【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

セックスレスとは夫婦にとって非常に深刻な状態。

おそらくこの悩みを持っている方は男女共に多いのではないでしょうか?

 

時間とともに夫婦の営みというのは、夫婦にとっては非常に重要なものです。

しっかりと改善しなければ、今後の家庭での生活に支障をきたすことになります。

 

ここでは、セックスレスが及ぼす夫婦への影響と対策について解説していきたいと思います。

 

日本とセックスレス

まずは、日本におけるセックスレスの実情について見ていきましょう。

Durex社という世界的に有名なコンドームメーカーの調べによると、日本はセックスレス大国だそうです。

 

世界各国における性事情のアンケート。

そこでも日本は性に関しての関心が薄い国ということがわかります。

統計情報によれば日本はセックスの頻度とセックスにおける満足度が非常に低い国にあたります。

 

セックスの頻度における各国のアンケート結果

※アンケートの数字は年間で数えたセックスの頻度です。

 

セックスの満足度における各国のアンケート結果

参考:東洋経済

http://toyokeizai.net/articles/-/52821?page=2

 

どちらも最下位と下から2番目で、セックスに対しては非常に問題を抱える国と言われています。

中国も同じく低いですが、アジアの国はヨーロッパと比べても貞操観念が非常に高い。

なので性生活についてはこのような結果になったと思われます。

 

アジア圏の人は挨拶などでもスキンシップをしない傾向がある。

結婚も一世一代のイベントという意識も強いです。

良くも悪くも日本の特徴だということができます。

 

というわけで、日本ではセックスレスに悩む人はその分多く、それなりに問題意識を持つ人も多くいるということがわかります。

しかし、あくまで統計上の数字なのでどこまで正確かはわかりません。

 

そこで問題視するべきことは「自分がセックスレスの夫婦に当てはまるか?」ということです。

次にセックスレスとは夫婦のどの状態を指すのかを解説しています。

 

そこで自分が当てはまるかどうか、改善するべきかを見ていきましょう。

 

日本におけるセックスレスの割合

世界で比べても日本はセックスレスになりやすいというのは理解できました。

実際に日本人のどれくらいの夫婦がセックスレスなのか?

これも統計で明らかになっています。

 

日本家族計画協会の調査「第7回 男女の生活と意識に関する調査」を参考に見てみましょう。

本調査は2014年9月1日現在満16~49歳の男女3000人を対象(有効回答数1134)として、同年9月11~28日に実施した。

 

NHKや日本テレビの報道番組をはじめ、国内外の複数のメディアが調査結果を取り上げた。特に、「既婚者のセックスレスが44.6%に増えた」ことが大きく報じられた。

引用:日本家族計画協会 第7回男女の生活と意識に関する調査

https://www.jfpa.or.jp/paper/main/000047.html#1

 

セックスレスは年々日本では上昇傾向にあります。

特に、2000年以降は顕著であり、40%を超える夫婦が日本でセックスレスであることがわかりました。

 

このように日本ではセックスレスに悩む人が多く、社会問題になりつつもあります。

 

セックスレスの定義

そもそもセックスレスとはなんぞや?

という人もいるかもしれません。

 

具体的な定義は夫婦に直接は関係ありません。

ただ、「自分の家庭はセックスレスなのか?」という基準は少なくとも知ることができます。

 

セックスレスとは?

セックスレスとは、日本性科学会によれば、「病気など特別な事情がないのに、1か月以上性交渉がないカップル」と定義されている。しかし、便宜上「カップルのうち、どちらかがセックスをしたいと望んでいるのに、長期間それができない状態」を総じて「セックスレス」と呼ぶのが一般的な解釈である。セックスが無い、あるいは回数が少なくても、カップル双方が不満や苦痛を感じず、関係が良好ならば「セックスレス」という言葉を使って問題として顕在化する必要がないからである。

また、アメリカ合衆国においては性交渉が1年に10回を下回る夫婦をセックスレスとし、20%の夫婦が当てはまるとされる

 

参考:Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%82%B9

 

