【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

「旦那の単身赴任が怪しい」「きっと浮気しているに違いない」

こう考える主婦は多いようです。

あなたももし単身赴任の夫が浮気をした。だとしたら「やっぱり・・・」と思うのではないでしょうか?

単身赴任中は人の目もありません。自分で見ることはできませんから疑心暗鬼になるのもわかります。

 

だからといって、確証もないのに旦那さんを疑うような真似は誰でも避けたいはずです。ここでは、単身赴任中の夫が浮気をするかどうかを見破る方法と対処方法についてご紹介していきたいと思います。

単身赴任以外にも仕事は度々、浮気の隠れ蓑として使われています。

よくあるのが残業・休日出勤・出張です。これらは浮気をするときによく利用されています。

 

それぞれの浮気の見抜き方も下記の記事で詳しく解説。

旦那さんの浮気を見過ごさないようにこちらも参考にしていただきたいと思います。

参考夫の残業と浮気の見破り方

参考夫の休日出勤と浮気の見破り方

参考夫の出張と浮気の見破り方

 

単身赴任先では浮気が起こりやすい

単身赴任では普段と違い、浮気発生率は高くなります。

理由はなんとなく想像できますよね?

 

単身赴任先では長いあいだ一人になるという状況です。人目をはばかる必要もないので、浮気に対するハードルが通常時よりも下がることは誰でもわかると思います。

実際に単身赴任を経験した男性がどれくらいの確率で浮気をするのか?

全体で8割という驚きの数字が出ています。

つまり、浮気をしそうにない人でも単身赴任をきっかけに浮気に走ることは十分考えられるということです。

しかし、浮気の理由としては様々なものがある。解決策は何も一つというわけではありません。

ご主人がどういう性格で、どんな気持ちで浮気をしているのか

これを分析していく必要があります。

 

単身赴任先の浮気発生率が高い理由

なぜ単身赴任をすると浮気をしてしまうのか?

実は、浮気のハードルが低くなることやら環境の変化が原因だとされています

詳しい心理的要因としては、以下のような理由があります。

一人で寂しいから

単身赴任は基本的にはしたくないものです。「明日から単身赴任だ、やったー」と喜ぶ人は珍しいでしょう。

愛する家族と離れなければなりませんし、家に帰っても一人になってしまうわけです。

 

その心細さを埋めるように女性と触れ合いたいと思う人は少なくありません。

単身赴任先でも擬似的に奥さんのような関係の女性をつくること。寂しさを紛らわせようとする会社員は多いでしょう。一人で寂しい上に見知らぬ土地で孤独に暮らさなければなりませんから・・・

 

結婚生活が長い人ほど、一人だけの生活というのは耐えられないでしょう。特に女性の安らぎは女性でしか得ることができません。

妻がいない寂しさを趣味や娯楽で気を紛らわすことができないんです。単身赴任中の浮気の原因のほとんどはこの孤独感から来ています。

開放感のある環境

普段の生活、つまり夫婦で一緒に暮らしている環境であるならば、浮気をするのは面倒です。

いちいち言い訳を考えなければなりませんし、証拠隠滅もしなければなりません。

しかし、単身赴任の場合は違います。奥さんが常にいる生活から離れています。

そして、奥さんがいちいち様子を見るわけでもありませんので、自由奔放に振舞うことができます

 

バレにくい環境なので、機会があれば魔が差してしまっても不思議ではありません。どうせ誰も見てないからいいだろうという心理で浮気をしてしまう人もいます。

特に、昔から地方というのは女遊びを誘発してしまう土地です。キャバクラや風俗などは都心よりもはるかに多いです。

女遊びが誘発されるというよりも娯楽が少ないから女性に走るということも考えられます。

異性に対しては開放的になってしまう。

普段は浮気をしないような人でも単身赴任の環境のストレスが浮気男にしてしまうでしょう。

性欲が溜まっている

とても簡単な浮気な理由は、ズバリ性欲によるものです。

ストップをかける相手もいませんし、本能には逆らえません。ほとんどの浮気の理由が性欲から来ていると言ってもいいほど、分母としては多いです。

セックスレスの夫婦で夫が単身赴任をキッカケに浮気に目覚めてしまうことはよくあります。

 

地方で風俗に行く人もいますが、やはり食事やデートという過程も楽しみたい人は多い。だからこそ、浮気相手を作ることになるでしょう。

また、単身赴任先というのは他に娯楽がないため性欲を誤魔化すことができない

なので、浮気をしてしまうのは時間の問題といっていいでしょう。

 

奥さんもちょこちょこ遊びに来れる環境でもないので、なおさら浮気が危ぶまれます。

男性は性への誘惑には正直なので、単身赴任というきっかけでおかしくなることもあります。

元々浮気しやすい性格

浮気をする男性には、性格的に共通点があります。

魔が差して、本人もするつもりもないのに気がついたら浮気をしていたケースはあります。

しかし、元々浮気をしやすい人の方が単身赴任がきっかけになるのはいうまでもありません。

浮気をする=軽薄と思われがち。ですが、あからさまにチャラチャラした人だけが浮気に走るというわけでもないんです!

