないという慢心にあります。

これを抱かせないような態度をとらなければ、浮気を防止したとは言えません。

 

ただし、これはやりすぎないようにしましょう。あまりに言い過ぎると重みがなくなってしまいます。

例えば、「浮気したら離婚だよ」と毎日言ってしまうと、旦那も慣れてしまい危機感がどんどんなくなってしまいます。

ここぞという時に言わなければ危機感を持てなくなってしまうかもしれないので、釘を刺すときは最後に一言だけ添えるようにしましょう。

暴力や相手を悪者扱いはNG

当然ですが、浮気は浮気をした方が100%悪いです。

それは事実には違いありません。

しかし、暴力に訴えたり、相手を過剰に悪者扱いするのは対応としては間違っています。

決して感情的に行動しないことがポイントです。

 

暴力はかなりのリスクが伴います。

どうしても興奮状態になってしまい手が出てしまうことがあるかもしれません。

落ち着いて話をできるような状態にしてから夫と相対することが必要です。

暴力に訴えてしまうと、調停や裁判に発展した時に不利になってしまいます。

 

仮にあなたが離婚をしたくない場合でも暴力を理由に相手が一方的に離婚を申し出てしまうことも考えられる。

どれだけ気がたったとしても手だけは出さないようにしましょう。

 

言葉の暴力も同様です。

現在では言葉の暴力もDVとされ、モラルハラスメントという言い方をされる時もあります。

同じく裁判や調停、さらに離婚における手続きでは不利になることが多いです。

 

相手を過剰に悪者扱いするのもNGです。

相手が100%悪いと思って話を進めてしまうと、浮気問題が想像を超えて肥大化してしまいます。

基本的に悪いと思っている相手に譲ろうとは人間思わないです。

話し合いが一向にまとまらずただ状況だけが悪くなるというケースはよくあります。

 

冷静になって相手の言い分もきちんと聞くことが浮気問題の解決には必要です。

興奮しているとついつい心にもないことを言ってしまって、口論がエスカレートしてしまいます。

そうなると収集ができず解決が遠のいてしまうので、気をつけておきたいところです。

相手にも同じ気持ちにさせる

浮気をした方というのは浮気をされた方の気持ちなんてわかりません。

それだけ辛いかというのを想像すらしていないでしょう。

どこかで他人事だと思っていると、なかなか反省に結びつけることができなくなります。

だからこそ、「浮気をされる」ということを自分にもあることだと分からせなければなりません。

 

「私も同じことしていいの?」「次やったら私もやるから」と自分も浮気をするような態度や言葉を投げかけてみましょう。

その時に、夫は初めて妻の立場になって浮気というものについて考えます。

自分は浮気をされた時にどんな気持ちになるか想像するでしょう。

その時に本当に申し訳ないと言う気持ちにさせることができます。

誓約書を書いてもらう

物理的に浮気をやめさせると同時に反省させる。

それには、「誓約書」という方法もあります。

誓約書は簡単にいうと、「これからは2度と浮気をしません。もしも浮気をしたら〇〇万円の慰謝料を支払う」というようなことを約束させるもの。

法的な拘束力もあるので、誓約書を書けば今後浮気をする可能性は低くなるでしょう。

 

誓約書を書いてもらうことは精神的な壁もつくることができます。

口頭で約束したものというのは人間は忘れるものです。

ただ、紙で書いたことは真剣味が出るので忘れて過ごすことはなかなかできません

口で言うと形は残りませんが、物で残っているのは心に残りやすいです。

プロに相談する

旦那の浮気癖がよっぽどひどい。

その場合は、探偵社に相談をするという手もあります。

 

探偵社は浮気調査というイメージがあるかもしれません。

ですが、浮気をした事実を確認するだけが探偵社の仕事ではありません。

 

むしろ、浮気調査後が最も探偵社の力が発揮されると言ってもいいでしょう、

例えば、「浮気相手に慰謝料を請求したい」という人には裁判でも使える浮気の証拠を用意して、手続きをサポートする。

浮気されたけど離婚はしたくない」という人には浮気調査後の関係修復をサポート。

離婚を考えている」という人には離婚の手続きをスムーズに進められるようにサポートしたりという仕事がメインです。

 

探偵社には基本的に浮気問題に強い顧問弁護士を抱えていることも多く、探偵社独自のノウハウと経験に加え、弁護士の知恵を借りることによって、より浮気問題を完璧に解決することに重きを置いています。

やはり、浮気問題というのは個人には手に余ることが多いので、素直にプロに相談するという選択肢も考えた方がいいでしょう。

 