実際に「定義とは異なる家庭でもセックスレスでは?」と思う家庭は多いかもしれません。

なぜなら、定義に当てはまるかどうかは全く問題ではなく、実際に夫婦間で不仲になる予兆が出ているか?ということです。

それに夫婦仲が悪いことがセックスレスが直接的な原因になっているかは正直その人の家庭事情によるでしょう。

 

しかし、現実的にセックスレスというのは夫婦仲が悪くなる原因になっています。

むしろ、夫婦仲悪化の典型的な例といってもいいでしょう。

 

普通は、「夫婦仲が悪いからセックスレスになる」と考えてしまいます。

しかし、実情は「セックスレスだから夫婦仲が悪くなる」というパターンが多いです。

 

夫婦で行うべきスキンシップができていない分、距離がどんどん開いてしまってそのことでも夫婦仲に影響を及ぼしてしまうというパターンですね。

 

つまり、セックスレスを解消することは夫婦にとって重要になる。

次にセックスレスの原因と問題点について見ていきましょう。

 

夫婦のセックスレスの原因とは?

セックスレスの原因は様々なものがあります。

夫婦間の個人的な理由と環境が左右する場合があり、回避できないものもあるかもしれません。

 

しかし、原因がしっかり分かれば解消することはいくらでもできます。

その原因になり得るものについて見ていきましょう。

 

産後、自然となくなる

妻が出産したのをきっかけにセックスがなくなる家庭は多いです。

出産の前の妊娠期間中からセックスレスに陥ることが多いです。

 

妊娠中は夫婦の間でもセックスは控える人が多いです。

母体はもちろんのこと、お腹の子供に影響があると問題ですよね。

どちらかがそれを気遣ってしまい、性生活がないことの方が自然になってしまうというパターンです。

 

それから産後もお互いに誘う機会をつかめずに自然消滅してしまうというパターンです。

 

面倒くさいから

セックスというのは体力を使う行為ですし、準備が大変です。

特に女性の場合は、ムードやシチュエーションにこだわる人は多いです。

 

男性はそれに合わせて、デートに趣向を凝らしたりロマンチックな雰囲気を演出したりしなければなりません。

 

セックス自体というわけではなく、そこに至るまでの過程・下準備が大変。

なのでわざわざやる気にならないという人もいます。

セックスは嫌いじゃないけど、それに至るまでの過程が面倒くさいという人も多いでしょう。

 

仕事の忙しさ・プレッシャー

仕事が原因でセックスの数が減ってしまうこともあります。

 

特に30代の夫婦によく見られる現象。

30代とは仕事も一人前にできる年齢になり、重要な仕事を任せられるようになります。

部下も出来て、出張や重要な会議に出席する機会も20代の頃に比べたら多くなります

 

平日はずっと仕事のことを考えて、休日も来週の仕事が頭をチラつきます。

仕事で頭がいっぱいになってしまって、夫婦関係まで頭が回らないということが起こります。

 

肉体的にも精神的にも余裕がなく、「セックスするなんて考えれない」という大人は意外にも多く、セックスレスの主な原因とも言われています。

 

特に男性側に多いですが、仕事に集中していると他のこと、特に浮ついたことはできないです。

妻が嫌いになったというわけではなく、仕事に集中したいからという人もいます。

 

年齢による性欲の衰え

年齢とともに性欲は衰えます。

性欲が衰えればセックスの数が減るのは当然のことです。

 

年と共に意欲も低下するのである意味自然なセックスレスの発生原因と言えるでしょう。

特に、女性は男性と違って性欲が低下するのが比較的早いほうです。

 

しかし、男性は性欲が衰えるのは平均的には遅いほうです。

40代でも現役の男性は多いです。

 

言うなれば、この性差が夫婦間で出てしまい、セックスしたくない妻としたい夫の構図が出来てしまい、夫婦の間でセックスレスとともに不信感が生まれます。

 

パートナーを異性としてみることができない

結婚や新婚当初はパートナーを自然と異性として意識していたと思います。

セックスするのもクになるなんて考えもしなかったでしょう。

 