浮気に走りやすい人の傾向や特徴は下記の記事でまとめています。

自分の旦那がこれに当てはまるのかをチェックしておきましょう。

参考【浮気性のある男】13の特徴と効果的な治し方

浮気性は生来のもの。ですが、できる環境になってしまうことで止まらなくなってしまいます。

浮気性の男性でも家に奥さんがいたり、子供がいることによって人が変わることはあります。

ですが、単身赴任をキッカケにまた戻ってしまうこともあります。

その他(浮気しやすい職場・職種)

職業柄、浮気をしやすい人というのもいます。

例えば、女性が憧れるような職業。自分の時間がある程度取れる職種。

言い訳や隠れ蓑が作りやすい職場などもあります。

 

環境は人を変えるといいますが、浮気できるもしくはしやすい環境があるからこそ目覚めてしまう例もあります。

今まで浮気心を燻らせていた旦那さんは、環境をキッカケに人が変わることもあります。

この浮気に走りやすい職場や職種も下記の記事にまとまっています。

参考浮気のしやすい職業とは?男性・女性別の職業ランキング

なぜ浮気をしやすいのか?という部分を含めてチェックしていただきたいと思います。

単身赴任=浮気をするというわけではない

加えて、コメントするとしたら、単身赴任だからといってすぐに浮気に結びつけるのは早計です。

たしかに、自分が見てないところ。なので、疑いだしたらキリがありませんし、奥さんとしても心配なのはわかります。

しかし、単身赴任だろうが不倫に走らず、真面目に仕事だけを頑張る人もいる。

なので、結論がでるまでは変にプレッシャーをかけるのはやめておきましょう。

ただし、単身赴任が浮気をしやすい環境であるということ自体は間違いではありません。

 

奥さんとしては事実確認はしておきたいところです。過去に単身赴任をして、その先で家庭を築いてしまったなんて事件もあるほどです。

気がついたら大ごとになってしまっていたという事態だけは避けるようにしましょう。

 

この次はある3つの事項について触れていきたいと思います。

  • まずは、浮気の事実確認を行う方法
  • 次が、単身赴任先での浮気防止法
  • 最後に、浮気が発覚した時にやるべき対処

この3つをご紹介していきます。

 

夫の単身赴任先で浮気を確認する方法

夫が浮気をしているかどうかは、見ただけでわかればいい。

ですが、姿が確認できない以上そうはいきません。

ですが、そんな距離が離れている夫でも浮気の事実があるかを確認することができます。

その方法を解説していきます。

アプリ・SNSを活用する

文明の利器を駆使するという方法があります。ここでいう文明の利器は、アプリやSNSを使うことです。

アプリはスマホユーザーにはお馴染みのもの。ですが、アプリは日常生活においても非常に便利ですし、SNSからは様々な情報を取得することができます。

 

特に、アプリには相手のスマホを遠隔操作できる機能があったり、相手の位置情報を取得できるものがあります。

ただし、使用する上での注意点ややるべきことがいくつもあります。

浮気調査が行えるアプリの種類と具体的な方法や注意点については下記の記事で記載しています。

参考浮気を調べるときのアプリ!不倫の証拠をスマホで掴む

SNSについてはアプリとはまた使用方法が異なります。相手の浮気をそのまま発見するわけではなく、相手の投稿などから推理して行く感覚に近いです。

 

警戒心が薄い相手であれば、ここで必ずボロが出るといってもいいです。

浮気調査のためのSNS使用方法についても下記に記載しています。

参考浮気はSNSで発覚する?スマホで浮気を見抜く方法

両方合わせて試してみた方が確実。しかし、これらも過度に期待をするのはよくありません。

アプリはアンチ浮気調査で使えるものもあるので、いくらでも誤魔化すことが可能。

SNSはよほど迂闊な旦那さんでない限り、尻尾を掴むのは難しいでしょう。

あくまでも手段の1つとして考えていただきたいと思います。

通帳・カードを見る

旦那さんのお財布事情をチェックする。これで、浮気をしているかを判断することができます。

単身赴任をしていると、身の回りのものは当然持って行くと思います。

しかし、家族の口座やクレジットカードの明細まで持って行く可能性は低いでしょう。

 