特に、慰謝料の請求や関係修復に関しては一人の力では、実現できない可能性の方が高いです。

浮気を確かめるだけではなく、「将来の夫婦生活をより良いものにする」ということを考えた場合は、探偵社に頼るというのは非常に有効な手段です。

 

ただし、探偵社を利用したことがない人からすれば「どこに依頼をするべきかわからない」という人もいるでしょう。

そんな人のために下記で浮気調査でオススメの探偵社ランキングを紹介しています。

探偵には様々なサービスがあり、探偵社ごとに個性はありますが、あくまで浮気調査のみで探偵社を厳選してのランキングになります。

 

旦那の浮気を徹底的に解決したい人は下記の記事を参考にしていただきたいと思います。

参考浮気調査が得意な優良探偵社のおすすめランキング

反省させるには具体的なペナルティを

浮気を反省できない理由。浮気心が残っているからというわけではありません。

それを含めて、厄介なのが浮気というものです。

例えばですが、一般的な犯罪行為などは逮捕から裁判を経て、刑期を全うすることになります。

具体的に、どんな罪で裁かれてどんな罰があるのかというのがわかります。しかし、浮気の場合は違います。

 

対処するのは、ほとんど浮気された方。つまり、妻に委ねられていることが多いです。妻の対応は基本的に似ていて、怒る・悲しむなどがあります。しかし、これが反省につながるかというとそんなことはありません。

「浮気を悪いことだ」と認識させるためには、具体的なペナルティが必要です。

浮気を止めるには、止めるための分岐点が必要になりますが、それが妻からのペナルティであることは大きいです。

浮気したことをきっかけに自分が欲しいものを買ってもらったり、自分の要求を1つ飲んでもらうなどをしたほうが、旦那も反省するきっかけができるのでやってみたほうがいいです。

 

夫には慰謝料請求しなくても、浮気相手への慰謝料請求も効果的です。自分が浮気してしまったことにより他人にもダメージを与えることになるので、精神的なペナルティにもなります。

きちんとペナルティを与えた上で、後は水に流したほうが反省させることができます。

 

浮気を反省させることができなかった失敗例

浮気をやめさせることができなかった。反省させることができなかった人もたくさんいます。

そんな失敗例から同じ轍を踏まないようにしていきましょう。

次に紹介するのは本当にあった夫婦の話で関係修復に失敗した例をご紹介していきます。

問い詰めて逆ギレ

ある夫婦の妻、紀子さん。彼女は旦那の浮気が発覚すると、ものすごい剣幕で夫を問い詰めて何度も罵倒したそうです。

「浮気をするなんて最低!」「信じられない!」といった具合に・・・。

旦那さんも浮気をした負い目もありますから、黙って聞いていたそうです。しかし、日に日に何度も罵倒されているうちにとうとう堪忍袋の緒が切れてしまいました。

「そんなに言うならもう離婚しよう!」と切り出されてしまいました。

 

紀子さんは離婚をする気は全くありませんでしたが、勢いに任せて罵倒しているうちに相手を本気にさせてしまいました。

そして、ついに勢いのまま罵声を浴び続けた結果、離婚という結末になりました。

このように、浮気をした側に何度も責めるのは得策ではありません。むしろ、泣いて相手をとどまらせるべきでした。

不安がぬぐえずに何度も携帯チェック

体験談の主は、めぐみさん。過去に夫の浮気が発覚したという事実があり、その後も浮気をするのではないかと不安に思っていました。

不安に押しつぶされそうになっためぐみさんは、何度も夫の携帯をチェックしてしまいました。

ある日、チェックしていることが夫にばれて口論になり、「なんで携帯を見るんだ!」と言われて、「だって、浮気しているんじゃないかと思って・・・」「しているわけないだろ!」といった具合のやり取りが続きました。言葉だけでは安心できないめぐみさんは、その後何度も携帯チェックしては見つかって口論という様子を繰り返しました。

 

とうとう妻の行動に我慢できなくなった夫は、「それなら本当に浮気をしてやる!」と結果的に浮気をしてしまいました。

それから、夫婦関係はズタボロになり、2人が離婚をするのにさほど時間は必要ありませんでした。

不安に思っているのは、相手を大切に思っているからです。だとしたら、携帯チェックではなく、その気持ちをアピールするべきでした。

 

まとめ

浮気を反省させるというのは簡単なことでもありません。浮気された側にも努力が必要であり、夫婦間の絆も試されます。

旦那さんの浮気問題に際して最も大事なことは、早めに解決をするということです。

浮気に気がつくのが遅れたり、何の対処もしなければ大変な事態になることがあります。

結果を重要視するのであれば、自分ひとりで頑張るよりも効果的なので、余りにも反省の色が見えないときは検討して、旦那に浮気を反省させましょう。