【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

男性の浮気はストレスや妻への不満からくることが多いです。しかし、実は意外な浮気のタイミングもあるんです。

それは、妻が妊娠中の間です。夫婦としては幸せな時間の1つのはずですが、実はその間に浮気をしてしまう旦那さんというのも非常に多いです。女性からすれば理解しかねるかもしれませんが、男性が妻の妊娠中に浮気をするのははっきりとした理由が存在します。

 

ここでは、なぜ旦那さんが自分の妊娠中に浮気をするのか?

その心理、メカニズム、解決方法なども見ていきましょう。

 

なぜ、妊娠中に旦那が浮気するのか?

妊娠中の浮気にはある理由があります。

ここでは男性が妻の妊娠をきっかけに浮気に走る理由を解説していきたいと思います。

 

妻の妊娠中は確かに幸せな時期かもしれませんが、子供が生まれるというのは男としてもいろいろ今後のことを考えさせられる時期でもあります。それが浮気をさせてしまう大きなきっかけになってしまうことがあります。

 

妻に放置される

まずは、男性は妻の妊娠をきっかけにメンタル面が弱ります。妻は妊娠をすると夫に構っている余裕がありません。それがはじめての妊娠であれば尚更です。

 

特に妊娠中になると食べ物や体調管理に気を使わなければいけない時期です。そんな中旦那さんが少しでも自分の気に入らない行動を取るとすぐに喧嘩になってしまうでしょう。実際に妊娠をしているのは妻なので、妊娠中の子供に対する責任感は旦那よりも強いです。

 

妊娠中は既に子供がいるのと同じで、奥さんの心が子供メインで動いてしまいます。旦那さんが仕事などでミスをして凹んで帰ってきたり、残業させられたとしてもついついフォローを忘れてしまいます。

放置された旦那はその心の隙間を埋めるために浮気をします。

 

妻が不安定な時期

妊娠中は女性も精神状態が不安定です。

奥さんがコロコロ怒ったり不安になったりする時期なので、旦那さんは必死になってケアをしなければなりません。

 

奥さんの顔色を伺ったりわがままを聞いたり、落ち着かせようと大変で非常にストレスが溜まります。

外では仕事して家に帰っても気が休まらない。こんな環境に耐え難く浮気に走るという理由があります。

 

浮気というものは性欲が大きな原因になるというのも考えられますが、ストレスが原因になることがあります。浮気の多い職業を見ると、病院職などのストレス負荷がかかりやすいと言われる職業がほとんどです。職場でストレスはなくても妊娠中の妻のケアがストレスの引き金になり浮気をしてしまうこともあると覚えておきましょう。

 

セックスレスになる

妊娠中にセックスレスになる夫婦はよくいます。セックスレスは妊娠中かどうかにかかわらず、旦那の浮気のきっかけになる時期です。

安定期に入れば行為自体はできるかもしれませんが、奥さんからすれば気が乗らないかもしれません。お腹の赤ちゃんへの影響にも配慮してセックスに応じるのは少し気が引けるはずです。

 

夫も妊娠中の妻を気遣ってなかなか自分の欲求を言い出せないかもしれません。女性は妊娠中に性欲がわかないことが多いので、奥さんから言い出すことは少ないでしょう。

 

旦那さんも妊娠中の妻に対して性欲が抱けないかもしれません。これを機に他の女性で性欲を解消しようとしても不思議ではありません。

また、妊娠期間が終わっても夫婦でセックスをする機会が取れずにそのままセックスレスになってしまうということもあります。期間が空いてしまった分、改めて誘うのも気恥ずかしくなってしまうということもあるようです。

 

妊娠中の妻には性欲が沸かない

妊娠というのは、変化としては女性的外見を損なうものです。

一般的に、妊娠している女性に性的魅力を感じる人はかなりマイノリティなはずです。妊娠中は不安もあるので奥さんとしてもそれは嬉しいことかもしれませんが、それをきっかけにセックスレスに突入することはよくあります。

 

妊娠後の妻の体の変化をきっかけに女性としてみることができなくなってしまうことがあります。「その間だけ・・・」と他の女性に手を出してしまうことがありますが、大抵は妻の妊娠期間が終了していても浮気相手と関係が続いていることのほうが多いです。

 

一家の大黒柱としてのプレッシャーを感じる

赤ちゃんが生まれることは良い事です。しかし、旦那さんとしては同時にプレッシャーも感じてしまいます。そのプレッシャーがストレスを生み、浮気をしてしまうことがあります。

