浮気調査にはどれくらいの日数がかかるの?

そんな単純な疑問を持つ人は多いでしょう。

 

浮気調査においては日数が料金を決めます

だから料金に直結する日数が気になるのは当然のことだと思います。

 

今回は浮気調査の日数についてです。

  • 浮気調査にかかる平均日数
  • 浮気調査を早く終わらせる工夫
  • 調査が長引いてしまう理由
  • おすすめの時短探偵

以上について解説していきます。

 

浮気調査の日数はなるべく節約しよう!

はっきりいって、浮気調査完了までの時間が長くなるといいことはありません。

日数が短いなら短いほうがベストです。

 

浮気調査の結果をあせる必要はありません。

遅かれ早かれ証拠を手にすれば目的は達成されますから。

しかし、浮気調査に時間がかかるということは、それだけのコストが発生するということ。

 

探偵は時間計算で料金が決まります。

浮気調査で3日と一週間では料金が倍以上違います。

 

浮気調査の日数を短くすることで十万円ほど節約できることもあります。

なるべく調査費用をかけたくない人。

調査日数にはこだわったほうがいいです。

 

浮気調査に必要な日数はズバリ!?

探偵社の統計で浮気調査の日数はある程度でています。

割合にわけると以下のようなグラフになります。

 

 

浮気調査の平均日数は5日前後

一週間未満というのが平均として多いです。

以外と時間がかからないと思いませんか?

 

実は浮気調査は一週間続くのは長い方です。

探偵を選ぶときはこの日数を参考にして調査費用を割り出すといいでしょう。

 

浮気調査の長さは目的によって違う?

浮気調査の日数は調査目的によって変わります。

つまり、浮気調査の難易度や必要な証拠で日数が延びてしまうということです。

 

例えば、浮気の事実確認だけならすぐです。

怪しいと思う日に探偵が張りついていれば即日に完了してしまうでしょう。

 

ですが、慰謝料請求や離婚で使うための証拠を集めるとなると即日は難しいです。

浮気を証明するための物的証拠がいります。

写真や動画を撮ることを考えると、5日はどうしてもかかるでしょう。

 

浮気調査の目的は何かで左右されますので、そのあたりは留意しておいたほうがいいです。

 

浮気調査の日数を短縮するための方法

浮気調査の日数を左右するのは探偵の腕。

それのみだと思うかもしれません。

しかし、浮気調査の日数をある程度短くする工夫は依頼者にもできます。

 

探偵選びをこだわる

やはり、調査する人、探偵の働きが何よりも大きいです。

探偵にも実績や人員が会社によりけりです。

 

だから、探偵によって成果までの日数が変わります。

 

  • 調査が立て込んでいる会社
  • 大きい案件を抱えている会社
  • 人員に余裕がある会社
  • 実績のある探偵がいる会社

 

規模やタイミングで日数が前後します。

探偵選びも日数という意味では選ぶのが難しいです。

 

そんなときはマッチングサイトを利用するのをおすすめします。

信頼できる探偵にベストなタイミングで依頼をすることができます。

 

マッチングサイトについてはこちら☟

【探偵さがしのタントくん】詳細・口コミ・評判を調べてみました!

 

調査対象の動向をチェック!

調査対象の行動パターンを把握していれば、調査日数もそこまで時間がかかりません。

例えば、調査対象の行動を見て、休日の2日間が怪しい、水曜日はいつも帰りが遅い

などといった法則性を見つけられれば日数も縮められます。

 

特定の日付に的を絞って、探偵に張り込みをしてもらうことで効率がよくなります。

 

怪しい日付を狙うために動向を探り、

  • 水曜日の夜、二時間ずつ調査してもらう
  • 休日の昼間だけを調査してもらう

と限定して依頼できます。

 

5日間依頼をするとしても、連続で調べる必要はないです。

自分でも少しでも調査準備をすることをおすすめします。

 

浮気しやすいイベント日を狙う

浮気をしやすいタイミングはイベント日があります。

家族イベントではない日、ハロウィンやバレンタイン、といった恋人イベントは浮気が多いとされています。

 

みんなが浮気をする日は自分の調査対象も同じように浮気している可能性が高い。

そんなイベント日に狙いを定めれば短期間よ調査で済ませることができます。

長期休暇なども狙い目です。

 

浮気調査の日数が延びてしまうケース

逆に調査が延びてしまう条件があります。

浮気調査をお願いするときは、以下の条件に当てはまるかどうかも注意しておきましょう。

 

対象の行動パターンが読みづらい

調査対象が調査しずらい人。

つまり、行動パターンが不規則であることや浮気隠しが上手い人だとプロでも調査に手こずります。

 

例えば、

  • 定休日がない
  • 出張が多い
  • 日勤と夜勤の両方がある
  • 単身赴任中である

という条件が重なれば、1日で完璧に調査を完了するのは難しいです。

長距離移動や生活パターンの不規則性などが調査の妨げになります。

 

人混みの多いところでの調査

人が多いところに出入りしているようだと、調査難易度が上がります。

 

職場がかなり都会にあると人混みが多くて見逃してしまうリスクが増えます。写真だって撮りずらいです。

都心近くで働いていたり、住んでいる人が調査対象だとそれだけで浮気調査が滞るってことです。

 

探偵も万能ではないですから、難しい現場では調査も難航してしまいます。

 

浮気調査を短縮するための探偵選び

浮気調査の日数をできるだけ短くしたい。

そんな人にオススメな探偵の選び方があります。

それは探偵さがしのタントくんで依頼をすることです。

 

マッチングサービスであるこの探偵では、需要に応じた探偵を紹介してくれます。

一括で探偵に連絡をいれるので、即日で動ける探偵をすぐにピックアップ。

時短を狙った探偵選びが可能です。

 

詳しくは下記を参考にしてください。