【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

シニアと呼ばれる年代である50代。

そんな50代でも浮気が多いのはご存知でしょうか?

 

一般的にはシニア。

仕事もしているし、異性に対しても欲がなくなると思いがち。

しかし、実際にはシニアでも現役の人もいます。

本気の恋愛をしてもおかしくありません。

 

しかし、恋愛といっても浮気になるのはあまり褒められたものではありません。

そこで50代の浮気事情と対策を今回は解説していきたいと思います。

 

50代とともに40代の浮気も多いです。

40代の男性の浮気については下記の記事で詳しく解説しています。

そちらも参考にしていただきたいと思います。

参考40代夫の不倫!いつ、どこで、誰と浮気するの?

 

50代でも浮気はする!むしろ意外と多い!

50代は浮気をしないと思っている人が多い。

ですが、それは「先入観」です。

 

実際は50代の浮気は非常に多いんです。

それは統計上明らかになっています。

むしろ、社会的な立場などから40・50代の方が20代よりも浮気をしやすい年代であることは確かです。

 

「ジェクス」という生活用品の製造販売をしている会社。

がニア向けのアンケートをとっています。

20~69歳の男女5000人以上に対して行ったアンケートですが実に意外な結果が出ています。

 

引用:シニアガイド

https://seniorguide.jp/article/1046662.html

 

男性に至っては不倫をしたことがあると答えた人は、50代と60代が一番多い。

現在浮気をしていると答えた人も含めると40代と50代は半分以上もいます。

 

やはり、シニアで不倫をするのは男性が多い。

女性のデータと比べてみてもどの年代も多いです。

 

現在進行形で浮気をしているのは20代~40代。

このように中高年でも浮気をすることは十分考えられるといっていいでしょう。

 

20代についで浮気率が高い!

もうひとつのアンケート結果。

50代がいかに浮気をしてしまうかを知ることができます。

 

「ニッポンのセックス」という相模ゴム工業が実施したアンケートを見てみましょう。

結婚相手や交際相手がいる人に対し、「パートナー以外にセックスする方はいますか?」。

という質問に対しする回答が以下のものになります。

引用:相模ゴム工業「ニッポンのセックス」

https://sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex/love_sex.html

 

50代でも配偶者以外に関係を持っている人は少なからずいる。

 

驚きなのが、50代は20代に次いで浮気率が高いことです。

 

配偶者以外にセックスする相手がいるのは、50代の約30%。

非常に多いことがわかると思います。

3~4人に1人、日本の50代男性は浮気相手がいるようです。

 

女性は40代が多く、50代になると若干浮気率は下がります。

ただ、大きな減少は見られません。

 

このように、50代でも浮気心をくすぶらせている人は多いというのがわかります。

 

一番浮気をするのは40代と50代

数字上で見たら40代が特に危険で、50代も浮気予備軍といったところでしょうか?

 

30代後半40代前半は、生活面でも仕事面でも落ち着きが出てきます。

20代の頃は仕事を覚えるのに必死で家族のことすら頭が回らない時期でもあります。

 

そんな生活を約十年続けると30代。

30代になったばかりの頃は、仕事でもリーダーのようなポジションをしなければならないことも多くなります。

 

20代よりも仕事の質と量がむしろ増えてしまう男性も少なくありません。

浮気心は20代・30代の方が多いかもしれません。

ただ、実際に可能か不可能かで言えば、40代よりは難しい。

 

確かに40代も社会人としては充実した生活を送っていて、浮気と結びつかない人もいるでしょう。

ただし、若い頃のように毎日が新鮮だったり刺激的な経験をすることが少なくなってきます

その心の隙間に浮気心というのが芽生えてしまう。

これは50代にも同様のことが言えます。

 

実際はパートナーとも上手くいってないという理由もあるかもしれません。

ここまで結婚生活が長いとお互い相手を異性として意識することがなくなることがあるでしょう。

 

特に男性の場合は、「男としてまだ終わっていない」ということも示したいという気持ちが残っていると思います。

その心が浮気心を産んでしまうのかもしれません。

 

50代の浮気の危険性

特に浮気にのめり込んでしまいがちなのが50代と言われています。

それはなぜなのか?