 

奥さんに加えて守るべきものが増える、経済的にも豊かにならなければならない

家族を養わなければならないという責任感が生まれます。

 

その責任感も夫、父親になる男性には必要なものです。

しかし、子供が出来て仕事や子育てに情熱的になる人もいれば、反対にネガティブに捉えてストレスに感じてしまうこともあります。

 

そのプレッシャーから逃げるように浮気をするパターンもあります。

 

父親としての責任感が欠如している

女性というのは結婚や出産をきっかけに大人としての切り替えができます。

例えば、「結婚を機にひとりの男の妻であるという自覚」、「出産をきっかけに母になる」このように節目節目で心構えができます。

 

しかし、男性の場合はそうでないこともあります。前述は責任感を重く捉えすぎて浮気をしてしまう例を挙げました。

このパターンはむしろ、親になったという自覚ができず独身気分をいつまでも引きずって浮気をすることもあります。男性にはありがちですが、節目だからといって急に人が変わるわけではありません。

 

 

妊娠中の旦那の浮気って実際多いの?

現実問題、妻が妊娠している時期に浮気をする男性はいるんでしょうか?

実は割合で言えばとても多いというデータもあるほどなんです。

 

妻の妊娠中に旦那が浮気をする割合

まずは、妊娠中に浮気する男性の割合を見ていきましょう。「そんなにいないだろう」と考えがちですが、意外と多い数が妻の妊娠中をきっかけに浮気をすることがあります。

 

妊娠中の妻がいる夫。

そんな男性の10人に1人が浮気・不倫をしているというデータが出ているほどです。

その10人の内の一人にあなたの夫が入っている可能性は全く否定できないのが現実です。

 

奥さんがつわりや陣痛と戦っている中、何食わぬ顔をして自分はこっそり楽しんでいる男性はこれだけいるんです。

しかし、妊娠中といっても奥さんが家にいるのであれば、旦那は好き放題浮気するという訳にはいきませんよね?

 

ただし、妊娠中に夫婦で生活しているとも限らない女性もいます。いわゆる里帰り出産というやつですね。この里帰り出産をする妻の夫は危険性が非常に高いです。

 

里帰り出産中は浮気の危険性大!

旦那さんは妻の妊娠中も仕事をしなければなりません。

だれも奥さんを見ている人が全くいないので、妊娠している人からしてみたらつわりや出歩くときには不安ですし、精神が安定していない時期なので誰かといっしょの方が心強いです。

 

そこで、実家に帰って両親に生活全般の手伝いをしてもらう「里帰り出産」を選択する妻もいるでしょう。

 

妻から言わせれば、実家のほうが身の回りの面倒も見てくれますし、母親が家にいれば母体についてわかっているのでつわりを和らげたりする方法も知っています。

自分の家にいるよりは楽ができるので、出産にはいいでしょう。

 

しかし、旦那への監視の目が全くなくなってしまうことになります。

奥さんが家にいれば、少なくとも帰宅が遅くなれば浮気を疑うこともできるので、旦那も下手なことはできません。しかし、実家が家から離れたところにあれば、旦那の様子を伺うこともできませんし、家にほかの女性を連れ込んでいたとしてもわかりません。

 

浮気というのはできる環境があれば、それだけやってしまう可能性は高くなります。

 

旦那も残業や休日出勤という言い訳を作らずにのびのび浮気相手に会える環境にあるので、里帰り出産のときは、ちょこちょこ連絡をとったり家に顔を出したりするといいでしょう。

旦那の浮気に悩んではいませんか?
浮気不倫でお困りであれば、探偵社に依頼をするのがベストです! 探偵社の証拠があれば、
  • 旦那との関係修復
  • 慰謝料の請求
  • 離婚・親権で有利にする
上記の事が可能になり、一人で進めるよりも浮気発覚後の選択肢が広がり、その後の生活を良いものにすることができます。 個人で考え込んでしまうと解決が進まず、離婚や慰謝料や夫婦関係の修復も全く成功しないことが多いです。 相談は無料で行えるのでまずは自分の悩みを相談して、どんな夫婦生活を送りたいのかを聞いてもらいましょう。 そして、そのための解決策を教えてもらうことができます。

<<旦那の浮気を無料相談する>>

妊娠中に旦那に浮気させないために妻がやるべきこと

ここからは旦那さんの浮気を防止するために妊娠中の妻ができる対策について解説していきます。

 

夫婦でのコミュニケーションをしっかりやる

浮気させないためにはコミュニケーションを夫婦間でしっかり取ることが大前提になってきます。妊娠中は自分が情緒不安定だからといって、旦那さんが距離をとっていることはありませんか?