浮気をすると不自然なお金の流れがあります。要は、女性と食事に行ったりデートをしたりするので出費は増えているはずです。単身赴任をし始めた頃と数ヶ月後のお金周りをチェックするとわかりやすいでしょう。

 

通帳はチェックできないかもしれませんが、今やパソコンやスマホで通帳残高が確認できる時代です。旦那がよく使う口座で口座情報を見れるようにその銀行のアカウントを作る。チェックをすると残高やカードの使用履歴はすぐに確認できます。

アカウントのIDを自分たちで管理しているならすぐに試せる方法です。

こまめに連絡を取る

毎日連絡を取ることで、浮気の事実を発覚することもできます。

ほとんどの人がよくやることかもしれませんね。

仕事が終わる時間に電話をかけてみて、すぐに出ない日がよくあればかなり怪しいです。

 

すぐに出ないのは、ちょうど浮気相手に会っていて、バレないように色々画策してから改めて電話をしている可能性が高いです。電話は大抵抜き打ちで行いますから、旦那さんも準備ができていないことが多いでしょう。

女性と会うとしたら、いわゆるゴールデンタイムの間かそれ以降の時間帯になるので、その時間帯を狙って連絡をしてみましょう。

 

この現象で大事なのは、電話をかける時間をパターン化しないことです。例えば、20時に電話をかける習慣にしては旦那さんも「そろそろあいつから連絡が来るな・・・」と猶予を与えてしまいます。

毎回時間をずらして、連絡を入れて取ってみましょう。

抜き打ちで訪問

話を何もせずにいきなり行くのも1つの手です。いざ、行ってみたら浮気相手を連れ込んでいる真っ最中でしたという話もよくあります。

浮気相手がいなかったとしても室内の様子を見ればピンと来ることもあります。歯ブラシなどが2つあったり、普段旦那が使わないものなどが家においてあれば、誰でも浮気していることがわかります。

 

特に訪問すべき時間帯は、夫が連休で帰った後ですね。お正月やお盆などの長期連休は夫もこちらが言わずとも本来の家に帰って来るでしょう。夫は本来の家で一息ついたら今度は浮気相手に会いたくなってきます。

なので、単身赴任先に戻って数日もすれば浮気相手と会っていることが多いです。

旦那が戻って数日後の土日を目処に行ってみると、見知らぬ女性と会うことになるかもしれません。

GPSを使って追跡

GPSを使って相手を追跡することもできます。

スマホでもアプリによってGPS機能を使えるものがあります。

スマホの場合は相手のスマホをいじらなければいけないことや無料なので機能にも制限があります。

実際にアプリで調査するのは難しいかもしれません。そんな時に頼りになるのがGPS危機を使うことです。

GPSの購入はお金に余裕があればいいですが、なんといってもオススメなのは「レンタル」です。

 

今は浮気調査で使うGPSを数日から数か月までレンタルできるサービスがあります。安価で行える浮気調査の方法として人気が上昇しています。「イチロク」というGPSレンタルサービスが非常に人気です。

レンタルGPS【イチロク】HPへ

単身赴任をまじかに控えているご主人のカバンに仕掛けて追跡してみるのも手です。

 

単身赴任先で夫に浮気をさせない予防策

単身赴任先が浮気に走りやすい環境。

だとすれば、それを少しでもさせない環境にするのが予防策です。

妻としてのマメさも非常に重要になって来る部分です。単身赴任を割り切ってあげるのはいいですが、ドライになってしまうのも考えものなので、できるものはできるだけ実践していただきたいと思います。

電話でも話す機会を増やす

浮気の理由はひとりぼっちになる寂しさからきていることが多いです。

ならば、その寂しさを少しでも払拭するようなことをしてあげた方がいいですね。

 

具体的には、話をする機会を少しでもいいから作ることです。実際に声が聞けるだけでも一人で頑張っている旦那さんからすれば安らぎを覚えます。さらに、奥さんと話をすることによって既婚者としての自覚を改めて持ちます。

