【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

妻が不倫をしているかもしれない!

そんな疑念を持った時にあなたはどうしますか?

かなりショックを受ける、動揺する、怒る。人それぞれの反応があると思います。

 

しかし、あなたの選ぶ選択肢がベストではないかもしれません。ここでは、妻の不倫を見抜く方法実際に不倫発覚後の夫婦の例を上げていきたいと思います。妻の浮気で何度も苦しんでいるのであれば、そろそろ積極的に改善に踏み出す時が来たのかもしれません。

妻の浮気性改善には下記の記事で詳しく解説しているので参考にしていただきたいと思います。

参考妻の浮気癖に悩む方必見!アイツの不倫はどう止める?

妻の不倫疑惑が浮上!注意するべきポイント

奥さんに不倫疑惑があるとします。その時点ではやってはいけないこと。

気をつけなければいけない点がいくつかあります。

まずは「不倫発覚後にやってはいけないこと」について解説していきます。

頭を冷やしておく

絶対にやってはいけないことが、感情に身を任せることです。

これをやった男性がろくな結末になった覚えがありません。

 

感情的になることがDVに繋がったり、モラルハラスメントになったりすることがあります。こうなってしまっては不倫をした方を責められません。浮気をしたことは許せないかもしれません。

ただ、それで暴力にものを言わせるのは解決策としてはNGです。感情的になって肉体的にも精神的にも暴力を働いてはいけないのはわかりますよね?民事裁判が刑事裁判に発展してしまうほどの行為なので絶対にやめましょう。

選択肢が狭まるかも・・・

冷静になる理由は他にもあります。

それは不倫の理由をはっきりさせるためです。

 

仮に不倫が発覚した後、夫婦関係はこじれてしまいます。その時、奥さんと関係修復を望んだとします。関係修復をする上では不倫の理由をはっきりさせること。それは必要不可欠になります。

 

なぜなら、根本的な理由を知らないと再発する可能性があるからです。

不倫は元から絶たなければ、解決できることはありません。その時に感情的になってしまうと、ムキになって奥さんも本音で話せません。また、ついつい嘘をついてしまうかもしれません。

 

本当は旦那さんへの不満が原因だとしても、言ってもらわなければ気づかない。なので、今後改善せず結果浮気問題を解決することができなくなります。また、あなたが離婚を望んだとします。それでも感情的になってはいけません。勢いに任せて離婚届にサインをしてしまい、後悔することになるかもしれません。

 

本当は離婚したくないのに、妻の一言にカチンと来て「それなら離婚だ!」と早まったことをしないようにしましょう。しかも、それをやってしまうと奥さんや浮気相手に慰謝料を請求できなかったり、法的処置を取れないかもしれません。なぜなら、法的処置や慰謝料はそれなりの準備をする必要があるからです。

 

それをせずに解決しようとすると、あなたがただただ傷ついて終わってしまう騒動。きちんと段取りを踏む必要があるというのを心の片隅においておきましょう。その時に勢いに任せてやってしまう。

やるべき準備が出来ていなくて、ハードスケジュールと手続きに頭を悩ませることになります。

疑惑のままで終わらせない

少しでも「怪しいな」と思ったら、それを疑惑のままで放置しないほうがいいです。

なぜなら夫婦関係が徐々に壊れてしまうからです。

 

怪しいと思った時は、気のせいだと勘違いするかもしれません。もしくは、多少の浮気ならば構わないと思うかもしれません。しかし、放置は本当に危険な行為なんです。

 

放置しておけば、最初は怪しいくらいの雰囲気が徐々に浮気相手との距離が縮まる。そして、もはや夫婦関係を修復できないほどになっているかもしれません。

そして、浮気する方の心理。実は「気づいて叱ってほしい」という思いから来ていることもあります。

 

妻をそもそも「不倫しているかも」と思うのは妻をいつも見ているから気づくものです。興味がなければ不倫をしているかもとも思わないでしょう。

だからこそ、旦那さんに自分はどれほど大切にされているのか?