それは50代の人のこれまで過ごしてきたであろう生活習慣に由来します。

 

50代はそれまで一生懸命仕事をしてきた人が多い。

年齢とともに生活に余裕が出来てしまう。

そして、浮気にのめり込んでしまうパターンがよくあります。

 

特に、今まで浮気をしたことのないような人でも自由に時間が使えるようになる。

ついつい魔が差してしまうなんてこともよくあります。

 

男女ともに言えることですが、50代の男性では仕事にゆとりができる。

50代の女性は子育てを終える頃。

50代は、暇になりやすい時期です。

 

そして、夫婦生活が長いこともあってマンネリ化。

ほとんどの夫婦がお互いを異性として意識することもないです。

 

そして、50代の夫婦だとパートナーも冷め切っていることが多いので、浮気に気づいていたとしてもムキにならないと思っていることが多いです。

その結果としてほかの異性に心を奪われてしまうことも・・・

 

50代はリタイアも視野に入ってしまう。

「その前にもう一花咲かせたい」と思う人もいるようです。

そして、50代の男性は若い女性に対して本気で恋愛感情を持ってしまいやすいです。

 

50代の夫の浮気の理由と原因

アンケート結果にもある浮気の多い50代の男性に注目して見ましょう。

 

なぜシニアと呼ばれる年齢にも関わらず浮気が多いのか?

それには主に3つの理由があります。

 

意外とモテる50代

50代というのは魅力的に見える女性もいます。

 

例えば、芸能人でも若い女優さんといわゆる「おじさん」年齢のタレントが結婚する。

このような事例はよく起こっていますよね?

 

若い男性の方が精力的でいかにも浮気をしそう。

ですが、20代位の男性よりも50代の男性の方が落ち着きがあり、大人の魅力も出ている年頃。

 

落ち着きのあるダンディーな男性が好きという女性は世の中にも多いです。

 

この落ち着きにも余裕があります。

50代の男性ともなると仕事でもそれなりのポストになっていることも多い。

少なくとも若い男性よりは生活力・財力があるのは当然。

それも男性としての魅力の1つです。

 

さらに既婚者であることが余裕に繋がる。

女性に対してもガツガツした態度で接するようなことはありません。

それは女性から見て年上の男性の魅力になります。

むしろ、男性にその気はなくても女性の方からアプローチしていることもあります。

 

男性は年をとっても性欲が衰えにくい

男性の性欲というのは女性よりも衰えにくいです。

確かに家庭ができる年齢で性欲は一旦落ち着くもの。

 

しかし、40~50代頃からまた性欲が復活することも・・・

お盛んなおじさんなんてたくさんいます。

キャバクラや風俗を利用するのも大抵はおじさんであることが多いです。

 

女性の方は性欲の衰えが早い。

その夫婦間の性差がセックスレスを生みます

 

奥さんサイドは旦那さんも「自分と同じくもはや性欲はないだろう」。

そう思いますが、実はそうではないかもしれません。

 

見えないところで男心を燻らせている可能性は十分あります。

 

夫婦でコミュニケーションが減る

50代になると、子育てを終える時期・

夫婦互いに話をする機会が無くなってしまいます。

 

特に夫婦のマンネリ化は40代ごろから始まります

 

その時にはお互いの話ではなく、子供中心の生活を送ってきました。

子供が自立して、それが無くなると今度は夫婦ふたりだけで過ごす時間になります。

夫婦によってはそれが耐えられないという人もいます。

 

今まで男女として意識しなかった2人が一緒になってしまう。

今更男女として振舞うのが恥ずかしいという気持ちになってしまいます。

 

50代から夫婦で旅行をするという充実した夫婦生活を送る人もたくさんいます。

ただ、殆どの場合は男女として冷め切っていることが多いです。

 

女性とのコミュニケーションが減り、家庭外でそれを求めるのは自然な流れです。

 

変わっていくパートナーに我慢ができない

50代であれば異性としての魅力を保ち続けるのは難しいです。

 

特に、男性の場合は性欲の衰えは遅い。

女性を意識することも少なからずあるでしょう。

 

しかし、妻にもうその気はなく、妻を異性として見られなくなってしまう。

必然的に妻よりも魅力的で若い女性に走ることもあります。

 

結婚当初はとても素晴らしい女性だった。

けど、「おばさんになったな・・・」と感じてしまうのでしょう。

当然、妻でも同じことが言える。

お互いその気になれば浮気をしてしまう年齢でもあります。

 

しかし、女性の場合は年齢とともに女としての魅力が衰えるのは普通です。

好みが特殊ではない限り、妙齢の女性と好んで付き合う人はあまりいません。

 

ただし、50代男性は同年代の女性よりも恋愛においては大きく不利になることはありません。

むしろ、「おじさんしか興味がない」という女性は結構な数がいます。

 

50代の夫が付き合う女性とは?