 

妊娠中の不安やいらいらから旦那さんとの会話が少なくなり、コミュニケーションの機会が減ると夫婦仲が悪くなり、結果浮気に走られてしまいます。

旦那さんがコミュニケーションをとりづらくなるような態度はやめて、夫婦でいつもどおり会話をし、できればそれを増やしていきましょう。

 

浮気について二人でしっかり話し合う

浮気が発覚したら、やはりきちんと話し合いをするべきでしょう。

浮気を発覚しても、それについて話し合いをすることがなければ、夫も浮気を反省する機会もありませんし妻に対して罪悪感を感じすに終わってしまいます。

 

話し合いでは旦那に腹を割って話してもらうことが重要です。

  • 浮気の原因はなんなのか?
  • 浮気を将来的にやめられるか?

上記をしっかりと話し合いの中で聞かなければ、今後の浮気について対処のしようがありません。

 

強引に問い詰めることは逆効果です。話を早く終わらせて、責められるのを避けるために嘘をつくかも知れないからです。辛いかもしれませんが正直な意見を聞かない限りは本当に解決することはできません。

 

話し合いを切り出すときは、きちんと浮気を見抜いた上で声を荒らげずに静かに切り出しましょう。話し合いの内容ややるべきことについては下記の記事で詳しく解説しているので参考にして見てください。

参考旦那の浮気で話し合い!これさえあれば夫婦円満?

 

 

愛情を伝える

妊娠中は動くのも大変で旦那さんに気を使う余裕がないかもしれません。

しかし、そこで旦那さんをないがしろにしてしまうのは、前述でも解説したように浮気の主な原因になることがあります。

 

しっかりと旦那さんに愛情を伝える行為をしめして、心が離れないようにしていきましょう。

具体的には、旦那さんと積極的にスキンシップを図る、手をつないだりキスをしたりするのをいつも以上にやるつもりでいましょう。

妊娠中の余裕のない時期だからこそ、積極的に行うことが必要です。そうでなくても不安定な時期というのは間違いないので、知らず知らず旦那に当たりをキツくしているというということもあります。

意識するくらいやっておいた方がバランスが取れます。

 

旦那さんにストレスをぶつけないようにする

妊娠中は冗長が不安定になることは触れましたが、それはホルモンバランスが崩れてしまうことに原因があります。ホルモンバランスが崩れると、ストレスを感じやすくすぐにイライラしたり不安になったりします。

その状態で旦那さんに接するとついついそのイライラや不満をぶつけてしまいがちです。

極力それは避けたいことです。

 

ホルモンバランスはコントロールすることはできません。しかし、ストレスは発散させることが可能です。

 

生まれてくる子供のことを考えて、好きなものを食べたり行動も制限されているかもしれません。なので、家にいてもストレスが発散できることを自分なりに探しておきましょう。

 

DVDを大量に借りてみたり、好きな音楽を聴き続けるのもいいでしょう。

家にいてもうまくストレスが散らせるように新しい趣味を始めてみるのもいいでしょう。

 

女でいることを意識する

妊娠中は身だしなみを整えるのが難しいです。

つわりの苦しみやお腹が大きくなって動きにくかったりするので、身なりを整える余裕がありません。メイクすらしないことも多いでしょう。

 

しかし、旦那さんは妻のその姿を見て女を感じることができなくなったり、女性としての魅力が半減したと思ってしまいます。

 

妊娠中だとしても、一日中パジャマやスウェットで過ごすことなく、おしゃれして旦那さんと出かけるだけでも浮気防止には非常に効果的です。

妊娠をきっかけに女から母親になってしまう奥さんはたくさんいますが、浮気防止するためにも旦那さんに「女性として扱ってもらう」ということを意識して過ごしましょう。

 

未来ある明るい話をする

何かとネガティブな気持ちになりやすい妊娠時期。愚痴をこぼしたりすることも普段よりも多くなると思います。

 

ですが、あまり暗い話ばかりをしていては精神衛生上いいことではありませんし、旦那さんも近寄りがたいという気分になってしまいます。そうなると普通のコミュニケーションすら取れなくなりますし、妻といる時間を旦那は苦痛に感じてしまいます。