これを確かめるために不倫という行為に手を出してしまっているのかもしれません。

 

妻が関係修復や夫婦の絆を確かめたくて行っている可能性はあります。

もし放置してしまったら妻は夫に対して徐々に不信感を持っていき、2度と夫婦関係に戻れず、浮気をした奥さんから別れを切り出される可能性もあります。

疑惑が浮上しているのならば、事実確認をきちんと行いましょう。

 

妻が不倫をしているかも!女性の浮気サインとは?

女性の不倫は一般的に男性よりもわかりにくいと言われています。

それは、女性は誤魔化すのが非常に上手いからです。

 

男性は浮気をしているときはつい表情に出たり、挙動不審になります。女性は、いつもどおりに振る舞い、不倫の事実を明るみに出せません。しかし、全てを隠し通すことは不可能です。

その女性に現れやすい浮気の兆候を探っていきましょう。

ファッションの趣味が変わる

服装の変化は女性の浮気に現れやすい変化の1つです。女性は男性に合わせて服装を変えることが多いからです。

特に大人の女性は自分の着たいものをそのまま着ずに、相手の好みに合わせようとします、

 

それまではあなたの趣味に合わせたり、自分のファッションセンスというものがあった。それが今となっては、流行りの服・タイプの違う服を好んで着ている。これは浮気をしているサインであることがわかります。

好みが変わった時は、奥さんの不倫を疑ってもいいでしょう。

友達が増える

交友関係が広がり始めるのも不倫の予兆。不倫は実は友達がきっかけというのが多い。

例えば、同窓会や友達の紹介をきっかけに徐々に恋仲になる。

そして、不倫に発展してしまうといういわば恋愛の王道のパターンです。それが不倫でもよく起こります。

 

奥さんが友達を理由に外出が増えたりすると、浮気を疑ってもいいかもしれません。

さらに「友達」というのは不倫をする際の隠れ蓑としてもよく使われます。「友達と飲みに行く」「友達と旅行に行く」このように、友達を出しておいて実は不倫相手と会っているなんてことも考えられます。

主婦だと特に閉鎖的な生活になってしまい、ある時期から交友関係を広げようとする心理が働きます。

その中で不倫につながる相手が見つかってしまう可能性があります。

常にスマホを持ち歩いている

不倫をする人が最も気をつけていることがパートナーにバレることです。

特に、不倫はスマホなどの連絡手段からバレることが多いです。

 

昔からケータイのメールで浮気がバレたということをよく聞いたと思います。それを不倫をしている側もよくわかっていることでしょう。自分のパートナーが浮気相手からのメールを見てしまう、SNSでメッセージを見てしまう。このようなハプニングを浮気をする側は恐れます。

 

浮気をしている方は家でもなるべく証拠を隠そうと必死になっているでしょう。少しでも不倫の事実が明るみにでないように、ずっとスマホを持ち歩いていることがあります。特にスマホでは、ポップアップ画面で浮気相手からのメッセージが読まれてしまうかもしれません。

 

セキュリティがしっかりしているとは言え、一度でも疑われてしまうともめることは誰でもわかります。少しでも疑われないため。そもそも表に出さないというのが隠している側の心理としてはよくあります。

お風呂やトイレにまで持ち込んでいるようであれば、やましいことがあると取られても仕方ないです。

スキンシップ・セックスを拒む

不倫を現在進行形でしている女性は、肌の接触を嫌がる傾向があります。

これは男女の性差による違いとも言われています。

 

意外と男性は複数の女性とスキンシップを生理的に嫌がるということはありません。なぜなら、男性は複数の女性に子どもを宿すことが可能だからです。一方、女性というのはひとりの男性としか子供をつくることができません。当たり前ですが、複数の男性の子供を宿すことは不可能です。

つまり、本能的に複数の男性との接触を避けます。

精神的に嫌がるというよりも生理的に嫌がるので、妻に触った時に嫌悪感を顕にする時は不倫をしている可能性があります。

 

妻の不倫疑惑を確信に変える方法

上記はいわば不倫予備軍を見つけていくための方法です。しかし、それだけでは疑惑を確信に変えることはできません。

妻が本当に不倫をしているのか?