「離れ離れだけど家族のために仕事を頑張るぞ!」という精神状態にもなれます。なので、電話や特別用事がなくても話をする機会を作ってみましょう。

居場所を伝えるアプリを導入してもらう

前述で紹介したアプリですが、浮気発見器に加えて浮気予防にも使うことができます。

浮気を発見するときの使い方。旦那さんにバレずにアプリをインストールしたり、内緒であることを前提に使います

 

ただ、防止策としての使い方。堂々と「このアプリをインストールして!」というのもアリです。

しかし、それは浮気予防であるという説明はしなくてもいいでしょう。

相手の居場所を伝えてくれるアプリで「面白いから試しにインストールしてみれば?」という言い方でも構わないでしょう。すんなり了承するなら良しです。

 

頑なに拒むようであれば、すでに少し怪しいです。上で解説した浮気発見方法で探ってみてもいいかもしれません。しかし、このアプリの位置情報もこれまたアプリの一つで誤魔化すことができます

ご主人がアプリに精通していれば、すぐに違う位置情報を設定することができるでしょう。

上目に出てしまう可能性もあることを覚えておいていただきたいと思います。

定期的に会いに行く習慣を作る

夫に油断をさせない、つまり易々と浮気をできないようにすることもできます。

それは、会いに行くことを習慣化することです。

あらかじめ、浮気チェックとは言わなくても、内緒で会いに行くことがあると日頃の会話の中に含ませておきましょう。

 

旦那さんからすればいつ奥さんが来るのかわからないので、会いているスケジュールの隙間を縫って浮気をしようとした日と妻が来る日が重なる偶然があるかもしれないことが心配です。

こうなったら、浮気をする気分じゃ無くなると思います。

知り合いに様子を見てもらう

夫の単身赴任先に知り合いや親戚などがいれば少し見てきてもらうという手もあります。

なるべく旦那さんには顔が割れていない人がいいですね。

もしくは、お互いの共通の友達でもいいです。共通の友達であれば、浮気している方の肩を持つとは思えません。

 

どちらかというと旦那より自分と仲が良い友達を選ぶのもいいです。自分の肩を持ってくれる友達。

であれば、旦那さんに口封じされることもないですから・・・

自分の肩を持ってくれる人や同じ悩みを持っている人なら気持ちがわかると思うので快く協力してくれるでしょう。

 

既に浮気をしている!?これからやるべき対処方法

女性というのは勘が鋭いので、「浮気してるかも・・・」と見破ることがあるでしょう。

実際に浮気をしている確率が濃厚であるとき、妻としてやるべきことを解説します。

まずは事実確認から

旦那の浮気問題を解決する第一歩としては、事実確認をまずは絶対にやっておきましょう

浮気しているのかをはっきりさせなことには、話し合うこともままならなくなってしまいます。

 

浮気をしていないのに疑いをかけられてしまう。旦那さんと口論になってそのまま夫婦関係が崩れてしまう可能性があります。

そして、浮気の事実が明確でないと具体的な対策案が取れません。

旦那さんの浮気を確かめる方法については下記の記事を参考にしていただきたいと思います。

参考旦那の行動が怪しい!夫の浮気をあらゆる状況で確かめる方法

決定的な証拠を手に入れる!

次に必要なのは証拠の存在です。いざ、浮気の事実確認ができたところで旦那さんを問い詰めるとしましょう。

そこで、ちゃんとした話し合いができるでしょうか?

 

例えば、普段の仕草や態度に違和感を覚えて、たまたま浮気相手からのメールで「また会いたいな」というメッセージを見てしまったとします。

あなたは当然、怒るもしくは悲しくなって、すぐに旦那さんを問い詰めますよね?

しかし、おそらく旦那さんは浮気を認めないと思います。

 

なぜなら、このメールだけでは言い逃れをすることがいくらでもできるからです。旦那さんが言い訳できないほどの証拠を手に入れることが浮気問題解決には不可欠になります。

一番いい選択肢としては、探偵社が用意する証拠を揃えることです。

探偵社は映像や写真などで浮気の証拠を取得するため、客観的に見ても浮気の証拠は明らかになります。

さらに、法的処置を行うこともできるので非常におすすめの解決方法です。

話し合いの進め方

旦那さんと話し合いを成立させる。これがあくまで前提条件ではありますが、話し合いの内容も気を付けておくべきです。

無計画に話し合いを進めるのも内容を考えないのもおすすめできません。

なぜなら、その話し合いの場で今後浮気をするかしないかが別れるからです。

 

ただ、もっと言えば話し合いの空気づくりや計画をすることで、今の浮気をクリアに解決できたり今後の浮気を未然に防いだりすることができます。

話し合いでは、浮気の原因を解明する、今後の浮気をしないという言質をとる、浮気相手について色々知っておくと聞くべきことがあります。

効果的に話し合いを進める手引きについては下記で詳しく解説しているのでこちらを参考にしてください。

参考旦那の浮気で話し合い!これさえあれば夫婦円満?

