【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

夫が浮気していることが明らかになった

携帯やスマホのメッセージ。

現場に居合せる。

など、旦那さんの浮気が発覚してしまったとします。

 

人によっては「人生最悪の瞬間だ!」という人もいるでしょう。

思わずヒステリックになってしまうかもしれません。

しかし、浮気発覚後に自分がすること。

これによって夫婦関係の未来が大きく変わることになります。

 

むしろ、浮気が発覚した後こそ夫婦間の絆が試される。

そういっても過言ではありません。

 

今回はそんな旦那さんの浮気発覚後に奥さんがするべきこと。

するべきではないもの

これらを解説していきたいと思います。

 

落ち着いて状況と自分の気持ちを整理する

まずは自分の心を落ち着けて気持ちの整理をつけましょう。

 

心を落ち着けるといっても簡単なことではない。

今まで夫婦として暮らしてた夫に裏切られた

そんなに簡単に気持ちを落ち着けられるわけがありません。

 

精神を安定させるのにはある方法があります。

それを実行して鬱憤を晴らしていただきたいと思います。

 

心を落ちるかせる効果があるもの

人が心を落ちるかせるためには単純なことを実践すればいいだけです。

  • 大声を出す
  • 愚痴を言う
  • 運動する
  • 泣く

 

一般的にはあまりいいことではないかもしれません。

ですが、精神を安定させるための一時的な処置としては非常に効果的です。

あくまでも一時的にやるだけなので人に迷惑をかけるわけではありません。

遠慮なくやっていただきたいと思います。

 

上記の行動の共通点としては、ネガティブな気持ちをカタチにして表すということ。

これは人のいないところや気心が知れた友人にぶちまけたりしてもいいです。

 

実際に自分の外に気持ちを出さない。

ネガティブな気持ちがどんどん内側に溜まっていき、思わず人に暴力をふるったりしてしまうかもしれません。

 

自分の外に出さなくては人間はどんどん不安定になるもの

自分でも思いがけない大変な行動をとってしまうかもしれません。

まずは自分の気が済むように発散しておくのがいいです。

 

他にも友達に話したり、美味しいものをひたすら食べるということでも気持ちは落ち着くはずです。

早まった行動を慎むためにも平常心を保てるようにしておきましょう。

 

自分の進路をはっきりさせること

浮気が発覚し、心を落ち着けた。

その後、自分がするべきことをはっきりさせましょう

あなたがやるべきことは、どんな進路を進むかによって変化します。

 

冷静にならないと早まった判断をするかもしれません。

、一度落ち着けば「自分はこれからどうしたいのか?」が明確になります。

 

離婚をするか夫婦関係を続けるか

真っ先に思い浮かぶ自分の選択。

離婚か夫婦継続かということだと思います。

まずは、自分の中でこれをはっきりとしましょう。

 

当然、この2つの異なる選択肢。

どちらもやる事なす事すべてが違います。

 

この2つに1つをはっきりさせなければ今後行動を起こすことができません

基本的に「関係が修復できなければ離婚かも」とどっちつかずでいる。

苦労をすることにもなりますし、そんな気持ちでは関係修復もうまくいきません。

 

「関係修復は大変」「離婚は面倒くさい」という意見はあります。

しかし、断言できるのはどちらの道も簡単ではありません。

 

夫婦関係を修復するには数年単位の時間と努力を要することがあります。

離婚をしたら様々な公的手続きをこなさなくてはいけない。

しかし、浮気が発覚したのであれば、妻は必ず決断しなければいけない問題でもあります。

 

決めたら最後までやり通す

選択肢を決めたあとに重要なことがあります。

それは、初志貫徹ということです。

 

中途半端な未練や心残りがある

そうなると夫婦お互いにとって良くない結果になります。

 

関係修復をすると決めたら最後までやり通すようにしましょう。

夫婦が仲睦まじい状態に戻れるのであれば、それに越したことはありません。

 

あなたが望めば可能な進路。

本心でやり直したいと思えばそれを目指していただきたいです。

 

どうしても許せないと思ったのであれば、離婚をするのもいいでしょう。

今は離婚というのも珍しいものではなく、むしろ自分や家族の今後の為に早いうちに決断するのは立派なことです。

 

不安もあるでしょうが、新たな人生のスタートを切ることができるというメリットがあります。

どちらも簡単ではないからこそ強い意志と行動力を持ってやることが重要になります。

 

探偵社に相談するのがベスト

旦那の浮気を発見したら進路を決めるのは大前提です。

しかし、その後にすぐやるべきこと。

 

それは信頼できる探偵社に相談することがベストです。

なぜ、探偵社に相談するのがベストな選択肢なのか?

ということについて知っておきましょう。

 

進路を決めるのは遅かれ早かれ誰もがするべきこと。

しかし、その進路を実現するためにはどうすればいいか?