夫婦生活が長いと、相手の嫌な部分が目についてしまい、異性として見る目がなくなってしまいます

夫のだらしない姿、妻のたるんだお腹。結婚語の変化でセックスレスにはいくらでもなってしまいます。

また、夫婦生活が長いことで新鮮味がなくなってしまい、いわゆるマンネリ化によって相手に対して性的魅力を感じなくなってしまうことがあります。

 

そして、結婚と同時に異性ではなく家族という立ち位置になってしまい、自然に異性として扱うことが少なくなるのも原因の1つです。

 

セックスにトラウマがある

性について根深いトラウマがある人もいます。

 

例えば、

  • 緊張で最後まで出来なかった
  • パートナーが物足りなそうにしている
  • とんでもない痛みを感じた
  • セックスが上手くない

という悩みを抱えている人は男女ともにいます。

 

特に、セックスに自信がない、相手からダメだしされてしまう。

などがあると誘うこともなくなって、自然に消滅します。

 

特に、男性は女性にセックスをダメ出しされると痛く傷ついてしまいます

 

思春期じゃなくても男性はプライドが高い生き物。

そして、セックスはデリケートな問題です。

それにダメ出しされてしまえば、性に対して話題にも出したくないほど負い目を感じてしまいます。

 

夫婦のどちらかがこのトラウマを抱えているとセックスレスになってしまいます。

 

夫婦のマンネリ化

夫婦生活やそれ以前から一緒の期間が長すぎる。

そんな夫婦は、夫婦ふたりでいる時間に新鮮味が出なくなります

パートナーとの生活になんの新鮮味も感じなければ刺激不足になり、相手に欲情することもなくなります。

 

夫婦歴関係なく、同棲暦が長いカップルにありがちな現象です。

 

距離が近すぎていろんな意味で家族になってしまっているということでしょう。

一度マンネリ化をしてしまいお互いなんの改善策もしない。

ますますスキンシップが図りにくくなります。

 

マンネリ化というのは、夫婦生活がパターン化することにより起こる現象です。

サプライズが苦手だったり、お決まりの過ごし方しかしなければ、どんなに仲が良くても飽きてくるものです。

両方とも危機感を持たずにダラダラと時が経ってしまうというのが、パターンとしてよくあることです。

 

セックスの相性が悪い

パートナーと体の相性が悪い、もしくは悪いと思い込んでいることによってセックスの頻度は減っていきます。

 

パートナーとの行為で快感を全く覚えないという人は自然と疎遠になってしまいます。

相性は大抵は気のせいか、パートナーがセックスが上手くないというのも含まれます。

 

そして、一度相性が悪いと思ってしまうとそのイメージが払拭しきれない。

徐々に頻度が減ってしまいます。

お互いに相性が悪いと思っているならともかく、片方だけの場合はまだ改善の余地があります。

 

セックスレスが引き起こす問題

セックスレス。

夫婦仲はもちろんのこと、心身ともに様々な影響を及ぼすことになります。

そんなセックスレスのリスクについて解説していきたいと思います。

 

欲求不満による精神不安定

基本的に人間は欲求が満たされていないこと。

それがイライラしたり精神が不安定な状態につながります。

 

性欲を満たすというのは人にとっては非常に必要なものです。

人間の三大欲求で、睡眠欲や食欲とともに満たすべき欲求として挙げられています。

 

それぐらい必要な欲求が満たされていないこと。

それは、普段の生活にも支障をきたすほど精神的に安定できないという影響がセックスレスにはあります。

 

特に男性は性欲のコントロールは女性よりも難しい。

他のものでは替えが効かないので、セックスレスが続くと不安定な思いが爆発して、浮気に走ったりすることが多いです。

 

浮気される可能性大

セックスレスの状態は浮気に直結する問題です。

性欲が家庭・夫婦間で解消されてないとなるとほかの異性に走るほかありません。

 