 

探偵の浮気調査でできること

「わざわざ探偵に依頼をするの?」と疑問に感じる方もいるかもしれません。

 

しかし、探偵の証拠を揃えることでいろいろな選択肢が生まれます。

まずは探偵社に依頼をすることによってどんなメリットがあるのか?ということを見ていきましょう。

慰謝料の請求が可能

探偵の証拠取得でできることと言えば、慰謝料の獲得です。

浮気の慰謝料は意外とハードルが高く、個人で取得するにはなかなか難しいです。

具体的には以下を証明するものが必要です。

  • 3回以上のラブホテルへの出入りしている写真・映像
  • 最低でも40分以上のラブホテルでの滞在している証明写真・映像
  • 5回以上の相手宅への出入りしている写真・映像

 

これを個人で取得しようと思うのは無茶です。1日中相手に張り付いている訳にはいきませんし、備考しても見つかる可能性が非常に高くなってしまいます。

このような個人には取得が難しい証拠も取得できるため、探偵社に依頼をするメリットのはメリットがあります。

円満解決もできる!

探偵に浮気調査を依頼するということは、「別れる」という選択肢を選んだと思われるかもしれません。

ですが、探偵社はむしろ円満解決したい人が利用することが多いです。

なぜ、探偵社に依頼をすると円満解決ができるのか?

それは、物的証拠の存在と浮気問題に強い弁護士に関係があります。

妻の本気度が伝わる

探偵に浮気調査を依頼するということで、夫に本気度をわかってもらうことができます。

つまり、「プロに依頼をするほど自分の浮気を問題視している」と浮気した夫は感じます。

妻が本気でやめてほしいと感じているからこそ、わざわざ探偵社に依頼をしている。

 

なので、夫も真摯に反省することにつながります。そのためにもきちんとした証拠を揃えるわけです。

誓約書を書かせることができる

探偵の証拠を手に入れることで、慰謝料請求の他にも出来ることが増えます。

その1つが夫に誓約書を書かせることです。

誓約書は、2度と浮気をしないことを誓わせる加えて、浮気をした際にペナルティを与えることが出来る公的な書類です。誓約書を書かせるためには、本人の同意が必要です。

しかし、普通に考えて本人が同意する訳ありませんよね?

 

なので、浮気の証拠を手に入れて弁護士立会いの元、法的処置で誓約書を書かせることが必要です。

合理的に浮気を防止しようと思ったらかなり効果的な方法です。

弁護士の存在

さらに探偵社が紹介してくれる顧問弁護士は浮気問題に強いです。

浮気問題に強いことによるメリットは以下のものがあります。

  • 離婚の手続きがスムーズ
  • 復縁のサポートをしてくれる

離婚するときに弁護士が非常に助けになることはご存知だと思います。相手が別れたくなくても、浮気の証拠さえあれば一方的に法的処置によって離婚をすると言い渡すことができます。

しかし、実は弁護士の使い方としてはそれだけではありません。浮気された後の復縁のサポートもしてくれるんです。

 

むしろ、探偵社に浮気調査を依頼するのは浮気問題に強い弁護士がいるので復縁サポートを期待している人も多いです。具体的な方法については、探偵社に訪問した際に聞いてみるのもいいでしょう。

探偵の探偵がある!?

実際に浮気調査を依頼するのに探偵を利用するとします。

この利用する探偵に心当たりはありますか?

恐らく、「無い」という人が多いのではないでしょうか?

 

探偵自体、一般的に利用されるサービスというわけではないので、「どこに依頼すればいいのかわからない」という疑問を抱えると思います。そんな人にとって非常に便利で無料のサービスがあります。

その名も「探偵さがしのタントくん」です。


このサービスとは、浮気調査を依頼したい人にお勧めの探偵社を紹介してくれるという内容です。

街角探偵相談所は次のようなサービスがあります。

  • 大手探偵社との提携
  • 調査料金を20~40%OFF
  • 匿名で依頼することができる

その他にも様々な特典があります。

 

やるべきこととしては、ただ街角探偵社のアドバイザーに電話一本するだけで、おすすめの探偵社の紹介とその料金の割り引きをしてくれます。その他にも様々な特典があるので、浮気調査は「街角探偵相談所」経由で探偵社に依頼をするのがオススメです。

【探偵さがしのタントくん】 公式HPへ
【探偵さがしのタントくん】の評判・口コミを見る

 

探偵社を雇うデメリットとは?

