【パートナーの浮気を確実に解決する方法】
プロのアドバイザーによる無料相談あり!
浮気調査で証拠の取得・関係修復もサポート
浮気問題のプロに無料相談する

結婚生活を送り、現在のパートナーに不満を感じで離婚に踏み切る人は年々増えています。

 

特に、日本では離婚の件数を多くなっており、若年層から熟年離婚まで幅広い年齢層の方が離婚という選択を選んでいます。

 

しかし、離婚というのは実際には大変なことです。

感情的になったり、知識がないまま進めてしまって、揉めたりスムーズにいかない人もその分増えています。

 

今回はそんな旦那さんとの決めている奥さんたちが知らなければいけないことや離婚前にやらなければいけないことを解説していきます。

 

 

離婚は必ず役所で手続きをしたり、調停離婚になるなどがあると用意しなければならないことができます。

離婚に際しての必要書類や手続き、調停離婚の流れについては下記の記事で詳しく解説しています。

参考離婚時における手続き【必要書類の準備】

参考調停離婚の準備をしよう!~手順と具体的な進め方~

そちらも合わせて参考にしていただきたいと思います。

 

 

旦那と別れたい妻はどんなことを考えるべき?

離婚を考えている。

そんな状態ではあるが、まだ具体的なことは何もしていない。

 

そんな方に、離婚前に確認しなければいけないことをあげています。

軽はずみで決めてはいけないことなので、自分の身の回りをきちんと見ておきましょう。

 

考えた上での決断?

離婚は2人、子供がいれば3人以上の今後の人生を大きく変えてしまう行為です。

もちろん、良くも悪くもですが・・・

 

今一度考えて欲しいのは、きちんと考えた上での決断なのか?ということです。

 

離婚は悪いことではありません。

きちんとした理由があれば、それは人生において立派な選択肢の一つです。

 

しかし、明確な理由でないのであれば話は別です。

自分の中でどうしても離婚をしなければいけない理由がある、もしくはこのまま結婚生活を続けられない。

 

本当にそう思ったのか?

よく考えて、その上で離婚をしたいと思ったら手続きに進みましょう。

 

まずは、最初にするべきことは自分の意思確認です。

 

離婚後についてのビジョンを考える

夫婦生活は独身生活と比べて大きく違いがあります

今のうちに離婚をした時にどんな生活を送ることになるか?ということを想像しておいた方がいいでしょう。

 

離婚後のビジョンで特に考えておきたいことは、子供のことです。

子供がいない場合は、自分の生活だけを考えればいいですが、子供がいた場合そういうわけにも行きません。

 

離婚後の子供について最も考えなければいけないことは、養育費親権についてです。

この2つは、夫婦の経済状況などにより変わりますので、早い段階でどうなるのかを調べておくのがいいでしょう。

 

  • より多くもらうためにはどうすればいいのか?
  • 親権はどちらが獲得するのか?

離婚後にこれは非常に気になると思います。

 

弁護士に相談するのが手っ取り早いですので、初回の無料相談などを利用するのがいいでしょう。

 

浮気による離婚なら証拠を用意する

離婚をする理由の一つに、旦那が浮気をしたからという人もいるでしょう。

それは立派な離婚の理由の一つです。

 

しかし、離婚をするならするで用意しなければいけないものがあります。

それは、浮気をしたという決定的な証拠です。

 

浮気の証拠は、旦那さんや浮気相手に慰謝料を請求するとき、もしくは自分が有利な条件で離婚をする時にも使えます。

 

これは是非とも用意しておきたいところです。

 

浮気の証拠やそれに伴う慰謝料請求や離婚については下記で詳しく解説しています。

参考浮気の証拠を集めて離婚・慰謝料請求する方法

 

そちらも合わせて見ていただければスムーズに用意することができるでしょう。

 

決めたことは最後までやり通す

そして、最後に重要な心構えとしては、決めた進路は最後まで通すということです。

最初から迷いがあって、離婚をためらうようであれば、それは離婚をするべきではないのかもしれません。

 

しかし、あなたが分かれると決めたからには、絶対的な理由があり、それは離婚をするに足る理由だと判断したはずです。

 

ならば、一度別れるという大きな決断をしたのであれば、最後までやり通すことをおすすめします。

 

やはり、中途半端な別れになる程、お互いにとっていいことはありません。

むしろ、この先の未来に向けて前進するためには、きちんと終わらせることが大切です。

 

離婚は大変なことですが、決めた以上はやり通さなければ、いい決断とはいえません。

 

最後に今一度、別れる決意をしましょう。

ここで再考するのであれば、離婚は改めましょう。

 

 