これを詰めていくための方法も解説していきたいと思います。

 

浮気調査アプリやSNSを活用する

現代では、スマホやSNSの普及により便利な時代。不倫をする人もこれらのコミュニケーションツールからお相手を見つけたり、大人の関係になったりすることも・・・

スマホを使って不倫をする人も多い。出会い系アプリなどもあるため、スマホの使用がストレートに出会いに発展することもあります。

 

しかし、便利になったのは不倫をしている人にとってだけではありません。不倫を発見するときにも有効利用することができます。特にアプリはGPSで相手を追跡することができる。浮気調査には非常に便利だと言われています。

 

例えば、「妻が友達と〇〇で遊んでくる」と言って、アプリで位置情報を見たら全然違う所に行っているということも考えられます。そして、アプリでそれを確認することができます。

SNSから不倫を発見する方法も同時に存在します。浮気調査をするためのアプリ・SNSの使い方は下記で詳しくまとめています。ぜひ参考にしていただきたいと思います。

参考浮気を調べる!見抜く!最強アプリとは!

参考浮気はSNSで発覚する?スマホで浮気を見抜く方法

尾行して浮気現場に行く

不倫を確かめるのはやはり自分の目で見るのが一番かもしれません。

アプリやSNSは使い方がわからない人。また、確実に不倫現場を押さえるのであれば、足で稼ぐという方法があります。一番地味ですが、確かめるためには確実な方法です。

 

尾行は簡単そうに見えて、素人にはとても難しいテクニックでもあります。尾行に際してのテクニックや注意点も詳しくまとめています。

下記で徒歩の尾行・車の尾行、それぞれのテクニックを学んでいただきたいと思います。

参考妻を尾行して浮気の証拠を手に入れろ!【テクニック集と注意点】

 

しかし、この方法は肉体的・精神的にもつらいです。仕事をしているのであれば尾行に時間を割くことがなかなかできません。素人がやると下手すればバレます。1日中ついてまわり、バレないように気をつけないといけない。肉体的に非常に大変です。

妻の不倫現場をその目で目撃するわけなので、見ていてとても辛いと思います。心身ともに疲弊する行為だということを覚悟していただきたいと思います。

探偵社に依頼をする

確実かつ法的にも使える不倫の証拠を抑えたい。であれば、プロに依頼をする方法がベストです。

探偵」に依頼をするメリットとしては、以下のようなものがあります。

  • 法的に使える不倫の証拠が手に入る
  • プロによりバレずに調査をすることができる
  • 離婚・親権・養育費をトラブルなく優位にできる
  • 妻や不倫相手に慰謝料請求ができる

簡単に言えば、調停や慰謝料請求などの法的手続きで有利になるというメリットがあります。

特に慰謝料請求では使える証拠と使えない証拠があります。個人が取得した証拠はほとんど認められないことが多いです。

 

離婚をするときは特にお金でもめますので、プロの証拠を元に弁護士に相談すると何もしないよりも10倍は得をして終わらせることができます。

下記におすすめの探偵事務所のHPがあります。

【街角探偵相談所】 公式HPへ行く
【街角探偵相談所】の評判・口コミを見る

離婚や慰謝料を考えているのであれば、プロに頼るという選択を絶対必要です。ちなみに男性は親権の取得が不利と言われています。ただ、そんな男性でも親権を獲得する方法があります。

離婚をする可能性が高い夫婦であれば、今のうちに調停の準備・親権獲得の流れを把握しておくことが大事です。

 

実際に離婚は結婚よりも大変です。家族になっているので、親権やお金の事だけではなく持ち物や財産の所有権など話し合うことがたくさんあります。何の下調べもせずに用意するのは非常に疲れてしまいます。

なので、調停離婚の準備と真剣獲得のためのステップは確実に押さえておきましょう。

参考調停離婚の準備をしよう!~手順と具体的な進め方~

参考【離婚後の親権】父親が有利に獲得するために!

 

まとめ

妻の不倫疑惑が浮上して最もやってはいけないのは放置です。

夫婦生活において現状維持というのはとても難しいことです。

 

やはり周りの人や環境が変わると自分も変わります。何もしなければ現状維持ではなく下降線を辿るだけです。

もしも、妻に不倫疑惑があるのであれば、上記の対策はぜひ実践していただきたいと思います。