それをわかっていない人は多いです。

 

例えばですが、「早稲田大学に合格する」という目標がある。

だとしても「合格するためにどうすればいいか?」

と具体的に手段を閃く人はごくわずかでしょう。

 

目標があったとしても、目標を現実にするというのはまた違う作業になります。

 

つまり、進路によって行うべき調査方法や準備が異なるわけです。

探偵社をおすすめする理由。

それは、目標に導くためにはどうすればいいかということを知っているからです。

 

浮気問題は単なる話し合いで解決できるのであれば誰も苦労はしません。

浮気をされた側の視点から見れば、「浮気をした方が100%悪い」という思いが強いと思います。

 

確かにそれは間違いではありません。

だからこそ、話し合いは妻が一方的に浮気した夫を問い詰めることが多いです。

しかし、それでは上手くいきません。

 

浮気をした方の視点。

「なんでここまで言われなきゃいけないんだ」

「そんなに悪いことはしていない」という気持ちになってしまいます。

 

最初は反省の色を見せていた夫。

しかし、問い詰められる内に「お前にも責任がある」という気持ちになってしまいます。

急な話し合いはこのような状況になることが多い。

一向に解決しないことがあります。

 

相手が悪いからといって、自分の言い分を相手が素直に飲むというわけではありません。

よくある誤解が「相手が全て悪いんだから、自分の主張は全て飲み込んでくれる」というものです。

この誤解による話し合いの拗れは夫婦では多いです。

日常の夫婦喧嘩もこのような考え方や価値観の違いによりますよね?

 

どのような進路を選ぶにしても、きちんと段取り準備

これらを用意しなければ、自分の望むような決着になることはありません。

 

だからこそ探偵社に相談。

自分の進路に向けた行動を指し示してもらう必要があります。

 

探偵社は浮気調査だけをするわけではなく、依頼者の進路に沿った浮気問題の解決を生業にしています。

だから、探偵社に相談して皆スムーズに自分の進路を実現させようとするわけです。

 

しかし、探偵社に依頼をするといっても「どこに相談すればいいのか」

「信頼できる探偵社を知らない」という人も多いでしょう。

 

誰もが利用するわけではありません。

周りに利用した人が都合よくいることもありません。

 

そんな人におすすめの選択肢が1つあります。「探偵さがしのタントくん」というのをご存知でしょうか?

 

街角は、探偵社ではなく、無料で使える探偵社と依頼者のマッチングサービス

依頼者の希望に合わせて、複数の探偵社をピックアップ。

複数の探偵社の見積もりを同時に貰うことが可能です。

 

街角と提携している探偵社はきちんと審査を通した信頼できる探偵社ばかりです。

未経験者でも安心して依頼をすることができると思います。

 

街角に依頼をする一番のメリットとしては、料金を格安で依頼をできることにあります。

街角を通して依頼をした探偵社への依頼は全て最大で40%OFF。

よくある不安としては料金面だと思います。

ただ、街角では見積もりで複数の探偵社を一括で比較をして一番安い探偵社を選ぶことができます。

 

そして、タントくんで依頼を下人限定割引もあるので、かなり料金を抑えて依頼をすることができます。

このようなメリットがたくさんあるので、依頼をするのであれば街角探偵相談所を利用しましょう。

 

詳しくは下記のHPと解説ページをご覧頂きたいと思います。

【探偵さがしのタントくん】公式ページへ行く
【探偵さがしのタントくん】の評判・口コミを見る

 

夫と関係修復をするためには

最初に旦那さんと関係修復をする際にやるべきことをはっきりさせましょう。

 

旦那さんの浮気の原因をはっきりさせる

旦那さんの浮気屋不倫には、はっきりとした理由があるはずです。

 

それは旦那さんが「単に魔が差してしまったのか?」

それとも「家庭環境に問題があるのか」はわかりません。

 

このあたりのことを旦那さんに素直に話してもらう必要があります。

 

根本的な原因を取り除かなければ、浮気というのは何度でもいつでも再発してしまうもの。

自分に問題があった場合はそれを無くすように行動する。

旦那さんの性根に問題があった場合、誓約書を書いてもらうなどして再犯を防止しなければなりません。

2度目3度目を防ぐためにも原因をはっきりさせておきましょう。

 

男性の浮気の理由がわからない場合は下記の記事を参考にして分析していただきたいと思います。

参考男性の浮気の理由とは?夫を浮気男にさせる要素

 

浮気相手とは別れてもらう

関係修復を考える上で最も障害となるもの。

それが浮気相手の存在です。

 

浮気相手がいれば、関係修復が難しいのは誰でもわかります。

きちんと未練を残さないように別れてもらうことが必要です。

 