旦那は納得している?4パターンの離婚

離婚は一口に同じとはいえません。

すんなり別れてしまう夫婦もいれば、別れ際に揉めに揉める夫婦もいます。

 

それはひとえに別れかたの違いにあります。

 

離婚の種類は大まかに4種類

自分がどれに当てはまるのかを見て見ましょう。

 

この種類の違いで、手続きや準備が大きく変わってしまいます。

まだ、決まらない家庭というのもあるとは思いますが、自分たちがどんな離婚をしそうかという参考にはできると思います。

 

協議離婚

協議離婚は、中でも一番平和的な離婚方法だということができます。

 

なぜかというと、これはあくまで夫婦間の話し合いで決まるものだからです。

要は第三者を交えず、夫婦だけで親権や財産分与などを決定し、それに双方が納得した上で進みます。

なので、そもそも揉めることは前提ではありません。

 

おそらくはじめは、協議離婚による離婚を考えると思いますが、離婚の話し合いとは交渉のようなものです。

 

その交渉に納得がいかず、決裂することによって第三者が間に入って、是非を決めるのがその他の離婚方法ということです。

 

次に調停離婚を見てみましょう。

 

調停離婚

夫婦同士の話し合いで決着がつかない場合どうするか?

第三者に間に入ってもらうしかありません。

 

そこで、調停というものを挟みます。

ちなみに、調停は誤解されやすいですが裁判ではありません。

訴えるのではなく、あくまで夫婦だけでは交渉が進まないので、間に入ってまとめてくれる人が必要という離婚方法です。

 

離婚をするしないや財産や親権についての話し合いを行います。

調停は最寄りの家庭裁判所で行うことになります。

 

この調停が成立すれば、離婚も必然的に成立するという流れになります。

ここでも話が決まらない、どちらかに異議がある場合、審判離婚・裁判離婚の出番です。

 

審判離婚

審判離婚は少し特殊な離婚方法です。

調停の段階で家庭裁判所が成立は難しいと判断した場合、審判により家庭裁判所が離婚を成立させるということです。

 

要するに、夫婦がお互いに言いたいことや要求をしているので交渉が進まない。

なので、家庭裁判所が半強制的に調停を終わらせますという制度です。

 

しかし、審判が下された2週間以内に要請をすれば、審判そのものを却下することができます。

この制度を利用する人は殆どいないですし、離婚をする場合は特に考えなくてもいい決着方法です。

 

あくまで、こういった形態の離婚もあるという程度で覚えていればいいでしょう。

 

裁判離婚

上記の誰でも離婚が成立しない場合は離婚をできないのか?というとそうではありません。

実は離婚の最終段階が裁判という形になります。

 

ちなみに、最初から裁判離婚になることはありません。

協議離婚・調停離婚などで離婚を成立させられない時、夫婦の一方が訴えを起こすことで裁判へと移行します。

つまり、交渉が決裂しない時は裁判にはできないのでご注意ください。

 

 

あなたが別れたと言っているのに、旦那さんは突っぱねていて離婚を成立させられない。

そんな時に訴えを起こして、離婚したい正式な理由を用意して判決を下してもらいます。

 

裁判で離婚と判決されたら、旦那さんがどんなにごねても撤回はできません。

強制的に離婚を成立させることができます。

 

それゆえに裁判とは離婚争いの最終段階になります。

 

以上の4種類が日本の法律上で存在する離婚です。

 

 

有利に離婚をするためにやってはいけないこと

今一度、離婚について真剣に考えた上で手続きに踏み切るとします。

その中でも、やってはいけない行動、やっては不利な離婚になってしまう行動を知っていただきたいと思います。

 

これを意識するだけでも、離婚に関わるトラブルに巻き込まれる可能性が低くなります。

 

離婚する前に黙って出て行く

理由なく家を出て行くというのは、やめておきましょう。

これについてはダメな理由が明確にあります。

 

別居というのも夫婦でする人もいますが、黙って出て行くと不利になります。

別居期間が長ければ、結婚生活は破綻しているとみなされて離婚は案外簡単に成立しますが、それは夫婦の話し合いの末で別居に至った場合のみです。

 

黙って出て行くと婚姻関係は継続しているとみなされて、離婚の調停になった場合は成立させられない可能性が増えます。

 

別れたい理由がない、もしくは決定的な証拠がない

もちろんですが、離婚をする時に何も理由がないのはダメです。

もっと言えば、理由をしっかりと言えるようにしておかなければなりません。

 

今の日本の法律では、あなたは別れたい、旦那さんは別れたくない、こんな状況ではすんなり離婚が受理されることはありません。

 

相手が離婚を望んでいない場合は、調停や裁判で別れたい決定的な理由を示す必要があります。

 