前述でもあるように性欲は人間の三大欲求であり、最も満たそうとする欲求でもあります。

性欲が満たされないストレスというのは大きいものなので、普段真面目な人でも浮気に走ることがあります。

 

下手をすればセックスレスで離婚に発展することも考えられます。

性の不一致というのは離婚の理由としてはありえないことではありません。

 

性格の不一致と同様に気になることかもしれません。

 

夫婦間でギクシャクする

夫婦というのは男女間の延長。

なので、性交性があって当然のことです。

 

夫婦でお互いにセックスレスの時期が続くと「異性として見られてない・・・」というふうに感じてしまいます。

それでお互いが不信感を感じてしまい、徐々に徐々に夫婦仲が悪くなってきます

 

不信感があると何もしてないのに「浮気しているんじゃないか?」

そう一方的に不安になってしまい、ますます夫婦仲が悪い状態が続いてしまいます。

 

例えば、こちらが相手を誘う為に努力をしているのに全然来てくれないと、自身もなくなって投げやりになってしまうでしょう。

 

セックスレスとは関係ないもの~ホルモンバランス~

セックスは女性ホルモンの分泌を促す行為だという説があります。

しかし、科学的には全く証明されてはいません。

 

エストロゲン」と「プロゲステロン」という女性ホルモンがあります。

このホルモンは分泌すると美肌や美容効果が現れたり、分泌されてないとニキビが増えたりという効果があるとされています。

 

なので、「セックスすることでホルモンの分泌を促そう」

という説がたまにありますが根拠は全くありません。

 

この2つの女性ホルモンはセックスじゃなくても分泌される。

なので、それが目的でセックスをする必要が全くありません。

 

夫婦で行うべきセックスレス解消の方法集

ここからは具体的なセックスレスの解消方法を見ていきましょう。

普段の何気ない会話や態度も大事なので、少しでも相手を意識して行きましょう。

 

男性によるセックスレス解消法

まずは、男性つまり夫がやるべき夫婦のセックスレス解消法を見ていきましょう。

 

ムード作りをしておく

男性はムードを作るのが大事です。

女性からもやる場合もありますが、奥さんは旦那さんにやってほしいという気持ちが強いでしょう。

 

茶化したり恥ずかしがったりせずに、素直に気持ちを伝えることが大事です。

「好き」「愛している」というのは男性から言われると嬉しいものです。

 

注意して欲しいのは、安売りをしないということです。

普段からムード作りを意識すると新鮮味を感じないので、女性はゲンナリします。

 

普段の空気感とギャップが出るように意識してみてください。

意識することといえば、使う局面を選ぶということ。

 

日常的に言い過ぎると、言われることが自然になってしまい新鮮味が帰って薄れてしまいます。

重要な局面で使うようにしましょう。

 

相手を喜ばせることを考える

女性がセックスを嫌がる原因としては、セックスに快楽を感じないという点があります。

好きでもないものを積極的にやろうとは思えませんし、快感を感じないのであれば尚更ですよね?

 

性欲が強い男性はついつい自分のことだけを考えてしまいます

自分だけが良いと思ってやっていること。

それでも相手から見たら、そうでもないかもしれません。

相手に喜んでもらうことにより、セックスの苦手意識というのもなくなります。

 

セックスでは女性が主役だと思って、相手を喜ばせるという意識を持ちましょう。

 

清潔感を保つこと

セックスをする際に男性が気を受けるべきところは清潔感です。

やはり、最低限の身だしなみが整っていない人に抱かれたくはありませんよね?