例えば、旦那の携帯にいつまでも連絡先が残っていたり、思い出の品が残っている。

これはあまり良くありません。

 

未練があるとまでは言わなくても、浮気相手を彷彿させてしまうものが残っていると完全に関係性を絶ったとは言いにくいです。

これらのものを、きちんと処分してもらうほうがいいでしょう。

 

そして、別れてもらう時も奥さんの前で電話して別れを切り出してもらうのをオススメします。

別れを有耶無耶にされてしまうと、奥さんとしても気持ち悪い。

中途半端だとどちらかに未練が残ってしまいます

 

浮気が発覚したら、旦那さんに目の前で浮気相手に電話させる。

「2度と会わない」ということを伝えさせたほうがいいです。

 

自分の監視下において相手に別れを告げてもらう。

けじめをつけさせれば旦那さんも切り替えができて反省することもできるでしょう。

 

浮気相手が本気になっている場合は、浮気相手に慰謝料を請求することも考えておくべきです。

浮気相手も何もペナルティがなければ、譲らない可能性が多分にあります

 

しかし、経済的な制裁をすることにより、夫に2度と近づこうとは思えなくなるはずです。

参考夫に浮気相手に制裁!慰謝料請求の相場と方法

 

防止策を講じる

前述のとおり、浮気というものはいくらでも再犯してしまうものです。

 

浮気というもの。

それは、恋愛感情の延長線上にあるので、罪の意識というものは薄いです。

 

しかしながら、浮気も不貞行為という許されないことなんです。

それをさせないためにも、きちんとした防止策を打っておかないとまた同じ思いをしてしまうことになります。

 

ただし、ほとんどの人が防止策だと思ってやっていること。

それが逆に浮気の原因になってしまうこともあります。

浮気は繰り返し行う可能性が高く、的確な防止策を施さなければ結果としてやめさせることはできません。

 

具体的な浮気の防止策については下記の記事を参考にしていただきたいと思います。

参考旦那の浮気を防止しよう!今からできる予防策

 

場合によっては自分も反省しよう

浮気の原因によっては、自分の反省点も洗い出すことが浮気問題の本当の解決につながります。

 

例えば、浮気の原因がセックスレスにある。

だとしたら、自分も改善できることはしなければいけませんよね?

この場合、浮気に至ったのが夫婦間の性行為に妻が前向きでなかったから。

そういう理由であれば、積極的に夫の求めには今後応じていかなければなりません。

 

妻による家庭環境の悪化が原因。

それを改善することをしなければ、今後も浮気をする可能性が十分にあります。

 

浮気をしたのは旦那だから旦那が全て悪い!

そう考えていると、将来に起こり得る2度目3度目の浮気が防止できなくなります。

これを機会に自分のことも見つめ直すというのも大事です。

 

自分の魅力を磨く

妻に女性としての魅力があれば、夫も浮気をしようなんて考えないでしょう。

むしろ、綺麗な妻を連れて歩きたいはずです。

 

まして、浮気をされてしまった後。

逆に言えば、妻の魅力を再認識するいい機会になります。

そこでさらに、自分の女としての魅力を磨き、夫から見て光って見えれば2度と浮気をしないはずです。

 

「自分が浮気されない人間になる」というのを意識してみましょう。

実際に浮気問題の大半はこれで解決できることが多いです。

旦那さんも妻に」でいることを願っているかもしれません。

だからこそ、その「女」の部分を他の女性に求めてしまうこともあります。

 

愛情表現をしっかりする

単純かつ関係修復をするために効果的な方法。

それは、コミュニケーションをしっかり取るということです。

 

コミュニケーションといっても、わざとらしいものでなくてもいいです。

ありがとう」「ごめん」をちゃんと言えることが夫にとっても癒し。

言葉によっても関係性を円滑に進めることができます。

 

特に、日常的に愛情表現をすることは大事です。

「好き」「愛してる」というのを言葉に出すことも重要。

ですが、スキンシップを図ることでもちゃんと愛情を伝えられています

 

浮気の原因の1つには、「妻から愛情を感じない」こと。

家庭での自分の居場所に虚しさを感じるという理由も多いです。

 

夫を愛しているにも関わらず、浮気されてしまう人は愛情表現ができていないのかもしれません。

言葉は恥ずかしくても、日頃の交流からでも愛情をしっかりと伝えるのは意識してみましょう。

 

離婚を決めた場合

打って変わって離婚を決意した。

なら、やるべきことを抑えておきましょう。

 

離婚は確かに大変なこと。

ですが、決断したということ。

夫婦を続けられない」と感じた決定的な理由があるはず

その気持ちが正直になって決めたのであれば最後までやり通しましょう。

 

離婚に向けた準備の全て

離婚と言ったら公的手続き。

「役所に行ったり、書類を書いたり、ハンコを押したり・・・」

というイメージがあると思います。

そして、そのとおりの手続きが待っています。

 

