バツイチでも浮気するの!?浮気しないパートナーを選ぶには?

浮気にも色々タイプがあります。

もともと浮気をしてしまう性の人。

真面目な性格にも関わらずきっかけ一つで浮気をしてしまう人。

浮気の中でも今回はバツイチの浮気についてお話ししていきます。

 

バツイチですから離婚をしています。

次の結婚では失敗をしないように気を付けています。

「浮気なんてしようはずがない」と考えてしまうのが心情ですよね?

でも、バツイチでも浮気をしてしまうことは十分あります。

 

ここではバツイチの浮気事情、対策について解説していきます。

 

バツイチでも浮気はやめられない?

まず誤解を解いておかなければなりません。

バツイチだから浮気をするしないというのはあまり関係ありません。

浮気をする人は条件が揃ってしまえば、過ちを犯してしまうものです。

 

浮気が原因でバツイチになったら、多少は自分を戒めるかもしれません。

しかし、大抵は時間が立てば気が緩んでしまうのがオチです。

 

バツイチだから浮気をしないというのは、相手側から見た先入観にすぎません。。

むしろ、浮気が原因でバツイチになった人は特別なことがない限りは同じく浮気でバツ2になる可能性もあります。

 

バツイチと浮気をする可能性に関して言えば、あまり因果関係を持たないというのが現実です。

 

浮気をするバツイチ3つの特徴

浮気をする人としない人の見分け方というのは存在します。

ここではバツイチに特化した浮気心を持った人の特徴を紹介していきます。

以下の特徴に当てはまる人は浮気をする可能性が濃厚です。

 

①バツイチになった方が楽しそう

結婚時に形見の狭い思いをしていたせいか、

バツイチになったら楽しいことを匂わせてくる人は要注意です。

 

バツイチだから気を使わせまいとして明るく振る舞う人は除きます。

そうではなく、本心からバツイチになってよかったという人は危ないです。

 

浮気というのは基本的に浮かれやすい人がやること。

そして、バツイチで得た自由というのは異性関係だったりするものです。

再婚してガラリと変わる人というのは少ないです。

むしろ、バツイチ時代を引きずって自由に振る舞う人も多いです。

 

②恋愛が好き

異性にときめいている時間がたまらなく好きである。

いわゆる恋愛体質は浮気性の傾向があります。

 

刺激に飢えているタイプがなりがちです。

  • 仕事しか生き甲斐のないサラリーマン
  • 専業主婦でやることが少ない

という人間は刺激に飢えていて拗らせて浮気に走りがちです。

 

再婚しても新しい恋愛がすぐにしたくなるタイプです。

再婚しても落ち着くかどうかは全くわかりません。

 

③経済面・時間で余裕がある

浮気のしやすさは経済力と余暇の多さに比例をします。

つまり、お金や時間がある人は浮気に手を出しやすいです。

 

  • お金のある人=異性が寄ってくる
  • 時間がある人=刺激を求める

という浮気をするための条件が揃っているようなものです。

 

勝ち組で優秀な人ほど浮気をしてしまうのはこの法則のためですね。

そもそも時間やお金のない人は浮気をしようと思ってもできない人が多いです。

 

医者や経営者が浮気をするのもこのジンクスに当てはまるからだと思われます。

特にお金のある人は浮気によるリスクも軽く見えてしまいます

異性から見ても魅力的なので、より危険度が高い存在です。

 

バツイチパートナーに浮気されない秘訣とは?

浮気をするような人でもこちら側の態度一つで急変したりもします。

では、どのようにしてバツイチパートナーに浮気をさせずに心を掴むのがいいのか?

その秘訣をお話ししたいと思います。

 

都合のいい存在にならない

まずは相手にとって自分が都合のよい存在にならないことです。

何でも言うことを聞くと思われるのは浮気される人の典型例です。

女性だけのあるあるかと思いきや、男性も都合のよい存在になることもたくさんあります。

  1. 何でもイエスと言わない
  2. 自分の話題は小出しにする
  3. 舵を切るのはお互いに

    この三点を気を付けるようにしてみましょう。

     

    何でも言うことを聞くのは論外です。

    ノーと言えなければ、それだけで都合よい認定をされてしまいます。

     

    また、相手に自分のことをなんでも知っていると思われない方がいいです。

    お互いに知らないことが少なくなると、態度も横柄になり興味も薄れてしまいます。

    実は言っていなかったような趣味や嗜好があると大分違います。

     

    また、出掛けたり決め事が必要なときは、

    お互いのパラーバランスを一定に保つこです。

    どちらか一方の主張が強すぎてもだめです。

    相手に主藤が多いと都合のよい認定をされます。

    自分が主張してしまうと、心が離れて浮気をします。

     

    相手が気持ちよい距離感を保つ

    バツイチというのは基本的にパートナーと長期的なコミュニケーションの形成に失敗したということです。

    なので、コミュニケーション上手な人はかなり少ないです。

     