イライラしていると旦那の悪い部分が見えてきてしまいますが、男は子供を産むことができないので妻の些細な変化を気づかないでいるものです。ある程度いたらない部分があったとしても心を落ち着けましょう。

 

せっかく子供が生まれることですし、それを踏まえたうえで明るい話を旦那さんとしていきましょう。

例えば、「どんな子供に育ってほしいか?」「どんなスポーツをやらせたいか?」という話は夫婦で盛り上がりますし話すのが楽しくなると思います。

 

コミュんケーションの質を高めることもできますので、これはぜひ実践していただきたいことです。

 

妊娠してからセックスにある程度応じる

妊娠中にお腹の子供や母体を気にしたり、気持ちが乗らないので性生活が自ずと減ってくると思います。しかし、セックスは夫婦を男女たらしめる行為と言っても過言ではありません。関係性を深く結びつけるためにも可能な限り夫の求めには答えるようにしましょう。

 

しかし、やはり子供や母体への影響は気になります。

軽はずみで子供に重大な影響が与えてはいけませんし、母体が傷つけば出産にもよくありません。

 

ですが、本当にセックスしてはいけない時もあります。

まずは性生活を控えるべき時を抑えていきましょう。

 

セックスしてはいけないとき

  • 出血がある
  • 流産や早産したことがある
  • 切迫流産や早産かもしれないとき
  • 羊膜が破れた時
  • 前置胎盤・多胎出産をしたことがある

 

上記の傾向が出ていたり、過去に出産で早産や流産を経験している人はセックスは避けるべきです。子供と母親の命に関わる問題なので、絶対にやめたほうがいいです。

 

上記に当てはまるものがないにしても、妊娠中なので気ををつけるべきことは多々あります。下記の事項に十分に注意しながら夫婦の営みは行いましょう。

 

妊娠中のセックスで気をつけること

  • お腹が張ったら性行為は中断する
  • 性行為の後、出血がないか注意する
  • 激しい動きや深い挿入は避ける
  • 乳首への刺激は控える
  • 清潔な体で行為に及ぶ(性感染症予防)
  • お腹が張ったら性行為は中断
  • 行為後、出血がないかを確認

 

上記の事項に気をつけて行うようにしましょう。

 

巻き込む人間は最低限に!

夫婦の問題ですが、余りにも深刻な場合は親や友達に告げ口するのはやめておきましょう。

巻き込む人間が増えるほど浮気による問題は肥大化していきます。基本的には、浮気は夫婦2人で解決していくかプロだけを交えることが望ましいです。

 

相手の両親に告げ口をする妻もよくいるようですが泥沼の戦いになりかねません。親は子供の肩を持つのでお灸を据えてくれるよりも、嫁に対してのダメ出しをすることも多いです。そうなれば、ただただあなたが傷ついて終わります。

 

そして、友達は友達であなたの肩を持ちますし、それまでの夫婦の歴史を度外視して無責任なことをいうものです。やはり当事者でなければ、アドバイスにも重みがありませんし、親身に聞いているつもりでも好奇心半分で聞いていることだってあります。

 

浮気問題を解決したいけど、一人では手に負えないと思ったら探偵」や「夫婦カウンセラー」などのプロに依頼をしたほうがいいです。浮気問題に関しては探偵ほどプロフェッショナルはいませんし、浮気以外にも悩みがあればカウンセラーなども具体的なアドバイスをしてくれるでしょう。

参考浮気調査が得意な優良探偵社のおすすめランキング

 

妊娠中に浮気が発覚後の対処~関係修復を可能にする3つの行動~

悲しいことですが、浮気をされてしまうことはあります。

奥さんには旦那さんとの関係をその後どうするかを考えなければなりません。

 

浮気というものは再犯率が高く、浮気発覚後に何もしなければ何度でも繰り返し行ってしまいます。浮気されたあとに妻がするべきことをここでは解説していきます。

 

怒りではなく悲しみを伝える

旦那さんが浮気をしているとくさんとしては怒りがこみ上げてくると思います。

妊娠中ということもありイライラしやすいです。

旦那さんに対して、胸ぐらを掴みかからんばかりの勢いで罵倒してしまうこともあるかもしれません。

 

しかし、それでは関係修復もうまくいきませんし、浮気の再犯を防ぐこともできません。

浮気をされてしまっても怒りをぶつけてしまうと、相手もその場は反省したとしても時間が経てばすぐに忘れてしまいます。

 