その理由や証拠がきちんと揃えられなければなりません。

DVや不倫で離婚をするにしても、それが証明できなければ裁判所も受理することはできないので、これは注意しておきたいところです。

 

やはり、何事も準備が必要です。

 

自分の希望を全て通そうとする

これは、いざ離婚の手続きに入り、調停や裁判になった時に気をつけなければいけないポイントです。

 

離婚をする時は、養育費や親権、財産分与などを決めていく交渉に入ります。

その時に、全てが自分の希望通りになるとは限りません。

むしろ、全てが希望通りで終わることは稀です。

 

こういった交渉に入ると、1人になるという不安もあるし、色々と保険を打ちたいものです。

そのため、要求が大きくなったり、身の丈に合わない結果を求めてしまいます。

 

ですが、旦那さんも無い袖は振れませんし、あまりにも要求が大きくなると調停が長びいたり、調停委員や裁判官の心証を悪くしてしまいます。

 

頑なに要求を通そうとすると、調停が長引くばかりか、納得がいかない結果で終わってしまうことも考えられます。

スムーズに自分の望むものを手に入れるためにも、妥協点というのをあらかじめ考えておきましょう。

 

これまでの仕返しをする

あなたとしても離婚に踏み切るからにはよっぽどの理由があるはずです。

 

性格の不一致なのか、価値観の違いなのか、暴力が原因か、不倫が原因か。

色々なことが離婚の原因になりますが、いざ離婚をするからといって、その仕返しを離婚を機にしてやろうと考えるのはやめましょう。

 

離婚は争うものですが、直接的な手段に訴えかけたり、モラル的にまずいと思われることはやめましょう。

 

あなたとしても納得がいかないかも知れません。

しかし、もし仕返ししたいことがあれば、裁判や調停でこちらが有利に離婚をする

これを考えてください。

 

実際に、あなたが本当に傷つくようなことを旦那にされて、それが明らかになれば、旦那さんはその埋め合わせをすることになります。

 

離婚は協議離婚が一番良いとされていますが、そんなことはありません。

むしろ、調停や裁判はあなたと旦那さんの間に入って、公正に離婚か否か・妥当な養育費、慰謝料を決定する場です。

 

つまり、旦那に非があればきちんとそれを裁く、もしくは奥さん優位の条件で決着をつけてもらえます。

きちんと第三者に入ってもらって、旦那に非を認めてもらいたいのであれば、公正な場所で仕返しをするべきです。

 

暴力に訴える

離婚をする際に、どちらが悪いのかという言い争いや財産や親権について争うことはあるでしょう。

もちろん、譲れないところは主張するべきですし、相手に非があればその埋め合わせをしてもらう権利があります。

 

ですが、その過程で暴力を振るうことはいけません。

これは男性だからダメ、女性はOKとはなりませんので絶対に忘れないでください。

 

こちらが暴力を振るってしまうと、相手に大きな反撃材料を与えてしまうことになります。

基本的に正当防衛以外の暴力的行為というのは、犯罪です。

 

これも調停や裁判で大きく印象を悪くしてしまいます。

仮に旦那の浮気が原因で離婚するとしても、暴力を振るってしまうことによって、一気に不利な離婚になってしまいます。

 

これまでの努力や我慢を全て台無しにしてしまう行為であることは確かです。

 

プロに頼るのはいいが、他人を巻き込まないこと

離婚問題を解決する前に、身内やプロに相談したりすることもあるでしょう。

特に、初めての離婚であれば知らないことだらけなので、経験者にいろいろ聞きたくなりますよね?

 

しかし、他人をむやみに自分の離婚問題に関わらせるのはオススメできません

弁護士やカウンセラーなどのプロに頼るのは良いことです。むしろ、それは推奨しています。

 

しかし、友達や関係性の浅い人に話すことはやめておきましょう。

その手の噂はあっという間に広がりますし、あまり気分のいいものではありません。

 

最も悪いことは、他人の先入観が入ってしまうという点です。

離婚は一口に同じではありません。

家庭環境や夫婦仲によって離婚の仕方は変わります。

 

特に、財産や親権・養育費に関しては夫婦によって千差万別です。

他人の家庭があまり参考にできないのは確かです。

 

そして、離婚についての意見なども確かに参考にはなるかもしれませんが、あなたが同じような人生になるとは限りません。

 

あくまで、他人の経験は他人のものです。

自分と重ね合わせると、本来自分が残したかった離婚の結果と違うものになるかもしれません。

ただの一意見として見なしましょう。

 

素人をむやみに巻き込んでもあらぬ噂や疑いをかけられるだけなので、相談相手はなるべく少ない方が良いです。