逆に探偵社を雇うデメリットはどのようなものがあるのか?を見ていきましょう。

しかし、誰しもが思いつくようなデメリットしかありません。それは、当然料金ですよね?

プロに依頼をする以上はやはりお金がかかるもの。

それは仕方がありませんが、問題はどの程度料金がかかるのか?ということだと思います。

 

浮気調査一つにしても状況によってかかる料金は違います。その料金について詳しく見ていきましょう。

浮気調査の費用に対する概算の予算は以下のとおりです。

 

  • 浮気の事実だけを確かめたい:10万円前後
  • 旦那に慰謝料請求をしたい:30万円前後
  • 旦那と浮気相手の両方に慰謝料請求をしたい:50万円前後

 

旦那が本当に浮気をしているかどうかの事実を確認するだけ。

であれば、探偵社に支払う料金を抑えることができます。

あくまで一例ですが、数万円程度で済ませられることもあります。

 

しかし、探偵の証拠の精度が高くなると料金がかかります

事実確認をしたいだけであれば、妻が見てわかるような証拠を用意すれば事足ります。

ですが、慰謝料を請求するのであれば公的な場所で通用する浮気の証拠が必要になります。

 

その分、調査日数がかかりますし人手が必要になるかもしれません。

調停や裁判で提出できる書類も作成しなければならないので、その分料金が上乗せされています。

 

もう一つ慰謝料請求をする相手としては浮気相手があります。

浮気相手に慰謝料を請求するためには、浮気相手の情報も取得しなければなりません

両方に請求することになると、調査対象が増えるのでその分料金がかかります。

 

もちろん、街角で依頼をした場合は上記の料金よりも安く済ませることができます。

料金が気になるのであれば、一度無料で見積もりをしてもらうこともできるので、料金が気になるようであれば一度電話や面談で確認しておきましょう。

 

夫の浮気の対処でやってはいけないこと

上記の行動は、浮気発覚後にやるべきことについてです。同時にお勧めできない行為もあるので、そちらも併せて覚えていただきたいと思います。それは、「強引に問い詰める」ことです。

 

これには2つの理由があります。

まず一つは復縁が上手くいかないという点があります。

浮気されたことにより、感情が爆発してしまいものすごい剣幕で詰め寄ってしまうことがあると思います。

しかし、これは今後夫婦生活を続ける上では大きな障害になります。感情的になっていると旦那さんに思ってもないようなことを言ってしまいます。それが例えば夫にとって地雷になるようなものかもしれません。

 

浮気をした方が悪いのは事実です。しかし、勢いに任せて罵声を浴びせることは何も解決になっておらず、結果夫婦の間に溝を作るだけの行いになってしまいます。難しいかもしれませんが、冷静に対処することを忘れずにいましょう。浮気された直後は冷静ではいられないかもしれないので、時間を置くのもいいかもしれません。

 

もう一つは、証拠を見つけられなくなってしまうという点です。

あなたが浮気の証拠を何も取得しないまま旦那を問い詰めたとします。そこで、旦那は「あなたが浮気をした事実を知っている」ことに気づきます。それが警戒心を煽ってしまい今後の証拠取得が困難になります。

 

離婚をする、関係修復する、どちらにせよ証拠の存在は必要です。その証拠取得が困難になってしまえば、どちらを選んでもあなたが損をするだけの結果になってしまいます。一時の感情に身を任せてやってしまうことで、一生後悔する結果を生んでしまうかもしれません。浮気発覚後は絶対に冷静に対処するようにしましょう。

 

まとめ

夫が単身赴任をしている間はとにかく気が抜けません。自分の管理下にない状態の夫が何をしてしまうのか?

妻としては信じたかもしれませんが、一度不安になってしまうとそれも難しいでしょう。一回でも旦那さんを疑ったらどんどん怪しく見えてきますし、実際に浮気をしていても確認するのは難しいです。

気になるのであれば、一度プロに相談することで解決策をアドバイスしてもらう方がいいでしょう。探偵社に関しては訪問して話を聞かなければいけませんが、街角探偵では電話一本で事が済みます。

気になる心はすっきりしないといつまでも気持ち悪い感情になってしまいます。即解決に努めていきましょう。