 

特に、女性の場合は異性の清潔感は男性よりも見ているところです。

男性は無頓着になりやすいところですが、妻が乗り気ではないのはこの清潔感を保っていないからかもしれません。

ぜひ気をつけておきたいポイントです。

 

量より質を考える

セックスレスの打開策として数をこなすという考え方は禁物です。

どちらかというと、質の方を意識していきたいところです。

 

数を意識すると、機会があったとしてもパートナーへの配慮がぞんざいになってしまい、かえってセックスへの苦手意識を植え付けてしまいます。

さらに、「数をこなさなければいけない」という義務感があると、自分も気が乗らないことは多いでしょう。

 

無理やり自分や相手をその気にさせるのではなく、お互い心身ともにベストなコンディションの日を狙ってするようにしていきたいです。

 

女性によるセックスレス解消法

女性ならではのセックスレス解消法もあります。

男女の立場の違いだけと思うかもしれませんが、女性にしかできないこともあります。

男性側ではなかなかできない努力を女性はすることができます。

 

素直に甘えてみる

セックスレスが続くと、「ただの恋人同士だった時のように甘えたりするのが恥ずかしい」

こう考えてしまうかもしれません。

 

しかし、セックスレスの壁を越えるには女性の方から積極的に甘えて雰囲気を出すのも必要になります。

もしかしたら、旦那さんは奥さんからのアプローチが全くない。

だから誘うことができないのかもしれません。

 

男性側からすれば、「断られるかもしれない」。

そう思って誘うことはできません。

いざ誘ってみて断られたら傷つき二度と誘おうとはしないでしょう。

 

もしかしたら、旦那さんが誘えないほどの壁を奥さんに対して感じているのかもしれません。

あまり性の匂いをさせなかったり、私生活に隙がなさ過ぎるとこのように気まずい夫婦が生まれてしまいます。

 

いざ、奥さんから甘えてみると一気に火がつく可能性があるので、恥ずかしい気持ちに負けず実践してみてください。

 

相手にプレッシャーをかけない

セックスをむやみに催促するのは逆効果です。

男性側は精神的にプレッシャーがかかると行為そのものをすることができなくなります。

 

よくある状況としては「子供」を急かされてセックスするように促されることです。

男性からしたらこんなにプレッシャーになることはありません。

 

案外男性の方が精神的には弱いもの。

なので、催促されてしまうとプレッシャーに負けてなおさら避けるようになってしまいます。

 

セックスするのに多少の緊張感があると手を出しにくいので、プレッシャーを与える言動や行動は控えるようにしましょう。

 

セクシーな下着を

男性は妻を女性として意識しなくなる。

そうなると、セックスしたいという気持ちすら起こりません。

 

奥さんも女性だということをアピールする。

そのために、普段はつけないセクシーな下着姿を見せるというのも効果的です。

 

日ごろの妻には見れない姿を見ることで、ギャップによって燃えることがあります。

セックスレス解消のテコ入れとしては即効性がある方法です。

 

普段からやっている人は逆にそこまで派手にしないで、清楚に見えるほうが効果があったりします

 

重要なのは、普段とは違う新鮮味を与えるということです。

だからこそ、普段からあまり派手に着飾らない方がいざ着飾った時に効果があったりするので、それは意識してみましょう。

 

夫の趣味を把握する

夫の性的趣向を把握することも大事です。

特に、見た目に関する趣味を探るというのが効果的です。

 

夫はどんな女性が好きなのか?どんな格好が好みなのか?

それに合わせて自分もやってみることで、直ぐにその気になってくれるでしょう。

コスプレが好きなら、たまには応えてあげるといいでしょう。

 

夫が持っているアダルトビデオやPCの履歴で調べられれば調べてみましょう。

ただし、女性側がやりすぎると男性も引いてしまうかもしれません。

ちょっとチャレンジしてみると、向こうからいろいろお願いされるので、それに応えていけば大丈夫です。

 

女性側が性に対して潔癖だと旦那さんも言いにくいですから、男性側がお願いできるような雰囲気づくりをすることも大事です。

 

性のつく料理を作ってあげる

性への情熱も食べ物から火をつけることもできます。

最も、夫婦が健康でなければセックスそのものもできません。

食事から気をつけてみるという意識も持ってみましょう。

 

特に、性のつくという意味で言うと、血行をよくする食べ物疲労を回復する成分が入っているものが望ましいです。

成分で言えば、亜鉛・アルギニン・ビタミンE・アリシン・タウリンなどです。

 