想像するだけでもわかりますが、離婚に対してやるべきことはいろいろあります。

ましてや、公的手続きではなく、自分の身辺整理も行わなければいけない。

手順をしっかり知っておく必要があります。

 

離婚においては子供や財産などの問題も付きまとう。

そのため、面倒だからといって中途半端にしていいわけではありません。

大変だとしても必要なものは全て揃えておいて来るべき時に備えましょう

 

離婚の場合は自分の財産や子どもに関わるものすべてを考える

勢いでやることはできませんので、最初から最後まできちんと行うべきものです。

 

離婚の公的手続きや必要書類等の準備については下記の記事を参考にしていただきたいと思います。

参考離婚時における手続き【必要書類の準備】

 

慰謝料請求はしておきましょう

離婚をいざ決断した。

だとしても、旦那さんや浮気相手に腹が立っている人もいると思います。

一方的に裏切られておいて、「離婚をしただけで終わり」

こう言い切れる人はなかなかいないと思います。

 

せめてもの埋め合わせ。

旦那さん浮気相手にはしっかりと慰謝料を払ってもらいましょう。

慰謝料は浮気をされたからといってそう簡単に請求できるものではありません。

きちんと必要なものを揃えなければ、浮気の事実があったとしても請求できない可能性があります

 

それは、かなり悔しい話ですよね?

裏切られたにも関わらず、何もできずに離婚をしてしまうのは正直屈辱だと思います。

そうならないためにも慰謝料請求に向けた準備は入念に行うべきです。

 

慰謝料請求するための具体的な方法についてはこちらの記事を参考にしていただきたいと思います。

参考浮気の証拠を集めて離婚・慰謝料請求する方法

 

「そこまで慰謝料請求に執着していない」

だとしても、請求しておくに越したことはありません

離婚をすれば自分ひとりになる。

生活面でも不安になることです。

何よりも生活のためにはお金はもらっておいたほうがいいでしょう。

 

子供がいる場合、養育費はもらえます。

ただ、それでは生活の面で損はしなくても決して得をするわけではありません

自分と子どもの生活のためにも慰謝料請求は是非ともやっておきましょう。

 

慰謝料請求では、離婚に至ったほうがより高額の慰謝料を請求できます。

それも慰謝料請求の対象は夫・浮気相手の2人ともすることができます。

 

ここで、気をつけていただきたいのは離婚に至る場合は両方請求するほうがいいです。

なぜかというと、慰謝料をより多くもらえるという理由がまず一点。

 

さらに、慰謝料が減額になった時の保険を打っておくためです。

慰謝料は夫と浮気相手の状況によってもそれぞれの額が異なります。

例えば、夫の方が浮気に積極的であったとすれば、より多い金額が夫に課せられることになります。

 

その場合、浮気相手の慰謝料の減額が認められるケースがある。

なので、少しでも回収するためには2人に請求するというのをおすすめします。

 

離婚における注意点

離婚をするにあたって全ての人が注意するべきポイントがあります。

それは、自分の希望をすべて通そうとしないことです。

 

離婚では、離婚後の財産の分配や子供の親権・養育費などについて話し合うことになると思います。

全部自分の思い通りに行くと思うと大抵は揉めます。

 

「財産の半分と子供の親権と月〇〇万円の養育費と・・・」みたいな感じで言っても聞いてもらえないことが多いです。

旦那にも生活がありますから、自分が浮気をしてしまったからといって全部の要求を飲むことはできません。

 

離婚後の話し合いは、ある意味交渉です。

自分の希望を伝えつつ、相手の要求にもある程度答えることが大前提です。

あれもこれもと言ってしまうと反発が起きますから、離婚時に揉めに揉めることになります。

 

自分の要求を飲むと思っていたら、結構突っぱねられてヒートアップ。

泥沼の末、離婚というパターンはよくあること。

なので、そうではないと最初から意識して手続きを行いましょう。

 

まとめ

旦那さんの浮気発覚後にこそ、夫婦関係が試されています。

発覚後にあなたが夫を許せるかどうか、それでも一緒にいたいかどうかがわかるからです。

 

そして、旦那さんの本当の気持ちを聞く機会も他にないでしょう。

 

そもそも結婚生活はお互いの同意の上で成り立ってますから、1人が相手に対して不信感を持った瞬間に夫婦ではいられなくなってしまいます。

 

お互いに関係修復を望んでいるのであれば、可能ではありますがどちらかが望んでいない場合は不可能です。

お互いに望んでいても関係修復は難しいものですから、旦那さんの気持ちが既に離れている場合はある程度覚悟を決めたほうがいいでしょう。

 

自分の気持ちに正直になって、進路を決めたのならばその気持ちを信じて行動に移していきましょう。