浮気をさせないためには相手に罪悪感を与えると効果的です。

具体的な方法としては、浮気をされたときの「悲しみ」を伝えることです。

どれだけ自分が辛かったかを相手に伝えれば、夫も相当堪えるはずです。

 

夫婦で話し合いの時間を取る

浮気発覚後に一番良くないことは、お互いが言いたいことを相手に罵り合ってしまうことです。それだと問題は一向に解決しませんし、ただただ喧嘩をして終わりその後はろくに話もせずにうやむやになってしまいます。

 

重要なのは、夫と腹を割って話し合うことです。夫から正直に浮気の原因を話してもらわないと今後何の対策もできなくなってしまうからです。まずは自分も冷静になるようにしましょう。

 

頭ごなしに怒るのではなく、夫に浮気をした原因や心理を追求していきましょう。

そこに浮気をするまでに至った根拠が明らかになります。

 

もしかしたら浮気をした原因はあなた自身にもあるかもしれません。

それを聞くためにも冷静な頭で夫婦で話し合う機会を設けましょう。

 

浮気の防止策を講じる

浮気は3人に1人は繰り返すと言われています。本当に繰り返してしまうことが多いんです。

一度目の浮気できちんと対処をしなければ、2度目3度目も裏切られることになってしまいます。

 

浮気を防止するためには旦那さんに本気で浮気をしたことを反省してもらわなければなりません。軽い反省だけでは、妻と揉めたこともいつかは忘れて数年後にはまたやっている可能性があります。

 

旦那さんの浮気を防止する方法については下記の記事を参考にしてみてください。

参考旦那の浮気を防止しよう!今からできる予防策

 

前述でも言いましたが、浮気をされた原因は自分にもあるかもしれません。

確かに浮気はしたほうが悪いです。

 

しかし、自分にも改善すべき点があることも忘れてはいけません。

もし、奥さんに対して不満がなければ浮気には発展しないかもしれないですから・・・

 

浮気をさせない妻になるという意識を持つことも必要です。

方法については下記の記事でまとめているので参考にしていただきたいと思います。

参考旦那に浮気を反省させる方法~浮気させない女になるには~

 

まとめ

妊娠中は体も思うように動かせないし、精神的にもすごく負担がかかります。

そこで浮気をされてしまうなんて奥さんからしたらたまったものではありません。しかし、きちんとした理由がある以上は無視していくことはできません。

 

一度許してしまえば、旦那と浮気相手の関係は妊娠後も続くことになり、悩みは耐えずに残り続けてしまいます。

また、同じシチュエーションで浮気をされるのも今後の夫婦生活が不安になるはずです。

 

しかし、浮気をするからには必ず原因があり、それがなくなるかどうかは奥さんサイドの努力も不可欠になります。もし、夫の浮気に思い当たる節があれば迅速に対応していきましょう。

 

パートナーの浮気・不倫でお悩みの方へ

浮気・不倫は、早期解決することが大事です。

放置しておくと、対処ができないほど問題が大きくなっている可能性があります。

例えば、浮気相手との関係がどんどん進んでしまい、突然に別れを切り出されることがあるかもしれません。
それほど浮気というのは早く解決しなければならないものです。
  • パートナーに不倫をやめさせたい
  • 浮気相手に慰謝料を請求したい
  • 不倫されたけど離婚したくはない
  • 2度と浮気をして欲しくない
 

そんな時はプロによる相談が不可欠です。

一人で悩んでいても一向に解決できません。
そして、プロに頼ったほうが解決も早く進みます。

まずは、無料相談で話だけでも聞いてもらうのも手です。 パートナーに浮気・不倫をやめさせる
夫・妻の浮気や不倫でお困りの方は、探偵社を利用しましょう!

浮気の証拠を掴み、離婚後の慰謝料や親権の取得を優位にすることができます。

おすすめの探偵

【街角探偵相談所】


街角探偵相談所

街角探偵相談所は、探偵と依頼人をつなぐマッチングサイトです。

専門のアドバイザーが予算や案件に応じて、100を超える探偵社の中から選んでくれます。

さらに「街角探偵相談所」を通して依頼をすると、すべての探偵社への依頼料が20~40%OFFになります。

見積もりは何度も何社でも無料でできます。
公式HPへ

詳細ページ

コメントを残す