それでは、50代の男性が浮気に走りやすい女性。

これも見ていきましょう。

 

とはいえ、50代からネットワークが急に広がることはありません。

恋愛相手も限られています。

 

年下の女性

前述のとおり、年下の女性からは50代の男性でも魅力的に見える。

 

特別高い地位を築いている人でなくても、年上ならではの落ち着いた態度。

年下の女性にはあこがれに映ることもあります。

ましてや、同世代と比べると年上の男性は非常に大人。

「刺激的な経験をさせてくれるのでは?」と期待させてしまう何かがあります。

 

50代の方が経験も豊富ですし、知識もあります

女性のあしらいもうまいので、経験不足な女性はそれにコロッといってしまうことも・・・

 

50代という年齢で見た場合、女性よりも男性の方が恋愛できる可能性が高いです。

男性は仕事も異性としても寿命が長いとされています。

 

なので、50代は圧倒的に年下の女性と浮気をする確率が高いです。

 

会社の部下

会社の部下など同じ組織にいる女性。

その人たちとも浮気をしてしまう可能性があります。

いわゆる職場不倫ですね。

 

会社の人間であれば、毎日顔を合わせるし接点も多いです。

仕事やプライベートの相談にも乗ることもあり、親密になりやすい間柄です。

 

男性の場合は職場不倫が多く、部下からすれば仕事のできる年上の男性にはあこがれがあります。

既婚者でも構わないという人も中に入るでしょう。

 

男性の職場不倫に関しては、下記に詳しく解説しています。

そちらを参考にしていただきたいと思います。

参考旦那の職場不倫を見抜く方法と対策について

 

同級生

50代ともなると、同級生と不倫をするケースも多い。

50代に差し掛かると同窓会などで、同級生と再会することが多くなるからです。

 

また、かつてのクラスメートと青春時代について語る。

眠っていた恋愛への憧れに火がついてしまうこともあります。

 

そういった心情で起こるのが、いわゆる同窓会不倫

同級生は、他人よりも気心が知れているので接近する時間も早いです。

それまで頻繁に会う間柄ではないとしても、同窓会をきっかけにグッと距離が縮まり、不倫関係に発展してしまうというパターンもあります。

 

SNS上のつながり

50代はSNSを使う人が少ないと思われがち。

しかし、現実はそんなことはありません。

 

実際に50代でも利用している人は多い。

浮気をするような気が若い人ならSNSを浮気に駆使する位のことはします。

 

SNSを使う事によって、擬似的な人と人との出会いがあります。

普段交友関係が広くない人でも、SNSから関係性を発展させて浮気にはしることは可能性としてあります。

 

SNSに関しては実名登録のものもあり、過去に親しかった人や同級生と簡単にネット上で再会できます。

そこから浮気につながってしまうことは50代でも十分にありえる話です。

 

利用も難しくありませんし、即日利用できるSNSは浮気をする人からすれば使い勝手のいいツールです。

 

50代の夫の浮気の兆候やサイン

50代の浮気の兆候・サイン。

それについて知っていただきたいと思います。

 

ただ、五十代独特のサインというのは数少ないでしょう。

男性は男性なりにどの年代も確実な浮気を匂わせる行動をするはずです。

 

年齢でサインが変わるわけでもありません。

他の年代と同じく男性の浮気のサインを見ていただければ見抜けると思います。

男性の浮気の兆候については下記の記事で詳しく解説しています。

 

参考それって夫が浮気しているサインじゃない!?夫の不貞を見抜く方法集

 

浮気のサインはさりげない場面に現れます。

服装、言動、行動に少しでも違和感があれば、その行動を1つ1つ振り返っていきましょう。

 