    パーソナルスペースが広い人にありがちです。

    自分にとって理想の距離感を確立していて、合わない人とは距離を置いてしまいます。

     

    相手にとってちょうどよい接し方や距離感を

    あらかじめ押さえておくのもいいかもしれません。

     

    個人の考えを尊重する

    バツイチの人は大抵、いろいろな経験をしています。

    割りとなんでも受け入れる準備をしていると思います。

     

    ですが、パートナーに求められるものも柔軟性であり、相手を尊重する心です。

     

    夫婦は同じ価値観を共有しなければならないというのは幼い夫婦の考え方です。

    その考え方を持っていると相手は息苦しさを感じてしまいます。

     

    相手が柔軟性に富んでいるのであれば、パートナーにもそれが求められます。

    相手に相性が悪い・居心地が悪いと思われるのは明らかに浮気に繋がります。

     

    他の選択肢も考えて匂わせる

    浮気をされてしまう人の共通点があります。

    それは相手への依存度が高いということです。

     

    浮気というのは慢心という感情も大いに関係します。

    自分が愛されているという安心感から多少浮気しても許してくれるだろうと考えてしまいます。

    大抵、浮気をする人のパートナーは相手に対する束縛も強いこともあります。

     

    実際に浮気への防波堤になるのが、いつでも別れられる、他の選択肢もあることを考えて、それが相手に伝わることです。

    油断したら捨てられると思われる方が実は浮気への予防策としては良いです。

    依存していると愛されていると慢心する。

    しかし、バツイチであることから他にも選択肢があるとわかると、油断したらダメだ!という心境に変わります。

     

    浮気をしないバツイチとの出会い方

    浮気をしない人と極力結婚したいのは当然です。

    では、浮気をしない人を見極めるにはどうすればいいのか?

    出会いが重要になります。

    遊び場所で出会う相手はリスキー

    そもそもパートナーとの出会いが歓楽街やクラブなどであるなら考えた方がいいです。

    バツイチだからパートナーを探しているのかもしれませんが、それにしては選ぶ場所が悪いです。

    クラブはワンナイトの関係の方が多いですから、そういった場所で出会う男性はバツイチでも遊び目的の可能性は大いにあります。

     

    仕事関係の出会いは鉄板

    じゃあどんな出会いならいいの?という疑問にお答えします。

    一番、無難なのが仕事関係による出会いですね。

     

    なぜかというと

    関係性が仕事にまで及んでいるので下手なことはできない

    という点です。

     

    仕事をしていると様々な人間関係が生まれます。

    その中に自分も入っているならば、影響力を持ちます。

    例えば、自社や取引先関係の人と再婚して、浮気をしてなんてことになれば、いずれにせよ社会的な信用が大いに傷つくことになるでしょう。

    なので、出会い方1つで浮気をしない人かどうかは決まります

    そもそも楔がある状態か否かの違いは大きいです。

     

    バツイチとの結婚メリットとデメリット

    そうまでしてバツイチと結婚をすることに意味はあるのか?

    もちろん、感情として好きというのはありますが、それだけを考えても後々後悔することになります。

     

    バツイチと結婚することにはメリットもデメリットもあります。

    まずはきちんと良い点と悪い点の両方を理解していることが大切です。

    バツイチのメリット【まとめ】
    • 失敗をしている分、腰が低い
    • 反省して次に生かしてくれるかもしれない
    • ベテランが多いので経済的に安定

    メリットで言えば、やはりバツイチは結婚生活に何かしらの問題があり、一度失敗をしているので反省していることが多いです。

    自分の時に生かしてくれるかもしれないということですね。

    さらにバツイチというのはそれなりの年齢なので、経済的に恵まれている可能性も高いです。

     

    バツイチのデメリット【まとめ】
    • 慰謝料や養育費などの出費
    • コミュニケーションに難がある可能性
    • 他人や家族に紹介しづらい

    デメリットとしては、バツイチならではの特徴があります。

    バツイチということは離婚をしている。

    離婚原因によっては、養育費や慰謝料を払っている可能性があります。

    経済的に余裕がない可能性もあります。

     

    また、バツイチというのは外面も多少影響します。

    家族や知り合いに紹介しづらいという問題も出てきます。

    以上がバツイチのメリットとデメリットについてのまとめです。

     

     

    バツイチは浮気をしないは先入観!

    バツイチをパートナーに持つと様々なことがわかると思います。

    それはバツイチかどうかは浮気をしないことにはならないということです。

    むしろ、バツイチだろうがバツサンだろうが懲りずに浮気をする人もたくさんいます。

     

    バツイチにとって浮気のハードルはとても低いのです。

    バツイチだからかもしれませんが、離婚に対する危機感も一度経験をしている分、薄いという傾向があります。

     

    バツイチだからといって油断をせずに関係性は構築することが望ましいでしょう。

    勝手な先入観を持たずに本質的に相手を見極めることが重要です。