肉類は、牛肉や豚レバー。魚介類は、カキ・ホタテ・カツオ・サンマ・うなぎ。

大豆系の食べ物や卵黄。

良質なたんぱく質を取ると、精力の増強につながります。

 

心がいくらその気でも体が出来上がってなければセックスする気になれません。

そして、そのカラダづくりをするのは食事です。

 

些細なことと思うかもしれませんが、実際にセックスレスの改善には非常に役に立つので、夫にふるまう食事も意識しておきたいところです。

上記の食材とともにバランスの良い食事にすることも重要です。

 

男女共通のセックスレス解消法

男女ともにできるセックスレス解消法は以下のとおりです。

 

恋人時代を思い出す

夫婦ではなくただの恋人だったときのことを思い出してみましょう

当時の思い出を振り返ると、おそらくお互い楽しい気持ちになります。

 

昔の楽しい思い出を思い出すと、当時パートナーに抱いていた気持ちも改めて復活することがよくあります。

ここで改めてパートナーを異性として意識することができ、セックスも自然とするようになるでしょう。

 

二人で一緒に思い出すのもいいでしょう。

たまには思い出話に華を咲かせることで、相手も自分も当時のことを思い出すでしょう。

 

たまにはいつもと違うことを

男女の間には少なからず刺激が必要です。

刺激をわかりやすく言えば、変化と言い換えることができます。

 

いつもと同じ場所、同じシチュエーションではさすがにマンネリを感じざるを得ません。

たまには普段自分たちがしないことをするというのもいいでしょう。

 

例えば、普段は家でしかしないと思いますが、ラブホテルに行ったり、セックスの内容を変えるという変化は夫婦にとって良い変化です。

 

できるだけ相手が望んでいるものがあれば、それに答えるようにしておきましょう。

 

新鮮味というのはセックスだけではなく、夫婦間のあらゆる場面で大事です。

たまにはいつもと違うことをしてみるという意識は常に持っておきましょう。

 

異性であり続けるという意識を持つ

夫婦である前に、一人の男と女であるという意識を持ちましょう。

というのは、夫婦になるとパートナーにだらしない姿を見せたり、恋人時代には見せなかった嫌な部分を見せてしまう人が多いからです。

 

上手く隠していた部分があからさまに表に出てしまうので、徐々に異性として見れなくなることも・・・

 

相手から異性として見られるという気持ちを忘れずにいましょう。

家の中だとしても、最低限の格好や見た目を意識するとパートナーも見る目が変わります。

 

見た目は性的魅力に直結するものなので、ここを改善するだけでセックスの頻度はだいぶ変わります。

 

セックスレスの解消は積極的に!

セックスレスを解消するにあたって重要な心構えがあります。

それは、積極的に解決していく相手に任せないということです。

 

夫婦喧嘩はともかくセックスレスは時間が解決するという問題ではありません。

時間をかければかけるほど、問題が大きくなっていきます。

放置するというのは賢い選択ではありませんし、夫婦の現状を憂いているなら尚更です。

 

すぐにでも解決に向けて動いていくという意識が大切です。

特に夫婦生活では「自分を変える」ことを考えていきましょう。

いきなり相手を変えようとするとうまくいきません。

モチベーションも続かないので、まずは自分から積極的に変えていきましょう。

 

相手に任せるというのもよくありませんね。

その考えだと相手が何もしなければ、それこそ変化はしません。

 

まずは自分が動くのを見せて、そして相手を動かして行くという方向性でいきましょう。

 

まとめ

夫婦生活を順風満帆に過ごす必要がないと思っているのであれば、セックスレスを解消する必要はないかもしれません。

しかし、より良い関係になりたい、昔のような関係性に戻りたいと思っているのであれば、セックスレスを解消することは必要不可欠になります。

 

むしろ、セックスレスを問題視しているということは関係性を見直すチャンスができたということです。

これを気にお互いを異性として意識することができれば、今後の夫婦生活が一層楽しくすることができます。

 

是非セックスレスを解消しておしどり夫婦になっていきましょう。