気がついたらメモを取るのもいいでしょう。

特に浮気をし始めた時というのは、如実に変化が現れます。

それを見逃さずにいきましょう。

 

特に浮気している人は「急な変化」を表します。

食やファッション、趣味など浮気相手ができた途端、その変化が現れるようになります。

 

好みの変化は時とともにありますが、そういうものはゆっくりと変化していくものです。

急な変化は浮気相手の影響である可能性が高いです。

「あれっ?いつもと違う・・・」と思ったら、それが浮気のサインです。

 

旦那の浮気に悩んではいませんか?
旦那の浮気に悩んではいませんか?
浮気不倫でお困りであれば、探偵社に依頼をするのがベストです! 探偵社の証拠があれば、
  • 旦那との関係修復
  • 慰謝料の請求
  • 離婚・親権で有利にする
上記の事が可能になり、一人で進めるよりも浮気発覚後の選択肢が広がり、その後の生活を良いものにすることができます。 個人で考え込んでしまうと解決が進みません。 離婚や慰謝料や夫婦関係の修復も全く成功しないことが多いです。 相談は無料で行えるのでまずは自分の悩みを相談。 どんな夫婦生活を送りたいのかを聞いてもらいましょう。 そして、そのための解決策を教えてもらうことができます。 ⇒旦那の浮気をプロに相談する

50代の夫の浮気を防ぐための予防策

浮気というものはリスクのある行為です。

 

このままみすみす見逃してしまうこと。

家庭崩壊や相手のパートナーから慰謝料を請求される。

パートナーの会社におけるポストも危うくなる

あなたも被害を被ることになります。

 

そうならないためにも予防策はきっちりと行って、浮気やゲス不倫を未然に防ぎましょう。

 

夫婦一緒の時間をつくる

地道で一番効果的な方法。

それは、夫婦間でのコミュニケーションの時間を増やすことです。

コミュニケーションを取らないとどんどん夫婦としての関係性が薄くなり、仮面夫婦になる恐れがあります。

 

お互いに知らないことはない。

そう決めつけているだけで、いざ二人きりで話してみたら新鮮かもしれません。

仕事が忙しかった頃にできなかったものをやってみるというのもいいでしょう。

 

子供が自立しているので、二人だけで旅行に行ってみたり休日にランチに行く。

そんなことでも立派なコミュニケーションです。

 

長年夫婦生活をおくった夫婦にこそ必要な心構えです。

コミュニケーションでも普段や過去にしなかったようなもの。

それを始めることで新鮮味を味わうのもいいでしょう。

深く考えずに自分も楽しむつもりでコミュニケーションを図るのも効果的です。

 

小さなことや些細なことでも夫婦で決める。

お互いの接点をどんどん増やして行きましょう。

 

性生活を増やす

50代からは難しいかもしれませんが、性生活を充実させるのも浮気予防策の一つです。

 

浮気というのは、性欲を元に発展するものです。

その原因を取り除くためにはお互いセックスに応じることも大切です。

 

現に、若くてもセックスレスから浮気や離婚に発展する夫婦はいくらでもいます。

セックスレス問題の解決については下記の記事を参考にしてください。

参考妻とセックスレスで離婚をすることはあるのか?

 

ただし、50代ともなるとお互いに性欲が衰えていることは多いです。

女性にとってはそんな中、夫を相手をするのはだいぶ辛いでしょう。

だからといって浮気を黙認することはできませんよね?

 

そんなときはある程度妥協することが大事です。

例えば、本気になることがないのであれば、キャバクラや風俗などは許容するという方法もあります。

 

もちろん、どうしても耐えられない場合のみにしましょう。

お店だとしても、性がいるお店に行くこと自体が浮気に発展することは十分あります

あくまで遊びだと言い含めておいても、最終的にはどうなるかはわかりません。

 

浮気のリスクを覚えさせる

浮気をすることによって起こりうるリスクを認識させておきましょう。

浮気におけるリスクにはこのようなものがあります。

 

  • 家庭崩壊
  • 解雇・降格
  • 相手のパートナーからの慰謝料請求
  • 離婚

 

浮気されたら離婚を考えるということであれば、普段の会話から匂わせていきましょう。

危機感を植え付けてしまえば、衝動的に浮気しようとしても思いとどまるはずです。

 

さらには浮気や不倫経験者とは世間からも白い目で見られます。

会社側も問題人物として扱うことも多いです。

そのようなリスクが浮気に存在することを常日頃から教えていきましょう。

 

職場不倫になってしまうと、ご主人が会社にもいづらくなることになってしまいます。

生活にも影響することなので、職場の人と恋愛関係にあることが怪しいのであれば早期発見して対処しなければなりません。

 

特にリスクがある不倫としてはW不倫です。

相手が既婚者であるのであれば、同様にパートナーがいますよね?

 

そのパートナーが同じように浮気に対して腹が立ちます。

そして、浮気相手である主人に慰謝料を請求する可能性が十分あります。

不倫は責任の重い方、つまり不倫関係に積極的である方に高い慰謝料を請求することができます。

 

そして、それは男性であることが多いです。

この場合は、浮気をした主人の方がより高い慰謝料を請求される可能性があるわけです。

放置していたら自分の家が慰謝料を請求されることになりますので、早め早めの対応をしておきたいところです。

 

浮気相手と完全に縁を切らせる

浮気問題を解決する上で、一番の邪魔者になるもの。

それはもちろん浮気相手の存在です。

 

浮気相手がパートナーの生活圏内にいる内は、浮気を完全にやめさせることは難しい。

ほとぼりがさめた頃にまた関係が復活してしまう可能性があります。

 

だからこそ、浮気相手とは完全に縁を切ってもらう必要があります。

浮気相手にはパートナーからきちんとお別れの連絡を入れさせて別れさせたほうがいいです。

 

浮気相手となんの対話もなく流してしまう。

解決したかわからないのでオススメできません。

 

パートナーを浮気相手と離れさせることができますが、浮気相手にも対処法を行うことができます。

それは、「慰謝料を請求する」という方法です。

さすがに、高額の慰謝料を請求されれば浮気相手も2度と浮気しようとは思えません。

ましてや、慰謝料を請求した人のパートナーには手を出せないでしょう。

 

浮気相手に対してあなたが特別負い目を感じる必要はありませんし、遠慮する必要はありません。

むしろ、痛い目を合わせなければやめられない可能性があるのできちんとやっておきましょう。

 

慰謝料請求の方法は下記で詳しく解説しています。

参考浮気の証拠を集めて離婚・慰謝料請求する方法

 

他にもあるぞ!浮気の予防策

まだまだ浮気を防ぐための手はいくらでもあります。

しかし、効果的な方法を知っている人はあまりいません。

 

浮気は「見つけて叱りつける」ことが最大の対処。

そう考えている人もいますが、それは大きな間違いです。

 

なぜなら、浮気で怒ってしまってその場で旦那さんが謝った。

だとしても、再発してしまえば意味がないわけです。

 

浮気を発見すれば、その場は注意して収まるかもしれません。

しかし、根本的な解決をしていない以上は、問題を先送りにしているだけに過ぎません。

 

浮気防止のための重要な心構え。

「将来の浮気も防ぐ」という意識の元で対処を行なっていただきたいと思います。

 

特に、今後も夫婦生活を続けることを考えている場合。

夫婦仲を上手くとりもちつつ、浮気をさせないようにしなければなりません。

浮気防止をすることで、夫婦仲に亀裂が入るのは本末転倒です。

 

下記で紹介している防止策はどれも効果的なので、下記の記事にある浮気の防止策を実践してみてください。

参考旦那の浮気を防止しよう!今からできる予防策

 

物理的にも精神的にも浮気ができない環境を作るには、パートナーの努力が必要不可欠。

浮気は発見しても対策をしない人が多いです。

しかし、それではなんの解決もできません。

 

例えば、浮気を発見して問い詰めた。

だとしても浮気の原因がそのまま。

それでは、浮気は繰り返し行う可能性があります。

 

浮気は、発見=解決という考え方は禁物

きちんと防止策を行い、将来の浮気を防止していくことが大事です。

 

50代の夫の浮気への対処方法とは?

50代だからこそ、浮気は本気の恋愛に発展する可能性があることを前述では語りました。

そうはさせないためにも、防止策と浮気をされてしまった時の対処は迅速に行わなければいけません。

 

早いうちに対処すれば、お互い傷は浅くて済む可能性があります。

発見と対処が遅れてしまった。

そのことで、気づいたらパートナーも後戻りできないところまで進んでいるかもしれません

 

浮気相手も本気になっていたら、泥沼になってしまうことも・・・

「別れて」と急かされたり、浮気相手のパートナーが怒鳴り込んできたりすることもあるかもしれません。 

そうなると今までの夫婦関係には戻れないかもしれません。

 

若いうちであればともかく、熟年夫婦の不倫騒動ほど大変なものはありません。

そこまで行くと周りも助けられませんし、傍から見ていていいものではありません。

 

自分の生活全般に影響してしまう可能性もある。

自分のためにも是非、早期発見と対処を心がけていただきたいと思います。

 

50代から修羅場に突入することはできれば避けたいはずです。

浮気が発覚してからの対処方法は下記の記事を参考にしていただきたいと思います。

参考旦那に浮気を反省させる方法~浮気させない女になるには~

 

浮気は放置していても自然消滅することはまずありません。

旦那さんの浮気を発見したのであれば、きちんと反省させておく必要があります。

 

離婚を考えた場合は・・・

もちろん、浮気以前にもいろいろ嫌なことがあって「もう離婚したい!」と思うこともあるでしょう。

しかし、離婚の場合は関係を続ける時と対処方法が全く異なるものです。

 

離婚をするときは離婚に向けて動いていかなければいけません。

離婚は結婚よりも大変なことです。具体的には3倍の労力が要ると言われています。

 

必要な知識もあるので準備期間を設けて計画的に行いましょう。

 

特に、自分が獲得できる財産も把握。

子供がいる場合は養育費や学校のことも考えなければいけません。

 

子供が成人しているなら考える必要はありません。

しかし、自分名義の物について知っておきましょう。

 

離婚がこじれることも考えたら調停なども考えていかなければなりません。

離婚に向けた準備については別の記事で詳しく解説しているので、下記を参考にしてみてください。

参考離婚時における手続き【必要書類の準備】
参考調停離婚の準備をしよう!~手順と具体的な進め方~

 

 

まとめ

50代からの浮気はタチが悪いです。

パートナー側がきちんとコントロールできていなければ、修羅場になることも多い。

面倒な事態になるのは容易に想像できます。

 

特に職場不倫の場合は、会社の人間も巻き込むことになり、地位までもが危ぶまれることも・・・

ましてや、浮気をした張本人である主人も会社にはいられないと考えてしまうかもしれません。

 

特に、職場不倫はいろいろなリスクがある。

妻による対処が必要であることもあります。

 

あまりに度が過ぎるようであれば、プロである探偵社。

そこに相談をしていろいろな手続きに対する準備をするのもいいでしょう。

 

今回は男性にスポットを当てましたが、女性も浮気をしないというわけではありません。

昼顔妻という言葉が一時期流行ったように、旦那さんが仕事をしているうちにこっそりと若い男性にあっている事も考えられます。

 

少しでも「怪しいな」と思ったら、早期発見・早期解決を目指していきましょう。

 

パートナーの浮気・不倫でお悩みの方へ

絵 浮気・不倫は、早期解決することが大事です。
放置しておくこと。
それは対処ができないほど問題が大きくなっている可能性があります。

例えば、浮気相手との関係がどんどん進んでしまう。
突然に別れを切り出される。

浮気というのは早く解決しなければならないもの。
  • パートナーに不倫をやめさせたい
  • 浮気相手に慰謝料を請求したい
  • 不倫されたけど離婚したくはない
  • 2度と浮気をして欲しくない
 
そんな時はプロによる相談が不可欠!
一人で悩んでいても一向に解決できません。
なにより、プロに頼ったほうが解決も早く進みます。

夫・妻の浮気や不倫でお困りの方は、探偵社を利用しましょう!

浮気の証拠を掴み、離婚後の慰謝料や親権の取得を優位にすることができます。

おすすめの探偵~【街角探偵相談所】~

街角探偵相談所
【街角探偵相談所】はこんなとこ!
  • 月間相談者数2000人突破!!
  • 全国どこでも対応可能
  • 100以上の探偵社と提携
  • 独自の審査で探偵社を厳選
  • アドバイザーによる様々な提案
  • 各探偵社への依頼料が20~40%OFF!

公式HPへ

詳細ページ

コメントを残す